*《&ruby(ナンバーズ){No.};39 &ruby(きぼうおう){希望皇};ビヨンド・ザ・ホープ/Number 39: Utopia Beyond》 [#top]
 エクシーズ・効果モンスター
 ランク6/光属性/戦士族/攻3000/守2500
 レベル6モンスター×2
 このカードはルール上、「希望皇ホープ」と名のついたカードとしても扱う。
 このカードがエクシーズ召喚に成功した時、
 相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃力は0になる。
 1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
 自分フィールド上のエクシーズモンスター1体を選択して除外し、
 自分の墓地の「希望皇ホープ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。
 その後、自分は1250ライフポイント回復する。
 この効果は相手ターンでも発動できる。

 [[MASTER GUIDE4 付属カード>書籍付属カード#MG04]]で登場した[[光属性]]・[[戦士族]]の[[エクシーズモンスター]]。~
 [[希望皇ホープ]]としても扱う[[効果外テキスト]]、[[エクシーズ召喚に成功した]]時に[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を0にする[[誘発効果]]、[[自分]]の[[エクシーズモンスター]]1体を[[除外]]して[[希望皇ホープ]]を[[蘇生]]させ、[[ライフ]]を[[回復]]する[[誘発即時効果]]を持つ。~

 [[縛り]]なし・素材2体の[[ランク]]6であり、[[レベル]]6を展開できる[[デッキ]]で幅広く採用できる。~
 また、[[希望皇ホープ]]・[[《H−C エクスカリバー》]]などの[[ランク]]4・[[光属性]]・[[戦士族]]から[[《RUM−アストラル・フォース》]]で[[特殊召喚]]する事もできる。~
 [[《ドドドバスター》]]はどちらの方法とも相性が良く、[[《オノマト連携》]]を採用した[[【希望皇ホープ】]]では有力な出し方となる。~
 [[ガガガ]]でも[[レベル]]4の[[ガガガ]][[モンスター]]と[[《ガガガシスター》]]があれば[[エクシーズ召喚]]が可能。~
 [[【RR】]]なら[[《RUM−ソウル・シェイブ・フォース》]]で出し、後続の[[戦闘]]補助も兼ねたり、[[1ターンキル]]を狙うといったこともできる。~

 [[ランク]]6では最高の[[元々の攻撃力]]と、[[エクシーズ召喚に成功した]]時の[[弱体化]][[効果]]により、[[火力]]・突破力共にかなり高い。~
 [[《ストイック・チャレンジ》]]を装備すれば、[[相手]]の[[攻撃表示]][[モンスター]]1体と[[戦闘]]するだけで8400[[ダメージ]]となり[[1ターンキル]]が狙える。~
 [[《神竜騎士フェルグラント》]]を単体で殴り倒す事も可能であり、[[ランク]]6の戦力として大きく期待できる。~
 [[弱体化]]は永続なので、この[[カード]]が[[除去]]された場合でも[[相手]][[モンスター]]の無力化も可能。~

 [[【希望皇ホープ】]]に採用する場合には[[《RUM−アストラル・フォース》]]か[[《ドドドバスター》]]あるいは[[ガガガ]][[モンスター]]の[[効果]]を使用して出すことになる。~
 しかし、[[CNo.]]ではないので[[《RUM−アストラル・フォース》]]以外の[[RUM]]に対応せず、[[CNo.39]]と[[RUM]]の共有ができないのは痛い。~
 また、[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]の登場により[[RUM]]を必要以上に採用せずとも十分な[[火力]]が得られるようになった点も考慮に入れておきたい。~
 [[《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》]]は[[RUM]]の[[手札事故]]率を減らしてくれるため、[[《RUM−アストラル・フォース》]]を使用する場合には必ず用意しておきたい。~
 [[オノマト軸>【希望皇ホープ】#Onomato]]では、[[《オノマト連携》]]による[[サーチ]]や[[《希望郷−オノマトピア−》]]による[[リクルート]]で[[《ドドドバスター》]]や[[《ガガガマジシャン》]]を揃えやすいため、より[[エクシーズ召喚]]しやすいだろう。~

