*《トポロジック・トゥリスバエナ/Topologic Trisbaena》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク3/闇属性/サイバース族/攻2500
 【リンクマーカー:上/左下/右下】
 効果モンスター2体以上
 (1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
 そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、
 この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。

 [[FLAMES OF DESTRUCTION]]で登場した[[闇属性]]・[[サイバース族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[リンク先]]に[[特殊召喚]]された場合にその[[モンスター]]と[[フィールド]]の[[魔法・罠カード]]全てを[[除外]]し、[[除外]]された[[相手]]の[[カード]]の枚数に応じた[[ダメージ]]を与える[[誘発効果]]を持つ。~

 全ての[[魔法・罠カード]]を[[除外]]するという豪快な[[除去]][[効果]]を持つ。~
 しかし、[[除外]]されることを分かっていて[[相手]]が[[リンク先]]に[[特殊召喚]]を行うとは考えづらいため、基本的に[[自分]]から[[発動条件]]を満たすように動くことになる。~
 下手に[[除外]]すると[[ディスアドバンテージ]]になるため、[[トークン]]や[[除外]]された場合に[[アドバンテージ]]が稼げる[[モンスター]]を[[特殊召喚]]したい。~
 この[[カード]]の正面に[[壊獣]]を[[特殊召喚]]すれば、[[モンスター除去]]と[[魔法・罠除去]]を両立できる。~
 [[《ゼラの天使》]]と併用する事で毎[[ターン]][[魔法・罠カード]]を一掃できる。~
 また、[[《自律行動ユニット》]]・[[《ミス・リバイブ》]]・[[《リモート・リボーン》]]等で[[相手]]の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する手もある。~
 この方法なら[[自分]]の[[モンスター]]を[[除外]]せずに済み、[[相手]]の[[墓地]]に存在した[[モンスター]]を[[除外]]できる上に[[ダメージ]]も増やせる。~

 [[エクストラモンスターゾーン]]の正面の[[メインモンスターゾーン]]に出すのも手。~
 [[エクストラモンスターゾーン]]が[[リンク先]]となるため、そのゾーンに出された[[モンスター]]が[[除外]]される。~
 もう一方の[[エクストラモンスターゾーン]]を[[自分]]が使用すれば[[相手]]の動きを大きく制限できる。~

 [[セット]]された[[魔法・罠カード]]もまとめて[[除外]]できるため、[[伏せカード]]の[[除去]]を行い安全に[[攻撃]]することも可能。~
 [[相手]]の[[エンドフェイズ]]に[[リンク先]]に[[特殊召喚]]すれば[[エンドサイク]]の様にも使える。~
 ただ、[[自分]]の[[魔法・罠カード]]も[[除外]]されるため、使い切りの[[フリーチェーン]]の[[カード]]を中心としておきたい。~

 一方で、[[エクストラデッキ]]からの展開補助には向いていない。~
 この[[モンスター]]が[[エクストラモンスターゾーン]]に留まるだけで、[[自分]]は[[エクストラデッキ]]から新たな[[モンスター]]の[[特殊召喚]]が実質封じられてしまう。~
 [[効果]]を使用した後は[[リンク素材]]にしてしまうことも検討したい。~

-[[《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》]]を[[リンク先]]に[[特殊召喚]]した場合、まず[[《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》]]が自身の[[永続効果]]で[[破壊]]される。~
その後《トポロジック・トゥリスバエナ》の[[効果]]が[[発動]]し、[[魔法・罠カード]]を[[除外]]する。

-[[お互い]]の[[フィールド]]に[[魔法・罠カード]]が存在しない状態で[[リンク先]]に[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された場合にも[[効果]]は[[発動]]し、[[モンスター]]を[[除外]]する。

-[[種族]]・[[属性]]や[[カード名]]からすると[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]を意識された[[カード]]であろう。~
あちらが[[モンスター]]を[[全体除去]]するのに対し、こちらは[[魔法・罠カード]]を[[全体除去]]する点でも対比になっている。~
--アニメVRAINSのd-データでは「『リボルバー』の新しい『[[トポロジック>シリーズカード#Topologic]]』[[モンスター]]」と、「[[トポロジック>シリーズカード#Topologic]]」が[[シリーズカード]]であるかのような紹介がされている。~
また、後述の「別所エマ/ゴーストガール vsリボルバー」戦にて[[デュエル]]を観戦していた遊作/Playmakerもこの[[モンスター]]が[[リンク召喚]]された際には「新しい[[トポロジック>シリーズカード#Topologic]]…」と呟いている。~
---後に「Ai vsパンドール」戦でパンドールが「トポロジーナ」という名の[[カテゴリ]]の[[カード]]を使用している。~
同[[デュエル]]では、この[[カード]]と[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]も使用していることから、この「トポロジック」を意識した[[カテゴリ]]名と思われる。~

