*《イージーチューニング/Battle Tuned》 [#top]
 速攻魔法
 自分の墓地のチューナー1体をゲームから除外し、
 自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
 選択した自分のモンスターの攻撃力は、
 このカードを発動するために除外したチューナーの攻撃力分アップする。 

 [[THE DUELIST GENESIS]]で登場した[[速攻魔法]]。~
 [[墓地]]の[[チューナー]]を[[除外]]して、[[自分]]の[[モンスター]]をその[[除外]]した[[チューナー]]の[[攻撃力]]分[[単体強化]]する[[効果]]を持つ。~

 [[チューナー]]は[[シンクロ召喚]]によって自然に[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]ため、[[発動]]自体は非常に容易。~
 永続的に[[攻撃力]]上昇[[効果]]が残り、[[フリーチェーン]]かつ[[ダメージステップ]]にも[[発動]]可能なので、奇襲性も十分。~
 これらの点で、他の[[攻撃力]]増加[[カード]]とは一線を画する性能を持つ。~

 同じ[[速攻魔法]]の[[《突進》]]等と比べると、[[強化]]値は使用する[[チューナー]]の[[攻撃力]]に左右されるものの、[[攻撃力]]の上昇が永続する点で勝る。~
 また[[攻撃力]]増加系[[装備魔法]]と比べると、[[フリーチェーン]]である点と[[フィールド]]上に残らない点で優れ、両者のいいとこ取りをした[[カード]]と言える。~
 [[チューナー]]は一般的に[[攻撃力]]が低めではあるが、[[《ジャンク・シンクロン》]]でも[[《突進》]]2枚分に近い上昇値であり、影響力は侮れない。~
 類似[[効果]]の[[《シンクロ・ストライク》]]よりも更に扱い易く、[[効果]]を受けられる[[対象]]も広い。~

 ただし、[[チューナー]]が[[墓地]]になければ活用できないので、[[《マクロコスモス》]]などで[[チューナー]]を軒並み[[除外]]するような[[デッキ]][[相手]]では[[発動]]できないという弱点はある。~

 単純な[[単体強化]]として便利な[[カード]]だが、永続上昇の点を活かすなら場持ちのいい[[モンスター]]に使用したいところである。~
 [[フィールド]]に維持することに意味がある[[《閃こう竜 スターダスト》]]や、[[強化]]がそのまま[[戦闘破壊]]のしやすさに直結する[[《メンタルスフィア・デーモン》]]等は打点不足を補え相性がいい。~
 [[単体強化]]後は[[《禁じられた聖衣》]]で守るのもいいだろう。~
 [[効果]][[発動]]直後の[[チューナー]]の[[手札誘発]][[モンスター]]を[[除外]]することで[[《墓穴の指名者》]]を回避するという使い方もできる。~

-最大上昇値は[[シンクロチューナー]]である[[《ライフ・ストリーム・ドラゴン》]]を[[除外]]した場合の[[攻撃力]]2900、[[シンクロチューナー]]での次点は[[《瑚之龍》]]の[[攻撃力]]2400。~
[[シンクロチューナー]]以外での最大は[[攻撃力]]2700の[[《獄落鳥》]]、次点が[[攻撃力]]2600の[[《地獄からの使い》]]、次いで[[攻撃力]]2300の[[《BF−流離いのコガラシ》]]、[[《竜核の呪霊者》]]となっている。~
[[通常召喚]]可能な[[下級]][[チューナー]]では、[[《エンジェル・トランペッター》]]の[[攻撃力]]1900。~
高[[攻撃力]][[チューナー]]が出る度に間接的に強化されていると言える。~

-[[チューナー]]を[[除外]]するのは[[発動]][[コスト]]なので、[[《D.D.クロウ》]]に[[チェーン]]される心配もない。~
ただし、[[《霊滅術師 カイクウ》]]や[[《王宮の鉄壁》]]等が存在すれば、当然[[発動]]自体が封じられる。~

