*《スキルドレイン/Skill Drain》 [#top]
 永続罠
 1000LPを払ってこのカードを発動できる。
 (1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
 フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。

 [[ガーディアンの力]]で登場した[[永続罠]]。~
 [[フィールド]]上の[[効果モンスター]]の[[効果]]を[[無効]]化する[[効果]]を持つ。~
 [[フィールド]]の[[効果モンスター]]の[[効果]]を[[無効]]化する[[効果]]を持つ。~

 [[発動]]時に1000ポイントの[[ライフコスト]]がかかるものの、[[モンスター効果]]を[[無効]]する[[メタ]]と[[コンボ]]両面に使える[[効果]]を有している。~
 [[罠カード]]であるため、[[効果モンスター]]の[[モンスター効果の発動]]に[[チェーン]]して[[発動]]し[[無効]]化できるという長所があり、[[カウンター罠]]のような使い方ができる。~
 一方[[罠カード]]ゆえに[[ドロー]]してすぐに[[発動]]できず、速攻性に欠けるという短所もある。~

 この[[罠カード]]の影響力は広く、[[フィールド]]上に存在するあらゆる[[モンスター]]の[[起動効果]]・[[誘発効果]]・[[永続効果]]・[[誘発即時効果]]・[[ルール効果]]は[[無効]]となる。~
 この[[罠カード]]の影響力は広く、[[フィールド]]に存在するあらゆる[[モンスター]]の[[起動効果]]・[[誘発効果]]・[[永続効果]]・[[誘発即時効果]]・[[ルール効果]]は[[無効]]となる。~
 [[召喚]]前に[[発動]]しておけば、[[罠カード]]を[[無効]]にする[[《人造人間−サイコ・ショッカー》]]の[[モンスター効果]]さえも[[無効]]化することが可能になる。~
 さらに、[[《トラゴエディア》]]のような、「[[モンスター効果]]によって変動・決定される[[ステータス]]を持つ[[モンスター]]」は、その[[ステータス]]が0になるため完全に無力化する。~
 [[《ライトロード・マジシャン ライラ》]]等の[[魔法・罠カード]][[除去]][[効果]]も[[無効]]になるため、[[除去]]されにくい。~
 [[モンスター効果]]の重要性が極めて高い現在の遊戯王[[OCG]]において、この[[カード]]の影響力は強大である。

 ただし、[[無効]]にできるのは''[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在する[[モンスター]]''の[[効果]]のみである。~
 つまり、「[[墓地]]など[[フィールド]]以外の場所で[[発動]]した[[効果]]」および「[[フィールド]]で[[発動]]したが[[効果解決時]]に[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しない[[モンスター]]の[[効果]]」は問題なく処理される。~
 つまり、「[[墓地]]など[[フィールド]]以外の場所で[[発動]]した[[効果]]」および「[[フィールド]]で[[発動]]したが[[効果処理時]]に[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しない[[モンスター]]の[[効果]]」は問題なく処理される。~
 [[無効]]となる[[効果]]と[[無効]]にならない[[効果]]の差異については後述する。~

 [[自分]]・[[相手]]問わず[[効果]]が[[適用]]されるため、使用できる[[デッキ]]はかなり限られる。~
 上記の通り[[フィールド]]以外で[[発動]]した[[効果]]は[[無効]]にならないので、[[【竜星】]][[【暗黒界】]]などの[[墓地]]で[[発動]]する[[効果]]を主体とする[[デッキ]]には投入しやすい。~
 また、[[自分]]の[[モンスター]]の[[デメリット]]を[[無効]]にする[[コンボ]]を組むのも良い。~
 [[《神獣王バルバロス》]]などの[[妥協召喚]][[モンスター]]、[[デメリット]][[アタッカー]]の[[《電動刃虫》]]などが代表的。~
 ほとんどの[[モンスター]]が[[妥協召喚]]可能な[[クリフォート]]や、軽さの代償として多数の[[デメリット]][[効果]]を持つ[[Sin]]とは抜群の相性を誇る。~
 ただし、[[コアキメイル]]や[[チェスデーモン]]等の維持[[コスト]]は[[効果外テキスト]]([[モンスター効果]]ではない)として扱われ、[[無効]]にならない。~

