*《サイバー・バリア・ドラゴン/Cyber Barrier Dragon》 [#top]
 効果モンスター
 星6/光属性/機械族/攻 800/守2800
 このカードは通常召喚できない。
 このカードは「アタック・リフレクター・ユニット」の
 効果でのみ特殊召喚する事ができる。
 このカードが攻撃表示の場合、
 1ターンに1度だけ相手モンスター1体の攻撃を無効にする。

 [[SHADOW OF INFINITY]]で登場した[[光属性]]・[[機械族]]の[[特殊召喚モンスター]]。~
 [[1ターンに1度]]、[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃]]を[[無効]]にする[[永続効果]]を持つ。~

 [[《アタック・リフレクター・ユニット》]]によって変形した[[《サイバー・ドラゴン》]]派生[[モンスター]]の一体。~
 変形に必要な[[《アタック・リフレクター・ユニット》]]は[[サーチ]]手段がないため、安定して[[特殊召喚]]を行うのは難しい。~

 [[攻撃力]]が貧弱であり[[効果]]も[[攻撃]]を防ぐだけであり、[[壁]]以上の働きは期待できない[[カード]]である。~
 [[攻撃表示]]にすることで[[1ターンに1度]]だけ[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃]]を[[無効]]にできるが、[[攻撃力]]800では[[下級モンスター]]を複数体を並べられただけでも簡単に突破されてしまう。~
 [[守備力]]は[[最上級モンスター]]の基準値を止められる数値であるため、[[壁]]とするなら[[守備表示]]で[[特殊召喚]]すべきである。~

 [[《反転世界》]]を使えば、[[相手]][[ターン]]で[[モンスター]]を返り討ちにする程度の役割は期待できる。~
 [[攻撃力]]が800に戻る事もないため、返しの[[ターン]]以降は[[攻撃力]]2800の[[アタッカー]]となる。~
 しかし、[[【サイバー・ドラゴン】]]では基本的に大型[[アタッカー]]には不自由せず、これらは[[手札事故]]の可能性を上げるだけにしかならないのが現状である。~
 この[[カード]]と同じく[[《反転世界》]]の[[メリット]]を共有できる[[《機動砦のギア・ゴーレム》]]等と専用[[デッキ]]を組むのも良いだろう。~

-[[《ボーン・フロム・ドラコニス》]]で[[特殊召喚]]が可能。~
[[戦闘]][[耐性]]は付かないので、その[[効果]]も活かしやすい。

-[[効果]]は[[誘発即時効果]]ではなく[[永続効果]]。~
その[[ターン]]の最初の[[攻撃]]を[[無効]]化するだけであり、どれを[[無効]]化するかは選べない。~

-[[《アタック・リフレクター・ユニット》]]が[[罠カード]]のため、[[《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》]]は[[コスト]]にはやや使いにくい。~

-[[サイバー・ドラゴン]]の派生[[モンスター]]で唯一、[[《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》]]の正規[[エクシーズ素材]]に使用できる。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXの「丸藤亮vsカミューラ」戦で亮が使用。~
分離した[[《サイバー・ドラゴン》]]の隙を衝いた[[《ヴァンパイアジェネシス》]]の[[攻撃]]を防ぎ、反撃へとつないだ。~
「vs犬飼」戦では、犬飼の[[《手札抹殺》]]によって[[ドロー]]されたが、[[罠カード]]《酸のラスト・マシン・ウィルス》の[[効果]]で[[墓地]]に送られ、[[ダメージ]]を受けた。~
最終的に[[《オーバーロード・フュージョン》]]によって[[墓地]]から[[除外]]された。~
「vsマスター鮫島」戦では、[[《サイバー・エスパー》]]の[[攻撃]]を防ぎ、その後[[《無情の抹殺》]]の[[コスト]]として[[墓地へ送られた]]。~
「vsヨハン([[ユベル>《ユベル》]])」戦でも、[[《サイバー・ドラゴン》]]が[[攻撃力]]のアップした《&ruby(アドバンスド){A};宝玉獣 サファイア・ペガサス》の[[攻撃]]を受けたとき、[[《アタック・リフレクター・ユニット》]]を[[発動]]し、[[特殊召喚]]した。~
その高い[[守備力]]で[[攻撃]]を防ぎ、《&ruby(アドバンスド){A};宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を[[戦闘破壊]]した。~
その後、[[《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》]]の[[攻撃]]を[[効果]]により防ごうとした。~
その後、[[《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》]]の[[攻撃]]を[[効果]]により防ごうとしたが、[[《アドバンスド・ダーク》]]によって[[無効]]にされ、そのまま[[戦闘破壊]]された。~
[[攻撃]]名は「エヴォリューション・バリア・ショット」。~

--アニメでの[[レアリティ]]は[[ノーマル>Normal]]であった。~
また、[[テキスト]]は[[特殊召喚]]制限がない事が確認できるため、[[弱体化]]している。~
[[イラスト]]は、[[OCG]]と比較すると小さく描かれている。~

**関連カード [#card]
-[[《アタック・リフレクター・ユニット》]]

-[[《サイバー・ドラゴン》]]

-[[《サイバー・レーザー・ドラゴン》]]

-[[《くず鉄のかかし》]]

―《サイバー・バリア・ドラゴン》の姿が見られる[[カード]]
-[[《サイバー・ネットワーク》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[SHADOW OF INFINITY]] SOI-JP006 &size(10){[[Super]],[[Ultimate]]};
-[[デュエリストパック−ヘルカイザー編−]] DP04-JP002 &size(10){[[Rare]]};
-[[EXPERT EDITION Volume.4]] EE04-JP126 &size(10){[[Rare]]};

//**FAQ [#faq] 
//Q:~
//A:
----
&tag(《サイバー・バリア・ドラゴン》,特殊召喚モンスター,効果モンスター,モンスター,星6/光属性/機械族/攻800/守2800,正規の方法以外での特殊召喚不可,);