*《ディスク・マジシャン/Disk Magician》 [#top]
 通常モンスター
 星4/闇属性/機械族/攻1350/守1000
 自らを円盤の中に封印し、攻撃をするとき実体を出す。

 [[Vol.5]]で登場した[[闇属性]]・[[機械族]]の[[下級モンスター]]。~
// 比較的珍しい[[攻撃力]]1350の[[モンスター]]である。~

 [[闇属性]]・[[機械族]]で[[レベル]]4なので、[[《ブラック・ボンバー》]]の[[効果]]で[[蘇生]]することが可能である。~
 しかし、[[通常モンスター]]に限ったとしても、[[ステータス]]の高い[[《メカ・ハンター》]]や[[《ブロッカー》]]などが優先されるだろう。~
 [[《奈落の落とし穴》]]・[[《連鎖除外》]]で[[除去]]されない点でも、より高い[[攻撃力]]・[[守備力]]を持つ[[《魔界の機械兵》]]が存在する。~
 あちらと異なり[[《ドロー・マッスル》]]に対応しているが、わざわざ優先する価値があるとは言い難い。~

-ザ・ヴァリュアブル・ブック2によると、侵入者撃退用の番兵として、古代の遺跡で発見されることがあるらしい。~

-コナミのゲーム作品において―~
GBのDMシリーズでは、[[機械族]]と一部の[[魔法使い族]](黒・悪魔・幻想魔族)を[[融合]]させることで作り出すことができる。~
またDM4では[[攻撃力]]1350が[[下級モンスター]]では最大の[[攻撃力]]であり、この[[モンスター]]はその1体として活躍した。~
この[[カード]]が属する悪魔魔族は、苦手な白魔族がメジャーでかつ、得意とする幻想魔族がひ弱なやため、何かと残念な魔族として扱われがちである。~
この[[カード]]が属する悪魔魔族は、苦手な白魔族がメジャーでかつ得意とする幻想魔族がひ弱なやため、何かと残念な魔族として扱われがちである。~
しかしキャンペーン終盤戦になってくると黒魔族の[[カード]]群が多くなり、[[メタ]]として幻想魔族も増えてくるので、この魔族も利点になり得る。~

--該当する他の[[モンスター]]として[[《レオ・ウィザード》]]・[[《ベヒゴン》]]・[[《舌魚》]]・[[《マーダーサーカス・ゾンビ》]]が存在する。~
その中で[[フィールド魔法]]によって[[強化]]されず、かつ[[弱体化]]してしまうのはこの[[カード]]のみである。
//--ちなみに、DM4で[[色違い]][[モンスター]]である[[《ホログラー》]]と[[戦闘]]すると、召喚魔族の優劣の為に破壊される。

**関連カード [#card]
―[[色違い]][[モンスター]]
-[[《ホログラー》]]

―ディスク関連の[[モンスター]]
-[[《先史遺産ネブラ・ディスク》]]
-[[《クリフォート・ディスク》]]
-[[《円盤闘士》]]
-[[《ディスクライダー》]]
-[[《D−HERO ディスクガイ》]]

//―《ディスク・マジシャン》の姿が見られる[[カード]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.5]]
-[[暗黒魔竜復活−REVIVAL OF BLACK DEMONS DRAGON−]] RB-53
----
&tag(《ディスク・マジシャン》,モンスター,通常モンスター,星4/闇属性/機械族/攻1350/守1000,);