*《クリッター/Sangan》 [#top]
 効果モンスター
 星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
 デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
 このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。

 [[Vol.6]]で登場した[[闇属性]]・[[悪魔族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[フィールド]]から[[墓地へ送られた]]場合に[[攻撃力]]1500以下の[[モンスター]]を[[サーチ]]する[[誘発効果]]を持つ。~
 また、[[《クリッチー》]]の[[融合素材]]でもある。~

 対を成す[[《黒き森のウィッチ》]]と同じく緩い[[発動条件]]と広い[[サーチ]]先を併せ持つ[[汎用性]]の高い[[サーチャー]]であり、[[強制効果]]なので[[タイミングを逃す]]心配もない。~
 あちらと同様に[[破壊された]]場合のみならず[[リリース]]した場合や[[シンクロ素材]]・[[リンク素材]]に使用した場合などにも[[発動]]するのが最大の強みであり、その場にあわせた[[モンスター]]を持ってくることで逆に[[アドバンテージ]]を掴むことも可能。~
 さらにこの[[カード]]自体も[[《融合準備》]]・[[《魔界発現世行きデスガイド》]]・[[《クレーンクレーン》]]に対応しており、[[フィールド]]に出しやすい。~

 主な弱点といえば[[除外]]や[[バウンス]]、[[サーチ]]を封じる[[《ライオウ》]]で妨害されることが挙げられる。~
 [[《神の宣告》]]などの[[召喚]]を[[無効]]にする[[カード]]の前では[[サーチ]]できず無力だが、逆に言えばこの[[カード]]にわざわざ貴重な妨害[[カード]]を浪費させたとも言えるため見た目ほどの損失はない。~
 ただし、[[エラッタ]]によって追加された制約により、[[サーチ]]した[[カード]]は[[発動]]制限がかかるため、次の[[ターン]]に備える動きが基本となる。~
 だが、[[召喚]]・[[特殊召喚]]は制限されていないので、[[ルール効果]]や[[永続効果]]ならば即座に使用できる。~
 逆に、[[デメリット]]が[[発動]]する[[モンスター]]を[[サーチ]]して[[召喚]]し、それを[[発動]]させないということも可能。~

 しかし近年においては、特に[[環境]]上位に入る[[テーマデッキ]]では専用の[[サーチ]]手段が充実しており、この[[カード]]の優位点も輝きにくい。~
 こちらは[[フィールド]]に出す前提もあり、とりあえず採用するような[[必須カード]]ではなくなっている。~

 [[リンク素材]]として使う分には優れており、[[《魔界発現世行きデスガイド》]]から[[リクルート]]し、2体で[[リンク]]2を出す。~
 その後、[[サーチ]][[効果]]で[[《ジェスター・コンフィ》]]などの[[特殊召喚]]する[[ルール効果]]を持つ[[モンスター]]を[[手札]]に加えて[[特殊召喚]]すれば簡単に[[リンク]]3まではつながる。~

-[[サーチ]]型の[[【エクゾディア】]]では、[[キーカード]]として活躍していた。~
[[《キラー・トマト》]]からの[[リクルート]]後に[[自爆特攻]]・[[リリース]]等で[[墓地]]に送り、[[蘇生]][[カード]]や[[サルベージ]][[カード]]で使い回す事で、高速でパーツを揃える事ができる。~
特に、[[《氷結界の虎王ドゥローレン》]]等で[[《リビングデッドの呼び声》]]を[[バウンス]]し《クリッター》を[[自壊]]させる事で、毎[[ターン]][[サーチ]]を行う事が可能となる。~

--最初に[[エラッタ]]されるまでは、[[フィールド]]に出る事もなく大暴れしていた。~
詳しくは、[[エラッタ]]を参照。~

-この[[効果]]は、[[強制効果]]である。~
自身が[[フィールド]]上から[[墓地へ送られた]]時に、[[強制発動]]する。~
[[アドバンス召喚]]のために[[リリース]]したり、[[《リミット・リバース》]]で[[蘇生]]させ[[守備表示]]にして[[自壊]]させたりする事でも[[手札]]を補充可能である。~
[[シンクロ素材]]にした場合も[[サーチ]][[効果]]を[[発動]]でき、[[シンクロ召喚]]を行ないつつ次の素材を用意できる。~

