*《&ruby(ナンバーズ){No.};32 &ruby(かいこうりゅう){海咬龍};シャーク・ドレイク/Number 32: Shark Drake》 [#top]
 エクシーズ・効果モンスター
 ランク4/水属性/海竜族/攻2800/守2100
 レベル4モンスター×3
 1ターンに1度、このカードの攻撃によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
 このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
 破壊したそのモンスターを相手フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。
 この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は1000ポイントダウンする。
 さらに、このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

 [[GALACTIC OVERLORD]]で登場した[[水属性]]・[[海竜族]]の[[エクシーズモンスター]]。~
 この[[カード]]の[[攻撃]]によって[[破壊]]し[[墓地]]へ送った[[相手]][[モンスター]]を[[攻撃力]]を下げて[[相手]][[フィールド]]に[[蘇生]]させ、追加[[攻撃]]の権利を得る[[誘発効果]]を持つ。~
 この[[カード]]の[[攻撃]]によって[[破壊]]し[[墓地]]へ送った[[相手]][[モンスター]]を[[攻撃力]]を下げて[[相手]][[フィールド]]に[[蘇生]]させ、さらに追加[[攻撃]]の権利を得る[[誘発効果]]を持つ。~

 [[連続攻撃]]を行いつつ、[[相手]]に大きな[[ダメージ]]を与えることが可能である。~
 ただし[[連続攻撃]]がしたいのならば、素材数が少ない[[《ガガガザムライ》]]・[[《カチコチドラゴン》]]もおり、もう1体分も含めればそれらの方が[[ダメージ]]を与えられる場合も考えられる。~
 [[戦闘]]を介するため[[除去]]されやすく、同素材の[[《ヴェルズ・ウロボロス》]]や[[《星輝士 デルタテロス》]]よりも安定しにくい。~
 ただ、[[水属性]]ゆえに[[《エクシーズ・リモーラ》]]から展開できるため、[[【魚族】]]・[[【バハムート・シャーク】]]では採用の余地がある。~
 [[効果]][[発動]]後は[[攻撃]]できない[[《バハムート・シャーク》]]に[[《エクシーズ・シフト》]]を使用しても[[特殊召喚]]可能であり、呼び出した[[モンスター]]とこの[[カード]]の[[2回攻撃]]で相当の[[ダメージ]]も狙える。~
 仕留め損ねても[[《CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス》]]を重ねることで[[《エクシーズ・シフト》]]の[[エンドフェイズ]]の[[デメリット]]を回避できる。~

 元々の持ち主が[[自分]]の[[モンスター]]でも[[戦闘破壊]]できれば[[蘇生]]可能な点は[[メリット]]。~
 [[相手]]に[[リクルーター]]を[[送りつけ]]、連続で[[戦闘破壊]]することで[[リクルーター]]の[[効果]]を複数回[[発動]]できる。~
 [[【バハムート・シャーク】]]は[[《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》]]の存在から元々[[送りつけ]]の[[カード]]とも相性が良く、[[《グリズリーマザー》]]を採用すれば上記の[[コンボ]]も可能になる。~
 また、[[《超古深海王シーラカンス》]]から[[《素早いマンボウ》]]と[[レベル]]4[[モンスター]]3体を[[特殊召喚]]し、[[《素早いマンボウ》]]を[[送りつけ]]ても状況を作り出せる。~
 もっとも、[[《超古深海王シーラカンス》]]からわざわざこの[[カード]]を出すよりも[[シンクロモンスター]]を出した方が有用なことも多く、[[エクストラデッキ]]を割く価値があるかは検討を要する。~

 また、[[《H・C エクストラ・ソード》]]を[[《地獄の暴走召喚》]]してこの[[カード]]を出せば[[1ターンキル]]級の[[戦闘ダメージ]]が見込める。~
 いずれにせよ、基本的に[[コンボ]]前提の[[カード]]であり、性能を最大限活かすのならばある程度この[[カード]]の展開に特化した[[デッキ]]を組む必要がある。~
 単体で運用するにはクセが強すぎるが、幅広い[[コンボ]]の可能性を秘めた[[モンスター]]である。~

-[[蘇生]]させた[[モンスター]]を必ず[[攻撃]]する必要はなく、この[[カード]]の[[効果]]使用後に別の[[モンスター]]の[[攻撃]]を挟んでも2回目の[[攻撃]]が可能。~
[[蘇生]]して[[弱体化]]した[[モンスター]]は別の[[モンスター]]に攻撃させ、自身は別の高[[攻撃力]][[モンスター]]を[[攻撃]]してもよい。~

-[[《アームズ・エイド》]]を装備して[[攻撃]]した場合、「[[チェーン]]1:[[《アームズ・エイド》]]の[[強制効果]]」「[[チェーン]]2:《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》の[[任意効果]]」となる。~
結果、[[チェーン]]1の[[効果解決時]]には[[戦闘破壊]]した[[モンスター]]が[[墓地]]に不在となり、[[ダメージ]]を与えることができなくなってしまう。

