*《&ruby(エーディー){AD};チェンジャー/A/D Changer》 [#top]
 効果モンスター
 星1/光属性/戦士族/攻 100/守 100
 自分のメインフェイズ時に、
 墓地のこのカードをゲームから除外し、
 フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
 選択したモンスターの表示形式を変更する。

 [[DUELIST REVOLUTION]]で登場した[[光属性]]・[[戦士族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[墓地]]から自身を[[除外]]することで[[モンスター]]1体の[[表示形式]]を変更する[[起動効果]]を持つ。~

 [[表示形式]]・[[コントローラー]]を問わずほぼ全ての[[モンスター]]に対応するため、トリッキーな動きができる[[カード]]である。~
 様々な動きが可能であるが、この[[カード]]はサポートが多い代わりに継続的な利用や[[モンスター]]としての[[戦闘]]・素材要員とはし辛い欠点がある。~
 能動的な[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]を得意とする[[デッキ]]や、この[[カード]]を[[モンスター]]としても活用できるギミックを仕込んだ[[デッキ]]で採用したい。~
 [[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]で簡単に[[リクルート]]でき、そのまま2体で[[リンク]]3の[[リンクモンスター]]に繋げばすぐに[[効果]]を生かせる。~
 [[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]で簡単に[[リクルート]]でき、そのまま2体で[[リンク]]3の[[リンクモンスター]]に繋げばすぐに[[効果]]を活かせる。~

 [[相手]][[モンスター]]を[[蘇生]]させてしまうことによるリスクを伴うが、[[《浅すぎた墓穴》]]と併用してみるのも面白い。~
 [[永続効果]]、[[起動効果]]を持つものを[[セット]]すれば[[裏側守備表示]]でしか出せない[[デメリット]]を補える。~
 他にも、[[リバースした]]時の[[効果]]も[[発動]]するため、[[《月の書》]]等と組み合わせれば[[《メタモルポット》]]や[[《ニードルワーム》]]の[[効果]]を1[[ターン]]に複数回[[発動]]する事も可能となる。~
 [[《ゴブリン突撃部隊》]]等の[[攻撃]]後に[[守備表示]]になる[[デメリット]][[効果]]を持つ[[モンスター]]を、再び[[攻撃表示]]にする事もできる。~

 基本的に[[セット]]・[[召喚]]した[[ターン]]にすぐ[[表側表示]]や[[表側守備表示]]にしたい[[デッキ]]で採用される。~
 前者は[[【シャドール】]]や[[【霊使い】>【魔法使い族】#Charmer]]といった[[リバースモンスター]]が主体の[[デッキ]]、後者は[[ディフォーマー]]や[[《ドリーム・ピエロ》]]等の[[モンスター]]が挙げられる。~
 [[【デッキ破壊1キル】]]との相性は抜群であり、2枚目のこの[[カード]]を落とせばループが行いやすくなる。~
 [[《異次元からの埋葬》]]で使い回す等の工夫を凝らせば、[[先攻]]1[[ターン]]目からの[[デッキ破壊]][[1キル>1ターンキル]]も可能である。~

 [[墓地肥やし>墓地を肥やす]]が得意な[[ライトロード]]とも相性が良い。~
 [[戦闘]]補助として使えるだけでなく、[[《ライトロード・マジシャン ライラ》]]の[[効果]]を複数回使用できるようになるので非常に便利。~
 [[《ライトロード・ハンター ライコウ》]]を即座に[[リバース]]させて[[効果]]を[[発動]]することも可能である。~
 また、[[相手]][[モンスター]]を[[守備表示]]にすることで、[[《ライトロード・モンク エイリン》]]により[[デッキ]]への[[バウンス]]を狙える。~

 [[【ギャラクシー】]]では[[《銀河騎士》]]や[[《銀河遠征》]]で[[表側守備表示]]で[[特殊召喚]]した[[《銀河眼の光子竜》]]が即座に[[攻撃]]可能になるので相性がいい。~
 [[光属性]]なので、[[《銀河戦士》]]の[[特殊召喚]][[コスト]]で[[墓地へ送る]]ことができる。~

