*《インプ》 [#top]
 通常モンスター
 星4/闇属性/悪魔族/攻1300/守1000
 闇に住む小さなオニ。
 攻撃は意外に強い。ツノには注意。

 [[Vol.6]]で登場した[[闇属性]]・[[悪魔族]]の[[下級モンスター]]。~
 たしかに「[[攻撃>攻撃力]]は意外に強い」。~

 同[[属性]]・同[[種族]]・[[レベル]]の[[《グレムリン》]]よりも[[守備力]]が低く、[[《E・HERO プリズマー》]]などのサポートも受けられず、採用は難しい。~

-同じパックの[[《ゼミアの神》]]と全く同じ[[ステータス]]。~

-[[海外未発売カード]]だが、アクションフィギュアとしては海外でも発売されている。~

-「インプ(Imp)」とは、ファンタジーの世界ではおなじみの、魔術師や上級悪魔の使い魔として登場する小悪魔である。~
力は全くないが、肥大した頭により知能が高く悪賢い。~
一般的には頭が大きく体が小さい見た目をしており、この[[カード]]のように鬼のような筋骨隆々の姿というのは珍しい。~

--また、インプをギリシャ語で[[アヌビス>《エンド・オブ・アヌビス》]]という。~

-原作・アニメにおいて―~
遊戯が初期に使用した[[モンスター]]で、いわゆる「やられ役」である。~
「DEATH-T編」の最終決戦「闇遊戯vs海馬」戦において初登場。~
かの有名な「粉砕!玉砕!大喝采!」というセリフと共に[[《青眼の白龍》]]に粉砕されたのはこの[[モンスター]]である。~
その後も[[《デビル・クラーケン》]]に[[骨を砕かれ>戦闘破壊]]たり、[[《ゴーゴンの眼》]]により石化させられ[[《トゥーン・デーモン》]]に[[戦闘破壊]]されたりと悲惨な目にばかりあっている。~

--初登場時は等身が低く、いかにも弱そうだったが、「決闘者の王国編」では立派な体格となった。~

--遊戯が使用した[[カード]]では珍しく、一度も再録されていない。~

-コナミのゲーム作品において―~
DM4の遊戯[[デッキ]]では、2種類しか使えない[[装備カード]]の一枚、[[《一角獣のホーン》]]に対応している。~
このゲームでは[[レベル]]4は[[攻撃力]]または[[守備力]]が1350以下と制限されており、この[[カード]]は[[《一角獣のホーン》]]に対応している[[下級モンスター]]の中で最大の[[攻撃力]]を持っている。~
そのため、上記の「やられ役」から一転、強力な[[下級モンスター]]として活躍できる。~
--[[真DM2>ゲーム付属カード#SDM2]]では[[リバース]]時に隣接する[[自分]]の[[《タイム・ボマー》]]を[[相手]]の[[召喚]]エリアに[[テレポート>送りつけ]]させるという特殊な[[効果]]を備えている。~
同様の[[効果]]は[[《バット》]]・[[《なぞの手》]]も備えており、いずれも[[フレイバー・テキスト]]を意識した[[効果]]かと思われるが、この[[カード]]だけは特に共通項が見られない。~

--フォルスバウンドキングダムにも登場。~
[[攻撃]]名は「グラップル・タロン」。~

--[[海外未発売カード]]だが、[[遊戯王オンライン]]等では《Horn Imp》の[[英語名]]が与えられている。~
//ttp://yugioh.wikia.com/wiki/Horn_Imp

**関連カード [#card]
―[[イラスト]]関連ー
―[[イラスト]]関連
-[[《体温の上昇》]]
-[[《ドーピング》]]

―意外と強い[[モンスター]]ー
―意外と強い[[モンスター]]
-[[《エレキッズ》]]
-[[《ビーン・ソルジャー》]]
-[[《ビック・アント》]] 
-[[《フェアリー・ドラゴン》]]
-[[《キラー・ビー》]]
-[[《古代のトカゲ戦士》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.6]]
----
&tag(《インプ》,通常モンスター,モンスター,星4/闇属性/悪魔族/攻1300/守1000);