-[[無効]]化[[効果]]について。~
[[無効]]化は[[チェーンブロック]]を作らず、この[[カード]]が[[表側表示]]で存在する限り[[適用]]され続ける。~
--この[[カード]]の[[効果解決時]]以降、[[表側表示]]の[[効果モンスター]]の[[永続効果]]・[[ルール効果]]は[[無効]]化され[[適用]]されなくなる。
--この[[カード]]の[[効果処理時]]以降、[[表側表示]]の[[効果モンスター]]の[[永続効果]]・[[ルール効果]]は[[無効]]化され[[適用]]されなくなる。
//---自身の[[誘発効果]]などにおける[[攻撃力]]変化もリセットされる。(下記FAQ参照)
--[[フィールド]]で[[発動]]した[[起動効果]]・[[誘発効果]]・[[誘発即時効果]]は、その[[効果解決時]]にその[[モンスター]]が[[フィールド]]上に[[表側表示]]で存在する場合に限り[[無効]]になる。~
--[[フィールド]]で[[発動]]した[[起動効果]]・[[誘発効果]]・[[誘発即時効果]]は、その[[効果処理時]]にその[[モンスター]]が[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在する場合に限り[[無効]]になる。~
---[[モンスター効果の発動]]を阻害することはない。

-以下は[[無効]]化されない[[効果]]の例。~
--[[フィールド]]以外([[手札]]・[[墓地]]・[[除外]]・[[デッキ]]・[[エクストラデッキ]])で[[発動]]した[[効果]]。~
---[[フィールド]]以外で[[発動]]した[[効果]]は、その[[効果解決時]]に[[フィールド]]にあっても[[無効]]化はされない。~
例:[[《バトルフェーダー》]]は自身を[[特殊召喚]]した後に[[フィールド]]上で[[バトルフェイズ]]を終了する処理を行うが、これらは[[手札]]で[[発動]]した[[効果]]から続く[[一連の効果]]であるため、《スキルドレイン》が存在しても[[無効]]にならず[[バトルフェイズ]]は終了する。~
---[[フィールド]]以外で[[発動]]した[[効果]]は、その[[効果処理時]]に[[フィールド]]にあっても[[無効]]化はされない。~
例:[[《バトルフェーダー》]]は自身を[[特殊召喚]]した後に[[フィールド]]で[[バトルフェイズ]]を終了する処理を行うが、これらは[[手札]]で[[発動]]した[[効果]]から続く[[一連の効果]]であるため、《スキルドレイン》が存在しても[[無効]]にならず[[バトルフェイズ]]は終了する。~

--[[フィールド]]で[[効果]]を[[発動]]しても、[[効果解決時]]にその[[モンスター]]が[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しない場合は[[無効]]にならない。
--[[フィールド]]で[[効果]]を[[発動]]しても、[[効果処理時]]にその[[モンスター]]が[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しない場合は[[無効]]にならない。
---その[[モンスター]]自身を[[コスト]]として[[フィールド]]から離して[[発動]]する効果は全て該当。~
[[《ならず者傭兵部隊》]]や[[《スターダスト・ドラゴン》]]等の「[[コスト]]として自身を[[リリース]]」することで[[発動]]する[[効果]]。~
[[コスト]]として自身を[[除外]]する[[《鰤っ子姫》]]、[[墓地へ送る]][[《黒竜の雛》]]、[[デッキ]]に[[戻す]][[剣闘獣]]、[[エクストラデッキ]]に戻す[[精霊獣騎>精霊獣]]の(2)の[[効果]]なども同様。
---[[効果]][[発動]]に[[チェーン]]して[[除去]][[カード]]や[[《月の書》]]を[[発動]]、[[効果解決時]]に[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しない場合。~
---[[効果]][[発動]]に[[チェーン]]して[[除去]][[カード]]や[[《月の書》]]を[[発動]]、[[効果処理時]]に[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しない場合。~
例:[[《氷帝メビウス》]]の[[効果]]に[[チェーン]]して[[《激流葬》]]を[[発動]]。~
まず[[チェーン]]2の[[《激流葬》]]で[[《氷帝メビウス》]]が[[破壊]]され、[[チェーン]]1の[[《氷帝メビウス》]]の[[効果解決時]]には[[《氷帝メビウス》]]が[[墓地]]に存在するため、[[《氷帝メビウス》]]の[[魔法・罠除去]]は[[無効]]にならず処理される。~
まず[[チェーン]]2の[[《激流葬》]]で[[《氷帝メビウス》]]が[[破壊]]され、[[チェーン]]1の[[《氷帝メビウス》]]の[[効果処理時]]には[[《氷帝メビウス》]]が[[墓地]]に存在するため、[[《氷帝メビウス》]]の[[魔法・罠除去]]は[[無効]]にならず処理される。~

