*《サベージ・コロシアム/Savage Colosseum》[#top]
 フィールド魔法
 フィールド上に存在するモンスターが攻撃を行った場合、
 そのモンスターのコントローラーはダメージステップ終了時に300ライフポイント回復する。
 このカードがフィールド上に存在する限り、
 攻撃可能なモンスターは攻撃しなければならない。
 エンドフェイズ時、ターンプレイヤーのフィールド上に
 表側攻撃表示で存在する攻撃宣言をしていないモンスターを全て破壊する。

 [[STARDUST OVERDRIVE]]で登場した[[フィールド魔法]]。~
 [[ライフ回復]]・[[攻撃]]強要・[[モンスター]][[破壊]]の3つの[[効果]]を持つ。~

 複数の[[効果]]を持つものの、いずれも通常の[[デッキ]]に与える影響は小さい。~
 [[ダメージステップ終了時]]の[[ライフ回復]][[効果]]の量も微弱である。~
 [[攻撃]]を強要する[[効果]]と[[攻撃宣言]]を行っていない[[モンスター]]を[[自壊]]させる[[効果]]は、どちらも[[守備表示]]で凌げる。~
 後半2つの[[効果]]を積極的に活用できる工夫をしたい。~

 これらの[[効果]]を活かせるものとして[[攻撃宣言]]を封じたり、[[モンスター]]の[[表示形式]]を変更する[[効果]]を持つ[[カード]]が挙げられる。~
 前者は[[《威嚇する咆哮》]]等が当てはまり、うまく不意をつければ[[全体除去]]にまで発展する。~
 持続的に封じる[[《ビッグホーン・マンモス》]]も良いが、[[攻撃表示]]を強要できなければジリ貧になりやすい。~
 後者は[[《軍神ガープ》]]等が当てはまり、低[[攻撃力]][[モンスター]]の生存は難しくなる。~
 両者の併用による高い[[ロック]]を掛けられるが、[[永続カード]]ばかりに頼るのも安定性に欠けるため、使い切りのものを要所で使うスタイルも悪くはない。~

 [[【ユベル】]]では、[[攻撃]]を強要することで、能動的に[[《ユベル》]]の[[効果]]を[[発動]]することができる。~
 ただし、[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]自身も[[攻撃]]しなければならないので、[[攻撃]]反応型の[[罠カード]]には注意が必要。~
 [[《ユベル》]]を[[相手]]の[[攻撃]]時に[[蘇生]]させれば、[[巻き戻し]]で[[攻撃]]を回避できないため[[反射ダメージ]]を与えやすくなる。~
 また、[[バトルフェイズ]]終了後に[[《ユベル》]]を[[特殊召喚]]すれば、能動的に[[《ユベル−Das Abscheulich Ritter》]]へと進化させることもできる。~

-基本的に「[[攻撃]]するか、せずに[[破壊]]されるか」の2択''ではない''ことに注意。~
[[攻撃]]できる状況では[[バトルフェイズ]]に移行して絶対に[[攻撃]]しなければならず、[[守備表示]]ならば[[破壊]]されない。~

-[[ライフゲイン]][[効果]]と[[破壊]][[効果]]はそれぞれ異なる[[発動]]条件を持つ。~
--[[ライフゲイン]][[効果]]は「[[攻撃]]を行った」かどうかを参照する。~
[[バトルステップ]]中に[[攻撃]]を[[無効]]化されるなどして[[ダメージステップ]]に入らなかった場合、[[ライフゲイン]]は発生しない。~
--[[破壊]][[効果]]は「[[攻撃宣言]]した」かどうかを参照する。~
//[[攻撃宣言]]後、「[[攻撃]]を[[無効]]にする」[[効果]]を受けた場合「[[攻撃宣言]]しなかった」扱いとなり[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]される。~
//一方、
[[攻撃宣言]]後、「[[攻撃]]を[[無効]]にする」[[効果]]を受けた場合「[[攻撃宣言]]をした」扱いとなり[[エンドフェイズ]]に破壊されない。~
[[攻撃宣言]]後に何らかの状況が発生し[[攻撃]]を続けられなかった場合でも「[[攻撃宣言]]をした」扱いとなり[[エンドフェイズ]]に破壊されない。~
//一方、[[攻撃宣言]]後に何らかの状況が発生し[[攻撃]]を続けられなかった場合は「[[攻撃宣言]]をした」扱いとなり[[エンドフェイズ]]に破壊されない。~
[[攻撃宣言]]後に「[[攻撃]]を[[無効]]にする」[[効果]]を受けた場合や、何らかの状況が発生し[[攻撃]]を続けられなかった場合でも「[[攻撃宣言]]をした」扱いとなり[[エンドフェイズ]]に破壊されない。~
--[[セット]]された[[《瞬着ボマー》]]を[[攻撃]]した場合、[[ダメージ計算]]は行われないが[[ダメージステップ]]に[[ライフ回復]]は発生し、且つ[[攻撃宣言]]は行っているので[[エンドフェイズ]]に[[破壊されない]]、という事になる。~

