*《サイバー・ファロス》 [#top]
 効果モンスター
 星1/光属性/機械族/攻   0/守2100
 このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードは自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
 (2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
 自分の手札・フィールドから、機械族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
 (3):自分の融合モンスターが戦闘で破壊された時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
 デッキから「パワー・ボンド」1枚を手札に加える。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−]]で登場した[[光属性]]・[[機械族]]の[[下級モンスター]]。~
 自身を[[手札]]から[[特殊召喚]]できる[[召喚ルール効果]]、[[融合召喚]]を行える[[起動効果]]、[[墓地]]の自身を[[除外]]して[[《パワー・ボンド》]]を[[サーチ]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 (1)は[[機械族]]を[[リリース]]して自身を[[特殊召喚]]する[[効果]]。~
 この[[カード]]自身は[[下級モンスター]]のため[[特殊召喚]]手段は多く、他の[[効果]]の[[発動]]や、[[デメリット]]等の踏み倒しを目的として[[リリース]]することになる。~
 [[《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》]]を[[リリース]]すれば[[《サイバー・ドラゴン》]]を[[サーチ]]または[[サルベージ]]できるため[[ディスアドバンテージ]]を抑えられ、[[融合素材]]を揃えやすくなる。~

 (2)は[[機械族]]の[[融合召喚]]を行う[[効果]]。~
 自身を[[融合素材]]にできる組み合わせは多いとは言えないが、自身を含まずとも[[機械族]]全般に活用はできる。~
 自身を含まない場合、[[攻撃力]]0が棒立ちとなるのを回避するために、(1)で[[表側守備表示]]で出す等工夫したい。~

 (3)は[[《パワー・ボンド》]]の[[サーチ]][[効果]]。~
 [[発動]]には[[自分]]の[[融合モンスター]]が[[戦闘破壊]]され、この[[カード]]が[[墓地]]に存在する必要がある。~
 基本的に(2)の[[効果]]で自身を[[融合素材]]として[[融合モンスター]]を[[特殊召喚]]し、[[戦闘破壊]]されるのを待つ必要がある。~
 [[自爆特攻]]であれば能動的に[[発動]]を狙え、特に[[《重装機甲 パンツァードラゴン》]]であれば1枚の[[除去]]もできる。~
 他にも[[《キメラテック・ランページ・ドラゴン》]]であれば、この[[カード]]を[[デッキ]]から[[墓地へ送って>墓地へ送る]]準備を整える事ができる。~
 この時[[《超電磁タートル》]]も一緒に[[墓地へ送れ>墓地へ送る]]ば、[[戦闘破壊]]でこちらの[[効果]]を使った後の追撃をかわす事ができる。~
 また[[融合モンスター]]全般が条件の対象なので、意外と適用の幅は広い。~
 少ない素材数で[[特殊召喚]]した[[《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》]]や、[[《簡易融合》]]で出した[[融合モンスター]]を[[蘇生]]した場合などで[[発動]]する機会もあるかもしれない。~

 しかし、[[自爆特攻]]すると[[メインフェイズ]]2にしか[[《パワー・ボンド》]]を使えず、次の[[ターン]]まで待つ必要がある。~
 また、[[墓地]]のこの[[カード]]が存在する状況は[[相手]]には筒抜けであり、何の備えもなしに[[融合モンスター]]を[[戦闘破壊]]する可能性は低い。~
 なので[[《パワー・ボンド》]]を採用する[[デッキ]]でも、(3)の[[効果]]はオマケとして見た方が良いか。~

 [[守備力]]2100なので[[《サイバー・ドラゴン・ネクステア》]]の[[効果]]で[[蘇生]]できる。~
 [[融合召喚]]や[[《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》]]の[[リンク召喚]]につながることから併用するのも良いだろう。~

-灯台のような形をした[[イラスト]]を見るに、[[カード名]]の「ファロス」とはラテン語で「灯台」を意味する「Pharos」の事だろう。~
ファロス島にあった「アレクサンドリアの大灯台」に由来する。~
なお、[[サイバー・ドラゴン]]関連のカードでは度々ドイツ語が使用されるが、ドイツ語で灯台を指す単語は「Leuchtturm」となっており、ファロスとは関係ない単語になっている。~
--ちなみに、[[《サイバー・ドラゴン》]]の使い手である亮はアニメGXにおいて灯台と関わりがあり、それがこの[[カード]]のモチーフとなっている可能性がある。~
詳しくは[[《Token》(Zane Truesdale)]]を参照。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《パワー・ボンド》]]

//―《サイバー・ファロス》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

***この[[カード]]を[[融合素材]]に[[融合召喚]]できる[[機械族]][[融合モンスター]] [#list]
―[[光属性]]指定
-[[《召喚獣メルカバー》]](+[[《召喚師アレイスター》]])

―[[機械族]]指定
-[[《キメラテック・オーバー・ドラゴン》]](+[[《サイバー・ドラゴン》]]+[[機械族]]0体以上)~
-[[《重爆撃禽 ボム・フェネクス》]](+[[炎族]])
-[[《起爆獣ヴァルカノン》]](+[[炎族]])
-[[《サイバー・エタニティ・ドラゴン》]](+[[サイバー・ドラゴン]]+[[機械族]]1体)
-[[《重装機甲 パンツァードラゴン》]](+[[ドラゴン族]])
-[[《ペアサイクロイド》]]([[機械族]]の[[同名カード]]×2)

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−]] DP20-JP013 &size(10){[[Rare]]};


//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《サイバー・ファロス》,モンスター,効果モンスター,星1/光属性/機械族/攻0/守2100);