*《アドバンスドロー/Advance Draw》 [#top]
 通常魔法
 自分フィールド上に表側表示で存在する
 レベル8以上のモンスター1体をリリースして発動できる。
 デッキからカードを2枚ドローする。

 [[ANCIENT PROPHECY]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[自分]][[フィールド]]に存在する[[レベル]]8以上の[[モンスター]]を[[リリース]]することで、2枚[[ドロー]]する[[効果]]を持つ。~

 [[リリース]]するために必要な[[最上級モンスター]]の展開に[[カード]]を2枚以上消費した場合は[[ディスアドバンテージ]]となってしまう。~
 [[通常魔法]]であるため[[サクリファイス・エスケープ]]もできないので、[[アドバンテージ]]を稼ぐことは困難。~
 [[ビートダウン]]系の[[デッキ]]の場合、[[フィールド]]上の重要な戦力を失ってまで[[手札]]を増強するというのはあまり好ましくない。~
 同じく2枚[[ドロー]]できる[[効果]]を持つ[[《トレード・イン》]]と比べると、[[レベル]]9以上の[[モンスター]]も[[コスト]]にできる点では勝る。~
 だが、[[ディスアドバンテージ]]が発生せず[[フィールド]]に[[モンスター]]を展開する必要もないあちらの方が使い勝手は良い。~

 この[[カード]]を活用する場合、[[ディスアドバンテージ]]を軽減するために[[デッキ]]や[[墓地]]から[[レベル]]8以上の[[モンスター]]を容易に[[フィールド]]に出す事ができるギミックを取り入れたい。~
 [[《ダーク・クリエイター》]]などの[[蘇生]][[カード]]を利用すれば、比較的容易に[[レベル]]8以上の[[モンスター]]を[[フィールド]]に出せる。~
 また、[[デッキ]]構築難度は上がるが、[[《トレード・イン》]]で捨てた[[カード]]を[[蘇生]]しこの[[カード]]の[[コスト]]にすることができれば、[[デッキ]]の[[回転]]はかなり早くなる。~
 [[【ギミック・パペット】]]では[[《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》]]を無理なく投入できるため、積極的に狙っていける。~

 [[レベル]]8以上の[[Sin]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]できれば[[《トレード・イン》]]と同等以上の効果が望める。~
 [[《Sin 青眼の白龍》]]に使用すれば、[[デッキ]]から[[《青眼の白龍》]]を[[除外]]した上で2枚[[ドロー]]するので、実質[[デッキ]]から3枚分の[[カード]]を圧縮する。~
 また、[[Sin]][[モンスター]]は[[フィールド]]上に1体しか存在できないので、別の[[Sin]][[モンスター]]を出したい場合にも役に立つ。~
 [[【壊獣】]]でも同様に[[ドロー]]を狙え、[[自分]]が別の[[壊獣]]を出したい場合に役立つだけでなく[[《KYOUTOUウォーターフロント》]]に[[壊獣カウンター]]を2個乗せられる。~

 [[デッキ]]で言えば、[[【ゴーレム】]]は[[《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》]]や[[《ディメンション・ウォール》]]との相性が良いため[[《トレード・イン》]]以上に活躍できる場面も多い。~
 その他にも以下の[[モンスター]]を[[リリース]]要員にするなど工夫次第で十分活用できるだろう。~

