*《やぶ&ruby(へび){蛇};/Waking the Dragon》 [#top]
 通常罠
 (1):セットされているこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、
 墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。
 デッキ・EXデッキからモンスター1体を特殊召喚する。

 [[FLAMES OF DESTRUCTION]]で登場した[[通常罠]]。~
 [[セット]]されているこの[[カード]]が[[相手]]によって[[墓地へ送られる>墓地へ送られた]]か[[除外]]された場合に[[デッキ]]・[[エクストラデッキ]]から任意の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]を持つ。~

 [[デッキ]]・[[エクストラデッキ]]から任意の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できるという大胆な[[効果]]を持つが、[[発動条件]]は完全に[[相手]]依存の[[地雷]]である。~
 とはいえ、[[伏せ除去]]の多い現環境では適当に伏せるだけでも[[発動]]できる事も多い。~
 [[アーティファクト]]などとは違い[[除外]]に対応しているのもメリットで、[[《コズミック・サイクロン》]]などで[[除外]]された場合も[[発動]]できる。~
 [[攻撃]]反応罠をチラつかせて[[相手]]の[[伏せ除去]]を誘い、[[ブラフ]]としてこちらを[[セット]]する手もあるか。~

 また、[[《アーティファクト−デュランダル》]]で[[効果]]を書き換えたり、[[《暗遷士 カンゴルゴーム》]]で[[対象]]をこの[[カード]]に変えるなどすればある程度能動的に使える。~
 だが、どちらも[[相手]]が[[トリガー]]となる[[効果]]を使わねばならず、これらと[[伏せカード]]が並んだ時点で[[相手]]はその[[トリガー]]を警戒する。~
 またこれらの[[カード]]で[[エクストラモンスターゾーン]]を埋めてしまうと、[[エクストラデッキ]]からの[[特殊召喚]]ができなくなるため、[[リンクモンスター]]などを併用しておきたい。~
 [[カード]]を強制的に[[破壊]]する[[《ドッペルゲンガー》]]などを[[送りつけ]]て[[リバース]]させる手なら能動的に使える。~
 [[《ギブ&テイク》]]や[[《サモン・ソーサレス》]]で、強制的に[[破壊]]する[[《トリオンの蟲惑魔》]]を[[送りつける>送りつけ]]のも有効。~
 [[《アブソーブポッド》]]や[[《トポロジック・トゥリスバエナ》]]を[[送りつけ]]その[[効果]]を[[発動]]することで、[[相手]]の[[魔法・罠カード]]も[[除去]]できる。~

 出せる[[モンスター]]に制限はなく、[[ブラフ]]とする[[カード]]の中でも扱いやすいだろう。~
 [[相手]]依存で[[発動]]する場合、[[エンドサイク]]時と[[相手]]自身の[[ターン]]で[[発動]]する事が多い。~
 そのため、[[相手]]の行動を妨害できる[[効果]]を持つ[[モンスター]]や[[耐性]]を持つ[[モンスター]]を出した方が良い場合が多い。~
 [[メインデッキ]]で[[制圧]]を行える[[効果]]を持つ[[モンスター]]はあまり多くはなく[[手札事故]]も起きやすくなるので、基本は[[エクストラデッキ]]に行動制限を行う[[効果]]を持つ[[モンスター]]を何枚か入れそれを[[特殊召喚]]する事になる。~

 [[融合モンスター]]なら[[《ナチュル・エクストリオ》]]・[[《異星の最終戦士》]]、[[シンクロモンスター]]なら[[《花札衛−五光−》]]や[[《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》]]などが候補となる。~
 [[エクシーズモンスター]]なら[[エクシーズ素材]]がなくても[[効果]]を発揮できる[[モンスター]]が望ましく、[[《RR−アルティメット・ファルコン》]]や[[《CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア》]]などが候補となる。~
 [[自分]][[ターン]]で出す場合や[[相手]][[ターン]]を凌げるのであれば、[[《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》]]を重ねて[[制圧]]力を高められる[[《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》]]なども選択肢に入るだろう。~
 [[リンクモンスター]]は上記の[[モンスター]]よりは[[制圧]]力が劣るが[[リンク先]]を残せる利点があり、[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]などが候補となる。~

-[[発動条件]]が[[相手]]依存とはいえ、[[自分]][[エクストラデッキ]]から制限なく[[特殊召喚]]を行える初の[[カード]]である。~
([[相手]]限定の[[《超量必殺アルファンボール》]]や[[エラッタ]]前の[[《王家の神殿》]]なども存在する。)~
ただし[[《超量必殺アルファンボール》]]と違い[[召喚条件]]は無視できないので[[《CNo.88 ギミック・パペット−ディザスター・レオ》]]などを呼び出すのは不可。~

//-同弾で登場した[[《鉄騎龍ティアマトン》]]とは相性がよい。~
//[[相手]][[メインモンスターゾーン]]が空の縦列に[[セット]]すると、[[自分]]の[[《鉄騎龍ティアマトン》]]の[[召喚条件]]を補助しつつ[[相手]]の[[《鉄騎龍ティアマトン》]]への[[メタカード]]になる。~
//破壊された場合に発動するカードなら全部に同じことが言えるし、特筆するような要素に見えない

-「やぶ蛇」とは、「余計なことをしたがためにかえって悪い結果になる」という意味のことわざ「藪をつついて蛇を出す」の略語である。~
下手な[[除去]]を行なった結果、大型[[モンスター]]が現れた、ということだろう。~

--[[イラスト]]では、草むらの中から[[《キラー・スネーク》]]がにらみつけている事に気づかないまま、[[《成金ゴブリン》]]が楽しげに草刈りをしている。~
ちなみに、[[《成金ゴブリン》]]は以前にも[[《見世物ゴブリン》]]の[[イラスト]]で[[《キラー・スネーク》]]に襲われたことがあった。~
//具体的な説明がある方がわかりやすい

--[[英語名]]は《Waking the Dragon》(竜の目覚め)となっている。~
--[[英語名]]は《Waking the Dragon》(竜を目覚めさせる)となっている。~
「[[逆鱗>《竜の逆鱗》]]に触れる」という慣用句が示す通り、[[ドラゴン>ドラゴン族]]はしばしば触れてはいけない危険の象徴とされる。~
[[ドラゴン族]]との関連はないが、この[[カード]]の日本語名とマッチした[[英語名]]であると言える。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]

―[[イラスト]]関連
-[[《成金ゴブリン》]]
-[[《キラー・スネーク》]]

-[[《隣の芝刈り》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[FLAMES OF DESTRUCTION]] FLOD-JP080 &size(10){[[N-Rare]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《やぶ蛇》,罠,通常罠,);