-間違いやすいが、''[[表側表示]]の[[モンスター]]を[[裏側表示]]にする事はできない。''~
[[表側表示]][[モンスター]]に対し[[発動]]した場合、[[攻撃表示]]と[[守備表示]]が入れ替わるだけである。~

-[[セット]]した[[ミスティック・ソードマン]]を即座に[[リバース]]できる。~
[[相手]][[モンスター]]の[[表示形式]]を変更し、[[戦闘]]で[[破壊]]しやすくすることで、[[《ミスティック・ソードマン LV2》]]や[[《ミスティック・ソードマン LV4》]]のレベルアップを狙える点にも注目したい。

-[[カード名]]の「AD」とは「[[Attack Position>攻撃表示]]」と「[[Defence Position>守備表示]]」の略称と推測される。~
また、「AD変換」というアナログ信号をデジタル信号に変換することを意味する言葉があり、これのもじりだと思われる。~
なお、「AD変換」を行う回路は「A/Dコンバータ」と呼ばれ、この[[カード名]]の「チェンジャー」は『交換』の意味である。~

-[[イラスト]]は旗揚げの応援団員に似ている。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sの「遊星vsジャン」戦において遊星が使用。~
[[《波動障壁》]]によって[[守備表示]]に変更された[[《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》]]を[[攻撃表示]]に変更した。~

--アニメでは[[自分]][[フィールド]]上に存在する[[シンクロモンスター]]専用の[[効果]]だった。

--[[シンクロモンスター]]専用にもかかわらず、[[融合モンスター]]に対して使用している。~
また、[[《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》]]はその[[ターン]]、[[攻撃]]も[[表示形式]]の変更も行っていなかったため、この[[カード]]を使用せずとも[[攻撃表示]]にできた。

--アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};の「遊馬vs神宮寺」戦で神宮寺が使用した[[罠カード]]《抜き打ち検査》の[[イラスト]]に描かれている。

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《エネミーコントローラー》]]
-[[《『攻撃』封じ》]]
-[[《『守備』封じ》]]
-[[《太陽の書》]]

-[[《A・O・J リサーチャー》]]
-[[《先史遺産コロッサル・ヘッド》]]
-[[《サムライソード・バロン》]]
-[[《ジュッテ・ナイト》]]
-[[《チェンジ・シンクロン》]]

-[[《巨大戦艦 クリスタル・コア》]]

//―《ADチェンジャー》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【デッキ破壊1キル】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[DUELIST REVOLUTION]] DREV-JP005
-[[デュエリストパック−遊星編3−]] DP10-JP010
-[[デュエリストセット Ver.ライトロード・ジャッジメント デッキ構築用パック>デュエリストセット Ver.ライトロード・ジャッジメント#pack]] DS14-JPL36 &size(10){[[Ultra]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[効果]]分類は何ですか?[[相手]][[ターン]]で[[発動]]することはできますか?~
A:[[起動効果]]です。よって[[相手]][[ターン]]には[[発動]]できません。(10/04/17)

//Q:[[自分]]の[[バトルステップ]]や[[ダメージステップ]]で[[発動]]することはできますか?~
//A:できません。(10/04/17)
//テキストで明文化されている

Q:[[裏側守備表示]]の[[モンスター]]を選択できますか?~
  できる場合、[[表示形式]]はどうなりますか?~
A:選択できます。その場合、[[表側攻撃表示]]になります。(10/04/17)

//Q:[[裏側攻撃表示]]の[[モンスター]]を選択できますか? できる場合、[[表示形式]]はどうなりますか?~
//A:選択できます。その場合は、[[裏側守備表示]]に変更されます。(10/06/06)
//A:選択できます。その場合も上記の例と同じく、[[表側攻撃表示]]になります。(10/04/17)

Q:[[裏側守備表示]]の[[モンスター]]を選択した場合、[[リバースした]]時の[[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:[[発動]]します。(10/04/19)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ADチェンジャー》,効果モンスター,モンスター,星1/光属性/戦士族/攻100/守100);