+出しやすい[[《神獣王バルバロス》]]・[[《トラゴエディア》]]・[[《究極封印神エクゾディオス》]]・[[《ユベル》]]・[[《メタル・リフレクト・スライム》]]。
+[[《思い出のブランコ》]]で[[特殊召喚]]した[[モンスター]]や[[妥協召喚]]した[[《光神機−轟龍》]]、[[破壊]][[効果]]を使用した[[《堕天使ゼラート》]]など[[自壊]]が確定している[[モンスター]]。
+自身の[[効果]]で[[蘇生]]が行える[[《Dragoon D−END》]]・[[《暗黒界の龍神 グラファ》]]・[[《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》]]。
//[[《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》]]・
+役目を終えた[[《光と闇の竜》]]・[[《ライトエンド・ドラゴン》]]・[[《ダークエンド・ドラゴン》]]・[[《堕天使ディザイア》]]。
+[[《リビングデッドの呼び声》]]や[[《戦線復帰》]]で[[蘇生]]した[[最上級モンスター]]。~
+[[《エネミーコントローラー》]]などで[[コントロール奪取]]した、[[相手]]の[[最上級モンスター]]。
+[[相手]][[プレイヤー]]によって[[自分]][[フィールド]]上に[[特殊召喚]]された[[《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》]]や[[《トーチ・ゴーレム》]]等。
+[[相手]][[プレイヤー]]によって[[自分]][[フィールド]]に[[特殊召喚]]された[[《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》]]や[[《トーチ・ゴーレム》]]等。
+[[ボード・アドバンテージ]]を取り戻せる可能性のある[[《E・HERO アブソルートZero》]]。
+[[手札]]から[[特殊召喚]]を行える状態での[[《大天使クリスティア》]]。~
+[[《ギブ&テイク》]]で[[レベル]]の上がった[[下級モンスター]]。
+[[《クロス・ソウル》]]で選択した[[相手]][[最上級モンスター]]。
+自身の[[効果]]で[[レベル]]の上がった[[《コピー・プラント》]]や[[《ガガガマジシャン》]]。
+[[聖刻]]の[[効果]]で[[特殊召喚]]した[[《神龍の聖刻印》]]等[[ドラゴン族]][[通常モンスター]]。
+[[《スキルドレイン》]]・[[《機殻の再星》]]下で[[妥協召喚]]、[[特殊召喚]]した[[《クリフォート・エイリアス》]]や[[《クリフォート・シェル》]]。
+[[特殊召喚]]後は[[エクストラモンスターゾーン]]を占めがちな[[《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》]]。
+[[《白闘気双頭神龍》]]や[[《決闘竜 デュエル・リンク・ドラゴン》]]などの[[レベル]]8以上の[[トークン]]を毎[[ターン]]出せる[[モンスター]]。~

 この[[カード]]を[[発動]]した場合、同時に[[《デーモンとの駆け引き》]]の[[発動条件]]を満たす事ができるので、[[《バーサーク・デッド・ドラゴン》]]との相性も良い。~
 [[デッキ]]から[[特殊召喚]]できれば、[[ハンド・アドバンテージ]]及び[[ボード・アドバンテージ]]共に±0で、[[攻撃力]]3500の[[全体攻撃]][[モンスター]]を展開できるので狙ってみるのも悪くない。~
 自身の[[効果]]で[[攻撃力]]が下がり[[アタッカー]]としての役目を終えた[[《バーサーク・デッド・ドラゴン》]]もまたこの[[カード]]による[[リリース]]の候補になり得る。~

-[[裏側表示]]の[[モンスター]]は[[リリース]]できないことに注意したい。~
[[《底なし落とし穴》]]等により[[裏側表示]]にされ[[表示形式]]も変更できない、邪魔な存在となった[[モンスター]]をこの[[カード]]でどかすことは不可能である。

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sの「遊星vsルドガー」(1戦目)において遊星が使用。~
[[《スパイダー・ウェブ》]]により[[守備表示]]にされ、[[表示形式]]の変更もできない[[《ロード・ウォリアー》]]を[[リリース]]して[[発動]]され[[カード]]を2枚[[ドロー]]した。~

--アニメでの[[イラスト]]は光加減が多少異なっている。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
―[[手札交換]]

―[[イラスト]]関連
-[[《大天使ゼラート》]]

//―《アドバンスドロー》が見られるカード

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ゴーレム】]]
-[[【死皇帝の陵墓】]]
-[[【Sin】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ANCIENT PROPHECY]] ANPR-JP047
-[[デュエリストパック−遊星編2−]] DP09-JP021
-[[DUELIST EDITION Volume 4]] DE04-JP026

**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:

Q:[[リリース]]は[[コスト]]ですか?~
A:[[コスト]]です。(09/09/07)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《アドバンスドロー》,魔法,通常魔法,);