*《ゴヨウ・エンペラー/Goyo Emperor》 [#top]
 融合・効果モンスター
 星10/地属性/戦士族/攻3300/守2500
 戦士族・地属性のSモンスター×2
 (1):このカードまたは元々の持ち主が相手となる自分のモンスターが
 戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
 破壊したそのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
 (2):相手がモンスターを特殊召喚した時、
 自分フィールドの戦士族・地属性のSモンスター1体をリリースして発動できる。
 そのモンスターのコントロールを得る。
 (3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた時に発動する。
 自分フィールドの全てのモンスターのコントロールは、元々の持ち主に戻る。

 [[ブレイカーズ・オブ・シャドウ]]で登場した[[地属性]]・[[戦士族]]の[[融合モンスター]]。~
 自身または[[コントロール奪取]]した[[モンスター]]で[[戦闘破壊]]した[[モンスター]]を[[自分]][[フィールド]]に[[蘇生]]する[[誘発効果]]、[[相手]][[モンスター]]が[[特殊召喚に成功した]]時に特定の[[モンスター]]を[[リリース]]して[[コントロール奪取]]する[[誘発効果]]、自身が[[フィールド]]を離れた時に奪った[[コントロール]]を元に戻す[[誘発効果]]を持つ。~

 [[地属性]]・[[戦士族]]の[[シンクロモンスター]]は個々の[[シナジー]]には乏しく、[[融合召喚]]は難しい部類に入る。~
// [[《ゴヨウ・ディフェンダー》]]は[[リクルート]]能力を持つものの、[[発動条件]]の都合上、戦線を整えにくい面もある。~
 [[【X−セイバー】]]ならば、[[《ガトムズの緊急指令》]]1枚からこの[[カード]]まで繋げられる上に(2)の[[コスト]]までも確保できる。~

 [[カード]]消費を考えれば、基本的には[[融合素材]]となる[[モンスター]]で攻め立て、[[除去]]されるなどして[[墓地へ送られた]]ら、[[墓地融合]]で出すのが理想的である。~
 [[シンクロモンスター]]を[[融合素材]]とする[[融合モンスター]]であるため、[[《ミラクルシンクロフュージョン》]]で[[融合召喚]]でき、[[手札]]消費も最も少ない。~
 同じ[[融合素材]]で[[《ナチュル・ガイアストライオ》]]も[[融合召喚]]できるので、[[デッキ]]や局面によって使い分けるといい。~

 あるいは[[融合召喚]]ではなく、[[《幻想召喚師》]]や[[《デビル・フランケン》]]、[[《真竜機兵ダースメタトロン》]]等で[[特殊召喚]]する手段も考えられる。~
 [[《ジャンク・シンクロン》]]と[[《シンクロ・フュージョニスト》]]で[[融合]]・[[フュージョン]]を[[サーチ]]しつつ、[[《ゴヨウ・チェイサー》]]などに繋ぐ手もある。~

 (1)は、自身および[[コントロール奪取]]した[[モンスター]]で[[コントロール奪取]]を行う[[効果]]。~
 この[[カード]]で[[相手]][[モンスター]]を奪い、奪った[[モンスター]]でさらに[[戦闘破壊]]を行えば[[相手]][[フィールド]]の全ての[[モンスター]]の[[コントロール奪取]]が可能。~
 「元々の[[持ち主]]」が[[相手]]の[[モンスター]]であればよいので、他の[[コントロール奪取]]手段も併用することで[[攻撃力]]の高いものにも対応できる。~
 ただ、[[蘇生]]できないものや、[[墓地]]に送られない[[ペンデュラムモンスター]]には対応できないため、[[ペンデュラムモンスター]]が複数並んでいる場合は[[戦闘]]で状況をひっくり返すのは難しい。~
 また、[[メインモンスターゾーン]]の空きがない場合も[[コントロール奪取]]した[[モンスター]]を置くことができないため失敗する。~

 (2)は[[特殊召喚]]された[[モンスター]]を[[コントロール奪取]]する[[効果]]。~
 [[コントロール奪取]]する数に制限はないため、同時に複数の[[モンスター]]が[[特殊召喚]]されればその全てを[[コントロール奪取]]できる。~
 [[相手]]の[[特殊召喚]]を大きく牽制できるが、[[戦士族]]・[[地属性]]の[[シンクロモンスター]]を[[コスト]]として要求しているため、[[融合召喚]]を行った後では[[コスト]]が用意できない事も十分に考えられるだろう。~
// [[《ゴヨウ・ディフェンダー》]]を連続[[リクルート]]で3体並べれば、[[融合素材]]に2体を使っても1回分の[[コスト]]は用意できる。~
 基本的にはこちらはあくまでオマケと考え、[[発動]]できればラッキー程度とするのが良い。~

 (3)の[[効果]]は[[デメリット]]であり、この[[カードの効果]]で奪った[[モンスター]]だけでなく他の手段で[[コントロール奪取]]した[[モンスター]]も[[相手]]に返してしまう。~
 いくら[[モンスター]]を奪ってもこの[[カード]]1枚を[[除去]]されるだけで戦況を逆転されかねないため、この[[カード]]を守る手段や[[デメリット]]を回避する手段を用意しておき、できる限り[[発動]]を避けたい。~
 [[発動条件]]は「[[表側表示]]のこの[[カード]]が[[フィールド]]から離れた時」なので、[[ランク]]10の[[エクシーズ素材]]にすれば[[デメリット]]を回避できる。~
 [[《月の書》]]や[[《皆既日蝕の書》]]などの、他の[[ゴヨウ]][[モンスター]]をサポートできる[[カード]]を投入して回避するのも良いだろう。~
 また、[[《星態龍》]]の[[シンクロ素材]]にすれば、あちらの[[効果]]により[[発動]]そのものを封じられるため(3)の[[効果]]が[[発動]]しなくなる。~
 この[[カード]]を活用する[[デッキ]]であれば奪った[[モンスター]]を[[シンクロ素材]]にすることは容易であり、状況次第では速やかに素材にしてしまうプレイングも考慮したい。~

