*《&ruby(イー){E};−エマージェンシーコール/E - Emergency Call》 [#top]
 通常魔法
 (1):デッキから「E・HERO」モンスター1体を手札に加える。

 [[ENEMY OF JUSTICE]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[E・HERO]]を[[サーチ]]する[[効果]]を持つ。~
 [[《ヒーローフラッシュ!!》]][[発動]]の[[キーカード]]でもある。~

 [[E・HERO]]の多くは[[《増援》]]でも[[サーチ]]可能だが、こちらは[[種族]]や[[レベル]]に制限なく[[E・HERO]]を[[サーチ]]できる。~
 [[《増援》]]と同様に[[《E・HERO エアーマン》]]の[[サーチ]]から間接的に[[HERO]]全体の[[サーチ]]に繋がるため、[[【D−HERO】]]など他の[[HERO]]系[[デッキ]]でも採用される。~
 その場合は、[[サーチ]]先が枯渇しないよう他の扱いやすい[[E・HERO]]も複数枚投入することが求められる。~

-[[07/03/01>禁止・制限カード/2007年3月1日]]に[[《E・HERO エアーマン》]]、[[09/03/01>禁止・制限カード/2009年3月1日]]に[[《増援》]]が[[制限カード]]となったことで[[E・HERO]]を使う[[デッキ]]におけるこの[[カード]]の需要は増加した。~
当時[[無制限カード]]だったこの[[カード]]による[[サーチ]]は強力で、[[《増援》]]が[[制限カード]]になった後も[[【E・HEROビート】]]は度々[[環境]]上位に上っていた。~
[[《E・HERO ガイア》]]等の[[属性]][[融合モンスター]]や、[[《E・HERO バブルマン》]]と高い[[シナジー]]を誇る[[エクシーズモンスター]]の登場も大きかった。~
その結果[[12/09/01>禁止・制限カード/2012年9月1日]]に[[準制限カード]]に指定されたが、その後の[[【E・HERO】]]の失速もあってか[[13/09/01>リミットレギュレーション/2013年9月1日]]に[[制限解除]]された。~

-「エマージェンシー(Emergency)」は「非常時・緊急事態」を意味する。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおける「十代vsアビドス3世」戦で十代が初使用。~
[[《E・HERO スパークマン》]]を[[手札]]に[[加え>加える]]つつ、[[《ヒーローフラッシュ!!》]]の[[発動]]に繋げた。~
「十代vs斎王」(1戦目)でも[[《E・HERO フェザーマン》]]を[[手札]]に[[加え>加える]]つつ[[《ヒーローフラッシュ!!》]]に繋げている。~
「十代vs空野」戦では[[《ホルスの黒炎竜 LV8》]]に[[無効]]にされ[[墓地へ送られた]]後、[[《マジック・ストライカー》]]の[[特殊召喚]]の[[コスト]]で[[除外]]された。~
十代の引きが強いのもあるが、[[デュエル]]の進行上[[《ヒーローフラッシュ!!》]]に繋がる時以外はあまり使用されない。~
「十代vs丸藤亮」(3戦目)のように、事情が事情なだけに仕方がないが使用されず[[セット]]される事もあった。~

--アニメでの[[イラスト]]は他の3枚同様、全体的に色が薄くなっている。~

**関連カード [#card]
-[[E・HERO]]

-[[《E・HERO エアーマン》]]
-[[《エマージェンシー・サイバー》]]
//-[[《エマージェンシー・サイバー》]]

-特定の[[モンスター]]を[[サーチ]]する[[魔法カード]]については[[《増援》]]を参照

―[[《ヒーローフラッシュ!!》]]
-[[《H−ヒートハート》]]
-[[《R−ライトジャスティス》]]
-[[《O−オーバーソウル》]]

―[[カード名]]([[英語名]])関連
-[[《ガトムズの緊急指令》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【E・HERO】]]
-[[【E・HEROビート】]]
-[[【ネオスビート】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ENEMY OF JUSTICE]] EOJ-JP039
-[[デュエリストパック−十代編2−]] DP03-JP017
-[[EXPERT EDITION Volume.4]] EE04-JP219
-[[ストラクチャーデッキ−HERO's STRIKE−]] SD27-JP028

//**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:
----
&tag(《E−エマージェンシーコール》,魔法,通常魔法,);