-[[イラスト]]では、左胸に自身のナンバーである「32」が書かれている。~

-原作・アニメにおいて―~
シャークこと神代凌牙のアニメZEXALシリーズにおけるエース[[ナンバーズ>No.]]。~
初登場は「凌牙vs&ruby(スリー){III};」戦であり、この時はIIIが使用した。~
[[永続魔法]]《オリハルコン・チェーン》によって必要な[[エクシーズ素材]]を1体減らし、[[《先史遺産コロッサル・ヘッド》]]と[[《先史遺産ゴールデン・シャトル》]]を[[エクシーズ素材]]として[[エクシーズ召喚]]された。~
[[《ブラック・レイ・ランサー》]]を連続で[[戦闘破壊]]する活躍を見せるも、次の[[ターン]]に[[《スカル・クラーケン》]]の[[効果]]で《オリハルコン・チェーン》が[[破壊]]されたことで凌牙に[[コントロール]]が移る。~
最終的には[[《先史遺産クリスタル・エイリアン》]]を自身の[[効果]]で2度[[戦闘破壊]]し、凌牙を勝利へと導いた。~
[[デュエル]]後はIIIとトロンの策略によってそのまま凌牙の手に渡り、以降は彼のエースとして活躍。~
「凌牙vs&ruby(フォー){IV};」戦では[[《CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス》]]への[[カオスエクシーズ・チェンジ>エクシーズ召喚]]を果たした。~
「遊馬vsアストラル」戦ではアストラルが使用。~
[[装備魔法]]《ナンバーズ・フレーム》によって[[《No.62 銀河眼の光子竜皇》]]と共に[[《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》]]の[[エクシーズ素材]]となった。~
[[攻撃]]名は「デプス・バイト」。~

--アニメでは[[元々の攻撃力]]を1000ポイント下げて[[蘇生]]させ、[[蘇生]]した[[モンスター]]ともう1度だけ[[戦闘]]ができる[[効果]]だった。~
[[OCG]]では[[攻撃]]対象を[[自分]]で選ぶ事ができ、自由度が増している。~

--IIIの[[エクシーズ召喚]]時の口上は「最強最大の力を持つ深海の帝王!その牙で全てのものを噛み砕け!海咬龍シャーク・ドレイク!」。~

--当初、[[エクシーズ召喚]]直後は魚の尾びれを象った姿となっており、そこから変形して[[イラスト]]の姿になっていた。~
「凌牙vsIV」戦と「遊馬&凌牙&カイトvsDr.フェイカー」戦では、ひれが伸びて[[イラスト]]の姿となっている。~
ZEXAL&ruby(セカンド){II};に入ってからは[[《No.39 希望皇ホープ》]]と同様、最初から変形後の姿で[[召喚]]されている。~

--[[攻撃]]時にはサメの頭部を象った青白い光線を飛ばす。~
[[蘇生]][[効果]]を使用する際には水の渦を飛ばして、現れた紫色の円から[[モンスター]]を引きずり出す。

--「凌牙vsIII」戦にて[[コントロール]]が移った時には、他の[[No.]]と同じ様に凌牙に憑依しようとしたが、凌牙の強靭な意志によって抑え込まれている。~
「遊馬vs凌牙」(3戦目)では再び憑依しようとするものの遊馬の説得で消滅したが、「凌牙vsIV」戦の最中、トロンが凌牙のIVに対する復讐心を煽る事により復活し、[[《CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス》]]に進化した。~
「遊馬&凌牙&カイトvsDr.フェイカー」戦からは、[[《CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス》]]共々憑依されずに扱っている。

--「遊馬vs凌牙」(4戦目)においてこの[[カード]]が[[召喚]]された際、既に[[《No.39 希望皇ホープ》]]等が登場していたにも拘わらず、何故か[[ナンバーズ>No.]]の存在に対して多くの観客が疑問を呈していた。~

--登場からZEXALIIの初期にかけては、遊馬の[[《No.39 希望皇ホープ》]]・カイトの[[《銀河眼の光子竜》]]と並び、凌牙のエース[[モンスター]]として挙げられていた。~
しかし、その[[エクシーズ素材]]の[[重さ>重い]]ゆえか[[デュエル]]での使用頻度は低く、次第に他の[[エクシーズモンスター]]に出番が取られることも多くなっていった。~
ZEXALIIの2期OPに出ているにも関わらず、その放送期間中は一度も使われておらず、3期OPに至っては(背景の[[カード]]群以外で)登場すらしていない。~
凌牙がナッシュとして覚醒した影響で、[[《No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ》]]や[[《CNo.101 S・H・Dark Knight》]]にエースとしての地位を奪われた格好となっている。~
しかし、「遊馬vsアストラル」戦では上記の他に、遊馬の[[通常罠]]《ブレイビング・メモリー》で、遊馬の[[希望皇ホープ]]やカイトの[[《No.62 銀河眼の光子竜皇》]]と一緒に[[《FNo.0 未来皇ホープ》]]の[[攻撃力]]に貢献した等、最後になってシャークの象徴となった[[No.]]と言える。

