*《&ruby(デステニーヒーロー){D−HERO}; ディストピアガイ/Destiny HERO - Dystopia》 [#top]
 融合・効果モンスター
 星8/闇属性/戦士族/攻2800/守2400
 「D−HERO」モンスター×2
 「D−HERO ディストピアガイ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
 自分の墓地のレベル4以下の「D−HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
 (2):このカードの攻撃力が元々の攻撃力と異なる場合、
 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
 そのカードを破壊し、このカードの攻撃力は元々の数値になる。
 この効果は相手ターンでも発動できる。

 [[ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−]]で登場した[[闇属性]]・[[戦士族]]の[[融合モンスター]]。~
 [[特殊召喚に成功した]]場合に[[自分]]の[[墓地]]の[[下級]][[D−HERO]]1体の[[攻撃力]]分の[[ダメージ]]を与える事ができる[[誘発効果]]、自身の[[攻撃力]]が変化している場合に[[フィールドのカード]]1枚を[[破壊]]して元々の数値に戻す[[誘発即時効果]]を持つ。~

 [[融合素材]]は[[D−HERO]]2体と比較的緩く、[[《E・HERO エアーマン》]]による[[サーチ]]や[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]などの[[効果]]を利用すれば容易に揃う。~
 (1)の[[効果]]のためにも、1体は[[下級]][[D−HERO]]にしておきたい。~

 (1)の[[バーン]][[効果]]は、最大で1600[[ダメージ]]と、初期[[ライフ]]の1/5を削れる。~
 その後この[[カード]]で[[直接攻撃]]できれば合計4400[[ダメージ]]にまでなる。~
 [[融合召喚]]以外でも[[発動]]するため、[[蘇生]]などから繰り返し[[発動]]すれば累積[[ダメージ]]を増やせる。~

 (2)の[[効果]]は、自身の[[攻撃力]]を元に戻しつつ、[[フィールドのカード]]1枚を[[破壊]]する[[効果]]。~
 [[攻撃力]]を変化させる[[カード]]と併用することで、[[フリーチェーン]]の[[除去]][[効果]]として使用できる。~
 [[耐性]]を得られる[[《禁じられた聖槍》]]および[[《禁じられた聖衣》]]、複数回[[攻撃力]]を変動させる[[《蛮勇鱗粉》]]や[[《ロケットハンド》]]などと[[コンボ]]が狙える。~
 [[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]を考慮した[[装備魔法]]であれば、[[2回攻撃]]のできる[[《アサルト・アーマー》]]や繰り返し[[攻撃力]]を変動できる[[《聖剣アロンダイト》]]などがねらい目。~
 [[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]に目を向ければ、同じ[[D−HERO]]の[[《D−HERO デッドリーガイ》]]、[[フリーチェーン]]で繰り返し[[効果]]を使える[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]が良いだろう。~
 後者はこの[[カード]]の天敵でもあり、[[コントロール]]を奪われた上に[[除去]]を使われてしまうパターンもあり得る。~
// 間接的に[[《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》]]などの[[弱体化]]への[[メタ]]としても機能する。~
//同ランクなら、ホープザライトニングが出てくる可能性が高い

 [[融合召喚]]も[[ステータス]]操作も従来の[[【D−HERO】]]からは外れた要素であるため、主力とするのであればこの[[カード]]に特化した構築にするのが望ましい。~
 [[《融合》]]を[[サーチ]]できる[[《E・HERO ブレイズマン》]]や[[《V・HERO ヴァイオン》]]を併用したい。~

 [[【Dragoon D−END】]]で選択肢の一つとして採用するのも手か。~
 [[《Dragoon D−END》]]を[[エクストラデッキ]]に入れ、[[《融合準備》]]で[[融合素材]]と[[《融合》]]の確保を行うのも良いかもしれない。~
//《Dragoon D−END》と同居できるようなスペースはない
//融合素材の確保が狙いなので共に並べるとはどこにもない

-同じ[[HERO]]である[[《E・HERO オネスティ・ネオス》]]を使えば、[[相手]][[ターン]]中に[[伏せカード]]無しで(2)の[[効果]]を使える。~
奇襲性が高く、単体性能も悪くない。~
[[HERO]]ではないが、[[《召喚師アレイスター》]]でも同様のことが可能。~
こちらの場合、[[《召喚魔術》]]を[[サーチ]]することでこの[[カード]]の[[融合召喚]]をサポートできる。~