 [[希望皇ホープ]]の[[蘇生]][[効果]]は[[フリーチェーン]]であるため、[[攻撃]]の終わった[[エクシーズモンスター]]を[[墓地]]の[[希望皇ホープ]]へ変換し、[[攻撃]]回数を増やす事ができる。~
 自身も[[除外]][[対象]]に選択できるので、追撃用途の他にも[[サクリファイス・エスケープ]]を図ったり、緊急時の[[ライフゲイン]]としても活用できる。~
 ただし、[[空撃ち]]不可のルールにより、[[希望皇ホープ]]があらかじめ[[墓地]]に存在しなければ[[発動]]出来ない点には注意が必要である。~
 緩い[[召喚条件]]ながら、能動的に[[希望皇ホープ]]を[[墓地]]に送れる[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]とは[[効果]]の相性という観点では[[シナジー]]する。~
 また、あちらは[[モンスター]]との[[戦闘]]時に[[攻撃力]]を5000にできるため、[[相手]]に[[攻撃表示]][[モンスター]]が2体存在すれば、この[[モンスター]]との[[攻撃]]により8000ジャストの[[戦闘ダメージ]]で[[1ターンキル]]も可能となる。~
 しかし逆を言えば、[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]自体採用率が非常に高く、仕留め切れなかった際には[[コントロール奪取]]から[[効果]]の逆利用をされて処理された挙句、手痛い[[戦闘ダメージ]]を食らう恐れがある。~

 [[希望皇ホープ]]全体に言える事だが[[【希望皇ホープ】]]では、自身を[[希望皇ホープ]]として扱う[[効果]]と[[蘇生]][[効果]]を存分に活かすことができる。~
 また、各種[[ZW]]、[[《Vサラマンダー》]]、[[《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》]]などの優秀な[[サポートカード]]の恩恵を受けることもできるのも強みである。~

 なお、この[[カード]]自身に[[《RUM−アストラル・フォース》]]を使用すると[[《神竜騎士フェルグラント》]]が出せる。~
 [[元々の攻撃力]]こそ下がってしまうが、こちらにない[[耐性]]を得ることができ、[[攻撃力]]0にした相手はそのままなので、意識しておいて損はない。~
 [[《RUM−アストラル・フォース》]]の自己[[サルベージ]][[効果]]を使用すれば無理なく狙うことができる。~

-「この[[カード]]は『○○』としても扱う」という[[効果]]で、[[カード名]]ではなく[[カテゴリ]]を指定する初の[[カード]]。~
[[カード名]]はあくまでも「《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》」としてしか扱われず、[[カード名]]を「希望皇ホープ」としても扱うわけでない。~
海外では[[《有翼幻獣キマイラ》]]や[[デーモン]]の例があるが、これらは日本語名と[[英語名]]の矛盾を解消するための注釈に過ぎない。~
ちなみに、元々[[カード名]]に「[[Utopia>希望皇ホープ]]」を含む海外版には、このような[[テキスト]]はない。~

//--この[[カード]]の[[カード名]]を[[《ヒーロー・マスク》]]などの効果で変更した場合も、「[[希望皇ホープ]]」と名のついた[[カード]]として扱う。~
//一方、海外では[[カード名]]を変更した場合、「[[Utopia(希望皇ホープ)>希望皇ホープ]]」と名のついた[[カード]]として扱わず、裁定の食い違いが発生している。~
//Q&Aと矛盾しているためコメントアウト

--[[カテゴリ]]外を[[カテゴリ]]に含める前例としては、[[剣闘獣]]の名を持たないがその[[特殊召喚]]を[[剣闘獣]]によるものとして扱う[[《スレイブタイガー》]]が存在する。~

