*《アンデットワールド/Zombie World》 [#top]
 フィールド魔法
 このカードがフィールド上に存在する限り、
 フィールド上及び墓地に存在する
 全てのモンスターをアンデット族として扱う。
 また、このカードがフィールド上に存在する限り、
 アンデット族以外のモンスターのアドバンス召喚をする事はできない。

 [[ストラクチャーデッキ−アンデットワールド−]]で登場した[[フィールド魔法]]。~
 [[フィールド]]と[[墓地]]の[[モンスター]]を[[アンデット族]]にする[[効果]]、[[アンデット族]]以外の[[モンスター]]の[[アドバンス召喚]]を封じる[[効果]]を持つ。~

 その[[効果]]により[[フィールド]]及び[[墓地]]のほぼ全ての[[モンスター]]に対して[[アンデット族]]の[[サポートカード]]を使用できるようになる。~
 [[相手]]依存であった[[《傀儡虫》]]を活用する機会が増え、[[ハンデス]]や[[2回攻撃]][[効果]]を持つ[[モンスター]]に[[《威圧する魔眼》]]を[[適用]]させることもできる。~
 また、[[《冥界龍 ドラゴネクロ》]]の[[融合召喚]]の条件も緩くなるため、[[《龍の鏡》]]はもちろん[[《超融合》]]も扱いやすくなる。~

 [[墓地]]の[[モンスター]]も豊富な[[蘇生]][[カード]]を持つ[[アンデット族]]特有の持ち味を存分に発揮できる。~
 特に[[《ゾンビ・マスター》]]を始め、[[《デスカイザー・ドラゴン》]]や[[《闇竜の黒騎士》]]等の[[相手]]の[[墓地]]も[[対象]]にできる[[モンスター]]との相性は抜群。~
 [[《聖鳥クレイン》]]や採用率の高い[[《トリオンの蟲惑魔》]]等、[[コントロール奪取]]を兼ねつつ[[効果]]を利用できれば[[アドバンテージ]]も稼ぎやすい。~
 [[最上級モンスター]]も[[墓地]][[蘇生]]を経由する事で後述の[[デメリット]]を回避でき、[[フィールド魔法]]故に[[地縛神]]の併用も難しくない。~
//ただし、[[《一族の結束》]]は[[墓地]]の[[モンスター]]の「元々の[[種族]]」を参照するため、この[[カード]]があったとしても、[[墓地]]に[[アンデット族]]以外の[[モンスター]]が存在すると[[効果]]を[[適用]]はできない。~

 後半の[[アドバンス召喚]]を封じる[[効果]]も[[アドバンス召喚]]に対する[[メタ]]となり、[[【帝コントロール】]]や[[【インヴェルズ】]]など[[アドバンス召喚]]を中心とした[[デッキ]]に対して終始優位に立てる。~
 ただし、現在の[[【帝王】]]においては[[アンデット族]]である[[《冥帝エレボス》]]が存在し、[[メタ]]としての強度は下がっている。~
 [[アドバンス召喚]]軸の[[【真竜】]]にも有効で、[[永続魔法]]・[[永続罠]]を代わりに[[リリース]]しての[[アドバンス召喚]]も封じられる。~
 ただし、[[《真竜皇の復活》]]での[[蘇生]]が封じられない点や、「[[真竜]]」[[永続魔法]]が[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]ことでこの[[カード]]自身が[[除去]]されることには注意したい。~
 後半の[[アドバンス召喚]]を封じる[[効果]]も、[[メタカード]]として一定の価値があり、[[アドバンス召喚]]を中心とする[[【帝コントロール】]]や[[【インヴェルズ】]]、[[永続魔法]]・[[永続罠]]を代わりに[[リリース]]しての[[アドバンス召喚]]する[[【真竜】]]などに対して終始優位に立てる。~
 ただし、[[【帝王】]]には[[アンデット族]]である[[《冥帝エレボス》]]が存在し、[[【真竜】]]も[[《真竜皇の復活》]]での[[蘇生]]が封じられない点や、「[[真竜]]」[[永続魔法]]が[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]ことでこの[[カード]]を[[除去]]してくるため、完全には封殺できない点には注意が必要である。~
 また、[[《生贄封じの仮面》]]と違い[[リリース]]自体を封じる訳ではないため、[[聖刻]]や[[《D−HERO Bloo−D》]]等の[[特殊召喚]]は阻害しない。~
 一応[[聖刻]]は[[墓地]]から[[ドラゴン族]]の[[通常モンスター]]を[[蘇生]]できなくなるため、ある程度の動きは拘束できる。~