--その他、[[フィールド]]外で発揮される[[効果]]~
---[[手札]]から自身を[[特殊召喚]]する[[《サイバー・ドラゴン》]]等の[[召喚ルール効果]]。~
---[[墓地]]でも[[適用]]され続ける[[《ハーピィ・ダンサー》]]等の[[ルール効果]]。~

--[[裏側表示]]で有効な[[効果]]
---[[裏側表示]]の[[ダブルコストモンスター]]の「2体分の[[リリース]]になる」[[ルール効果]]。([[表側表示]]の時は[[無効]]になる)~
---[[裏側表示]]状態の[[融合素材代用モンスター]]の「[[融合素材]]の代わりになる」[[ルール効果]]。([[表側表示]]の時は[[無効]]になる。)~
---[[《ビッグ・シールド・ガードナー》]]や[[《ミドル・シールド・ガードナー》]]の[[対象を取る>対象をとる(指定する)効果]][[魔法カード]]を[[無効]]にする[[効果]]。~

--[[効果外テキスト]]全般
//---[[《ハーピィ・レディ・SB》]]等の同名[[ルール効果]]。~
//---[[《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》]]の[[融合素材]][[モンスター]]として使用できない[[効果]]。([[表側表示]]・[[裏側表示]]関係なく)~
--その他
---[[通常モンスター]]として扱われる[[トークン]]の[[効果]]。~
---''[[適用]]済みの''[[《E・HERO プリズマー》]][[《N・ブラック・パンサー》]][[《ファントム・オブ・カオス》]]らの[[カード名]]変更[[起動効果]]。~
注1:先に《スキルドレイン》が[[適用]]されているのならば、[[無効]]にできる。~
注2:[[《プロト・サイバー・ドラゴン》]]などの[[カード]]名変更[[永続効果]]は、《スキルドレイン》より先に出そうが後に出そうが《スキルドレイン》で[[無効]]になる。
---[[《ボルト・ヘッジホッグ》]]の[[除外]]・[[《霞の谷の雷鳥》]]の[[攻撃]]できない[[効果]]。~
([[特殊召喚]][[効果]]の一部として考えられ、[[特殊召喚]]成功時には既に[[適用]]済みの状態となる)
---''[[適用]]済みの''[[効果]]に付随する誓約。~
(「[[バトルフェイズ]]を行えない」など)~

-この[[カード]]が存在しても、[[モンスター効果の発動]]自体ができなくなるわけではない。~
[[無効]]になるとわかった上で[[発動]]し、[[コストを払う]]事は可能。~
例えば、[[《カードガンナー》]]の[[デッキ]]から[[墓地]]に[[カード]]を送る行為は[[コスト]]である。~
[[効果]]を[[発動]]して[[コストを払う]]事はできるので、[[攻撃力]]は上がらないものの[[墓地を肥やす]]事が可能である。~

-[[THE GOLD BOX]]から「[[表側表示]]で存在する」という言葉が削られ[[《王宮のお触れ》]]等に似た[[テキスト]]になっている。~
ただし[[無効]]化する範囲は今までと同じである。(12/10/11)~