--この[[カード]]の登場以降、同様の[[効果外テキスト]]を持つ[[カード]]が数多く登場している。~
特にアニメ・漫画に登場した[[カード]]を[[OCG]]化する際、そのままでは[[カテゴリ]]に含まれないものを[[カテゴリ]]に含める事でサポートを受けられるように調整しているものが多い。~

--因みにこの[[カード]]が[[OCG]]に登場する8年も前に、アニメGXにて[[巨大戦艦]]としても扱う[[効果モンスター]]《アサルト・コア》が登場している。~
発想自体は古くからあったようだがそれが[[OCG]]に反映されるまでかなり時間がかかったようだ。~
なお、《アサルト・コア》はTAG FORCEシリーズで[[オリジナルカード]]として登場しているが、[[カード名]]が《巨大戦艦 アサルト・コア》に変更されており、この辺りでも当時の遊戯王にこの方式を採用するつもりがなかったことが伺える。~

-[[回復]]量が固定されている[[ライフゲイン]]としては、初めて[[回復]]量に「50」という端数が含まれている。~
これは後述する、[[蘇生]]した[[《No.39 希望皇ホープ》]]の[[攻撃力]]の半分の数値を再現したものだろう。~

-「ビヨンド(beyond)」とは、「〜の向こうへ、〜を越えて」という意味の前置詞であり、[[カード名]]は[[エクシーズ召喚]]の口上にもある通り「希望を超える」といった意味だろう。~
また、「Beyond」は名詞としては「死後の世界」や「人知の及ばない遥か彼方」の意味を持ち、[[アストラル世界の力>《RUM−アストラル・フォース》]]で進化した事を表していると取る事もできる。~
一方で、「Beyond hope」には逆に「希望を絶たれて」「再起不能」といった意味もある。~
バリアン世界の希望である[[《CX 冀望皇バリアン》]]を打ち砕くその姿は、バリアン世界の立場からすれば絶望そのものである。~
//バリアン世界の立場から〜というのは作中で出てるものとは違う
//ナッシュが「どこまでも俺の…俺たちの夢を打ち砕く気か! 遊馬!アストラル!」って言ってる

-原作・アニメにおいて―~
アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};の「遊馬vsナッシュ」戦で遊馬が使用。[[カード]]自体は創造されたものではなく、「遊馬&ナッシュvsドン・サウザンド」戦の最中にアストラルを通じてエリファスから渡されていた。~
アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};の「遊馬vsナッシュ」戦で遊馬が使用。~
//[[カード]]自体は創造されたものではなく、「遊馬&ナッシュvsドン・サウザンド」戦の最中にアストラルを通じてエリファスから渡されていた。~
//このカードだとはっきり描写されていない
[[《RUM−アストラル・フォース》]]で[[《No.39 希望皇ホープ》]]を[[ランクアップ・エクシーズ・チェンジ>エクシーズ召喚]]させて[[特殊召喚]]した。~
自身の[[効果]]で[[《CX 冀望皇バリアン》]]の[[攻撃力]]を0にして[[戦闘破壊]]を狙うが、[[通常罠]]《エクシーズ・トリップ》で[[バトルフェイズ]]を終了された。~
次のナッシュの[[ターン]]には、[[通常罠]]《オーバーレイ・ウィーカー》・《ダメージ・リアクター》で[[攻撃力]]8000となり、[[《CX 冀望皇バリアン》]]を返り討ちにした。~
その後、自身の[[効果]]で自身を[[除外]]して[[《No.39 希望皇ホープ》]]を[[蘇生]]した。~
「遊馬vsアストラル」戦ではアストラルが[[通常魔法]]《&ruby(ダブルランクアップマジック){WRUM};−ホープ・フォース》で[[特殊召喚]]した。~
[[《No.39 希望皇ホープ》]]を[[蘇生]]させ[[ライフ回復]]するも、返しの[[ターン]]に[[速攻魔法]]《ガガガ流−明鏡死斬》の[[効果]]で[[戦闘破壊]][[耐性]]とこの[[モンスター]]の[[カード名]]・[[ステータス]]を得た[[《ガガガザムライ》]]によって[[戦闘破壊]]された。~
その後、[[《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》]]によって[[蘇生]]・[[破壊]]され、遊馬への[[ダメージ]]に繋げた。~
[[攻撃]]名は「ホープ剣・ビヨンド・スラッシュ」。~
「遊馬vsアストラル」戦で、[[《ガガガザムライ》]]がこの[[モンスター]]に変化した時の[[攻撃]]名は「ホープ剣・ビヨンド・ザ・スラッシュ」だった。~