-[[永続カード]]等によりこの[[カード]]の[[攻撃力]]が変化している場合、(2)の[[効果]]処理後は[[元々の攻撃力]]で固定される。~
''「[[発動した効果で攻撃力・守備力が指定された数値になる場合>ステータス#tcca75a6]]」''のルールに従う。~
--(2)の[[効果]]処理より''先に''[[発動]]・[[適用]]されていた[[攻撃力]]の変動はすべて無視され、(2)の[[効果]]によりこの[[カード]]の[[攻撃力]]は[[元々の攻撃力]]で''固定される''。~
この[[カード]]の[[装備魔法]]が外れる、この[[カード]]の[[攻撃力]]を変化させていた[[フィールド魔法]]が[[破壊]]されるなどしても、再計算はされない。~
--(2)の[[効果]]処理より''後から''[[攻撃力]]を変化させる[[効果]]が[[発動]]・[[適用]]された場合、[[元々の攻撃力]]を基準に通常通り[[攻撃力]]の計算が行われる。~

>同じくこのルールが適用されている[[《BF−疾風のゲイル》]]のFAQなども参照のこと。~
//[[《No.107 銀河眼の時空竜》]]の場合は再計算しない裁定である。~

-情報が出た段階では[[D−HERO]]初の[[融合モンスター]]だったが、[[ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−]]の発売日の関係上、登場時期は[[《D−HERO デッドリーガイ》]]の方が先になった。~

-ディストピア(dystopia)とは主に創作物において[[理想郷(Utopia)>《No.39 希望皇ホープ》]]の対として考え出された社会のことであり、日本語では「暗黒郷」「絶望郷」などと訳される。~
時代の流れなどによる理想郷像の変化に伴ってディストピア像も変化するが、現代においては「過度に秩序を実現しようとした結果、人々の自由や人権が奪われた社会」を指すことが多い。~
遊戯王においては、アニメ5D'sでのサテライトの存在や、[[DUEL TERMINAL]]のストーリーで[[ヴァイロン]]達が実現しようとした世界がまさにこれにあたる。~
また、理想郷とディストピアは紙一重あるいは表裏一体の関係にあるという考えもあり、上記の[[ヴァイロン]]に関するストーリーでも「理想郷」と書いてディストピアとルビが振られているものがある(詳しくは[[《ヴァイロン・ディシグマ》]]参照)。~
-理想郷を作ると謳う融合次元のアカデミアのデュエリストの[[カード]]が「ディストピア」というのも、皮肉めいたものがある。~
--理想郷を作ると謳う融合次元のアカデミアのデュエリストの[[カード]]が「ディストピア」というのも、皮肉めいたものがある。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメARC-Vでエドが使用する[[融合モンスター]]。~
初登場は「遊矢vsエド」(1戦目)。~
[[《D−フュージョン》]]の[[効果]]で[[《D−HERO ドリルガイ》]]2体を[[融合素材]]に[[融合召喚]]され[[《D−HERO ドリルガイ》]]の[[攻撃力]]分の[[ダメージ]]を与えた。~
その後[[《EMシール・イール》]]に[[効果]]を[[無効]]にされ[[《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》]]に[[攻撃]]されるが、[[《D−フュージョン》]]の[[効果]]で耐え、返しの[[ターン]]で[[戦闘破壊]]した。~
さらに[[永続魔法]]《D−デス・マッチ》の[[効果]]と合わせ遊矢を追い詰めたが、[[《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》]]に[[戦闘破壊]]された。~
「遊矢vsエド」(2戦目)の途中での回想における「遊勝vsエド」戦では、遊勝に[[直接攻撃]]していた。~
「ユーゴvsユーリvsエド&カイト」戦でも[[融合召喚]]され、最終的に[[《D−HERO ドリームガイ》]]と共に[[《D−HERO ダスクユートピアガイ》]]の[[融合素材]]となった。~
[[攻撃]]名は「ディストピアブロー」、(1)の[[効果]]名は「スクイズ・パーム」、(2)の[[効果]]名は「ノーブルジャスティス」。~