-広範囲の[[メタ]]能力から、[[環境]]にもしばしば顔を出している[[カード]]である。~
トップメタが[[フィールド]]上の[[モンスター効果]]を活用する[[デッキ]]であり、この[[カード]]の影響を受けにくくトップメタに対抗しうるカードパワーを持つ[[デッキ]]が存在する場合、この[[カード]]への注目が高まる傾向にある。~
トップメタが[[フィールド]]の[[モンスター効果]]を活用する[[デッキ]]であり、この[[カード]]の影響を受けにくくトップメタに対抗しうるカードパワーを持つ[[デッキ]]が存在する場合、この[[カード]]への注目が高まる傾向にある。~

--登場当初は[[効果モンスター]]への依存度は低く、[[デュエル]]における主力[[除去]]は[[魔法カード]]の時代だった。~
[[カオス]]や[[《魔導サイエンティスト》]]のような[[パワーカード]]も存在してはいたが、「[[モンスター効果]]を封じても[[除去]]され殴り勝たれては無意味」と見なされ、[[【スキルドレイン】]]の専用[[カード]]に近かった。~
第5期までの[[環境]]におけるこの[[カード]]の活躍は、[[【ネフロード】]]が[[【除去ガジェット】]][[メタ]]として搭載した程度である。~

--[[ライトロード]]等の[[効果モンスター]]や[[シンクロモンスター]]が登場した第6期以降は、この[[カード]]が投入された[[デッキ]]が入賞する例もしばしば見られるようになる。~
[[10/03/01>禁止・制限カード/2010年3月1日]]にて[[《王宮の弾圧》]]と共に[[準制限カード]]に指定される。~
だが後に[[禁止カード]]に上り詰めた[[《王宮の弾圧》]]とは違い、「とりあえず投入する」構築はとりにくく、ある程度[[シナジー]]が見込める[[デッキ]]でなければ採用されることはなかった。~
また[[シンクロ召喚]]などの大量展開自体に対しては無力である場合が多く、あくまで[[コンボ]]寄りの[[メタ]]という存在だった。~

--[[11/03/01>禁止・制限カード/2011年3月1日]]に[[制限解除]]されると、トップ[[メタ]]の[[【六武衆】]]をはじめとする[[モンスター効果]]に依存する[[デッキ]]への有効打としてふたたび注目を浴びる。~
2011年8月までの[[トーナメント>環境]]では[[【墓守】]]や[[【暗黒界】]]など、この[[カード]]の影響を受けにくい[[デッキ]]が優秀な成績を収め注目を集めた。~

--2011年9月〜2012年8月までは[[【甲虫装機】]]がトップ[[メタ]]となったが、この[[カード]]は[[《甲虫装機 ホーネット》]]の[[破壊]]を止められないため相対的に評価が低下。~
いわゆる「[[変則1キル>1ターンキル]]」の[[【聖刻リチュア】>【リチュア】]]も台頭し、
大量展開に押されやすい[[【墓守】]]、[[【暗黒界】]]は従来のような活躍は厳しくなった。~
この時期は、[[《禁じられた聖杯》]]、[[《デモンズ・チェーン》]]といった[[相手]]の[[モンスター効果]]のみを止める[[カード]]の方が[[トーナメント>環境]]で人気を集めている。~
同年9月以降は[[制限改訂]]により[[【甲虫装機】]]や[[【聖刻リチュア】>【リチュア】]]、その他対策されにくい[[1ターンキル]]を得意とする[[デッキ]]の多くが[[弱体化]]。~
その代わりに[[【ゼンマイ】]]や[[【六武衆】]]といった[[モンスター効果]]に依存する[[デッキ]]が台頭するようになったため、その[[メタ]]として[[【暗黒界】]]や[[【Sinスキドレギアバレー】>【スキルドレイン】]]で多用されるようになった。~

--2013年は、[[【征竜】]][[【魔導書】]]が他と隔絶したカードパワーで[[環境]]を席巻したため、この[[カード]]の出番はほとんどなかった。~

--2014年7月から[[環境]]上位に位置している[[【クリフォート】]]はほとんどの[[モンスター]]が[[妥協召喚]]が可能な[[デッキ]]であり、多くの入賞[[デッキ]]がこの[[カード]]を[[メインデッキ]]から投入している。~

