*《アップデートジャマー/Update Jammer》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク2/風属性/サイバース族/攻2000
 【リンクマーカー:上/左】
 レベル2以上のサイバース族モンスター2体
 (1):自分のサイバース族モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
 ダメージステップ終了時まで、このカード以外のフィールドのカードの効果は無効化され、
 その戦闘のダメージ計算は元々の攻撃力・守備力で行う。
 その戦闘で相手モンスターが破壊され墓地へ送られた時、相手に1000ダメージを与える。
 (2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
 このカードをリンク素材としたリンクモンスターはこのターン、
 1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 [[SAVAGE STRIKE]]で登場した[[風属性]]・[[サイバース族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[サイバース族]]の[[戦闘]]時に自身以外の[[カードの効果]]を[[無効]]にして[[元々の攻撃力(守備力)]]で[[ダメージ計算]]を行い、[[相手]][[モンスター]]が[[戦闘破壊]]された場合に[[ダメージ]]を与える[[誘発即時効果]]、自身を[[リンク素材]]とした[[モンスター]]に[[2回攻撃]]能力を付与する[[誘発効果]]を持つ。~

 自身の[[リンク素材]]は[[レベル]]2以上の[[サイバース族]]2体が指定されている。~
 そのため、[[リンクモンスター]]や[[レベル]]1の[[サイバース族]]を利用した[[リンク召喚]]はできない。~

 (1)は[[カードの効果]]を[[無効]]と[[攻撃力]]・[[守備力]]の変化を封じて[[ダメージ計算]]を行い、[[相手]][[モンスター]]が[[戦闘破壊]]されれば[[ダメージ]]も与える[[効果]]。~
 [[効果]]による[[強化]]を併用する[[デッキ]]が相手なら有用となる。~
 [[弱体化]]も元に戻してしまう他、[[自分]]の[[強化]]も戻してしまうが、そういった場合は[[リンク素材]]に使うといい。~
 1000の[[ダメージ]]も決して小さくなく、[[戦闘破壊]]を補助できる点とかみ合っている。~

 [[《シューティングコード・トーカー》]]との相性は特によく、あちらの(1)の[[効果]]を[[適用]]させた後なら、この[[カード]]で[[無効]]になっても[[連続攻撃]]が行える。~
 その[[連続攻撃]]の度にこちらの[[効果]]を使う事で1000[[ダメージ]]が累積する他、あちらの[[弱体化]]がこちらの[[効果]]で[[無効]]になるため、[[弱体化]]を気にせずに[[攻撃]]できる。~
 こちらの[[無効]]化は[[ダメージステップ終了時]]までなので、[[バトルフェイズ]]終了時に[[発動]]するあちらの(2)の[[効果]]を阻害する事もない。~
 また[[《セグメンタル・ドラゴン》]]とも比較的相性が良く、[[妥協召喚]]した場合に下がる[[攻撃力]]を元に戻してあちらの[[攻撃力]]参照の[[全体除去]]に繋げられる。~
 ただし、この[[モンスター]]が[[メインモンスターゾーン]]にいるとその巻き添えを受けるため、併用を狙うならこの[[モンスター]]は[[エクストラモンスターゾーン]]に用意すると良い。~

 (2)は自身を素材とした[[リンクモンスター]]に[[2回攻撃]]能力を付与する[[効果]]。~
 [[自分]]の[[カード]]による[[強化]]と相性が良く、[[リンク]]3以上なら高[[攻撃力]]を備えている場合が多い。~
 自身の[[効果]]で大きく[[強化]]できる[[《双穹の騎士アストラム》]]や[[《エンコード・トーカー》]]などは大きな[[戦闘ダメージ]]も見込める。~
 [[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]も[[効果ダメージ]]により6000近くの[[ダメージ]]量が見込みやすい。~
 [[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]は2体の[[モンスター]]を[[コントロール奪取]]できるので[[ボード・アドバンテージ]]を大きく稼げる。~
 [[《トランスコード・トーカー》]]は[[シナジー]]が強く、あちらの[[効果]]により[[リンク素材]]にしたこの[[カード]]を[[相互リンク]]の形で[[蘇生]]でき、双方の[[攻撃力]]を500[[強化]]できる。~

