*《&ruby(エンタメイト){EM};キングベアー/Performapal King Bear》 [#top]
 ペンデュラム・効果モンスター
 星6/地属性/獣戦士族/攻2200/守1000
 【Pスケール:青7/赤7】
 (1):このカードを発動したターンのエンドフェイズに発動できる。
 このカードを破壊し、自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスター及び
 自分の墓地のモンスターの中からレベル7以上のモンスター1体を選んで手札に加える。
 【モンスター効果】
 (1):攻撃表示のこのカードは魔法・罠カードの効果では破壊されない。
 (2):このカードの攻撃力は自分バトルフェイズの間、
 自分フィールドの「EM」カードの数×100アップする。

 [[STARTER DECK(2016)]]で登場した[[地属性]]・[[獣戦士族]]の[[上級]][[ペンデュラムモンスター]]。~
 [[エクストラデッキ]]か[[墓地]]から[[モンスター]]を[[サルベージ]]する[[ペンデュラム効果]]、[[攻撃表示]]の時に[[魔法・罠カード]]に[[破壊されない]][[永続効果]]、[[バトルフェイズ]]中に[[自己強化]]する[[永続効果]]を持つ。~

 [[ペンデュラム効果]]により、[[エクストラデッキ]]の[[ペンデュラムモンスター]]、または[[墓地]]の[[レベル]]7以上の[[モンスター]]を[[手札]]に加えられる。~
 似た[[ペンデュラム効果]]を持つ[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]と比較すると、こちらは高い[[ペンデュラムスケール]]を持つので、[[レベル]]6以下を展開できる[[メリット]]がある。~
 一方で、序盤からでも[[発動]]させやすいあちらに対し、こちらは[[墓地]]や[[エクストラデッキ]]に[[カード]]がない序盤では[[発動]]させにくい。~
 [[効果]]の[[発動]]タイミングが[[ペンデュラムゾーン]]に[[発動]]した[[ターン]]に限定されているため、下手に[[ペンデュラムゾーン]]に置くと[[サルベージ]]ができなくなってしまう。~

 [[レベル]]7以上であればどのような[[モンスター]]でも[[サルベージ]]できるため、それを目的に使うことも考えられる。~
 [[レベル]]7以上の[[モンスター]]は[[サーチ]]、[[サルベージ]]の手段に乏しいものが多く、一度[[墓地]]を経由しなければならないが[[手札]]に呼び込む貴重な手段となる。~
 [[《トラゴエディア》]]や[[《冥府の使者ゴーズ》]]など、[[手札誘発]]の[[効果]]を持つ[[モンスター]]であれば[[相手]]を牽制することもできる。~
 [[特殊召喚モンスター]]など、[[蘇生]]できない[[レベル]]7以上の[[モンスター]]の再利用手段にも有効。~

 [[モンスター効果]]は[[魔法・罠カード]]への[[破壊]][[耐性]]と、[[バトルフェイズ]]限定の[[自己強化]]。~
 自身もカウントするため、基礎[[攻撃力]]は2300となり、[[ペンデュラムゾーン]]の[[EM]]も参照するため[[上級モンスター]]の平均並の[[攻撃力]]は簡単に達成できるだろう。~
 [[ペンデュラムゾーン]]に[[EM]]を使用した上で複数の[[EM]]を[[ペンデュラム召喚]]すれば、[[自己強化]]の数値もそれだけ上がる。~
 [[耐性]]に関しては穴は多いものの、[[ペンデュラムモンスター]]が苦手とする[[《奈落の落とし穴》]]に強い点は評価できる。~

 [[モンスター効果]]・[[ペンデュラム効果]]共に爆発力には欠けるが安定感はあり、[[モンスター]]としても[[ペンデュラムゾーン]]に置いても使用しやすい。~
 [[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]や[[《竜穴の魔術師》]]を使用する[[【EM】]]や[[【魔術師】]]に採用しておけば、[[エクシーズ素材]]として[[墓地へ送られた]]それらの[[モンスター]]を回収できる。~
 [[ペンデュラムゾーン]]が埋まって[[ペンデュラム効果]]が[[発動]]できない場合でも、[[アタッカー]]として使用できるため無駄にはなりにくいだろう。~

 [[【Kozmo】]]との混合構築では[[《Kozmo−フェルブラン》]]と相性が良く、あちらの(2)の[[効果]]で[[墓地]]へ送られた[[最上級>最上級モンスター]][[Kozmo]]を[[エンドフェイズ]]に回収すれば、実質任意の[[サーチ]]となる。~
 [[【Kozmo】]]との混合構築では[[《Kozmo−フェルブラン》]]と相性が良く、あちらの(2)の[[効果]]で[[墓地]]へ送られた[[レベル]]7以上の[[Kozmo]]を[[エンドフェイズ]]に回収すれば、実質任意の[[サーチ]]となる。~
 さらに[[《Kozmo−フェルブラン》]]の(1)の[[効果]]で回収直後に[[特殊召喚]]もできるため[[腐る]]ことも回避できる。~

-[[《十二獣ブルホーン》]]から[[サーチ]]できるため、あちらが[[禁止カード]]になる前は、[[十二獣]]を[[デッキ]]に入れておけば[[ピン挿し]]でも[[手札]]に加えやすかった。~
[[エクストラデッキ]]に[[ペンデュラムモンスター]]が溜まりやすい[[【メタルフォーゼ】]]との混合構築では再利用に役立っていた。~

-[[獣戦士族]][[ペンデュラムモンスター]]の中では最大の[[ペンデュラムスケール]]を持つ。~
上記の[[効果]]を無視した場合でも[[【十二獣】]]関係の[[デッキ]]では単純に[[ペンデュラムスケール]]要員として採用される事もあった。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[EM]]

―《EMキングベアー》の姿が見られる[[カード]]
-[[《EMドラマチックシアター》]]

-[[《EMショーダウン》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[STARTER DECK(2016)]] ST16-JP002 &size(10){[[Ultra]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《EMキングベアー》,モンスター,ペンデュラムモンスター,効果モンスター,星6/地属性/獣戦士族/攻2200/守1000,スケール7,EM);