--アニメでの[[テキスト]]は以下の通り。
 エクシーズ・効果モンスター
 ランク6/光属性/戦士族/攻3000/守2500
 レベル6モンスター×2
 このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
 このカードが自分フィールド上に存在する限り、
 自分フィールド上に存在するカードは相手のカードの効果を受けない。
 このカードが「No.39 希望皇ホープ」をランクアップして
 エクシーズ召喚に成功した場合、以下の効果を得る。
 ●自分のバトルフェイズの間だけ、相手フィールド上に存在するモンスターの攻撃力は0になる。
 ●このカードのエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
 自分フィールド上に存在するモンスターエクシーズ1体をゲームから除外する。
 その後、自分の墓地から「No.39 希望皇ホープ」1体を特殊召喚し、
 自分はその攻撃力の半分のライフポイントを回復する。
 (この効果はお互いのバトルフェイズ中に発動する事ができる)
後半の[[効果]]は[[バトルフェイズ]]以外でも[[発動]]でき、[[希望皇ホープ]]を素材にしなくても使えるようになり、[[希望皇ホープ]]全般を[[蘇生]]できるようになった。~
一方で、[[自分]]の[[カード]]全てに[[効果を受けない]][[耐性]]を付与する[[効果]]は完全に消滅している。~

--[[エクシーズ召喚]]時の口上は「限界突破だ、[[希望皇ホープ]]!現れろ、No.39!人が希望を越え、夢を抱くとき、遥かなる彼方に、新たな未来が現れる!限界を超え、その手につかめ!希望皇ビヨンド・ザ・ホープ!」。~
また、[[《CX 冀望皇バリアン》]]を返り討ちにする際には「天地神明に俺は誓う!未来をつかむために戦い抜くと!輝け、希望の光!ホープ剣・ビヨンド・スラッシュ!」という口上を述べている。~

--[[エクシーズ召喚]]の際は[[《No.39 希望皇ホープ》]]を中心として、アニメに登場した全ての[[希望皇ホープ]]が剣を掲げていた。~
そして、[[《No.39 希望皇ホープ》]]に新たな装甲が装備され、各[[希望皇ホープ]]のシルエットが集約する演出がなされていた。~
[[蘇生]][[効果]][[発動]]時に自身を[[除外]]した際には装甲が光輝きながら外れ、そのまま[[《No.39 希望皇ホープ》]]の姿に戻っている。~

--Dチーム・ゼアルの「遊馬vsマスター・イビル」戦でも、 遊馬が使用。~
[[《RUM−アストラル・フォース》]]で[[《No.39 希望皇ホープ》]]を[[2ランクアップ>エクシーズ召喚]]させて[[特殊召喚]]した。~
[[エクシーズ召喚]]時の口上は「限界を超え、その手に希望をつかめ!!!現れろ!!希望の星!!!《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》!!!」。~
[[《No.39 希望皇ホープ》]]との合体[[攻撃]]名は「ダブルホープ剣!!! ビヨンド・ザ・クラッシュ」。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[No.]]
-[[希望皇ホープ]]
-[[ホープ]]