// --[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]の現役時代は、[[媒体]]候補の筆頭でもあった。~

--[[エクシーズ素材]]となったこの[[カード]]が[[墓地へ送られた]]場合、[[効果]]は[[発動]]しない。~
ルール上、[[エクシーズ素材]]は[[フィールド]]上の[[カード]]として扱わないため、「この[[カード]]が''[[フィールド]]から''[[墓地へ送られた]]」という[[発動条件]]を満たせないからである。~
ルール上、[[エクシーズ素材]]は[[フィールドのカード]]として扱わないため、「この[[カード]]が''[[フィールド]]から''[[墓地へ送られた]]」という[[発動条件]]を満たせないからである。~
これを利用し、[[コントロール奪取]]した[[相手]]の《クリッター》を[[エクシーズ召喚]]に[[使用]]すれば、その[[サーチ]][[効果]]を封じられる。~

-その強さと扱い易さにより[[01/01/15>禁止・制限カード/2001年1月15日]]から[[制限強化]]され、[[04/09/01>禁止・制限カード/2004年9月1日]]には[[《黒き森のウィッチ》]]共々[[禁止カード]]となるが、直後の[[05/03/01>禁止・制限カード/2005年3月1日]]では[[《黒き森のウィッチ》]]と道を違える形で[[制限復帰]]する。~
強力な[[アタッカー]]を[[サーチ]]できないという点で[[《黒き森のウィッチ》]]に劣るとされ[[制限復帰]]に至ったのだろうか。~
しかしその後、[[シンクロ召喚]]・[[エクシーズ召喚]]の登場によって低[[ステータス]]の[[モンスター]]だけでも[[ビートダウン]]が行えるようになったことで、実質この[[カード]]から[[フィニッシャー]]に繋がるような動きも可能になった。~
そして、[[《魔界発現世行きデスガイド》]]の登場で[[リクルート]]がより簡単になり、それと並行して多くの[[デッキ]]で採用され、活用されるようになった。~
そのためか、[[13/03/01>禁止・制限カード/2013年3月1日]]で再び[[禁止カード]]となった。~
実に8年ぶりの[[禁止カード]]化となり、[[制限復帰]]した経験を持つ[[カード]]が再び[[禁止カード]]に戻るのに、それまで最長期間であった[[《押収》]]の2年を大幅に更新した。~
[[禁止>禁止カード]]後には、この[[カードの効果]]を簡単に使い回す事もできる[[《クレーンクレーン》]]や、[[サーチ]]ができる[[《融合徴兵》]]・[[《融合準備》]]も登場した。~

--さらに月日は流れ[[16/04/01>リミットレギュレーション/2016年4月1日]]、[[エラッタ]]と同時に[[禁止カード]]から緩和された。~
[[同名カード]]の回数制限[[縛り]]と、[[サーチ]]先の[[発動]]を制限という弱体化がなされたものの、[[サーチ]]の即効性と範囲はそのままとなっている。~
続く[[16/07/01>リミットレギュレーション/2016年7月1日]]で[[準制限カード]]に、[[16/10/01>リミットレギュレーション/2016年10月1日]]に再び[[制限解除]]された。~
---''「[[発動]]」とは、[[ペンデュラムモンスター]]の[[魔法カード]]としての[[発動]]と[[モンスター効果]]の[[発動]]の両方を意味する''。~

-[[13/03/01>禁止・制限カード/2013年3月1日]]で2度目の[[禁止カード]]になって以降、そのことを[[ネタ]]にした[[イラスト]]の[[カード]]が幾つか登場している。~
どうやら魔界から[[現世へ行くバス>《魔界発現世行きバス》]]に乗るつもりが、[[間違え>《手違い》]]て[[冥界へ行くバス>《魔界発冥界行きバス》]]に乗ってしまったようだ。~
ただ[[現世行きのバスの中>《魔界発現世行きバス》]]にも姿が見られるため、別の個体は無事に現世に到着したのか、あるいは[[途中>《精気を吸う骨の塔》]]で下車してしまったために間違えてしまったのかもしれない。~
その後も[[親切な人の車に乗せてもらえた>《相乗り》]]かと思いきや、何らかの犯罪に[[巻き込まれ>《捕違い》]]、[[無実を訴え続ける>《濡れ衣》]]という受難な日々な模様。~
--一応、現実世界ではその後、2度目となる[[エラッタ]]によってひとまず[[釈放>制限復帰]]されることになったと言える。~

