*《スチームロイド/Steamroid》 [#top]
 効果モンスター
 星4/地属性/機械族/攻1800/守1800
 このカードは相手モンスターに攻撃する場合、
 ダメージステップの間攻撃力が500ポイントアップする。
 このカードは相手モンスターに攻撃された場合、
 ダメージステップの間攻撃力が500ポイントダウンする。

 [[CYBERNETIC REVOLUTION]]で登場した[[地属性]]・[[機械族]]の[[下級モンスター]]。~
 自身が[[攻撃]]した時に[[攻撃力]]を上昇、[[攻撃]]された場合に[[攻撃力]]を下降する[[永続効果]]を持つ。~

 攻めには秀でるが守りが弱いという[[デメリット]][[アタッカー]]の1体であり、その中でも高い性能を誇る。~
 [[ディスアドバンテージ]]なしで[[攻撃]]できる[[下級モンスター]]としては最大クラスの[[攻撃力]]を持つ事ができ、毎[[ターン]][[攻撃宣言]]が可能。~
 [[相手]][[ターン]]には[[弱体化]]するものの、他の[[カード]]でカバーできる範囲内。~
 [[《禁じられた聖杯》]]との相性が良く、[[攻撃力]]が下がる[[効果]]を[[無効]]にしつつ[[攻撃力]]を上げられる。~
 [[守備力]]もそこそこ高いため、[[壁]]として扱う事もできる。~
 [[機械族]]であるため、[[ダメージステップ]]に[[《リミッター解除》]]を[[発動]]すれば[[攻撃力]]は4600まで達する。~

 この[[カード]]の他の[[デメリット]][[アタッカー]]と比較しての弱点は、[[戦闘破壊]]された場合、こちらは[[攻撃表示]]のままなので[[ダメージ]]を被る点や、[[《スキルドレイン》]]・[[《最終突撃命令》]]の影響下で大した力を発揮しない点。~

 [[ロイド]]の中でも[[攻撃力]]が高く[[アタッカー]]として活用でき、この[[カード]]を[[融合素材]]とする[[モンスター]]も2体存在する。~
 [[《融合準備》]]で[[サーチ]]し、[[アタッカー]]とする事ができる。~
 [[【ビークロイド】]]には[[必須カード]]となり、[[【機械族】]]でも[[アタッカー]]として活躍が期待できる。~
 扱いやすい[[機械族]][[アタッカー]]も増えたが、[[《エルシャドール・ミドラーシュ》]]を1枚で処理できる[[攻撃力]]になるのは、現在でも通用する[[メリット]]である。~

-[[攻撃力]]変動[[効果]]は[[チェーンブロック]]を作らない。~
よって、[[《死霊騎士デスカリバー・ナイト》]]や[[《光と闇の竜》]]との共存、またはそれらへの対策が可能である。~

-偶然にも、[[《転回操車》]]で[[特殊召喚]]できる列車型[[モンスター]]である。~
-偶然にも、[[《転回操車》]]の(1)で[[特殊召喚]]できる列車型[[モンスター]]である。~
[[機械族]]の[[アタッカー]]としては[[汎用性]]の高い部類に入り、[[《禁じられた聖杯》]]を[[《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》]]と共有できるため、アクセントとして[[【列車】]]に採用してみるのも良いかもしれない。~
[[《転回操車》]]や[[《無頼特急バトレイン》]]、[[エクシーズ召喚]]などをことごとく妨害する[[《ライオウ》]]を処理できる点も見逃せない。
[[《転回操車》]]の(2)や[[《無頼特急バトレイン》]]の[[サーチ]]、[[エクシーズ召喚]]などをことごとく妨害する[[《ライオウ》]]を処理できる点も見逃せない。

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおいて丸藤翔が使用する[[ロイド]]の1体。~
「十代vs翔」戦で使われたのを区切りに、[[融合素材]][[モンスター]]として度々登場している。~

--アニメGX開始当初のこの[[カード]]は[[イラスト]]が[[OCG]]と別のものだったが、[[テキスト]]の長さを見る限り当時は[[OCG]]とは異なる[[効果]]を有していたようである。~
この[[カード]]が[[手札]]にあるにも拘らず、十代の[[《E・HERO フェザーマン》]]・[[《E・HERO スパークマン》]]に勝てないと考えていたことから、[[ステータス]]も元々はもっと低かったのかもしれない。~
//http://img3.wikia.nocookie.net/__cb20140625034024/yugioh/images/1/19/Steamroid-JP-Anime-GX-2.png
劇中では[[OCG]]版を含む[[効果]]は一度も使われず、[[直接攻撃]]しかしていない。~
「今日の最強[[カード]]」で紹介された時は[[イラスト]]・[[効果]]ともに[[OCG]]仕様となり、劇中には使用されていないがちゃんと[[効果]]説明を行っていた。~

--アニメARC-Vの「ユーリvs遊勝塾生5人組」戦で塾生の1人が使用。~
[[《融合》]]によって[[《スーパービークロイド−ジャンボドリル》]]の[[融合素材]]となった。~

**関連カード [#card]
-[[ロイド]]

―[[攻撃]]時に[[強化]]、[[攻撃対象]]になった時に[[弱体化]]する[[モンスター]]
-[[《暗黒ヴェロキ》]]
-[[《X−セイバー ガラハド》]]
-[[《マックス・ウォリアー》]]

//-[[《勇気機関車ブレイブポッポ》]]
//-[[《魔装機関車 デコイチ》]]

―[[融合]]関連
-[[《スチームジャイロイド》]]
--[[《ジャイロイド》]]

-[[《スーパービークロイド−ジャンボドリル》]]
--[[《ドリルロイド》]]
--[[《サブマリンロイド》]]

―《スチームロイド》の姿が見られる[[カード]]
-[[《メガロイド都市》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ビークロイド】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CYBERNETIC REVOLUTION]] CRV-JP008 &size(10){([[N-Parallel]])};
-[[STARTER DECK(2007)]] YSD2-JP014
-[[EXPERT EDITION Volume.4]] EE04-JP008 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#faq]
Q:この[[カードの効果]]は[[誘発効果]]になりますか?~
A:いいえ。[[永続効果]]になります。(05/05/26)

//Q:この[[カードの効果]]は[[チェーンブロック]]を作りますか?~
//A:いいえ。[[チェーンブロック]]を作りません。(05/05/26)
//上の効果分類で分かるのでは?

Q:[[攻撃]]するとき、[[メインフェイズ]]から[[バトルステップ]]で[[《リミッター解除》]]を[[発動]]した場合[[攻撃力]]は幾つになりますか?~
A:「1800×2=3600」で[[ダメージステップ]]に入り、そこで500アップするため[[ダメージ計算]]時には4100となります。

Q:[[攻撃]]するとき、[[ダメージステップ]]で[[《リミッター解除》]]を[[発動]]した場合[[攻撃力]]は幾つになりますか?~
A:4600となります。(09/08/30)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《スチームロイド》,効果モンスター,モンスター,星4/地属性/機械族/攻1800/守1800,ロイド,);