―「ルール上『○○([[カテゴリ]])』[[カード]]としても扱う」[[効果外テキスト]]を持つ[[カード]](括弧内はその[[カテゴリ]])
-[[《エッジインプ・DTモドキ》]]([[デストーイ]])
-[[《エルフの聖剣士》]]([[エルフの剣士]])
-[[《虹彩の魔術師》]]([[ペンデュラム・ドラゴン]])
-[[《黒牙の魔術師》]]([[エクシーズ・ドラゴン]])
-[[《紫毒の魔術師》]]([[フュージョン・ドラゴン]])
-[[《超重輝将サン−5》]]([[超重武者]])
-[[《白翼の魔術師》]]([[シンクロ・ドラゴン]])

-[[《黄昏の中忍−ニチリン》]]([[忍者]])

-[[《白き霊龍》]]([[ブルーアイズ]])
-[[《超重輝将ヒス−E》]]([[超重武者]])

-[[《C・HERO カオス》]]([[E・HERO]])

-[[《超重剣聖ムサ−C》]]([[超重武者]])
-[[《超重荒神スサノ−O》]]([[超重武者]])
-[[《超重蒸鬼テツドウ−O》]]([[超重武者]])
-[[《超重神鬼シュテンドウ−G》]]([[超重武者]])
-[[《超重忍者サルト−B》]]([[超重武者]])
-[[《超重忍者シノビ−A・C》]]([[超重武者]]) 
-[[《超重魔獣キュウ−B》]]([[超重武者]])

-[[《R・R・R》]]([[RR]])

//―[[イラスト]]関連

//―《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【希望皇ホープ】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[MASTER GUIDE4 付属カード>書籍付属カード#MG04]] MG04-JP001 &size(10){[[Ultra]]};

**FAQ [#faq]
Q:この[[カードの効果]]が[[《スキルドレイン》]]の[[効果]]で[[無効]]になっている時に[[希望皇ホープ]]としても扱う[[効果]]は[[無効]]になりますか?~
A:いいえ、[[モンスター効果]]として扱いませんので[[無効]]になりません。(14/03/20)

Q:この[[カード]]を3枚入れた場合、他の[[希望皇ホープ]]は[[デッキ]]に入れることはできませんか?~
A:いいえ、それぞれの[[希望皇ホープ]]も3枚ずつ入れることができます。(14/03/20)

Q:[[除外]]する[[効果]]の[[効果解決時]]に[[対象]]に選択した[[エクシーズモンスター]]が[[裏側表示]]になった場合、[[除外]]する[[効果]]は[[適用]]されますか?~
A:いいえ、[[適用]]されず、[[特殊召喚]]する[[効果]]と[[回復]]する[[効果]]も[[適用]]されません。(14/03/20)

Q:[[《CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー》]]がこの[[カード]]を[[エクシーズ素材]]にしている場合でも、[[《CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー》]]の追加[[効果]]の[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:はい、その場合でも「[[希望皇ホープ]]」[[モンスター]]を[[エクシーズ素材]]にしている事になり[[発動]]できます。(14/03/27)

Q:[[《No.69 紋章神コート・オブ・アームズ》]]がこの[[カード]]の[[効果]]と[[カード名]]をコピーした場合、[[《No.69 紋章神コート・オブ・アームズ》]]は「[[希望皇ホープ]]」と名のついた[[カード]]として扱いますか?~
A:はい、「[[希望皇ホープ]]」と名のついた[[カード]]として扱います。(14/04/21)~

Q:[[《ヒーロー・マスク》]]の[[効果]]により[[カード名]]を[[《E・HERO フェザーマン》]]に変更した場合、この[[カード]]は「[[希望皇ホープ]]」と名のついた[[カード]]として扱いますか?~
A:「[[希望皇ホープ]]」と名のついた[[カード]]としては扱わなくなります。(16/04/23)
//編集し忘れ
//A:はい、「[[希望皇ホープ]]」と名のついた[[カード]]として扱います。(15/01/07)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》,エクシーズモンスター,効果モンスター,モンスター,特殊召喚モンスター,エクストラデッキ,ランク6/光属性/戦士族/攻3000/守2500,No.,希望皇ホープ,ホープ);