*《ダイナレスラー・マーシャルアンガ/Dinowrestler Martial Anga》 [#top]
 効果モンスター
 星5/地属性/恐竜族/攻1600/守   0
 (1):自分の「ダイナレスラー」モンスターが、
 その攻撃力以上の攻撃力を持つモンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
 このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
 その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
 そのダメージステップ終了後にバトルフェイズを終了する。
 (2):このカードがこのカードの効果を発動するために墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、
 相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。
 このカードを特殊召喚する。

 [[DARK NEOSTORM]]で登場した[[地属性]]・[[恐竜族]]の[[上級モンスター]]。~
 [[ダイナレスラー]]の[[戦闘破壊]]を防いで[[バトルフェイズ]]を終了する[[誘発即時効果]]、[[エンドフェイズ]]に[[自己再生]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 (1)は自身を[[手札]]から[[墓地へ送る]]ことで[[ダイナレスラー]]の[[戦闘破壊]]を防ぎ、[[バトルフェイズ]]を終了させる[[効果]]。~
 [[相手]]の[[ターン]]に[[守備表示]]になった[[《ダイナレスラー・カポエラプトル》]]などを守れば次の[[ターン]]に[[リンク召喚]]などを狙いやすくなる。~
 [[バトルフェイズ]]を強制終了するため、後続の[[攻撃]]もしのげる。~
 もっとも、[[攻撃]]を受ける前に[[ダイナレスラー]]が[[効果]]で[[除去]]される可能性も高い。~

 なお、[[自分]]の[[ターン]]でも使える。~
 [[自爆特攻]]による[[ダメージ]]を受けるが、(2)の[[効果]]に繋げる事はできる。~

 (2)は(1)の[[効果]]を使うために[[墓地へ送られた]]場合、[[エンドフェイズ]]に[[自己再生]]できるもの。~
 [[相手]][[モンスター]]が[[自分]]の[[モンスター]]よりも多く存在する必要があり、基本的に多数の[[モンスター]]で攻められた時に、(1)の[[効果]]でしのいだ後に使うことになる。~

 ただ、[[相手]]は[[メインフェイズ]]2で[[リンク召喚]]などを行い[[フィールド]]の[[モンスター]]を減らすことで[[発動条件]]を回避できてしまう。~
 一応、[[相手]]からの[[除去]]に対する牽制になるが、[[フィールド]]では大した[[攻撃力]]も無い[[モンスター]]でしかないため、過度な期待はしないでおきたい。~

-名前の由来は、「マーシャルアーツ」+「アンガトラマ」だろう。~

--「マーシャルアーツ(martial arts)」は日本語の「武芸」を英訳した言葉。~
あるアメリカのプロ空手チャンピオンが自身を「マーシャルアーティスト」と称したことからプロ空手などを指すこともある。~
また、まだ海外の格闘技術が日本ではメジャーではないころに有名劇画家が「マーシャルアーツ=米軍が使う格闘術」と自身の作中で解説したことにより、創作作品ではそういう意味で使われる事も多くややこしい言葉となっている。


--「アンガトラマ」は、ブラジルで化石が発掘された肉食恐竜である。~
白亜紀前期に生息し、体長8mほどで、ブラジル・トゥピ族の言葉で「勇猛なる者・気高き者」などの意味の名を持つ。~
[[スピノサウルス>《ジャイアント・レックス》]]の近縁種であり、あちらと同様にワニを思わせる頭部、魚を獲るのに適した鉤爪や、背中にも帆こそないが特徴的な盛り上がりが見られる。~
ただ、この恐竜はほぼ同時期・同じ場所で発見されている「イリタトル」という恐竜と同一(シノニム)なのではないかという説が存在し、その場合後から発見されたアンガトラマの名は消滅してしまう可能性が高い。~

-「マーシャル」と名の付く[[ダイナレスラー]][[モンスター]]は、他にも[[《ダイナレスラー・マーシャルアンキロ》]]・[[《ダイナレスラー・マーシャルアンペロ》]]が存在する。~
この3体はいずれも「[[ダイナレスラー]]が[[相手]][[モンスター]]と[[戦闘]]を行う[[ダメージ計算時]]に自身を[[手札]]から[[墓地へ送って>墓地へ送る]][[発動]]できる[[効果]]」を持つ共通点がある。~
(アニメ版では「[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]がその[[ダイナレスラー]]以上の[[攻撃力]]を持つ場合」という条件もあったが、[[OCG]]では[[《ダイナレスラー・マーシャルアンキロ》]]がその条件を外されている。)~
命名法則が似通っている点も含めてある種の[[シリーズカード]]としてデザインされたものと思われる。~


-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vs鬼塚/Go鬼塚」(2戦目)でGo鬼塚が使用。~
[[セット]]された[[《ダイナレスラー・バーリオニクス》]]が[[《ストームサイファー》]]に[[攻撃]]された際に[[手札]]から(1)の[[効果]]を[[発動]]。~
[[《ダイナレスラー・バーリオニクス》]]を維持した上で[[バトルフェイズ]]を強制終了させ、更に[[エンドフェイズ]]に(2)の[[効果]]で[[自己再生]]した。~
次のGo鬼塚の[[ターン]]に[[《ダイナレスラー・バーリオニクス》]]と共に[[《ダイナレスラー・テラ・パルクリオ》]]の[[リンク素材]]となり、同一[[ターン]]にあちらの[[効果]]で[[蘇生]]された。~
そして今度は[[《ダイナレスラー・テラ・パルクリオ》]]と共に[[《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》]]の[[リンク素材]]となった。~

--上記[[デュエル]]は[[メインフェイズ]]2が無い[[スピードデュエル]]であったため、[[バトルフェイズ]]の終了後は強制的に[[エンドフェイズ]]に移行する点でも相性が良かった。~
事実、この時Playmakerの[[フィールド]]には3体の[[モンスター]]が存在したため、[[メインフェイズ]]2があったならば[[リンク召喚]]で[[モンスター]]の数を減らしつつ有用な[[モンスター]]を出すことも可能であった。~
Go鬼塚がどこまで計算していたかは定かではないが、[[自己再生]]時に「何もかもが想定内」と発言している事を踏まえると狙っていた動きではあったのだろう。~

--鬼塚はこの[[モンスター]]以外にも「[[ダイナレスラー]]がその[[攻撃力]]以上の[[攻撃力]]を持つ[[モンスター]]と[[戦闘]]を行う[[ダメージ計算時]]」に自身を[[手札]]から[[墓地へ送って>墓地へ送る]][[発動]]できる[[効果]]を持つ[[ダイナレスラー]][[《ダイナレスラー・マーシャルアンキロ》]]・[[《ダイナレスラー・マーシャルアンペロ》]]を使用している。~
これらは[[ダイナレスラー]]の中でも特に命名法則が似通っており、ある種の[[シリーズカード]]としてデザインされたものと思われる。

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[ダイナレスラー]]

//―《ダイナレスラー・マーシャルアンガ》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//―[[イラスト]]関連

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ダイナレスラー】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[DARK NEOSTORM]] DANE-JP008


//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ダイナレスラー・マーシャルアンガ》,効果モンスター,モンスター,星5/地属性/恐竜族/攻1600/守0,ダイナレスラー);