*《センサー&ruby(ばんべつ){万別};/There Can Be Only One》 [#top]
 永続罠
 (1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
 お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない。
 お互いのプレイヤーは自身のフィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合には、
 同じ種族のモンスターが1体になるように墓地へ送らなければならない。

 [[EXTREME FORCE]]で登場した[[永続罠]]。~
 [[お互い]]の[[フィールド]]の[[モンスター]]を1[[種族]]1体に制限する[[効果]]を持つ。~

 [[《群雄割拠》]]の逆バージョンであり、近年は[[種族]]を統一したり特定の[[種族]]が大多数を占める[[デッキ]]も多く、影響力は大きい。~
 この[[カード]]を活用するならば[[自分]]の[[デッキ]]の[[種族]]がある程度ばらけている必要がある。~
 例えば[[【剣闘獣】]]は[[種族]]がばらけており、自身を[[デッキ]]に[[戻してから>戻す]][[リクルート]]を行うので同じ[[種族]]の[[剣闘獣]]を使い分けることもできる。~

 また、[[【種族操作】]]ならば[[相手]]の[[モンスター]]を1[[種族]]だけにしてしまう事で展開力を大きく削ぐことができる。~
 [[【バスター・ブレイダー】]]なら[[自分]]への影響は少なく、[[《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》]]で[[相手]]の[[フィールド]]に強い[[制圧]]を掛けることができる。~

 [[《群雄割拠》]]と併用することで、さらに[[相手]]に強い圧力をかけることもできる。~
 その場合当然[[自分]]への影響もあるので、あまり[[モンスター]]に頼らない構築や[[手札誘発]]の[[モンスター]]を活用するなどの工夫が求められる。~

-[[フィールド]]の[[モンスター]]と同じ[[種族]]の[[モンスター]]を[[召喚]]、[[特殊召喚]]できなくなる[[裁定]]である。~
同じ[[種族]]なら、[[リリース]]して[[アドバンス召喚]]、素材にして[[シンクロ召喚]]などの[[召喚]]もできなくなるため、[[種族]]が偏っている[[カテゴリ]][[デッキ]]の動きはかなり制限される。~
特に素材指定で同じ[[種族]]が指定されてしまっている[[モンスター]]はこの[[カード]]の[[適用]]下では基本的に[[召喚]]できない。~
その他、[[裁定]]については[[《群雄割拠》]]のページを参照。~

--《センサー万別》[[適用]]中、[[《霊魂鳥神−彦孔雀》]]の(2)の[[強制効果]]は、「[[発動]]し、[[霊魂鳥トークン]]2体の[[特殊召喚]]を行った後で1体になるよう[[霊魂鳥トークン]]を消滅させる」という処理になる。

-[[カード名]]は、様々に異なって同じでないことを意味する四字熟語「千差万別」に「センサー」をかけているのだろう。

--[[英語名]]の「There can be only one」は[[ハイランダー]]の由来となった英米合作映画『Highlander(邦題:ハイランダー 悪魔の戦士)』の副題としても有名である。~
意味としては「ただ一つだけが存在できる」といった風になる。

-[[イラスト]]では[[《ワイトキング》]](あるいは[[《ワイト》]])と[[《ワイト夫人》]]が、空港の保安検査場にある金属探知機のようなゲートにて、なんらかの検査に引っ掛かってしまい職員らしき男性2人に呼び止められている。~
登場している[[モンスター]]とその服装を見るに、[[《検疫》]]からの続きのようだ。~
--[[《ワイトプリンス》]]と[[《骨犬マロン》]]はセンサーを出た先の傍らにいるが、検査を通過した後なのだろう。~
[[イラスト]]の通り、[[《ワイトプリンス》]]は[[獣族]]の[[《骨犬マロン》]]と[[フィールド]]上で共存できるが[[《ワイトキング》]](あるいは[[《ワイト》]])と[[《ワイト夫人》]]は共存ができなくなっている。~
また、[[《検疫》]]の[[イラスト]]に居たもう一匹の白骨化した犬の姿が見えないが、あちらは[[《検疫》]]に引っかかってしまったのだろうか?~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《群雄割拠》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《ワイト》]]
-[[《ワイトプリンス》]]
-[[《ワイト夫人》]]
-[[《骨犬マロン》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[EXTREME FORCE]] EXFO-JP076 &size(10){[[Super]],[[Secret]]};

**FAQ [#faq]
***(1)の効果について [#faq1]
Q:《センサー万別》の[[適用]]中、[[《霊魂鳥神−彦孔雀》]]の(2)の[[強制効果]]は、[[発動]]しますか?~
Q:《センサー万別》の[[適用]]中、[[モンスター]]は[[《霊魂鳥神−彦孔雀》]]1体だけが存在しています。~
  [[《霊魂鳥神−彦孔雀》]]の(2)の[[強制効果]]は、[[発動]]しますか?~
  それとも[[発動]]自体しなくなりますか?~
A:[[発動]]し、[[霊魂鳥トークン]]2体の[[特殊召喚]]を行った後で1体になるよう[[霊魂鳥トークン]]を1体[[墓地]]に送る処理となります。(18/11/19)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《センサー万別》,罠,永続罠);