*レプティレス/Reptilianne [#t643adf7]
 [[STARDUST OVERDRIVE]]で登場した「レプティレス」と名のついた[[モンスター]]群。~
 全ての[[モンスター]]が[[爬虫類族]]で統一されており、その多くが[[闇属性]]である。
*レプティレス/Reptilianne [#top]
 [[STARDUST OVERDRIVE]]で[[カテゴリ]]化した「レプティレス」と名のついた[[モンスター]]群。~
 全ての[[モンスター]]が[[爬虫類族]]で統一されており、その多くが[[闇属性]]である。~

-属する[[モンスター]]の中には、「[[攻撃力]]0」に関する[[モンスター効果]]を持っているものがいくつか見られる。~
この[[カテゴリ>カードの名前]]の元ネタの中でも、[[特に有名な怪物>《ゴーゴンの眼》]]が持つ「石化」能力と関連付けられたものだと思われる。
この[[カテゴリ]]の[[モンスター]]のモデルの中でも、特に有名な[[ゴーゴン>《ゴーゴン・エッグ》]]が持つ「石化」能力と関連付けられたものだと思われる。~

-前述の通り[[闇属性]][[モンスター]]が大半を占めるが、[[《レプティレス・ガードナー》]]が[[水属性]]、[[レプティレストークン]]が[[地属性]]になっている。~
また、レプティレスは基本的に蛇をモチーフにした[[モンスター]]だが、[[《レプティレス・ガードナー》]]はインド神話を意識してか亀の姿をしている。
また、蛇をモチーフにした[[モンスター]]が多いが、[[《レプティレス・ガードナー》]]はモチーフを意識してか亀の姿をしている。~

-女性の姿をしている[[モンスター]]の存在から、[[カード名]]は「[[reptile>爬虫類族]]+ess(女性を意味する接尾語)」が由来と思われる。 ~
その名の通り[[モンスター]]の多くが、神話などに登場する髪・下半身などが蛇になっている異形の神や魔物の姿をしている。
-その多くが、神話などに登場する髪・下半身などが蛇になっている異形の神や魔物をモデルにしている。(詳細は各ページを参照)~
またこの点から、[[カテゴリ]]名は「[[reptile>爬虫類族]]+ess(女性を意味する接尾語)」が由来と思われる。~

-[[英語名]]の「Reptilianne」も「reptile」となんらかの言葉と組み合わせた造語だと思われるが、詳細は不明である。 ~
「[[爬虫類>爬虫類族]]+人間」という意味での「-an」に、女性の呼び名「アン(anne)」を重ねたものとも考えられるが、いずれも推測の域を出ない。
--属する[[モンスター]]の多くは[[イラスト]]の背景が絡み合った蛇の胴体を思わせる共通のデザインになっている。~
アニメで最初に登場した[[《レプティレス・ゴルゴーン》]]のアニメ版イラストの時点でほぼ同様の背景が描かれており、これに倣ったものと思われる。~
//https://uploads4.yugioh.com/card_images/3729/detail/5062.jpg?1385134967
---一方、その後にアニメ劇中に登場した[[《レプティレス・サーヴァント》]]と[[《レプティレス・ガードナー》]]の[[イラスト]]の背景はこの共通デザインから外れている。~

--[[英語名]]の「Reptilianne」も「reptile」となんらかの言葉と組み合わせた造語だと思われるが、詳細は不明である。 ~
「[[爬虫類>爬虫類族]]+人間」という意味での「-an」に、女性の呼び名「アン(anne)」を重ねたものとも考えられる。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sにおいてダークシグナーの一人であるミスティが使用した[[モンスターカード]]群。~
しかしミスティが[[使用]]したのはごく一部で、それ以外のレプティレスはアニメには登場していないOCG[[オリジナルのカード>オリジナルカード]]である。
しかしミスティが[[使用]]したのは一部で、それ以外のレプティレスはアニメには登場していないOCG[[オリジナルのカード>オリジナルカード]]である。~

--作中で登場しているのは[[《レプティレス・ゴルゴーン》]]・[[《レプティレス・サーヴァント》]]・[[《レプティレス・ガードナー》]]の3枚。~
このうち「[[攻撃力]]0」に関する[[効果]]を持つのは[[《レプティレス・ゴルゴーン》]]のみで、OCGとは[[テーマ>カードの名前]]コンセプトそのものが異なっている。
[[OCG]][[オリジナルのカード>オリジナルカード]]であるレプティレスはこの内の[[《レプティレス・ゴルゴーン》]]の「[[攻撃力]]0」に関する[[効果]]をコンセプトとしてデザインされたのだろう。~

-神話・伝承において―~
モデルとなった魔物の多くは神話・伝説でも女性とされているが、そのほとんどが辛うじて女性の面影が窺える程度の醜い怪物である。~
[[ゴーゴン>《レプティレス・ゴルゴーン》]]や[[メデューサ>《レプティレス・メデューサ》]]、[[ラミア>《レプティレス・ラミア》]]など様々なものが存在するが、詳細は各レプティレス[[モンスター]]のページを参照。
**関連リンク [#link]
―「レプティレス」と名のついた[[モンスター]]~
 ※は「レプティレス」に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]
-[[効果モンスター]]
--※[[《レプティレス・ガードナー》]]
--[[《レプティレス・ゴルゴーン》]]
--[[《レプティレス・サーヴァント》]]
--[[《レプティレス・スキュラ》]]
--[[《レプティレス・ナージャ》]]
--[[《レプティレス・バイパー》]]
--[[《レプティレス・ヒュドラ》]]

**関連リンク [#g04e0cfa]
―「レプティレス」と名のついた[[モンスター]]
-[[《レプティレス・ガードナー》]]
-[[《レプティレス・ゴルゴーン》]]
-[[《レプティレス・サーヴァント》]]
-[[《レプティレス・スキュラ》]]
-[[《レプティレス・ナージャ》]]
-[[《レプティレス・バイパー》]]
--[[《レプティレス・メデューサ》]]

-[[《レプティレス・メデューサ》]]
--[[《レプティレス・ヴァースキ》]]

-[[《レプティレス・ヴァースキ》]]
-[[シンクロモンスター]]
--[[《レプティレス・ラミア》]]

-[[《レプティレス・ラミア》]]
-[[リンクモンスター]]
--[[《レプティレス・エキドゥーナ》]]

-[[レプティレストークン]]
-[[モンスタートークン]]
--[[レプティレストークン]]

―「レプティレス」に関する[[効果]]を持つ[[カード]]
-[[《レプティレス・スポーン》]]
-[[《Reptilianne Poison》]] 
-[[通常魔法]]
--[[《レプティレス・スポーン》]]
--[[《レプティレス・ポイズン》]] 

-[[《スネーク・チョーク》]]
-[[永続罠]]
--[[《スネーク・チョーク》]]

―「レプティレス」と名のついた[[チューナー]]
-[[レベル]]2
--[[《レプティレス・バイパー》]]
--[[《レプティレス・ヒュドラ》]]
//議論での決定事項を参照

―その他のリンク
-[[《レプティレス・アンガー》]]

-[[【レプティレス】]]

-[[カードの名前]]
-[[カテゴリ]]