*《&ruby(エレメンタルヒーロー){E・HERO}; フェザーマン/Elemental HERO Avian》 [#top]
 通常モンスター
 星3/風属性/戦士族/攻1000/守1000
 風を操り空を舞う翼を持ったE・HERO。
 天空からの一撃、フェザーブレイクで悪を裁く。

 [[PREMIUM PACK 8>PREMIUM PACK#PP8]]で登場した[[風属性]]・[[戦士族]]の[[下級モンスター]]。~

 この[[モンスター]]自体は[[ステータス]]の低い[[通常モンスター]]でしかなく、[[【E・HERO】]]を始めとする採用を検討できる[[デッキ]]でも、単体で活用するのは難しい。~
 採用する場合は、[[ステータス]]の関係上多くのサポートに対応する点を活かしつつ、[[融合素材]]などに利用するのが基本となる。~

 [[手札融合]]に使う場合は、主に[[《E・HERO Great TORNADO》]]等の[[融合素材]]として活用したい。~
 [[《ドラゴラド》]]・[[《レスキューラビット》]]・[[《闇の量産工場》]]等にも対応しており、2体同時に補充した際は[[《E・HERO Great TORNADO》]]への[[融合召喚]]に繋げることもできる。~
 他には、[[《E・HERO エアーマン》]]以外で唯一[[メインデッキ]]に入る[[風属性]][[HERO]]という点で採用価値がある。~
 [[通常モンスター]]サポートの[[《予想GUY》]]での[[リクルート]]もできるので、[[《マスク・チェンジ》]]で[[《M・HERO ブラスト》]]・[[《M・HERO カミカゼ》]]を出す場合の候補となる。~

 [[【E−HERO】]]では、[[《E−HERO インフェルノ・ウィング》]]と[[《E−HERO ワイルド・サイクロン》]]の2種の[[モンスター]]の[[融合素材]]となるため、利用価値が高い。~
 [[《高等儀式術》]]で[[《ライカン・スロープ》]]を[[降臨]]させる際、他の[[E・HERO]]共々[[墓地へ送る]]事で[[《ミラクル・フュージョン》]]や[[《ダーク・コーリング》]]もすぐさま[[発動]]する事ができる。~

 [[【フェザーパーミッション】]]では、通常使いづらい専用[[カード]]の[[《フェザー・ウィンド》]]と[[《フェザー・ショット》]]も活用する事ができる。~
 [[《闇の仮面》]]で[[カウンター罠]]を回収したり、[[《摩天楼 −スカイスクレイパー−》]]や[[《E・HERO オネスティ・ネオス》]]で[[《E・HERO エアーマン》]]共々強化すると有効である。~
 また、同じ[[戦士族]]の[[E・HERO]]である[[《E・HERO プリズマー》]]や[[《ヒーロー・マスク》]]も[[《フェザー・ウィンド》]]と[[《フェザー・ショット》]]の[[発動条件]]を緩和するために利用できる。~
 [[《O−オーバーソウル》]]・[[《摩天楼2−ヒーローシティ》]]・[[《闇の量産工場》]]・[[《ドラゴラド》]]・[[《リミット・リバース》]]等を使い繰り返し[[フィールド]]に蘇る事もできる。~

-この[[カード]]を[[融合素材]]として指定する[[融合モンスター]]は8種類存在する。~
これは、[[《E・HERO ネオス》]]を除く[[E・HERO]]ではもっとも多い。~
これは、[[E・HERO]]では[[《E・HERO ネオス》]]に続いて2位である。~

-この[[カード]]と[[《E・HERO バーストレディ》]]の2体だけで、8種類の[[融合モンスター]]を[[融合召喚]]できる。~
//《E・HERO フレイム・ウィングマン》《E・HERO フェニックスガイ》《E−HERO インフェルノ・ウィング》《E・HERO ノヴァマスター》《E・HERO Great TORNADO》《∨・HERO アドレイション》《始祖竜ワイアーム》《E・HERO グランドマン》 
[[融合素材代用モンスター]]等を考慮しなければ、この2体が[[融合召喚]]パターンの最も多い[[融合素材]]の組み合わせである。~

//-「悪を裁く」とあるが、この[[攻撃力]]で裁ける悪は多くはない。~
//抽象的な「悪」と言ってるけど、結局他のモンスターに相当するんじゃねーの
//攻撃力900以下って1870いるし一応多いと思う
//攻撃力1000超えるのもかなり多いし、微妙では?
//1870が多くはないって事はないだろ 1000超えるのもかなり多いってのと別に

//-「悪を裁く」とあるが、この悪に相当する存在は現在も明らかにされていない。~
//既に情報量の多いから初期の連中みたいにフレイバー・テキストへの言及とかいらないと思う
//必要だと思う。設定上の敵が存在しないってのは世界観にも関わるし
//必要ないでしょ そこまでE・HEROの世界観重視されてないし
//いや、必要だろこれ。これないと裁ける悪は多くないとツッコミが入るよ
//削除したいやつはいい加減にしとけ。何でもかんでも曖昧な理由で消しやがって。何様なんだろ。
//これ以上は編集合戦なんで、議論板に行ってください
//何を議論しろと?
//この程度の記述に目くじら立てて消して、肝心の消したい理由は曖昧。横暴
//はい。議論に行ってください。
//「この程度」っての情報量云々を理由にしていた奴に対して。1行がそこまで重いか?
//スパークマン・バーストレディも似たような内容のテキスト 「悪」に関しては具体例を示さずに、あえて抽象的にしていると思われる なので、不要