-上記の通り根強い人気があるためか、マスターガイド4では特集され、「見かけなくなって久しいみんなのアイドル」と書かれている。~
この解説内では普通に喋っているが、過去のヴァリュアブル・ブックでは語尾にニャーと付けていたり、真DM2においては喋れなかったりと、言語が安定しない。~

-「クリッター(Critter)」は、「生き物」を表す英語「クリーチャー(Creature)」の米国一部地方での方言である。~
また、未確認生物(UMA)の一種としても用いられ、電子と陽イオンに電離した気体であるプラズマから発生する不定形のプラズマ生命体とされる。~
[[イラスト]]のモデルは、このUMAを題材にしたアメリカの映画「クリッター」と思われる。~
毛むくじゃらで頭から手足が生えており、細かい牙がびっしりと生えた大きな口がついている点がよく似ている。~

--[[英語名]]は、「Sangan(三眼)」。~
初期らしいローマ字読みのネーミングだが、熟語が使われている分、[[《Hitotsu-Me Giant》>《サイクロプス》]]よりもまとまりがある名前に仕上がっている。~

-原作・アニメにおいて―~
原作「DEATH-T編」の「闇遊戯vs海馬」において、闇遊戯が使用。~
[[《闇・エネルギー》]](原作[[効果]])で[[攻撃力]]が3倍になった[[《闇・道化師のサギー》]]の前に[[守備表示]]で[[壁]]にしただけで活躍は無く、[[OCG]]のような[[効果]]は無かった。~
その時の断末魔は、「クリッター」。~
アニメでは、「表遊戯vsレベッカ」戦においてレベッカが使用。~
[[《黒き森のウィッチ》]]とこの[[カード]]を[[《キャノン・ソルジャー》]]で[[射出]]し、後続の弾を確保しつつ[[墓地を肥やす]]のが彼女の基本戦術であった様だ。~
[[エキスパートルール]]になる前から、この[[モンスター]]の強さを理解していた様である。~
また、闇獏良と闇遊戯の[[デッキ]]にも投入されていたようで、所々登場している。~

--闇獏良が使用した時は、「[[デッキ]]から[[カード]]を1枚[[ドロー]]する」という[[効果]]になっている。~
[[デッキ]]から[[カード]]が1枚[[手札]]に加わるという点では、共通しているが。~

--「闇遊戯vs乃亜」戦では、闇遊戯が使用。~
闇遊戯の[[《サイバーポッド》]]の[[リバース効果]]で[[表側守備表示]]で[[特殊召喚]]され、すぐ様[[《ブラック・マジシャン》]]の[[生け贄]]となり、[[デッキ]]から[[《ビッグ・シールド・ガードナー》]]を[[サーチ]]した。~
この時は[[OCG]][[効果]]だった。~

--「ドーマ編」の「闇遊戯vs表遊戯」戦で二人の[[手札]]に存在し、表遊戯が[[裏側守備表示]]で[[召喚]]した。~
次の[[ターン]]に[[《磁石の戦士α》]]に[[戦闘破壊]]されて[[効果]]を[[発動]]したが、この時表遊戯は「[[デッキ]]から''[[守備力]]''1500以下の[[モンスター]]1体を[[手札]]に[[加える]]」と言い間違えている。~
//[[《黒き森のウィッチ》]]の[[効果]]と間違えたのだろうか?~

--「乃亜編」の回想シーンでは、海馬がモクバを突き飛ばした時に落ちていた。~
別の回想シーンでは、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚の[[カード]]で説明する際に使用している。~

--アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};第92話では、学園祭の出し物「MonsterCafe」の中にある絵として登場した。~

-コナミのゲーム作品において―~
DMシリーズでは、[[効果]]を持たない[[モンスター]]として登場し、オリジナルの[[テキスト>フレイバー・テキスト]]が存在する。~
「三つ目の小型悪魔 闇の中で力を発揮する事ができる」と書かれてある。~
[[《闇》]]の中でも大して強くないが、[[墓地]]での[[効果]][[発動]]を示唆しているのだろうか。~
また[[レアリティ]]が[[OCG]]に準拠していないゲームでは、最初から出ているパックの[[ウルトラレア>Ultra]]でおなじみになっている。~
他にも[[カード]]があってこそ輝く[[カード]]なので、パックの目玉[[カード]]になり、かつ序盤からゲームバランスを壊す心配がない点でちょうど良いのだろう。~