-[[レアリティ]]が低いにもかかわらず、入手が難しい[[カード]]の一つだった。~
現在は、[[DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−]]や[[GOLD SERIES 2010]]に再録されたため、入手しやすくなっている。~

-「ドレイン(Drain)」は英語で「排水する」「(財産などを)流出させる」「相手の物を奪う」という意味。~
//日本ではなぜか「吸い取る」「吸収する」といった意味だと誤解されている事が多いが、本来英語のDrainにそうした意味合いはない。~
//↑何故かこの用例は日本人の誤解だという認識があるが、実際はMTGの「Drain Life」等、英語圏において「Drain」を「吸収」の意味で使う用例は多く見られる。
この[[カード]]については「[[モンスター効果]](スキル)を吸い取る」「[[モンスター効果]]が流出する」などと複数の解釈ができる。~

--[[イラスト]]では[[《冥界の魔王 ハ・デス》]]の体から力が抜けている。~
類似カードの[[《ソウルドレイン》]]や[[《メンタルドレイン》]]から察するに、これも[[《深淵の冥王》]]による[[《冥界の魔王 ハ・デス》]]への復讐の一環なのだろうか?~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおける「十代vsミスターT」(3戦目)においてミスターTが使用。~
[[《F・G・D》]]の[[バウンス]]を狙った[[《N・グラン・モール》]]の[[攻撃宣言]]に対して[[発動]]した。~
返り討ちによる[[1ターンキル]]を狙ったが、十代は[[速攻魔法]]《バトル&ruby(バイツー){×2};》で[[《N・グラン・モール》]]の[[攻撃力]]を倍にすることで辛うじて凌いでいる。

--アニメ5D'sの「ジャック&龍亞&龍可vsアポリア」戦にてジャックが使用した[[魔法カード]]《トラップ・ポーズ》の[[イラスト]]では、[[無効]]にされて石になった姿が描かれている。

--アニメZEXALに登場した&ruby(フォー){IV};が全国大会決勝で使用した[[デッキ]]には、この[[カード]]が投入されている事が確認できる。~

**関連カード [#card]
-[[《ソウルドレイン》]]
-[[《メンタルドレイン》]]

―類似効果([[フィールド]]に[[表側表示]]で存在する[[モンスター]]の[[効果]]のみを[[無効]]にする)~
-[[《エーリアン・マーズ》]]
-[[《D−HERO Bloo−D》]]

-[[《デモンズ・チェーン》]]
-[[《能力吸収石》]]
-[[《ムーンダンスの儀式》]]

-[[《帝王の溶撃》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《冥界の魔王 ハ・デス》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【スキルドレイン】]]
-[[【暗黒界】]]
-[[【壊獣】]]
-[[【クリフォート】]]
-[[【次元ビートダウン】]]
-[[【Sin】]]
-[[【ドローゴー】]]
-[[【ネフロード】]]
-[[【竜星】]]
-[[【列車】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ガーディアンの力]] 304-049 &size(10){[[Rare]]};
-[[EXPERT EDITION Volume.1]] EE1-JP211 &size(10){[[Rare]]};
-[[公認大会賞品(2005年5月)>プロモカード#PC]] PC6-JP002
-[[DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−]] DT06-JP048
-[[GOLD SERIES 2010]] GS02-JP016 &size(10){([[Gold]])};
-[[THE GOLD BOX]] GDB1-JP036 &size(10){[[Gold]]};
-[[20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE]] 20AP-JP025 &size(10){[[N-Parallel]]};

**FAQ [#faq]
//Q:[[《青眼の光龍》]]の[[効果]]も[[無効]]化されますか?~
//A:はい、[[誘発即時効果]]なので[[無効]]化されます。

***[[効果処理時]]に[[フィールド]]に存在する・しない関連 [#o92eea10]

Q:[[無効]]化されない[[効果]]の例には「[[コスト]]としてこのカードを[[リリース]]する[[起動効果]]」があります。~
  [[誘発効果]]で「[[コスト]]としてこのカードを[[墓地へ送る]]」ことで[[発動]]する[[効果]]を持つ[[LVモンスター>LV]]も[[無効]]化されない[[効果]]になるのでしょうか?~
A:はい、[[コスト]]として[[モンスター]]を[[墓地へ送る]]ことにより[[無効]]化対象になっていないのでレベルアップ可能です。~
  ただし、[[適用]]中はレベルアップ条件を満たせない[[モンスター]]も何体か存在します。