 総じて爆発力は非常に大きいものの、(3)の[[デメリット]][[効果]]により、ハイリスク・ハイリターンな[[カード]]と言える。~
 基本的には[[《ナチュル・ガイアストライオ》]]の[[融合召喚]]を優先し、[[コントロール奪取]]した[[モンスター]]と共に[[フィニッシャー]]として使用する、奪った[[モンスター]]を各種素材に使用する等、この[[カード]]ならではの活躍ができる場面で[[融合召喚]]していきたい。~

-この[[カード]]の[[融合素材]]及び(2)の[[効果]]の[[コスト]]にできる[[モンスター]]は[[ゴヨウ>ゴヨウ#list]]を参照。~

-モチーフは、清朝最後の皇帝でありラストエンペラーとして知られる「溥儀」と考えられる。~
幼げな容姿の[[イラスト]]は、彼がわずか2歳10ヶ月で皇帝に即位したことが由来なのだろう。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメARC-Vの「遊矢vsデュエルチェイサー227」戦でデュエルチェイサー227が使用。~
対戦前夜にロジェからデュエルチェイサー227に送られた封書の中に、手紙と共に入っていた。~
[[《融合》]]の[[効果]]で、[[《ゴヨウ・チェイサー》]]と[[《ゴヨウ・プレデター》]]を[[融合素材]]として[[融合召喚]]される。~
[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]を[[攻撃]]し、[[破壊]]を[[無効]]につつ[[コントロール奪取]]した。~
さらに、[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]で[[《EMホタルクス》]]を[[攻撃]]した際にも同じ[[効果]]で[[コントロール奪取]]した。~
だが、次の[[ターン]]に[[《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》]]の[[効果]]で[[破壊]]され、[[コントロール]]を奪い返された。~
さらに、デュエルチェイサー227に与えられた[[カード]]とは別に作られたのか、それ以降他のセキュリティ隊員が使用する描写も見られる。~

--[[融合召喚]]時の口上は「[[飽くなき追跡者>《ゴヨウ・チェイサー》]]の魂と[[誇り高き捕食者>《ゴヨウ・プレデター》]]の魂が、今1つとなりて昇華する![[融合召喚]]!出でよ、荘厳なる捕獲者の血統を受け継ぎし者!《ゴヨウ・エンペラー》!」。~

--[[攻撃]]の際には口から炎を吹き放つという、外見からは想像できない[[攻撃]]方法だった。~

--アニメでは[[ウルトラレア>Ultra]]であり、(1)の[[効果]]は、[[破壊]]して[[墓地へ送った>墓地へ送る]]時に[[蘇生]]するのではなく、[[破壊]]を[[無効]]にして[[コントロール奪取]]する[[効果]]だった。~
そのため、[[墓地]]へ送られない[[ペンデュラムモンスター]]も奪うことができた。~
また、自身以外の[[モンスター]]でも[[コントロール奪取]]ができることについては「《ゴヨウ・エンペラー》に[[捕らわれた>コントロール奪取]][[モンスター]]は同じ[[効果]]を使える」と表現されていた。~
//(2)の[[効果]]は[[テキスト]]が確認できないため存在したかは不明である。~
//(2)の[[効果]]は、アニメ版[[《ゴヨウ・キング》]]が所持していたものの[[OCG]]で削除された[[効果]]と類似している。~

--[[融合モンスター]]であるこの[[カード]]をシンクロ次元のデュエリストが使用したことから、零児はシンクロ次元に融合次元の人間が紛れ込んでいると推察している。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[ゴヨウ]]

-この[[カード]]の[[融合素材]]及び(2)の[[効果]]の[[コスト]]にできる[[モンスター]]は[[ゴヨウ>ゴヨウ#list]]を参照。~
//本文中だと埋もれて見にくいからこちらにすべき

-[[戦闘破壊したモンスターのコントロールを得るモンスター>《ジャッカルの霊騎士》#card]]~

//―《ゴヨウ・エンペラー》の姿が見られる[[カード]]

//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ブレイカーズ・オブ・シャドウ]] BOSH-JP044 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#faq]
***(3)の効果について [#faq1]
Q:[[《グレイドル・アリゲーター》]]が装備され[[相手]]に[[コントロールを奪われている>コントロール奪取]][[モンスター]]が存在します。~
  [[相手]]のこの[[カード]]の(3)の[[効果]]が[[発動]]した場合、その[[モンスター]]の[[コントロール]]はどうなりますか?~
A:(3)の[[効果]]が[[適用]]された場合、[[モンスター]]の[[コントロール]]は元々の[[持ち主]]に戻ります。~
  その後、[[《グレイドル・アリゲーター》]]の[[効果]]であらためて[[コントロール]]が移ります。(17/05/11)
//この日付による裁定。編集していなかった分

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《ゴヨウ・エンペラー》,モンスター,融合モンスター,効果モンスター,星10/地属性/戦士族/攻3300/守2500);