**関連カード [#card]
-[[サーチャー]]

-[[《タックルセイダー》]]

―[[融合]]関連
-[[《クリッチー》]]
--[[《黒き森のウィッチ》]]

―《クリッター》の姿が見られる[[カード]]
-[[《魔界発現世行きバス》]]
-[[《魔界発冥界行きバス》]]

-[[《クリッチー》]]

-[[《相乗り》]]
-[[《捕違い》]]
-[[《濡れ衣》]]

-[[《手違い》]]
-[[《レベル・リチューナー》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【エクゾディア】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.6]]
-[[鋼鉄の襲撃者−METAL RAIDERS−]] ME-08 &size(10){[[Rare]]};
-[[STRUCTURE DECK−城之内編−]] JY-18
-[[STRUCTURE DECK−海馬編−]] KA-13
-[[STRUCTURE DECK−ペガサス・J・クロフォード編−]] PE-15
-[[DUELIST LEGACY Volume.4]] DL4-009 &size(10){[[Rare]]};
-[[STRUCTURE DECK−遊戯編− Volume.2]] SY2-016
-[[公認大会賞品(2004年7月)>プロモカード#PC]] PC4-003 &size(10){([[N-Parallel]])};
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP042 &size(10){[[Rare]]};
-[[GOLD SERIES]] GS01-JP006 &size(10){([[Gold]])};
-[[ストラクチャーデッキ−デビルズ・ゲート−]] SD21-JP019
-[[BEGINNER'S EDITION 2(第7期)]] BE02-JP034 &size(10){[[Super]]};
-[[デュエリストボックス2012]] DB12-JP006
-[[スターターデッキ(2012)]] ST12-JP016
-[[THE GOLD BOX]] GDB1-JP006 &size(10){[[Gold]]};
-[[デュエリストセット Ver.ダークリターナー]] DS13-JPD22
-[[パーフェクトルールブック2016 付属カード>書籍付属カード#RB03]] RB03-JP001 &size(10){[[N-Parallel]]};
-[[STARTER DECK(2017)]] ST17-JP013

**FAQ [#faq]
***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

Q:[[カードに記載された攻撃力>元々の攻撃力(守備力)]]が「?」の[[モンスター]]を[[サーチ]]できますか?~
A:そのタイプの[[モンスター]]は、[[デッキ]]内だと[[攻撃力]]を判定できない為、[[サーチ]]できません。~

Q:《クリッター》が[[相手]]の[[コントロール]]に移り、[[墓地]]にいった場合、[[サーチ]]できるのはどちらの[[プレイヤー]]ですか?~
A:元々の《クリッター》の[[持ち主]]です。

Q:[[攻撃表示]]の《クリッター》同士が[[相打ち]]になった場合、[[効果]]処理の順番はどうなりますか?~
A:この場合は、特別な[[チェーン]]処理を行います。まず、[[ターンプレイヤー]]の《クリッター》が[[チェーン]]1、[[相手]](非[[ターンプレイヤー]])の《クリッター》が[[チェーン]]2となり、他に[[チェーン]]する[[カード]]があれば[[発動]]、無ければそのまま逆順処理を行います。

Q:[[自分]]の[[フィールド]]に《クリッター》が存在し、[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]と[[《リビングデッドの呼び声》]]が伏せてあります。~
  この状況で[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]を[[発動]]し、[[コスト]]として《クリッター》を[[リリース]]しました。~
  [[《死のデッキ破壊ウイルス》]]に[[《リビングデッドの呼び声》]]を[[チェーン]]して[[発動]]する際、[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]の[[コスト]]で[[墓地]]に行った《クリッター》を[[蘇生]]させる事はできますか?~
A:可能です。《クリッター》は[[コスト]]、即ち[[《死のデッキ破壊ウイルス》]][[発動]]時点で[[墓地]]へ送られた為、[[《リビングデッドの呼び声》]]を[[発動]]する時には、既に[[墓地]]へと置かれています。