-[[相手]]が[[《死者蘇生》]]で[[自分]]の[[墓地]]の[[チューナー]]を[[蘇生]]しようとしてきたときに使えば、無駄撃ちにさせつつ[[強化]]を狙える。~
[[墓地]]利用を妨害するために[[相手]]の[[墓地]]の[[チューナー]]を狙うこともあるので、[[カウンター]]できる場面は少なくない。~

-この[[カード]]を3枚投入するために、[[攻撃力]]の高い[[チューナー]]を多数投入した[[【チューナー】]]も存在する。~
[[シンクロ召喚]]と効率よく併用すれば、非常に高い爆発力を発揮する。~

-[[シンクロ召喚]]することをアニメでは「チューニング」と呼ぶため、この[[カード]]のイメージは「[[攻撃力]]を上乗せするだけの簡易的なチューニング」なのだろう。~

-[[特殊召喚]]手段を簡易化したネーミングを持つという点では、[[《簡易融合》]]と似ている。~
[[シンクロ召喚]]とはどちらも相性がよく、[[【チューナー】]]では両者を活躍させることができる。~

-[[イラスト]]には[[《ニトロ・シンクロン》]]が描かれている。~
[[強化]]される側なのか[[除外]]された側なのかは不明だが、どちらにせよ[[《ニトロ・シンクロン》]]の[[攻撃力]]は300しかないため、オススメはできない。~
[[強化]]される側なのか[[除外]]された側なのかは不明だが、どちらにせよ[[《ニトロ・シンクロン》]]の[[攻撃力]]は300しかないため、よほどの状況でなければ得策とは言えない。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《バーサーカークラッシュ》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《ニトロ・シンクロン》]]

**[[攻撃力]]1300以上の[[チューナー]]一覧 [#list]
-[[攻撃力]]2900
#taglist(チューナーモンスター^攻2900)

-[[攻撃力]]2700
#taglist(チューナーモンスター^攻2700)

-[[攻撃力]]2600
#taglist(チューナーモンスター^攻2600)

-[[攻撃力]]2500
#taglist(チューナーモンスター^攻2500)

-[[攻撃力]]2400
#taglist(チューナーモンスター^攻2400)

-[[攻撃力]]2300
#taglist(チューナーモンスター^攻2300)

-[[攻撃力]]2200
#taglist(チューナーモンスター^攻2200-《Sea Monster of Theseus》-《テセウスの魔せい物》)

-[[攻撃力]]2100
#taglist(チューナーモンスター^攻2100)

-[[攻撃力]]2000
#taglist(チューナーモンスター^攻2000)

-[[攻撃力]]1900
#taglist(チューナーモンスター^攻1900)

-[[攻撃力]]1850
#taglist(チューナーモンスター^攻1850)

-[[攻撃力]]1800
#taglist(チューナーモンスター^攻1800)

-[[攻撃力]]1700
#taglist(チューナーモンスター^攻1700)

-[[攻撃力]]1600
#taglist(チューナーモンスター^攻1600)

-[[攻撃力]]1500
#taglist(チューナーモンスター^攻1500)

-[[攻撃力]]1400
#taglist(チューナーモンスター^攻1400)

-[[攻撃力]]1300
#taglist(チューナーモンスター^攻1300)

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【チューナー】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[THE DUELIST GENESIS]] TDGS-JP048
-[[DUELIST EDITION Volume 3]] DE03-JP020

**FAQ [#faq]
Q:この[[効果]]を[[適用]]した[[モンスター]]の[[攻撃力]]は、[[エンドフェイズ]]以降も上昇したままですか?~
A:はい、[[エンドフェイズ]]になっても戻ることはありません。(09/02/14)

Q:[[攻撃力]]0の[[チューナー]]を[[除外]]することはできますか?~
A:はい、可能です。(10/11/13)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《イージーチューニング》,魔法,速攻魔法,);