*《イカサマ&ruby(ごはっと){御法度};/Fraud Freeze》 [#top]
 永続罠
 (1):1ターンに1度、相手が手札からモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
 手札から特殊召喚された相手フィールドのモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
 (2):フィールドに「花札衛」Sモンスターが存在しない場合にこのカードは墓地へ送られる。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[インベイジョン・オブ・ヴェノム]]で登場した[[永続罠]]。~
 [[相手]]の[[手札]]から[[特殊召喚]]された[[モンスター]]を[[バウンス]]する[[効果]]、[[花札衛]][[シンクロモンスター]]が存在しない場合に[[自壊]]する[[効果]]を持つ。~

 [[手札]]からの[[特殊召喚]]に対する[[メタ]][[効果]]だが、[[特殊召喚]]を[[無効]]にするわけでも[[破壊]]する訳でもなく、[[バウンス]]するだけである。~
 しかも[[1ターンに1度]]しか使えないため、[[《サイバー・ドラゴン》]]等に対しては何の影響力も持たない。~
 それ以外にも、[[特殊召喚に成功した]]場合に[[発動]]する[[効果]]は使われてしまう、[[エクストラデッキ]]からの[[ペンデュラム召喚]]に対しては無力であるなど、あまりにも穴が多い。~
 加えて[[花札衛]][[シンクロモンスター]]がいないと[[自壊]]する上、その[[自壊]]も[[破壊]]ではなく[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]性質上[[《宮廷のしきたり》]]で回避もできない。~
 [[メタ]]性能が低く、[[自壊]]もしやすいのでは、[[【花札衛】]]でも採用圏外の[[カード]]と言わざるをえない。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメARC-Vの「遊矢vs徳松」戦で徳松が使用。~
[[ペンデュラム召喚]]された[[モンスター]]を全て[[手札]]に戻した。~
その後も遊矢の[[ペンデュラム召喚]]を封じ続けたが、最終的に遊矢の[[《ペンデュラム・ストーム》]]で[[破壊]]された。~

--アニメでは、(1)は[[花札衛]][[シンクロモンスター]]が存在し、[[手札]]から[[特殊召喚]]された[[モンスター]]がいる場合に[[発動]]できる[[フリーチェーン]]の[[効果]]であり、(2)は[[破壊]]だった。~

--なお、この[[カード]]が[[破壊]]された後も、遊矢は[[エクストラデッキ]]からしか[[ペンデュラム召喚]]を行っていない。~
遊矢の狙いは[[《EMビッグバイトタートル》]]・[[《時読みの魔術師》]]を[[エクストラデッキ]]に送ることであり、この[[カード]]の[[除去]]は副次的な結果である。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[花札衛]]

―[[イラスト]]関連
-[[《花札衛−芒−》]]

-[[《魔宮の賄賂》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[インベイジョン・オブ・ヴェノム]] INOV-JP070

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《イカサマ御法度》,罠,永続罠);