//Q:上記の例の発展系の質問です。~
//  同様の状況で、[[相手]]が[[《大嵐》]]を[[発動]]したので、「[[チェーン]]2:[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]」「[[チェーン]]3:[[《リビングデッドの呼び声》]]」としました。~
//  この結果、《クリッター》の[[効果]]は同一[[チェーン]]で2回[[発動]]する訳ですが、どのように処理しますか?~
//A:この場合、《クリッター》の[[効果]]は[[強制効果]]であるので、一連の[[チェーン]]処理が終わった後に新たに[[チェーンブロック]]を作り処理します。~
//  「[[チェーン]]1:《クリッター》」「[[チェーン]]2:《クリッター》」となり、他に[[チェーン]]が積まれなければ逆順処理を行います。~
//  尚、「[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]で[[墓地]]に行った時の[[効果]]」と「[[《リビングデッドの呼び声》]]で[[墓地]]に行った時の[[効果]]」は、どちらを[[チェーン]]1においても構いません。
//エラッタにより同名カード含めて1ターンに1回になったのでCO

Q:《クリッター》を[[リリース]]して[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]を[[発動]]、これに[[チェーン]]して[[《D.D.クロウ》]]で《クリッター》を[[除外]]した場合、[[チェーン]]を処理した後、《クリッター》の[[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:[[発動]]します。(08/04/23)~

Q:《クリッター》を[[リリース]]して[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]を[[発動]]、これに[[チェーン]]して[[《転生の予言》]]でその[[墓地へ送られた]]《クリッター》を[[デッキ]]に[[戻した>戻す]]場合、[[チェーン]]を処理した後、《クリッター》の[[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:いいえ、[[発動]]しません。(12/09/26)

Q:[[装備カード]]となった《クリッター》が[[破壊]]され[[墓地へ送られた]]時、[[効果]]は発動しますか?~
A:[[発動]]します。(09/10/07)~

Q:[[エクシーズ素材]]として《クリッター》が取り除かれた場合、[[効果]]を[[発動]]できますか~
A:いいえ。[[フィールド]]から[[墓地へ送られた]]扱いではないため、[[発動]]できません。(16/04/02)~

Q:《クリッター》の効果で[[《封印されしエクゾディア》]]を[[手札]]に加えたことで[[手札]]に[[封印されし]]が揃いました。この場合即座に[[自分]]は[[デュエル]]に勝利しますか~
A:はい。[[《封印されしエクゾディア》]]の効果は[[発動]]するものではなく条件であるため、その時点で[[自分]]が[[デュエル]]に勝利します。(16/04/03)

Q:この[[カード]]の[[効果]]を[[相手]]が[[発動]]し、[[相手]]が「[[手札]]に[[加えられる>加える]][[カード]]が存在しなかった」と主張しました。~
  [[自分]]は[[相手]]の[[デッキ]]の[[確認]]を求める事ができますか?~
A:この[[カード]]の[[効果]]には、そもそも[[相手]]の[[デッキ]]を[[確認]]する[[効果]]処理は含まれておりません。~
  そのため、[[相手]][[プレイヤー]]が「該当の[[カード]]はございません」と言われた場合、[[効果]]処理としてはここで終了となります。~
  また、[[デッキ]]の[[確認]]を求めるかどうか、応じるかどうか等は対戦者同士で相談していただく内容になるため、こちらではお伝えできません。(16/06/13)~
 →[[非公開情報]]も参照

Q:《クリッター》の[[効果]]で[[《ガガガガール》]]を[[手札]]に加えました。~
[[《ガガガガール》]]と「[[ガガガ]]」と名のついた[[モンスター]]のみを素材として[[エクシーズ召喚]]した場合、
[[《ガガガガール》]]の「以下の[[効果]]を得る。」[[効果]]は[[適用]]し、『●』の[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:[[《ガガガガール》]]の『●』の[[効果]]を[[発動]]するのは、[[エクシーズモンスター]]であり、[[エクシーズ素材]]となった[[《ガガガガール》]]ではありません。~
よって、《クリッター》の[[効果]]で[[《ガガガガール》]]を[[手札]]に加えた[[ターン]]でも、[[エクシーズモンスター]]は通常通り[[効果]]を[[発動]]します。(17/02/13)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《クリッター》,効果モンスター,モンスター,星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守600);