 [[アンデット族]]以外の[[種族]]関連[[カード]]の[[メタ]]という側面もあり、[[墓地]]にも影響が及ぶため[[《DNA改造手術》]]より影響が大きい。~
 [[《ネジマキシキガミ》]]や[[《不死武士》]]は[[特殊召喚]]できず、[[《ギガプラント》]]や[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]は[[蘇生]][[効果]]を使えない。~
 あらゆる[[カードの効果]]に[[耐性]]を持つ[[《毒蛇神ヴェノミナーガ》]]も、この[[カード]]の[[適用]]下では[[墓地]]に[[爬虫類族]]がいなくなるため[[攻撃力]]が0になり、[[自己再生]]もできなくなる。~
 [[《戦士の生還》]]や[[《リミッター解除》]]等の[[種族]]サポートも完全に[[腐らせて>腐る]]しまう。~
 しかし、[[裏側表示]]の[[モンスター]]に影響はないので、[[《ゴッドバードアタック》]]や[[《フィッシャーチャージ》]]の[[発動]]は可能。~

-[[OCG]]初の[[墓地]]の[[モンスター]]の[[種族]]を変更する[[カード]]であり、[[ストラクチャーデッキ]]と同じ名前を持つ初の[[カード]]でもある。~

-[[アンデット族]]以外の[[種族]]を[[宣言]]した[[《DNA改造手術》]]とこの[[カード]]が同時に存在する場合、後から[[発動]]した方が優先される。~

-[[イラスト]]には、様々な[[アンデット族]][[モンスター]]の姿が見られる。~

-第4回カリスマデュエリスト最強決定戦「千丈目vsシロノス」においてシロノスが使用。~
[[《光と闇の竜》]]の存在を忘れていたため[[無効]]にされた。~
その後再び[[発動]]するが、この[[カード]]を使用していたにもかかわらず千丈目は[[《光神機−轟龍》]]を[[アドバンス召喚]]し、勝負を決めにかかった。~

-原作・アニメにおいて―~
[[OCG]]では[[墓地]]に対して[[種族]]変更を行う[[カード]]はこの[[カード]]が初であるが、この[[カード]]よりも古くアニメGXにて[[墓地]]版[[《DNA改造手術》]]とでも言うべき[[永続罠]]《輪廻独断》をヘルカイザー亮および翔が使用している。~

--漫画GXの「明日香&三沢vsアモン&ヨハン」戦では、三沢が[[フィールド]]上の全ての[[モンスター]]を妖怪族([[OCG]]でいう[[アンデット族]])に変更する[[永続魔法]]《奇奇怪怪》と[[墓地]]の全ての[[モンスター]]を妖怪族にする[[永続罠]]《生者の末路》を使用している。~

--アニメARC-V第3話においてアクションフィールドの選択画面にあった1枚。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《イモータル・ルーラー》]]

-[[《霧の王》]]

-[[《生贄封じの仮面》]]

-[[《DNA改造手術》]]

-商品名と同名の[[カード]]は[[《暗黒の侵略者》>《暗黒の侵略者》#list]]を参照

―[[イラスト]]関連
-[[《骨ネズミ》]]
-[[《髑髏の寺院》]]
-[[《疫病狼》]]
-[[《精気を吸う骨の塔》]]
-[[《ゴブリンゾンビ》]]
-[[《闇より出でし絶望》]]
-[[《ヴァンパイアジェネシス》]]
-[[《死霊ゾーマ》]]
-[[《沈黙の邪悪霊》]]

//―《アンデットワールド》が見られる[[カード]]

