*《インスタント・ネオスペース/Instant Neo Space》 [#top]
 装備魔法
 「E・HERO ネオス」を融合素材とする融合モンスターにのみ装備可能。
 装備モンスターは、エンドフェイズ時に
 エクストラデッキに戻る効果を発動しなくてもよい。
 装備モンスターがフィールド上から離れた場合、自分の手札・デッキ・墓地から
 「E・HERO ネオス」1体を選んで特殊召喚できる。
 装備モンスターは、エンドフェイズ時にエクストラデッキに戻る効果を発動しなくてもよい。
 装備モンスターがフィールド上から離れた場合、
 自分の手札・デッキ・墓地から「E・HERO ネオス」1体を選んで特殊召喚できる。

 [[PHANTOM DARKNESS]]で登場した[[装備魔法]]。~
 [[装備]]した[[コンタクト融合]]体が持つ[[エクストラデッキ]]に戻る[[デメリット]]を[[任意効果]]にする[[効果]]、[[装備モンスター]]が[[フィールド]]を離れた場合に[[《E・HERO ネオス》]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]を持つ。~
 [[装備モンスター]]の[[エクストラデッキ]]に戻る[[効果]]を[[任意効果]]にする[[効果]]、[[装備モンスター]]が[[フィールド]]から離れた場合に[[《E・HERO ネオス》]]を[[特殊召喚]]できる[[効果]]を持つ。~

 [[エクストラデッキ]]に[[戻す]][[効果]]を[[発動]]させないだけなら[[《ネオスペース》]]も存在するが、こちらは[[融合モンスター]]が[[除去]]されても後続として[[《E・HERO ネオス》]]を[[特殊召喚]]できる。~
 さらに「場合の[[任意効果]]」である事から[[タイミングを逃す]]心配が無い上に、[[デッキ]]だけでなく[[手札]]や[[墓地]]からの[[特殊召喚]]も可能なので、[[不発]]になる可能性は低い。~

 ただし、「[[裏側守備表示]]化で[[装備]][[対象]]不適切にされる」「[[《サイクロン》]]で[[破壊]]される」などでこの[[カード]]が先に狙われると[[効果]]は[[発動]]しない。~
 また、[[融合モンスター]]の[[特殊召喚]]時やこの[[カード]]の[[装備]]時に[[融合モンスター]]が[[除去]]された場合も無駄になるといった弱点も多い。~

 また、[[特殊召喚]][[効果]]が[[任意効果]]であることが仇となり、[[《E・HERO マグマ・ネオス》]]の[[エクストラデッキ]]に戻して[[フィールドのカード]]を全て[[除去]]する[[効果]]と併用できない。~
 [[《E・HERO マグマ・ネオス》]]が[[強制効果]]、この[[カードの効果]]が[[任意効果]]なので、

+[[チェーン]]1:[[《E・HERO マグマ・ネオス》]]
+[[チェーン]]2:《インスタント・ネオスペース》

 となり、[[《E・HERO ネオス》]]が[[特殊召喚]]された後、[[《E・HERO マグマ・ネオス》]]の[[除去]][[効果]]によって[[バウンス]]されてしまうのである。~
 ただし、間接的に[[墓地]]・[[デッキ]]の[[《E・HERO ネオス》]]を[[手札]]に持ってこられる。
 ただし、間接的に[[墓地]]・[[デッキ]]の[[《E・HERO ネオス》]]を[[手札]]に持ってこられる。~

-[[コンタクト融合]]体以外に、[[《レインボー・ネオス》]]・[[《E・HERO ネオス・ナイト》]]にも[[装備]]できる。~
前半の[[効果]]は無意味だが、後半の[[効果]]によって[[《E・HERO ネオス》]]を[[特殊召喚]]する事はできる。~

-[[コンタクト融合]]体は[[エクストラデッキ]]に戻るのだが、初期の[[テキスト]]には「[[デッキ]]」としか記されていなかった。
-[[コンタクト融合]]体は[[エクストラデッキ]]に戻るのだが、初期の[[テキスト]]には「[[デッキ]]」としか記されていなかった。~

