*《オールド・マインド》 [#top]
 通常魔法
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):相手の手札をランダムに1枚確認する。
 その後、以下の効果から1つを選んで適用する。
 ●確認したカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の自分の手札のカード1枚と確認した相手のカードを捨てる。
 その後、フィールドのこのカードを相手の手札に加え、自分はデッキから1枚ドローする。
 ●自分は1000LPを失う。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[CHAOS IMPACT]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[相手]]の[[手札]]を[[確認]]し、[[お互い]]に[[手札]]を[[捨てた>捨てる]]後に自身を[[相手]]の[[手札]]に加えて[[ドロー]]するか、[[ライフロス]]を行う[[効果]]を持つ。~

 前半は[[相手]]の[[手札]]を[[確認]]し、同じ種類の[[カード]]を[[捨てる]]ことで[[手札交換]]を行うもの。~
 この[[カード]]は[[相手]]の[[手札]]に加わるので[[自分]]が1枚の消費、[[相手]]が0枚の消費なので枚数的には[[ディスアドバンテージ]]となる。~
 一応、[[相手]]の[[手札]]1枚が使い難いこの[[カード]]に変わるので質的には[[1:1交換]]にはなる。~

 [[捨てる]][[カード]]はある程度任意に選べるため、[[墓地]][[発動]]や[[墓地へ捨てられた]]場合の[[効果]]で[[ディスアドバンテージ]]の軽減に努めたいが、選ぶ[[相手]]の[[手札]]は[[ランダム]]なので運任せな点が多い。~
 [[手札誘発]]が多い[[環境]]では、[[モンスター]]を[[相手]]が保持している可能性が高い。~
 [[《闇のデッキ破壊ウイルス》]]などで特定の種類の[[カード]]を消す[[ハンデス]]・[[ピーピング]]をしておけばより確実となる。~

 後半は[[自分]]への[[ライフロス]]。~
 基本的に該当[[カード]]が無かった際に選ばれるが、[[墓地]]へ送りたくない[[カード]]を[[確認]]した際にこちらを選ぶ意義もないわけではない。~
 この場合は1000[[ライフ]]で[[情報アドバンテージ]]を得られるが、[[カード]]1枚を消費しているので割に合わない感は否めない。~
 [[捨てる]][[手札]]がない場合のペナルティ、と言う意味合いが強いだろう。~

 [[自分]]の[[手札]]を[[捨てる]]点を利用し、[[暗黒界]]の[[トリガー]]になる。~
 [[《暗黒界の龍神 グラファ》]]を[[《闇のデッキ破壊ウイルス》]]の[[コスト]]に使い、[[モンスター]]のみを残してから使えば[[暗黒界]]を確実に[[捨てる]]ことができる。~
 この[[カード]]が[[相手]]の[[手札]]に加わっても、[[暗黒界]]の追加[[効果]]が[[発動]]する可能性があるため、[[相手]]は[[発動]]できない状況となる。~

 その他、前半の[[効果]]ならこの[[カード]]が[[相手]]の[[手札]]に加わり、後半の[[効果]]なら[[ピーピング]]した[[カード]]が[[手札]]に戻るため、[[《The suppression PLUTO》]]を使用する場合の補助にはなる。~

-同じ種類の[[カード]]が[[手札]]にあった場合、[[お互い]]が1枚ずつ[[手札交換]]をする流れとなる。~
[[《暗黒界の取引》]]に似ているが、[[相手]]は[[ドロー]][[カード]]ではなくこの[[カード]]が[[手札]]に加わるため、こちらの方が[[相手]]の動きを阻害できる形となる。~


-遊戯王OCGにおいては、[[発動]]後に[[墓地へ送る]]ことなく[[相手]]の[[手札]]に加わる初めての[[カード]]である。
-[[発動]]後に[[墓地へ送る]]ことなく[[相手]]の[[手札]]に加わる初めての[[カード]]である。

-同じカードが捨ててあるのを見るに、元ネタはトランプゲームの一つで、ババ抜き・ジジ抜きの元となったとされる「オールドメイド/Old Maid」か。~
クィーンを1枚抜いて行うババ抜きのようなルールであり、左の人物の抵抗具合から察するに[[《ワイト夫人》]]がクィーンに相当する札と思われる。
-[[イラスト]]や[[効果]]から、元ネタはトランプの「ババ抜き」で間違いないだろう。~
「[[相手]]の[[手札]]を[[ランダム]]に1枚選び、同種の[[カード]]2枚が揃ったら捨てる」という動きを[[ハンデス]]効果で再現している。~
[[お互い]]の[[手札]]を往復するだけで[[墓地]]に送れないこの[[カード]]は、ババ抜きにおけるジョーカーの役割となっている。~

--[[カード名]]はババ抜きの英語名「オールドメイド/Old Maid」のもじり。~
元々オールドメイドはジョーカーを使わずクイーンを1枚抜いて行うルールであり、最後に1枚だけ残るクイーンを、結婚相手を見つけられず「婚期を逃した独身女性=Old Maid」に例えたゲーム名であった。~
これが日本に紹介される際に「お婆抜き」と訳され、いつしかジョーカーを使うゲームとなり現在に至る。~
左の人物の抵抗具合から察するに、[[イラスト]]では[[《ワイト夫人》]]がクィーンに相当する札と思われる。

--[[《ホ''ワイト''・ホール》>《ホワイト・ホール》]]含めて、[[イラスト]]の[[カード]]はすべて名前に「ワイト」が含まれている。

-[[お互い]]が1枚ずつ[[相手]]の[[手札]]とペアを作って捨てるか、揃えられず不利になるかでモチーフを再現している。~
[[自分]]の[[手札]]の種類が偏っている場合、[[相手]]が[[ライフロス]]になる可能性はある。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《暗黒界の取引》]]
-[[《墓穴の道連れ》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《ワイトキング》]]
-[[《ワイト夫人》]]
-[[《ワイトメア》]]
-[[《ワイトプリンセス》]]

-[[《トライワイトゾーン》]]

-[[《ホワイト・ホール》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CHAOS IMPACT]] CHIM-JP066 &size(10){[[N-Rare]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《オールド・マインド》,魔法,通常魔法);