*《サイバース・クアンタム・ドラゴン》 [#top]
 シンクロ・効果モンスター
 星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
 チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
 (1):自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、
 相手はこのカード以外の自分フィールドのモンスターを、
 攻撃対象にできず、効果の対象にできない。
 (2):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
 その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。
 この効果を発動した場合、このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[SAVAGE STRIKE]]で登場した[[闇属性]]・[[サイバース族]]の[[シンクロモンスター]]。~
 [[リンクモンスター]]が存在する限り、他の[[モンスター]]を守る[[効果]]、[[戦闘]]を行う[[相手]][[モンスター]]を[[バウンス]]しもう1度[[攻撃]]可能にする[[効果]]を持つ。~

 (1)は他の[[モンスター]]を[[攻撃対象]]、[[効果の対象]]にできなくする[[効果]]。~
 [[《サイバース・クロック・ドラゴン》]]などと同様のもので、[[リンクモンスター]]が[[自分]][[フィールド]]に存在する条件を満たすこと自体は難しくはない。~
 しかし、[[耐性]]のないこの[[カード]]を[[対象]]とすることはできるので、先に[[除去]]される可能性が高い。~
 [[《ハニーボット》]]等で相互に[[耐性]]を与え、強固な盤面を作っておきたい。~
 ただし、この[[カード]]の場合、(2)の[[効果]]で[[攻撃対象]]となることを牽制はできる。~

 (2)は[[相手]][[モンスター]]を[[バウンス]]し、再[[攻撃]]可能にする[[効果]]。~
 [[自分]]の[[ターン]]に[[バウンス]]して[[攻撃]]するなら同[[レベル]]の[[シンクロモンスター]]である[[《月華竜 ブラック・ローズ》]]という選択肢がある。~
 しかしこちらは[[《N・グラン・モール》]]のように「[[対象]]を取らない[[バウンス]]」という点で勝る。~
 [[相手]][[ターン]]で[[攻撃対象]]になった場合にも使えるため、(1)の[[効果]]を合わせて他の[[モンスター]]を守ることも考えたい。~


-[[シンクロ素材]]に[[縛り]]はないが、[[【サイバース族】]]で[[シンクロ召喚]]を狙うならば[[《サイバース・インテグレーター》]]を経由して[[アドバンテージ]]を稼ぎたい。~
>
+[[《サイバース・シンクロン》]]+[[レベル]]1〜2の[[モンスター]]で[[《サイバース・インテグレーター》]]を[[シンクロ召喚]]
+[[《サイバース・インテグレーター》]]の[[効果]]で[[《サイバース・シンクロン》]]を[[蘇生]]
+[[レベル]]6になった[[《サイバース・インテグレーター》]]+[[《サイバース・シンクロン》]]で《サイバース・クアンタム・ドラゴン》を[[シンクロ召喚]]
+[[《サイバース・インテグレーター》]]の[[効果]]で1枚[[ドロー]]


-同パックで登場した[[《サイバース・インテグレーター》]]共々、初の[[サイバース族]][[シンクロモンスター]]である。~
//見た目と名前から勘違いしやすいが[[ドラゴン族]]ではないので、[[《デブリ・ドラゴン》]]を素材に[[シンクロ召喚]]できず、[[《アルティマヤ・ツィオルキン》]]の[[効果]]での[[特殊召喚]]もできない。~
//ドラゴン族じゃない「ドラゴン」なんてこのカード以外にもアホほどいるので……

-「クアンタム(Quantum:クァンタム、クオンタムとも)」は、「量子」を意味する。~
学問の一つ「量子論」などにおける物理量の最小単位であり、光のように粒子と波動両方の性質を持つ。~
[[サイバース族]]であることを考えると、「量子コンピュータ」もモチーフだろう。~

-[[《サイバース・クロック・ドラゴン》]]とは[[対象]]制限[[効果]]や[[ステータス]]が一致している他、[[カード名]]もよく似ている。~
また、[[イラスト]]においても目の数や胸部のクリスタル等の位置があちらと一致しており、あちらを意識してデザインされた[[モンスター]]である事がうかがえる。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSにて遊作/Playmakerが使用する[[シンクロモンスター]]。~
初登場は「遊作/Playmaker vsボーマン」(3戦目)であり、Playmakerのスキル「Neo Storm Access」により[[エクストラデッキ]]に加わった。~
[[《サイバース・シンクロン》]]と[[レベル]]6になった[[《バックアップ・セクレタリー》]]を[[シンクロ素材]]に[[シンクロ召喚]]される。~
ボーマンの《アローザル・ハイドライブ・モナーク》を(2)の[[効果]]で[[バウンス]]し、そのまま[[直接攻撃]]を仕掛けた。~
しかし、ボーマンの[[墓地]]の[[速攻魔法]]《ハイドライブ・スカバード》により、半分になった[[戦闘ダメージ]]を[[お互い]]に受ける形となって[[引き分け]]に終わった。~
//スカバードのテキスト:https://ms.yugipedia.com//a/a2/HydradriveScabbard-JP-Anime-VR.png
[[攻撃]]名は「クアンタムエンクリプション」、(2)の[[効果]]名は「ドライブバックショット」。~
ちなみに、AiがPlaymakerより先に「食らえ!タムタムドッカン!」と[[攻撃]]名らしき台詞を発言しているが、言い終わる前に上記の[[攻撃]]名が述べられた。~
//字幕より

--[[シンクロ召喚]]時の口上は「紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる。シンクロ召喚!降臨せよ!《サイバース・クアンタム・ドラゴン》!」~

---口上にある「紫電一閃」・「飛竜乗雲」とはそれぞれ「事態の急激な変化」・「流れに乗って才能を発揮する」という意味。~

--他の《サイバース・○○》と違い、入手方法が明確に描写されている。~
また、「Neo Storm Access」でこの[[カード]]を入手した際、データストームの規模が大きく小さくなる演出がなされている。~

--[[攻撃]]名の「エンクリプション(encryption)」とは暗号化を意味する。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
―(1)の[[効果]]と同じ[[効果]]を持つ[[サイバース族]][[モンスター]]~
-[[《サイバース・マジシャン》]]
-[[《サイバース・クロック・ドラゴン》]]

―(2)の類似[[効果]]
-[[《N・グラン・モール》]]

//―《サイバース・クアンタム・ドラゴン》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[SAVAGE STRIKE]] SAST-JP038 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]],[[Secret]],[[20th Secret>Secret]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《サイバース・クアンタム・ドラゴン》,シンクロモンスター,効果モンスター,モンスター,星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000,);