-少年が大きな機械を背負った姿をしている。~
「ジャマー」には「妨害する人」の他に「妨害電波発生装置」の意味があるため、背後の機械はそれだろう。~
[[攻撃力]]・[[守備力]]の変化(アップデート)を妨害するという[[効果]]と取れる。~
--パソコンのアップデートは、自動的な設定をオンにしていると、パソコンを使った別の作業中に出てきて邪魔だったり、アップデートにバグがありそれの被害を受けてしまったりという事がある。~
そういうのが嫌な人は自動更新をオフにしているため、「アップデートを妨害する人」という名前は、このあたりのニュアンスが由来だろう。

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vsボーマン」(2戦目)にてPlaymakerが使用。~
[[《サイバース・ホワイトハット》]]と[[《キャシー・イヴL2》]]を素材に[[リンク召喚]]される。~
自身の[[効果]]で[[リンクマジック>魔法カード]]《&ruby(ジャッジメント・アローズ){裁きの矢};》を[[無効]]化し、《ツイン・ハイドライブ・ナイト》を[[戦闘破壊]]して[[効果ダメージ]]を与えた。~
しかし次の[[ターン]]再び[[リンク召喚]]された《ツイン・ハイドライブ・ナイト》によって[[効果]]の[[発動]]を封じられ[[戦闘破壊]]された。~
その後、[[《RAMクラウダー》]]により[[蘇生]]され、[[《デトネイト・デリーター》]]の[[リンク素材]]となりあちらに[[2回攻撃]]能力を付与した。~

--また、アニメVRAINS第65話の[[詰めデュエル]]にて挑戦者側の[[フィールド]]に存在している(時系列的には本編開始以前の出来事)。~
最初に[[詰めデュエル]]に挑んだハノイの騎士は[[《巨大化》]]を[[装備]]させて[[効果ダメージ]]と合わせて[[1ターンキル]]を目論んでいたが、[[《カオス・バースト》]]で[[破壊]]され失敗している。~
後に遊作/Unknownが[[効果]]を把握した際、「仮に[[《カオス・バースト》]]が使われなかったとしても自身の[[効果]]で[[《巨大化》]]を[[無効]]化することになるためどの道[[1ターンキル]]は不可能」と解説されている。~
[[詰めデュエル]]のクリア後、他の[[サイバース族]]と共にこの[[カード]]も入手した。~

--上記の経緯からすると遊作は第1話の時点でこの[[カード]]を既に入手していたことになる。~
ただ、その場合は第2話の「vsハノイの騎士」(2戦目)で[[スキル>スピードデュエル#skill]]「Storm Access」で[[《デコード・トーカー》]]を手に入れずとも、この[[カード]]で勝利できてしまう。~
(第2話では、[[《デコード・トーカー》]]を出す場面でこの[[カード]]を[[リンク召喚]]し、[[《クラッキング・ドラゴン》]]を[[攻撃]]すれば[[貫通]][[ダメージ]]と[[バーン]][[ダメージ]]で勝っていた。)~

---Playmakerは劇中で(Storm Accessで後から入手したとはっきり描写されたものを除いても)かなりの数の[[リンクモンスター]]を使用しているので、[[エクストラデッキ]]の枚数制限がアニメでも存在する場合、その都合で投入していなかった可能性がある。
//---Playmakerは劇中で(Storm Accessで後から入手したとはっきり描写されたものを除いても)かなりの数の[[リンクモンスター]]を使用しているので、[[エクストラデッキ]]の枚数制限がアニメでも存在する場合、その都合で投入していなかった可能性がある。

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《禁じられた聖典》]]

//―《アップデートジャマー》の姿が見られる[[カード]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[SAVAGE STRIKE]] SAST-JP045

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《アップデートジャマー》,リンクモンスター,効果モンスター,モンスター,リンク2/風属性/サイバース族/攻2000);