-「トポロジック」は[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]を参照。~
「トゥリスバエナ」は、ギリシア語で[[「三倍の」「三つの」>《ヘリオス・トリス・メギストス》]]を意味する「トゥリス」と、[[アンフィスバエナ>《紋章獣アンフィスバエナ》]]をあわせた造語だと思われる。~
下記の通り、アニメでは通常時・[[効果]][[発動]]時・[[攻撃]]時の3段階の変形を行っている。~
また、通常時の胸部装甲は攻撃時の形態では頭部に変形するが、この胸部装甲と両膝部分が同形状となっている。~
アンフィスバエナが双頭の竜である事を踏まえると、「トゥリスバエナ」は3つの頭部を持つ竜という意味とも考えられる。~
--また、自身の胴体中心部は「三葉結び目」を模した形状となっているのが確認できる。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSにて、リボルバーが使用する[[リンクモンスター]]。~
初登場は「別所エマ/ゴーストガール vsリボルバー」戦で、リボルバーの[[スキル>スピードデュエル#skill]]「Storm Access」により、リボルバーの[[エクストラデッキ]]に加わった。~
その直後、[[《バックグランド・ドラゴン》]]と2体の[[《スニッフィング・ドラゴン》]]を[[リンク素材]]として[[リンク召喚]]される。~
[[リンク先]]に[[《デフラドラグーン》]]が[[特殊召喚]]されたことで[[効果]]を[[発動]]し、ゴーストガールの[[《オルターガイスト・プロトコル》]]及び2枚の[[伏せカード]]を[[除外]]し、ゴーストガールに1500[[ダメージ]]を与えた。~
そして、[[直接攻撃]]を決めることで[[フィニッシャー]]となった。~
[[リンク先]]に[[《デフラドラグーン》]]が[[特殊召喚]]されたことで[[効果]]を[[発動]]し、ゴーストガールの[[《オルターガイスト・プロトコル》]]及び2枚の[[伏せカード]]を[[除外]]し、ゴーストガールに1500[[ダメージ]]を与え、続く[[直接攻撃]]で[[フィニッシャー]]となった。~
「Ai vsパンドール」戦ではパンドールが使用。~
[[リンク]]2の《トポロジーナ・サザビー》と《トポロジーナ・ギャッツビー》を[[リンク素材]]に[[リンク召喚]]される。~
[[リンク先]]に《トポロジーナ・ギャッツビー》を[[特殊召喚]]した事で(1)を[[発動]]し、Aiの[[魔法・罠カード]]を合計3枚[[除外]]して1500[[ダメージ]]を与えた。~
[[リンク先]]に《トポロジーナ・ギャッツビー》を[[特殊召喚]]した事で[[効果]]を[[発動]]し、Aiの[[魔法・罠カード]]を合計3枚[[除外]]して1500[[ダメージ]]を与えた。~
同時に[[自分]]の[[永続魔法]]《トポロジーナ・ハニカム・ビーグル》も[[除外]]しており、そちらは自身の[[効果]]で[[除外]]ゾーンから[[サルベージ]]して再利用に繋げている。~
最終的には《トポロジーナ・バンビー》と共に[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の[[リンク素材]]になった。~
[[攻撃]]名は「終焉のバルネラブルコード」、[[効果]]名は「マイグレーションフォース」。~

--[[攻撃]]名のバルネラブル(vulnerable)には、「脆い」「非常に壊れやすい」といった意味がある。~
転じて、コンピュータ用語で「(サイバー攻撃に対して)脆弱な」という意味で用いられる。~

--[[効果]]名のマイグレーションは「移動」「移行」という意味だが、[[サイバース族]]であることを踏まえると、IT用語におけるマイグレーションが由来だろう。~
これはプログラム・データ・OSなどの環境やプラットフォームを移行、変換することを指す。~

--[[攻撃]]時および[[効果]][[発動]]時に、それぞれ別の形態へと変形する演出が見られた。~
d-データでは「[[攻撃]]時は華麗に変形」し「まばゆく光る強烈なエネルギー弾をくらわせる」と説明されている。
---この変形演出は[[FLAMES OF DESTRUCTION]]のCMでも再現されており、それぞれ「1st Form」([[リンク召喚]]直後)「2nd Form」([[効果]][[発動]]時)「3rd Form」([[攻撃]]時)と描かれている。

--使い手のリボルバーは「Storm Access」でこの[[カード]]を入手した際、[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の時と同じく「良き力だ」と発言している。~
この台詞は[[FLAMES OF DESTRUCTION]]のCMでも使われている。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[トポロジック>シリーズカード#Topologic]]

//―《トポロジック・トゥリスバエナ》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【閃刀姫】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[FLAMES OF DESTRUCTION]] FLOD-JP036 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]],[[Secret]],[[Holographic]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《トポロジック・トゥリスバエナ》,リンクモンスター,効果モンスター,モンスター,リンク3/闇属性/サイバース族/攻2500);