*《オルフェゴール・ガラテア》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク2/闇属性/機械族/攻1800
 【リンクマーカー:右上/左下】
 「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):リンク状態のこのカードは戦闘では破壊されない。
 (2):除外されている自分の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターをデッキに戻す。
 その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[SOUL FUSION]]で登場した[[闇属性]]・[[機械族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[リンク状態]]の場合に[[戦闘破壊]][[耐性]]を得る[[永続効果]]、[[除外]]された[[機械族]]1体を[[デッキ]]に戻し[[デッキ]]から[[オルフェゴール]][[魔法・罠カード]]を[[セット]]する[[起動効果]]を持つ。~

 [[リンク素材]]には[[オルフェゴール]]を最低1体は要求する。~
 [[メインデッキ]]の[[オルフェゴール]]は[[特殊召喚]][[効果]]を持つため、[[手札]]から[[通常召喚]]できなくても[[墓地]]に存在さえすれば[[モンスター]]を並べることは難しくない。~

 (1)は[[戦闘破壊]][[耐性]]。~
 下級準[[アタッカー]]程度の[[攻撃力]]しかないこの[[カード]]にとっては有用な反面、逆に[[サンドバッグ]]にされかねない恐れもある。~
 あまり信頼はせず[[相手]][[ターン]]に残ってしまった時の保険として見るべきか。~

 (2)の固有[[効果]]は[[オルフェゴール]][[魔法・罠カード]]を[[セット]]する[[効果]]。~
 [[オルフェゴール]]において重要な立ち位置である[[《オルフェゴール・バベル》]]が最有力候補となる。~
 他の[[カード]]は[[《オルフェゴール・アインザッツ》]]は[[相手]]依存、[[罠カード]]は[[相手]]に筒抜けなので奇襲には向かないため、自身を[[コスト]]にできる[[《オルフェゴール・プライム》]]が有力か。~
 [[《オルフェゴール・コア》]]を[[サーチ]]し、後続の防御用に使うのも望ましい。~

 [[除外]]された[[機械族]]1体で[[フィールドのカード]]を1枚増やすことができるため、他に[[フィールド]][[コスト]]を要求する[[カード]]と組み合わせるのも良い。~
 [[《ヴァレルガード・ドラゴン》]]は[[オルフェゴール]]の[[デメリット]]下でも[[特殊召喚]]できるが、あちらの[[蘇生]]範囲が狭まる点は注意。~
 この[[カード]]の[[リンク召喚]]の時点で[[オルフェゴール]]が[[墓地]]に存在するため、そちらの[[モンスター効果]]を[[発動]]できれば自然とこちらの条件も整う。~
 さらに[[特殊召喚]]された[[オルフェゴール]]とこの[[カード]]でさらなる[[リンク召喚]]に繋げる、といった流れも可能。~

-[[イラスト]]では髪型など[[《星杯を戴く巫女》]]に関連する意匠が見られ、[[《オルフェゴール・プライム》]]の[[イラスト]]や下記の名称の由来も踏まえると、[[《星杯を戴く巫女》]]を模して造られた[[機械>機械族]]と思われる。~
[[《オルフェゴール・プライム》]]の[[イラスト]]で[[《星杯に誘われし者》]]が持っているリボンが首に巻かれ、刃が鎌の刃として用いられているが、これらも下記の通り[[《星杯を戴く巫女》]]及び[[《夢幻崩界イヴリース》]]と関連する。~
また、この[[機械の体>機械族]]の胴体中心部にある『&ruby(アスタリスク){*};』に似た模様は[[《明星の機械騎士》]]の胴体にあるものと一致する。

--リボンはかつて[[《星杯を戴く巫女》]]が髪に巻いていたものである。
--リボンはかつて[[《星杯を戴く巫女》]]が髪に巻いていたものである。~

--腹部に当たる円柱部位は、オルゴールのシリンダーを思わせる造形をしている。

--鎌の刃は[[《蒼穹の機界騎士》]]の装備と同じものと思われる。~
この刃は[[《機界騎士アヴラム》]]が2本の剣として使用していたが、1本を[[《夢幻崩界イヴリース》]]に[[奪われ>《星遺物からの目醒め》]]、[[自害>《星遺物への抵抗》]]する際に使われている。~

--(1)の[[耐性]]は[[かつての自分>《星杯神楽イヴ》]]のものと酷似している。~

--[[《オルフェゴール・プライム》]]の[[イラスト]]を考慮すると、[[《星杯に誘われし者》]]と同一人物であろう[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]が作成したものと思われる。~
オルフェウスは妻を冥府から連れ戻そうとしたエピソードで知られていることから、彼女を蘇らせようとしてこの彫刻を作ったのだろうか?~
//作ったかどうかは分からない。イヴリース関連なら、機械から生まれたとか考えられるし

-ガラテア(ガラテイア)とはギリシャ神話の登場人物。~
ギリシャ神話中には海のニュンペー、彫刻から人間になったピュグマリオンの妻、エウリュティオスの娘の3人のガラテアが登場する。~
[[イラスト]]の女性の顔が彫刻のようであることを考えるとモチーフはピュグマリオンの妻のガラテアだろう。~
現実の女性に絶望していたピュグマリオンは自身の理想の女性となるガラテアを彫刻し、そのうち裸であることを恥ずかしく思い服を彫ったり、食事を与えたり話しかけたりするなどし、人間になることを願い続けた。~
やがて、ガラテアの彫像から離れなくなり、衰弱していく様子を見かねたアプロディテによってガラテアは人間になりピュグマリオンはガラテアを妻に迎えたという。~

--ちなみに、1886年に発表されたSF小説『未来のイヴ』は、上記のピュグマリオンの神話を下敷きにした作品である。~
「[[アンドロイド>《マジカル・アンドロイド》]]」という呼称を最初に用いた作品とも言われ、後の多くのSF作品に影響を与えた。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[オルフェゴール]]

-[[《星杯を戴く巫女》]]
-[[《星杯神楽イヴ》]]
-[[《夢幻崩界イヴリース》]]

―《オルフェゴール・ガラテア》の姿が見られる[[カード]]
-[[《オルフェゴール・プライム》]]

-[[《オルフェゴール・コア》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[SOUL FUSION]] SOFU-JP043 &size(10){[[Rare]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《オルフェゴール・ガラテア》,モンスター,リンクモンスター,効果モンスター,リンク2/闇属性/機械族/攻1800,オルフェゴール);