-[[英語名]]の「Avian」は、[[鳥類>鳥獣族]]を意味する。~

-左手に装備された鉤爪などから判断するに、[[イラスト]]のモデルはアメリカンコミックに登場するヒーロー「ホークマン」だろう。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXの主人公・遊城十代の使う[[E・HERO]]の特攻隊長的ポジション。~
番組最初の[[デュエル]]である「十代vsクロノス」(1戦目)にて最初に登場した[[E・HERO]]であり、以降も高確率で[[デュエル]]序盤から[[召喚]]された。~
貧弱な[[ステータス]]の割には[[戦闘破壊]]される事は少なく、[[相手]][[ターン]]を生き残った後は、十代のフェイバリットカード[[《E・HERO フレイム・ウィングマン》]]の[[融合素材]]などの形で活用される事が多い。~
時にはこの[[カード]]自身が[[フィニッシャー]]となる事もあり、「vs綾小路」戦や「vsローズ」戦では[[《フェザー・ショット》]]による怒涛の[[3回攻撃>2回攻撃]]で大活躍を見せている。~
常に前線で活躍していた[[モンスター]]だが、放送2年目途中から[[ネオスペーシアン>N]]らが登場して以降は出番はやや減少した。~
[[攻撃]]名は[[テキスト>フレイバー・テキスト]]の通り「フェザー・ブレイク」。~
パンチやキックだったり、羽根やナイフを飛ばしたり、風を起こしたりと、毎回[[攻撃]]方法が異なる、バラエティに富んだ技である。~
英語版では「クイール・カスケード」・「ウィンド・ストーム・スラッシュ」・「エレクトリック・オーブ」・「タロン・テアー([[《摩天楼 −スカイスクレイパー−》]]時)」等と[[攻撃]]方法によって異なる技名が付けられている。~


--未[[OCG]]の[[サポートカード]]として[[通常罠]]《フェザー・ストーム》が登場している。~
また、十代が使用した[[通常魔法]]《ENシャッフル》・《クロス・チェンジ》、[[装備魔法]]《パワー・チャージャー》、[[通常罠]]《スピリチュアル・フュージョン》・《魂の結束−ソウル・ユニオン》・《フェザー・ストーム》の[[イラスト]]に描かれている。~
[[《N・アクア・ドルフィン》]]とはそれぞれの[[カテゴリ]]内で最初に登場した繋がりがあるためか、コンビを組んで映っている[[イラスト]]が2枚存在する。~

--エド・フェニックスの[[E・HERO]][[デッキ]]として登場した際のフェザーマンは肌が褐色になっている。~
覇王と化した十代の《E・HERO フェザーマン》も上記の[[イラスト]]になっている。~
[[OCG]]では、[[ACADEMY DUEL DISK 通常版>商品同梱カード#ADD]]にのみこの[[イラスト]]を用いた[[カード]]が封入されている。

--漫画GXでは「十代vs紅葉」戦で十代が使用。~
[[壁]]として[[フィールド]]に[[召喚]]された後、次の[[ターン]]に[[手札]]の[[《E・HERO バーストレディ》]]と[[融合素材]]になり、[[《E・HERO フレイム・ウィングマン》]]を[[融合召喚]]した。~

//-コナミのゲーム作品においてー~
//[[DUEL TERMINAL]]では十代が使用し、ADXのチームの1体としても使用する。~
//十代がフェザーマンを使うのはDTに限ったことじゃない
//このゲームでは腹部あたりから風を起こすという[[攻撃]]方法である。~
//風を起こす攻撃はアニメでも行っているので、特段世界観が分かる情報に該当しない

**関連カード [#card]
-[[HERO]]
-[[E・HERO]]

―この[[カード]]を[[融合素材]]に指定する[[融合モンスター]]
-[[《E・HERO エリクシーラー》]]
-[[《E・HERO セイラーマン》]]
-[[《E・HERO テンペスター》]]
-[[《E・HERO フェニックスガイ》]]
-[[《E・HERO フレイム・ウィングマン》]]
-[[《E・HERO ワイルド・ウィングマン》]]

-[[《E−HERO インフェルノ・ウィング》]]
-[[《E−HERO ワイルド・サイクロン》]]

―[[サポートカード]]
-[[《フェザー・ショット》]]

-[[《フェザー・ウィンド》]]

―《E・HERO フェザーマン》の姿が見られる[[カード]]
-[[《ダーク・フュージョン》]]
-[[《HERO’S ボンド》]]
-[[《ヒーロー・マスク》]]
-[[《フェザー・ショット》]]
-[[《ホープ・オブ・フィフス》]]
-[[《蜃気楼の筒》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【E・HERO】]]
--[[【フェザーパーミッション】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[PREMIUM PACK 8>PREMIUM PACK#PP8]] PP8-JP001 &size(10){[[Secret]]};
-[[THE LOST MILLENNIUM]] TLM-JP001 &size(10){([[N-Parallel]])};
-[[デュエリストパック−十代編−]] DP1-JP001
-[[EXPERT EDITION Volume.3]] EE3-JP181
-[[STARTER DECK(2006)]] YSD-JP007
-[[ACADEMY DUEL DISK 通常版>商品同梱カード#ADD]](エド・覇王バージョン) ADD-JP001
----
&tag(《E・HERO フェザーマン》,通常モンスター,モンスター,星3/風属性/戦士族/攻1000/守1000,HERO,E・HERO,);