**[[通常召喚]]可能な[[レベル]]5以上の[[アンデット族]][[モンスター]] [#list]
-[[最上級モンスター]]
#taglist(アンデット族^星7~~12^通常モンスター);
#taglist(アンデット族^星7~~12^効果モンスター-儀式モンスター-融合モンスター-シンクロモンスター-特殊召喚モンスター);
-[[上級モンスター]]
#taglist(アンデット族^星5~~6^通常モンスター);
#taglist(アンデット族^星5~~6^効果モンスター-儀式モンスター-融合モンスター-シンクロモンスター-特殊召喚モンスター);

//-[[《怨念の魂 業火》]]
//-[[《カース・オブ・ヴァンパイア》]]
//-[[《コアキメイル・グールズスレイブ》]]
//-[[《ゴースト王−パンプキング−》]]
//-[[《砂塵の悪霊》]]
//-[[《死王リッチーロード》]]
//-[[《地獄の門番イル・ブラッド》]]
//-[[《ジャイアントマミー》]]
//-[[《シャドウ・グール》]]
//-[[《シャドウ・ヴァンパイア》]]
//-[[《邪神機−獄炎》]]
//-[[《ノーブル・ド・ノワール》]]
//-[[《ヴァンパイア・グレイス》]]
//-[[《ヴァンパイア・デューク》]]
//-[[《ヴァンパイア・ドラゴン》]]
//-[[《ヴァンパイア・ロード》]]
//-[[《茫漠の死者》]]
//-[[《龍骨鬼》]]

//-[[《赤鬼》]]
//-[[《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》]] 
//-[[《冥帝エレボス》]]
//-[[《スカル・フレイム》]]
//-[[《闇より出でし絶望》]]
//-[[《真紅眼の不死竜》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【アンデット族】]]
-[[【種族操作】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ストラクチャーデッキ−アンデットワールド−]] SD15-JP016

**FAQ [#faq]
Q:[[フィールド]]上に[[裏側表示]]で存在する[[モンスター]]も[[アンデット族]]として扱いますか?~
A:いいえ、扱いません。(08/06/21)

Q:[[《DNA改造手術》]]で[[アンデット族]]以外を[[宣言]]した後、この[[カード]]を[[発動]]した場合、[[フィールド]]上の[[モンスター]]の[[種族]]は何になりますか?~
A:[[アンデット族]]になります。(08/06/21)

Q:この[[カード]]を[[発動]]した後、[[《DNA改造手術》]]で[[アンデット族]]以外を[[宣言]]した場合、[[フィールド]]上の[[モンスター]]の[[種族]]は何になりますか?~
A:[[《DNA改造手術》]]で[[宣言]]した[[種族]]になります。(08/06/21)

Q:この[[カードの効果]][[適用]]中、[[アンデット族]]以外の[[モンスター]]の[[アドバンスセット]]はできますか?~
A:いいえ、その行為も[[アドバンス召喚]]に含まれるため、できません。~
  なお、[[アンデット族]][[モンスター]]を[[アドバンスセット]]する際は、「その[[モンスター]]が本当に[[アンデット族]]かどうか」を[[相手]]に[[確認]]させる必要はありません。(08/06/21)

Q:この[[カードの効果]][[適用]]中、[[《ゾンビ・マスター》]]や[[《デスカイザー・ドラゴン》]]の[[効果]]を「本来の[[種族]]が[[アンデット族]]ではない[[モンスター]]」を選択して[[発動]]しました。~
  この時、[[チェーン]]してこの[[カード]]が[[破壊]]された場合、[[蘇生]][[効果]]は[[適用]]されますか?~
A:いいえ、[[アンデット族]]ではなくなったので、[[適用]]されません。(08/07/23)

Q:この[[カード]]の[[適用]]中、[[《傀儡虫》]]の[[効果]]で「本来の[[種族]]が[[アンデット族]]ではない[[モンスター]]」の[[コントロール]]を奪いました。~
  その後、この[[カード]]が[[破壊]]された場合、元の[[コントローラー]]の[[フィールド]]に戻りますか?~
A:いいえ、戻りません。(10/07/04)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《アンデットワールド》,魔法,フィールド魔法,);