*《トランスターン/Transmodify》 [#top]
 通常魔法
 自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
 墓地へ送ったモンスターと種族・属性が同じで
 レベルが1つ高いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
 「トランスターン」は1ターンに1枚しか発動できない。

 [[JUDGMENT OF THE LIGHT]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[自分]][[モンスター]]1体を[[墓地へ送る]][[コスト]]と、その[[モンスター]]と同じ[[種族]]・[[属性]]の[[レベル]]が1つ高い[[モンスター]]を[[リクルート]]する[[効果]]を持つ。~

 [[リクルート]]した[[モンスター]]に一切の制約がかからず[[効果]]を使えるものの、[[種族]]・[[属性]]が一致する[[レベル]]差1の[[モンスター]]を採用する必要がある。~
 該当[[モンスター]]を擁する[[カテゴリ]][[デッキ]]等において展開力・応用力を高めるために用いるのが基本になる。~
 或いは、[[攻撃力]]等の条件で[[属性]][[リクルーター]]・[[サーチャー]]に対応していない[[モンスター]]の[[リクルート]]手段にもなる。~
 特に[[レベル]]5の[[モンスター]]は、[[アドバンス召喚]]と変わらない消費で[[レベル]]4から出せるため、この[[カード]]を併用することで[[事故]]のリスクをある程度カバーすることができる。~

 [[上級>上級モンスター]]の[[特殊召喚]][[効果]]を持つ[[モンスター]]・[[妥協召喚]][[モンスター]]を用いれば展開の幅は広がるが、そういったもので[[種族]]・[[属性]]・[[レベル]]を揃えるのは難しい。~
 例えば[[《可変機獣 ガンナードラゴン》]]からは[[《デモニック・モーター・Ω》]]が展開できるのだが、他に適した[[レベル]]7・[[闇属性]]・[[機械族]]はおらず、「特定の2枚を揃えなければ展開できない」という事態を招きかねない。~
//や[[《スロットマシーンAM−7》]]
//妥協召喚能力などがない通常モンスター
 これらを扱うにしても、[[コスト]]・展開ルートを複数確保することや、他の[[特殊召喚]]手段も併用する事は重要。~
 少しでも早く[[フィールド]]に出したい[[モンスター]]がいるなら、[[《簡易融合》]]や[[シンクロ召喚]]の経由も一考の余地は有る。~
 [[種族]]・[[属性]]が統一された[[カテゴリ]]ならば展開したい[[モンスター]]も用意できることが多いため、[[事故]]率は下げられる。~

 幅広い[[デッキ]]で扱える[[カード]]だが、上述の通り[[縛り]]と[[ディスアドバンテージ]]の関係で、[[リクルート]]できるものがあるからといって容易に採用できるものではない。~
 採用が検討できるのは、主に以下のタイプに大別される。~
>
-[[コスト]]ないし[[特殊召喚]]先で[[ディスアドバンテージ]]を回復できるもの~
--[[【DD】]]における[[レベル]]7[[DDD]]→[[《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》]]~
--[[【アンデット族】]]における[[《ゴブリンゾンビ》]]→[[《茫漠の死者》]]等[[レベル]]5[[アンデット族]]~
--[[【インフェルニティ】]]における[[《インフェルニティ・ネクロマンサー》]]→[[《インフェルニティ・デーモン》]]~
--[[【ライトロード】]]における[[《ライトロード・サモナー ルミナス》]]→[[《ライトロード・マジシャン ライラ》]]~
--[[【セイクリッド】]]における[[《セイクリッド・ダバラン》]]→[[《セイクリッド・カウスト》]]~
--[[【ABC】]]における[[レベル]]4[[ユニオン]][[モンスター]](特に[[《B−バスター・ドレイク》]])→[[《銀河戦士》]]~
-展開手段が限定されるが、[[キーカード]]となる[[効果]]を持つもの~
--[[【魚族】]]における[[《シャークラーケン》]]→[[《超古深海王シーラカンス》]]~
--[[【天使族】]]における[[レベル]]4[[天使族]]→[[《光神テテュス》]]~
--[[【ペンギン】]]における[[レベル]]4[[ペンギン]]→[[《大皇帝ペンギン》]](広義的には上記に含まれる。)~
--[[【甲虫装機】]]での[[《甲虫装機 グルフ》]]→[[《甲虫装機 ダンセル》]]等、さらに展開ルートを増やす形でも利用される。~
-複数の展開先を持ち、柔軟な動きが期待できるもの~
--[[レベル]]2・3・4と揃い、[[ディスアドバンテージ]]の軽減や[[召喚権]]の追加できる[[【カラクリ】]]~
--[[キーカード]]や展開用の[[カード]]の[[レベル]]が分散する[[【ジャイアント・ボマー・エアレイド】]]・[[【ガガガ】]]~
<