//-この[[カード]]の影響下で[[モンスター]]を[[戦闘破壊]]する一斉[[攻撃]]を狙った場合、[[《オネスト》]]等で[[カウンター]]されるとそのまま全滅する恐れがある。~

-「サベージ(Savage)」とは「獰猛な、凶暴な、残酷な」を意味する形容詞である。~
「コロシアム(Colosseum)」については[[《剣闘獣の檻−コロッセウム》]]を参照。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sの「アキvsミスティ」(1戦目)においてミスティが使用。~
[[《フィールドバリア》]]と併用して[[発動]]される。~
[[《レプティレス・ゴルゴーン》]]の[[効果]]により[[攻撃力]]0となった[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]を[[自爆特攻]]させ、返り討ちにする戦術をとった。~

--アニメでは[[レアリティ]]が[[Normal]]で、以下の[[効果]]だった。~
 自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する全てのモンスターは、
 相手フィールド上の全てのモンスターに攻撃しなければならない。
 その時自分は、攻撃した回数×300ライフポイント回復する。
 攻撃する事ができなかった場合、そのモンスターは
 このターンのエンドフェイズ時に破壊される。

--アニメARC-Vの3話のフィールドを選ぶシーンで「アクションデュエル」の共通[[効果]]が追加された[[フィールド魔法]]の1枚として登場している。~
[[テキスト]]は読み取れないが、[[レアリティ]]は[[OCG]]準拠の[[Rare]]になっている。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《怒れる類人猿》]]
-[[《召喚制限−猛突するモンスター》]]
-[[《バトルマニア》]]
-[[《竜星の極み》]] 

-[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]

//―[[イラスト]]関連

//―《サベージ・コロシアム》の姿が見られる[[カード]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[STARDUST OVERDRIVE]] SOVR-JP047 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[回復]]および[[破壊]]は[[チェーンブロック]]を作りますか?~
A:はい、どちらも[[チェーンブロック]]が作られます。(09/09/17)

Q:[[回復]]する[[効果解決時]]は[[攻撃]]を行った[[モンスター]]が[[フィールド]]上に存在しなくなった場合、[[回復]]する[[効果]]は[[適用]]されますか?~
A:いいえ、[[適用]]されません。(10/09/26)

//Q:[[攻撃宣言]]を行った[[モンスター]]が[[《魔法の筒》]]等の[[効果]]で[[攻撃]]が[[無効]]にされた場合、[[エンドフェイズ]]時にその[[モンスター]]は[[破壊]]されますか?~
//A:はい、その場合でも[[破壊]]されます。(09/08/09)

Q:[[エンドフェイズ]]に[[破壊]][[効果]]を適用後、[[《リミット・リバース》]]を[[発動]]し[[《ユベル》]]を[[特殊召喚]]しました。~
 [[攻撃宣言]]をしていない[[攻撃表示]][[モンスター]]が存在するので、再度[[破壊]][[効果]]を適用しますか?~
A:いいえ、[[破壊]][[効果]]は[[1ターンに1度]]しか適用されません。(09/08/24)

Q:複数回[[攻撃]]可能な[[モンスター]]は、可能な回数分[[攻撃]]しなければなりませんか?~
A:可能な回数分[[攻撃]]しなければなりません。(16/02/01)
//A:[[調整中]](15/06/14)
//メーラーの不具合で日付にズレがありますが、この日付での裁定です。

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《サベージ・コロシアム》,魔法,フィールド魔法,);