-かつて、「[[特殊召喚]]する[[効果]]は[[タイミングを逃す]]」という[[裁定]]が出ていた。~
英語版の[[テキスト]]も「When〜(〜した時、)」となっていたが、[[Legendary Collection 2: The Duel Academy Years]]での再録時に「If〜(〜した場合、)」と[[エラッタ]]された。~
//http://yugioh.wikia.com/wiki/Card_Errata:Instant_Neo_Space
//そのためか、英語版の[[テキスト]]は''「〜場合、〜できる。(If〜)」''ではなく、''「〜時、〜できる。(When〜)」''との記述になっている。~
//なお、英語版の[[テキスト]]は''「〜場合、〜できる。(If〜)」''ではなく、''「〜時、〜できる。(When〜)」''との記述となっている。~
//また、ゲーム内では[[エラッタ]]されてる(後述)。~

-小型[[《ネオスペース》]]の背景に見えるのは畳である。~
どうやら一畳にも満たない小宇宙のようだ。~
もしくは簡易に作った小宇宙の入り口だろうか。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおける「十代vsヨハン([[ユベル>《ユベル》]])」戦で十代が使用。~
[[《E・HERO ストーム・ネオス》]]に[[装備]]して[[融合デッキ]]に戻る[[効果]]を防いだ。~
その後、[[《E・HERO ストーム・ネオス》]]が[[《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》]]によって[[戦闘で破壊>戦闘破壊]]され、[[《E・HERO ネオス》]]を[[特殊召喚]]した。~
「十代vsクロノス」(2戦目)でも登場し、[[《E・HERO フレア・ネオス》]]に[[装備]]されている。~
--アニメ初登場の時は[[カード]][[イラスト]]が畳ではなかった。
--アニメ初登場の時は[[カード]][[イラスト]]が畳ではなかった。~

//-コナミのゲーム作品において―~
//ゲーム作品では、「[[フィールド]]上から離れた時」に[[エラッタ]]され、[[タイミングを逃す]]要因となることが明文化されている。~
//TF5、WCS2010ではエラッタされていないのでコメントアウト。~

**関連カード [#card]
-[[《E・HERO ネオス》]]

-[[《ネオスペース》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[PHANTOM DARKNESS]] PTDN-JP048
-[[DUELIST EDITION Volume 2]] DE02-JP092

**FAQ [#faq]
Q:[[《終焉の王デミス》]]などの[[効果]]でこの[[カード]]と[[装備モンスター]]が同時に[[フィールド]]を離れた時にこの[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:いいえ、[[発動]]できません。(07/12/07)

Q:[[チェーンブロック]]を作りますか?~
A:作ります。(08/09/11)

Q:[[装備モンスター]]を[[アドバンス召喚]]のために[[リリース]]した場合でも、[[タイミングを逃さず>タイミングを逃す]][[蘇生]][[効果]]を[[発動]]可能ですか?~
A:その場合でも、[[《E・HERO ネオス》]]を[[特殊召喚]]することができます。(12/04/29)
//A:不可能です。~
//  [[装備モンスター]]が[[フィールド]]から離れた後に[[アドバンス召喚]]が行われるので、[[タイミングを逃します>タイミングを逃す]]。(09/07/02)

Q:[[装備モンスター]]が[[ダメージステップ]]中に[[フィールド]]を離れた時も[[蘇生]][[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:はい、[[発動]]できます。(13/11/23)
//A:[[発動]]できます。(10/08/16)

Q:[[《マクロコスモス》]]が存在する時に[[装備モンスター]]が[[フィールド]]を離れ、この[[カード]]が[[除外]]された場合でも、[[特殊召喚]]する[[効果]]は[[発動]]できますか?~
A:はい、[[発動]]できます。(12/05/26)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《インスタント・ネオスペース》,魔法,装備魔法,);