Q:《スキルドレイン》[[適用]]中に[[《ならず者傭兵部隊》]]の[[効果]]を[[発動]]しました。~
  それに[[チェーン]]して[[《リミット・リバース》]]を[[発動]]し、[[効果]]を[[発動]]した[[《ならず者傭兵部隊》]]を[[特殊召喚]]した場合、[[《ならず者傭兵部隊》]]の[[効果]]は[[無効]]になりますか?~
A:いいえ、[[効果]]の[[発動]]後に一度[[フィールド]]から離れているため[[無効]]になりません。(09/05/12)

Q:《スキルドレイン》が[[フィールド]]上に存在する場合、[[《ネクロ・ガードナー》]]の[[効果]]を[[発動]]し、[[チェーン]]して[[《闇次元の解放》]]でその[[《ネクロ・ガードナー》]]を[[特殊召喚]]すると、[[効果]]は[[無効]]になりますか?~
A:[[《ネクロ・ガードナー》]]の[[効果]]処理時に、[[効果]]を[[発動]]した[[《ネクロ・ガードナー》]]が[[フィールド]]上に存在し、《スキルドレイン》の[[効果]]が適用されていても、[[効果]]は[[無効]]になりません。(09/05/12)

Q:《スキルドレイン》[[《門前払い》]]が両方とも[[自分]]の場で[[発動]]しています。~
  この時[[自分]]の[[《天空騎士パーシアス》]]が[[戦闘ダメージ]]を与えた場合、[[効果]]は[[無効]]化されますか?~
A:[[《門前払い》]][[《天空騎士パーシアス》]]はともに[[強制効果]]であるため、2つの[[効果]]は[[プレイヤー]]任意の順番で[[チェーン]]する形になります。~
  「[[チェーン]]1:[[《門前払い》]]」「[[チェーン]]2:[[《天空騎士パーシアス》]]」とした場合、[[効果解決時]]に[[《天空騎士パーシアス》]]が場にいるので[[無効]]化されます。~
  「[[チェーン]]1:[[《天空騎士パーシアス》]]」「[[チェーン]]2:[[《門前払い》]]」とした場合、[[効果解決時]]に[[《天空騎士パーシアス》]]が場にいないので[[無効]]になりません。~
  「[[チェーン]]1:[[《門前払い》]]」「[[チェーン]]2:[[《天空騎士パーシアス》]]」とした場合、[[効果処理時]]に[[《天空騎士パーシアス》]]が場にいるので[[無効]]化されます。~
  「[[チェーン]]1:[[《天空騎士パーシアス》]]」「[[チェーン]]2:[[《門前払い》]]」とした場合、[[効果処理時]]に[[《天空騎士パーシアス》]]が場にいないので[[無効]]になりません。~
//この部分を消している方、質問文の内容が理解できてないのではありませんか?

Q:《スキルドレイン》[[《門前払い》]]が両方とも[[相手]]の場で[[発動]]しています。~
  この時[[《天空騎士パーシアス》]]が[[戦闘ダメージ]]を与えた場合、[[効果]]は[[無効]]化されますか?~
A:同時に[[発動]]した[[効果]]で[[チェーンを積む]]場合、その順番はルールで決められています。~
  「『[[自分]]の[[強制効果]]』『[[相手]]の[[強制効果]]』『[[自分]]の[[任意効果]]』『[[相手]]の[[任意効果]]」の順番で積む』」「同類ならば、[[プレイヤー]]が順を決める」です。ここで言う[[自分]]とは[[ターンプレイヤー]]の事を指します。~
  つまり、順番は必ず「[[チェーン]]1:[[《天空騎士パーシアス》]]」「[[チェーン]]2:[[《門前払い》]]」となります。~
  逆順処理により、[[《天空騎士パーシアス》]]の[[効果]]は[[《天空騎士パーシアス》]]が[[手札]]に戻っての[[発動]]になり、《スキルドレイン》に[[無効]]化されません。