--ちなみに、この[[カード]]が通常の手順により[[エクシーズ素材]]3体を用いて[[エクシーズ召喚]]されたのは、「遊馬vs凌牙」(4戦目)とZEXALIIの「凌牙vs有賀千太郎」戦のみである。~
また、後者に至っては[[相手]]によって意図的とはいえ[[エクシーズ素材]]を全て用意されていた。~
ほとんどの場合、1体で2体分の素材として扱える[[効果]]や必要な[[エクシーズ素材]]を軽減する[[効果]]を併用されている。~

--ZEXALIIの「凌牙vsドルベ」戦で凌牙が使用した[[通常罠]]《シャーク・リベンジ・スプラッシュ》の[[イラスト]]に描かれている。

--Dチーム・ゼアルの「遊馬vs凌牙」戦(1戦目・2戦目)でも凌牙が使用している。~

-コナミのゲーム作品において―~
Duel Arenaではパートナーとして登場。~
説明文には「No.32を司る深海の帝王。」といった趣旨の内容が書かれており、[[《超古深海王シーラカンス》]]軸の[[【魚族】]]を使用する。~

**関連カード [#card]
-[[No.]]

-[[《CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス》]]

-[[《ニトロ・ウォリアー》]]
-[[《ベクター・スケア・デーモン》]]

//―《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【バハムート・シャーク】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[GALACTIC OVERLORD]] GAOV-JP042 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[効果]]分類は[[誘発効果]]ですか?~
A:はい、そうです。(12/04/23)

Q:[[相手]]の[[フィールド]]にある「元々の[[持ち主]]が[[自分]]」の[[モンスター]]を[[戦闘破壊]]した場合にも[[発動]]できますか?~
A:できます。(12/02/18)

Q:この[[カード]]の[[効果]]で[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する際に[[対象]]を取りますか?~
A:いいえ、[[対象]]を取りません。(12/02/18)

Q:[[効果解決時]]にこの[[カード]]の[[攻撃]]で[[破壊]]した[[モンスター]]が[[墓地]]に存在しなくなり[[特殊召喚]]する処理ができなかった場合、この[[カード]]はもう1度[[攻撃]]する事ができますか?~
A:いいえ、できません。(12/03/14)

Q:この[[カードの効果]]で[[元々の攻撃力]]が800の[[モンスター]]の[[攻撃力]]をダウンさせ[[攻撃力]]が0になっている時に、その[[モンスター]]に[[《突進》]]の[[効果]]を[[適用]]した場合、[[攻撃力]]はいくつになりますか?~
A:その場合再計算を行い、[[元々の攻撃力]]が[[《突進》]]の[[効果]]でアップして[[攻撃力]]1500になった数値からこの[[カードの効果]]で1000ポイント[[攻撃力]]をダウンさせ、[[攻撃力]]は500になります。(12/07/05)

Q:[[《鬼神の連撃》]]を[[発動]]、[[2回攻撃]]ができるようにした後で[[《エクシーズ・ユニット》]]を装備させ、1回目の[[攻撃]]を行いました。~
  その後2回目の[[攻撃]]を別の[[モンスター]]に行った際、[[効果]]を[[発動]]したらどうなりますか?~
A:2回目の[[攻撃]]時に[[効果]]を[[発動]]した場合、[[特殊召喚]]は行われますが3回目の[[攻撃]]を行う事はできません。(12/07/29)~
  また、[[効果]]を[[発動]]したのが1回目の[[攻撃]]の時であっても、3回目の[[攻撃]]を行うことができません。(12/07/29)

Q:[[《スターライト・ロード》]]で[[特殊召喚]]した[[《スターダスト・ドラゴン》]]を攻撃によって[[破壊]]し[[墓地]]へ送った時、[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:[[蘇生制限]]を満たしていないため[[効果]]を[[発動]]することはできません。(13/02/09)

//Q:この[[カード]]を対象に[[《鬼神の連撃》]]と[[《オーバーレイ・リジェネレート》]]を[[発動]]しました。~
//  その後[[戦闘]]によって[[モンスター]]を[[戦闘破壊]]したときにこの[[カード]]の[[効果]]を[[発動]]させた場合、この[[ターン]]この[[カード]]は合計何回[[攻撃]]することができますか?~
//A:その場合、2回までしか攻撃することができません。(12/07/29)
//A:その場合、通常の[[攻撃宣言]]に加え、あと2回[[攻撃]]する事ができます。(12/07/28)
//裁定確認の結果、↑のFAQと変わりないのでCO

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》,エクシーズモンスター,効果モンスター,モンスター,ランク4/水属性/海竜族/攻2800/守2100,No.,);