*《&ruby(エレメンタルヒーロー){E・HERO}; アナザー・ネオス/Elemental HERO Neos Alius》 [#top]
 デュアル・効果モンスター
 星4/光属性/戦士族/攻1900/守1300
 (1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
 (2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
 その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
 ●このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
 カード名を「E・HERO ネオス」として扱う。

 [[TACTICAL EVOLUTION]]で登場した[[光属性]]・[[戦士族]]の[[下級>下級モンスター]][[デュアルモンスター>デュアル]]。~
 [[デュアルモンスター>デュアル]]共通の[[ルール効果]]を持ち、[[再度召喚]]する事で[[《E・HERO ネオス》]]として扱う[[永続効果]]を得る。~

 この[[カード]]単独ではただの[[アタッカー]]にしかならないが、[[E・HERO]]・[[ネオス]]・[[光属性]]・[[戦士族]]・[[デュアルモンスター>デュアル]]と非常に多くの[[サポートカード]]に対応する。~
 特に[[《デュアルスパーク》]]や[[《超融合》]]といった[[サクリファイス・エスケープ]]を得意とし、この[[カード]]の[[除去]]を狙う[[相手]]には[[ディスアドバンテージ]]を負わせやすい。~
 [[《オネスト》]]に対応するため[[戦闘]]にも強く[[墓地]]に送られても[[《ミラクル・フュージョン》]]による[[融合召喚]]の[[融合素材]]となる。~
 [[手札]]で腐らない[[下級モンスター]]かつ大半の[[アタッカー]]に並ぶ[[攻撃力]]を持つことから、[[《ヒーロー・ブラスト》]]を最も活かせる[[カード]]でもある。~
 [[【E・HEROビート】]]や[[【ネオスビート】]]では主力[[アタッカー]]になる他、[[【スキルドレイン】]]等の[[【メタビート】]]でも採用されやすい。~
 [[《増援》]]や[[《E−エマージェンシーコール》]]、[[《E・HERO エアーマン》]]といった豊富な[[サーチ]]手段を持つため上記の[[サポートカード]]を安定して運用できることもこの[[カード]]の大きな強みである。~

 [[再度召喚]]すれば[[カード名]]が[[《E・HERO ネオス》]]になる。~
 しかし、[[《E・HERO ネオス》]]は元から[[特殊召喚]]手段の豊富な[[カード]]である上、[[《E・HERO プリズマー》]]を使えばより簡単に[[《E・HERO ネオス》]]扱いの[[モンスター]]を用意できる。~
 ただ、[[《スーペルヴィス》]]を装備した場合なら[[《E・HERO ネオス》]]として[[融合素材]]などに使用した後、[[墓地]]の[[モンスター]][[蘇生]]に使える。~
 [[《デュアル・アブレーション》]]なら[[デッキ]]から直接[[《E・HERO ネオス》]]として[[特殊召喚]]でき、[[デッキ]]に戻す[[コンタクト融合]]の性質と相性が良い。~

 この[[カード]]を[[融合素材]]にできる[[融合モンスター]]は非常に多い。~
 この[[カード]]自体を指名する物は存在しないが、[[E・HERO]]・[[HERO]]・[[光属性]]・[[戦士族]]・[[ネオス]]・[[通常モンスター]]・[[デュアルモンスター>デュアル]]・[[効果モンスター]]をそれぞれ[[融合素材]]とする[[融合モンスター]]が存在し、[[再度召喚]]すれば[[コンタクト融合]]の[[融合素材]]にもなる。~
 [[コンタクト融合]]も含むと合計44種類の[[融合モンスター]]の[[融合素材]]になる他、この[[モンスター]]2体だけでも7種類の[[融合モンスター]]を出せる。~
//2019年10月時点
//E・HERO(6体):《E・HERO エスクリダオ》《E・HERO ガイア》《E・HERO Great TORNADO》《E・HERO The シャイニング》《E・HERO ノヴァマスター》《E・HERO Core》
//HERO(5体):《E・HERO アブソルートZero》《E・HERO ゴッド・ネオス》《E・HERO サンライザー》《V・HERO アドレイション》《V・HERO トリニティー》
//《E・HERO ネオス》(16体):《E・HERO ネオス・ナイト》《E・HERO アクア・ネオス》《E・HERO エアー・ネオス》《E・HERO グラン・ネオス》《E・HERO グロー・ネオス》《E・HERO ブラック・ネオス》《E・HERO フレア・ネオス》《E・HERO マリン・ネオス》《E・HERO カオス・ネオス》《E・HERO ストーム・ネオス》《E・HERO マグマ・ネオス》《レインボー・ネオス》《E・HERO ネビュラ・ネオス》《E・HERO コスモ・ネオス》《E・HERO ブレイヴ・ネオス》《E・HERO ネオス・クルーガー》
//HERO通常モンスター(1体):《E・HERO グランドマン》
//通常モンスター(2体):《始祖竜ワイアーム》《フルメタルフォーゼ・アルカエスト》
//効果モンスター(1体):《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》
//デュアルモンスター(1体):《超合魔獣ラプテノス》
//光属性(3体):《エルシャドール・ネフィリム》《ジェムナイト・セラフィ》《召喚獣メルカバー》
//戦士族(5体):《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》《ユーフォロイド・ファイター》《ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《超魔導騎士−ブラック・キャバルリー》《真紅眼の黒刃竜》
//特定ステータス(2体):《メタルフォーゼ・カーディナル》《メタルフォーゼ・アダマンテ》
//カード名が異なるモンスター(1体):《氷獄龍 トリシューラ》
//特に指定なし(1体):《沼地のドロゴン》
//このカード2体で出せるもの:《E・HERO The シャイニング》《V・HERO アドレイション》《E・HERO ネオス・ナイト》《始祖竜ワイアーム》《超合魔獣ラプテノス》《E・HERO ブレイヴ・ネオス》《E・HERO グランドマン》