Q:《スキルドレイン》[[《門前払い》]]が両方とも[[相手]]の場で[[発動]]しています。~
  この時[[《首領・ザルーグ》]]が[[戦闘ダメージ]]を与えた場合、[[効果]]は[[無効]]化されますか?~
A:[[《門前払い》]]は[[強制効果]]、[[《首領・ザルーグ》]]は[[任意効果]]です。~
  つまり必ず「[[チェーン]]1:[[《門前払い》]]」「[[チェーン]]2:[[《首領・ザルーグ》]]」となります。~
  逆順処理で[[《首領・ザルーグ》]]は[[フィールド]]上で[[効果]]を[[発動]]するので《スキルドレイン》に[[無効]]化されます。~

***攻守変動関連 [#h264e91b]
Q:以下の[[効果の適用]]後、《スキルドレイン》を[[発動]]した際、その変化はどうなりますか?
-[[《ものマネ幻想師》]]のかつて[[召喚]]されて[[発動]]した[[誘発効果]]による攻守の変更~
A:[[《ものマネ幻想師》]]の攻守は0になります。
-[[《ニュート》]]自身の[[リバース効果]]による[[攻撃力]]上昇~
A:元に戻ります。(08/04/26)
-[[《光と闇の竜》]]の[[誘発即時効果]]を使った際の攻守低下~
A:元に戻ります。(08/04/26)
-[[《本気ギレパンダ》]]の[[誘発効果]]による[[攻撃力]]上昇~
A:元に戻ります。(08/04/26)
-[[《E・HERO ジ・アース》]]の[[起動効果]]による[[攻撃力]]上昇~
A:元に戻ります。(10/07/18) 
-[[《爆炎集合体 ガイヤ・ソウル》]]の[[起動効果]]による[[攻撃力]]上昇~
//A:元に戻りません。(12/01/18)
A:元に戻ります。(12/01/21)
-[[《サイバネティック・マジシャン》]]の[[起動効果]]による自身の[[攻撃力]]変動~
A:元に戻りません。(10/07/18) 
-[[《サイバネティック・マジシャン》]]の[[起動効果]]による別の[[モンスター]]の[[攻撃力]]変動~
A:元に戻りません。(10/07/18) 
-[[《ダークジェロイド》]][[召喚]]時の[[誘発効果]]での[[相手]]の[[モンスター]]の[[攻撃力]]低下~
A:元に戻りません。(14/04/12)~
//--その[[《ダークジェロイド》]]がそのまま[[フィールド]]に存在するときに《スキルドレイン》の[[効果の適用]]~
//A:[[無効]]になり[[攻撃力]]が元に戻ります。(10/08/04)
//--その[[《ダークジェロイド》]]が既に[[フィールド]]を離れているとき《スキルドレイン》の[[効果の適用]]~
//A:[[攻撃力]]は変化しません。(下がったまま)(10/08/04)~

***他の[[無効]]効果との重ねがけについて [#cfc680d3]
Q:《スキルドレイン》で効果が無効になっているモンスターを対象に[[《エフェクト・ヴェーラー》]]・[[《禁じられた聖杯》]]を発動できますか?~
A:[[《エフェクト・ヴェーラー》]]は[[発動]]できません。(17/08/07)~
 [[《禁じられた聖杯》]]は可能です。(17/08/04)~

Q:《スキルドレイン》で効果が無効になっているモンスターを対象に[[《禁じられた聖杯》]]を発動しました。~
 この[[モンスター]]が[[フィールド]]で効果を発動し、その[[効果処理時]]に[[フィールド]]上に存在しなかった場合、その効果は無効になりますか?~
 ([[《禁じられた聖杯》]]で[[無効]]になっている扱いなら無効になるが、《スキルドレイン》で無効になっている扱いの場合は無効にならない)~
A:そのモンスターの効果は無効になります。(17/08/07)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《スキルドレイン》,罠,永続罠,);