--アニメでの(1)の[[効果]]は[[融合素材]]のうち1体の[[ダメージ]]を与えるもので、[[融合召喚に成功した]]場合のみとなっていた。~
(2)の[[効果]]は[[ステータス]]が変化した時に[[発動]]し、[[攻撃力]]を戻す[[効果]]はなかった。~
アニメ仕様ならば、[[《D−HERO ドグマガイ》]]を選択する事で3400もの[[ダメージ]]を与える事が可能だったため、変更は止むを得ないだろう。~
---公式ホームページの「超熱血デュエル塾 講義55」で確認できる(2)の[[テキスト]]には「[[攻撃力]]・[[守備力]]が変化した''場合''〜[[発動]]できる」とあるのだが、後の「講義81」では「変化した''時''」に[[エラッタ]]されている。~
アニメでは[[タイミングを逃す]]ルールがないのでどちらでも[[効果]]に違いはないが、[[OCG]]では大きな要素となる[[エラッタ]]である。~

--[[融合召喚]]時の口上は「([[融合素材]]を例える言葉)よ。今一つとなりて暗黒の未来に君臨せよ!![[融合召喚]]!!カモン!《D−HERO ディストピアガイ》!」。~
//[[融合素材]]毎の口上はそれぞれ以下の通り。~
//「遊矢vsエド」(1戦目):「[[運命の岩盤をうがつ2人の英雄>《D−HERO ドリルガイ》]]よ。〜《D−HERO ディストピアガイ》!」。~
//「遊矢vsエド」(2戦目):「[[勝利の宿命を決意し英雄>《D−HERO ディシジョンガイ》]]よ![[運命の岩盤をうがつ英雄>《D−HERO ドリルガイ》]]よ!〜《D−HERO ディストピアガイ》!」。~

--(2)の[[効果]]は、掌に発生した渦の中に[[破壊]]対象を吸い込み握りつぶすという演出が見られた。~
一方で、[[《EMラフメイカー》]]に対して[[発動]]された際は、「D」のポージングの後、胸からビームを発射するという演出だった。~

--エドの[[融合召喚]]時の口上では「暗黒の世界の英雄」と称されている。~

//--[[《スマイル・ワールド》]]とは抜群の相性なのだが、エドは榊遊勝からその[[カード]]を受け取る際に破ってしまったため使用できない状態であった。~

--「エド&素良vsズァーク」戦でエドが使用した[[通常罠]]《D−ハイパー・ノヴァ》の[[イラスト]]に描かれている。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《D−HERO ダスクユートピアガイ》]]
-[[HERO]]
-[[D−HERO]]

//―《D−HERO ディストピアガイ》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【D−HERO】]]([[融合召喚]]軸)

**収録パック等 [#pack]
-[[ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−]] SPDS-JP004 &size(10){[[Secret]]};

**FAQ [#faq]
***(2)の効果について [#faq1]
Q:[[《団結の力》]]を装備したこの[[カード]]が(2)の[[効果]]を[[発動]]した場合、[[攻撃力]]・[[守備力]]はどうなりますか?~
A:[[攻撃力]]2800・[[守備力]]3200となります。~
  その後、新たな[[モンスター]]が[[召喚]]され、[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]が2体となった場合、[[攻撃力]]は2800のままとなりますが、[[守備力]]は4000となります。(16/08/11)
//http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/faq_search.action?ope=5&fid=13295&keyword=&tag=-1

Q:[[自分]][[ターン]]に、[[《破邪の魔法壁》]]で[[攻撃力]]がアップしているこの[[カードの効果]]を[[発動]]しました。~
  次の[[自分]][[ターン]]、再び[[《破邪の魔法壁》]]の[[効果]]は[[適用]]されますか?~
A:[[調整中]]。(17/02/09)~
//以前きいた裁定ですが、↓よりは新しいので一応追記
//A:次の[[自分]][[ターン]]に再び[[攻撃力]]が300アップします。(16/08/31)
//編集し忘れ

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《D−HERO ディストピアガイ》,モンスター,融合モンスター,効果モンスター,星8/闇属性/戦士族/攻2800/守2400,HERO,D−HERO);