-[[デッキ]]や[[手札]]にある時は「[[効果モンスター]]」扱いのため、[[《ヒーローフラッシュ!!》]]での[[リクルート]]や、[[《高等儀式術》]]で[[墓地へ送る]]事はできない。~

-ほぼ[[バニラ]]であるにもかかわらず、[[【光デュアル】>【E・HEROビート】#decktype2]]と[[【BF】]]が[[環境]]を二分した時期にはまさしく[[環境]]を代表する[[アタッカー]]として活躍した。~
この時期は[[デュエル]]の高速化は現在ほど進んでおらず、また現在以上に[[カード]]1枚の[[アドバンテージ]]が重視され[[罠カード]]も多い[[環境]]であった。~
そのため、[[《デュアルスパーク》]]で[[除去]]を回避して手軽に[[アドバンテージ]]をとれることは現在と比較して大きな[[メリット]]となっていた。~
[[【BF】]]相手では[[《BF−暁のシロッコ》]]を除き全て[[戦闘破壊]]可能で、[[《オネスト》]]によって[[《BF−月影のカルート》]]にも強かった。~
[[墓地へ送られた]]場合でも、[[《ヒーロー・ブラスト》]]によって[[アドバンテージ]]を稼ぎながら再利用が可能であり、[[フィールド]]・[[墓地]]にこの[[カード]]が存在するだけで大きなプレッシャーをかけることが可能だった。~
また、この時期に[[メタカード]]として人気が高かった[[《スノーマンイーター》]]と共に[[《ミラクル・フュージョン》]]で[[《E・HERO アブソルートZero》]]を[[融合召喚]]できたことも大きな強みであった。~

-[[イラスト]]は、[[ネオス>《E・HERO ネオス》]]に憧れている子供のような姿、もしくは[[ネオス>《E・HERO ネオス》]]の幼少期であろう姿をしている。~
[[英語名]]の「Alius」は、「another(アナザー/もう一つ、別の)」の語源となったラテン語で、意味も同じである。~

-[[《E・HERO キャプテン・ゴールド》]]を始めとした、アニメ出身でも漫画出身でもない[[OCG]]オリジナルの[[E・HERO]]の1体。~

-原作・アニメにおいて―~
Dチーム・ゼアルの「カイトvsフュージョン・マスク」戦において、フュージョン・マスクが使用。~
[[《融合》]]で[[《E・HERO オーシャン》]]と共に[[《E・HERO アブソルートZero》]]の[[融合素材]]になった。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[WORLD CHAMPIONSHIP 2008>ゲーム付属カード#WCS2008]]では対戦[[相手]]として登場。~
[[【ネオスビート】]]を使用する。~
[[デュエル]]に負けた時に「次は本気で行くからな」と[[HERO]]らしからぬ潔くない台詞を発する。~
まだ子供であることの表れだろうか。~

--[[DUEL TERMINAL]]では十代が使用。~
[[再度召喚]]し、[[《ラス・オブ・ネオス》]]の[[発動]]に利用されることがある。

--意外かもしれないが、この[[カード]]はゲーム作品において専用のボイスが設けられたことは一度もない。~
「デュエルリンクス」において第10期までに登場した[[ネオス]]関連[[カード]]のボイスが大量に収録されている遊城十代/ユベルについても同様である。~
[[《ネオスペース・コンダクター》]]・[[《ネオスペース・コネクター》]]にも存在しないことから、[[OCG]]オリジナルの[[ネオス]]をサポートする[[モンスター]]については収録しない方針なのだろうか。~

**関連カード [#card]
-[[HERO]]
-[[E・HERO]]
-[[ネオス]]
-[[デュアル]]

-[[《E・HERO ネオス》]]|
-[[《E・HERO ネオス》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ネオスビート】]]
-[[【E・HERO】]]
-[[【E・HEROビート】]]
-[[【コンタクト融合】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[TACTICAL EVOLUTION]] TAEV-JP018 &size(10){[[Super]]};
-[[デュエリストパック−十代編3−]] DP06-JP006 &size(10){[[Rare]]};
-[[DUEL TERMINAL −エクシーズ始動!!−]] DT12-JP002 &size(10){[[Rare]]};
-[[DUELIST EDITION Volume 2]] DE02-JP008 &size(10){[[Super]]};
-[[ストラクチャーデッキ−HERO's STRIKE−]] SD27-JP008

**FAQ [#faq]
ー[[デュアル]]共通の事項については[[デュアルのFAQ>デュアル#faq]]を参照。~

//Q:[[《光と闇の竜》]]がいる時に[[再度召喚]]した場合、[[無効]]化されますか?~
//A:[[再度召喚]]は[[通常召喚]]扱いのため[[《光と闇の竜》]]によって[[無効]]化されません。~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《E・HERO アナザー・ネオス》,モンスター,デュアルモンスター,効果モンスター,星4/光属性/戦士族/攻1900/守1300,HERO,E・HERO,ネオス);