*《ダーク・キメラ》 [#top]
 通常モンスター
 星5/闇属性/悪魔族/攻1610/守1460
 魔界に生息するモンスター。
 闇の炎をはき攻撃する。

 [[Vol.7]]で登場した[[闇属性]]・[[悪魔族]]の[[上級モンスター]]。~
 中途半端な攻守が特徴。

 [[上級モンスター]]でありながら、同[[属性]]・同[[種族]]の[[下級モンスター]]である[[《デーモン・ソルジャー》]]や[[《暗黒界の騎士 ズール》]]に[[攻撃力]]・[[守備力]]共に劣る。~
 それでいて[[《キラー・トマト》]]等各種[[リクルーター]]に対応せず、また中途半端な[[攻撃力]]が原因で[[《カオスエンドマスター》]]によるサポートすら受けられない。~
 [[上級>上級モンスター]][[通常モンスター]]でありながらこの[[ステータス]]では、まず採用することはないだろう。~

-僅か10ポイントの[[攻撃力]]の違いのせいで、[[《カオスエンドマスター》]]から[[リクルート]]できない。~
//今後この[[モンスター]]以上のニアピンな数値を持った[[モンスター]]が登場することはないだろう。

-[[元々の攻撃力]]の下2桁が10となっているのは、この[[モンスター]]と[[《SNo.39 希望皇ホープONE》]]のみである。~

-「キメラ(Chimera) 」については[[《有翼幻獣キマイラ》]]参照。
-「キメラ(Chimera)」については[[《有翼幻獣キマイラ》]]参照。

-原作・アニメにおいて―~
「決闘者の王国編」で闇のプレイヤーキラーが使用する[[モンスター]]。~
経過が省略されていたが、「千年の書」の解説からすると「孔雀舞vs闇のプレイヤーキラー」戦ではこの[[モンスター]]の[[攻撃]]で勝利したようだ。~
「闇遊戯vs闇のプレイヤーキラー」戦においては[[《バロックス》]]に続いて[[召喚]]され遊戯を牽制するも、結局1度も[[攻撃]]することなく、最後に[[《闇晦ましの城》]]に押し潰されてしまった。~
[[攻撃]]名は「ダーク・サイレント・バーン」。~

--この[[カード]]の元々の[[ステータス]]は、「[[レベル]]6/攻2100/守1900」である。~
[[OCG]]では攻守が中途半端だが、これは闇のプレイヤーキラーの[[フィールド]]が[[《闇晦ましの城》]]により[[《闇》]]に覆われていた事に由来する。~
[[OCG]]においては[[《闇》]]は[[フィールド魔法]]であるため、「闇[[フィールド]]で[[強化]]されて攻2100/守1900になっていた」と解釈されたものと思われる。~
しかし、[[OCG]]版のこの[[カード]]を原作の他の[[フィールド]]に合わせて攻守30%ずつ[[強化]]した能力値は、「攻2093/守1898」とやはり中途半端な数値となる。~
原作でははっきりと[[カード]]自体に[[攻撃力]]2100、[[守備力]]1900と表記されており、実際には原作の[[《闇》]]に[[モンスター]][[強化]][[効果]]はなかったと考えられる。~

-コナミのゲーム作品において―~
DM3・DM4・DM7・DM8では原作と同じ[[攻撃力]]2100、[[守備力]]1900となっている。~

--ダンジョンダイスモンスターズではBooster2に収録。~
しかし、フィギュアと3Dで映し出されている姿とは所々違う。~
(頭の角がフィギュアには付いていない、足の爪の本数が3Dでは三本なのに対しフィギュアでは二本、フィギュアの翼に生えている角が3Dには無かった等)~

--モンスターカプセルGBにも登場。~
[[攻撃]]名は「ダークサンダー」、「ギガサンダー」。~
[[OCG]]の[[テキスト]]とは異なり、このゲームでは電撃で攻撃している。~

--[[OCG]]では[[海外未発売カード]]であるが、[[遊戯王オンライン]]などでは《Dark Chimera》の[[英語名]]が与えられている。
//ttp://yugioh.wikia.com/wiki/Dark Chimera#

**関連カード [#card]
-[[《カオス・シールド》]]

―中途半端な[[ステータス]]
-[[《闇晦ましの城》]]
-[[《カードを狩る死神》]]
-[[《闇魔界の覇王》]]
-[[《剣竜》]]

-[[《バロックス》]]

-[[《SNo.39 希望皇ホープONE》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.7]]
----
&tag(《ダーク・キメラ》,通常モンスター,モンスター,星5/闇属性/悪魔族/攻1610/守1460,);