 [[【BF】]]の[[《BF−暁のシロッコ》]]や[[【炎星】]]の[[《威炎星−ヒエンシャク》]]のように、直接展開する事を目的としていない場合でも、展開ルートに含まれるために動きやすくなる[[上級モンスター]]も存在する。~

 [[コンボ]]自体は豊富だが、この[[カード]]自体は[[サーチ]]が利かず、[[1ターンに1枚>1ターンに1度]]の制限もあるので[[積んだ>積む]]場合の[[手札事故]]もある。~
 展開の隙も小さくないので、[[デッキ]]構築とプレイングの両方が試される[[カード]]と言える。~

-[[モンスタートークン]]や[[ペンデュラムモンスター]]は[[墓地へ送る]]事ができない。~
また、[[罠モンスター]]は、[[墓地]]で[[種族]]等を参照できないためか、[[墓地へ送る]]事ができない[[裁定]]である。~
--[[コントロール奪取]]した[[相手]][[モンスター]]を[[コスト]]にする事は可能であり、[[コスト]]が[[相手]]の[[墓地]]へ送られる以外は通常通り処理される。~

-[[墓地]]での状況を参照するため、[[《精霊術師 ドリアード》]]から[[光属性]]以外を出したり[[《ガガガマジシャン》]]から[[レベル]]9の[[モンスター]]を出したりはできない。~


-[[イラスト]]は[[《キャノン・ソルジャー》]]が[[《メガキャノン・ソルジャー》]]に進化する過程が描かれているが、[[属性]]が異なるためこの[[カード]]は使用できない。~

-海外では[[シークレットレア>Secret]]に格上げされている。~
//かつてこのような大幅格上げは[[ドローソース]]に見られた傾向だが、上記のようにさまざまな[[コンボ]]の起点となり、結果[[《光神テテュス》]]等から[[ドロー]]を狙える性能が評価されたのだろうか。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSの第22話冒頭の[[デュエル]]風景で、一般デュエリストの[[手札]]にある事が確認できる。~

-コナミのゲーム作品において―~
スマホアプリ「デュエルリンクス」には、この[[カード]]の[[効果]]と似たような能力を持つ海馬モクバ専用スキル「モンスターチェンジ・進化」が存在する。~
スマホアプリ「デュエルリンクス」には、海馬モクバのみが習得できるスキルの中に、この[[カード]]の[[効果]]と似たような能力を持つスキル「モンスターチェンジ・進化」が存在する。~
あちらは[[自分]]の[[ライフポイント]]が1500減る毎に使用でき、[[リクルート]]される[[モンスター]]自体は指定できず、[[デッキ]]の中から[[ランダム]]に選ばれる。~
また、呼び出される[[モンスター]]の条件は[[通常召喚]]が可能である事のみであり[[特殊召喚]]扱いでもないため、[[特殊召喚]]が不可能である[[スピリット]][[モンスター]]や[[《破壊竜ガンドラ》]]を呼び出し[[フィールド]]に維持するといった独自の戦術をとることが可能である。

**関連カード [#card]
-[[《孵化》]]

-[[《ダウンビート》]]

-[[《チューナーズ・ハイ》]]

//-[[《トラップ・スタン》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《キャノン・ソルジャー》]]
-[[《メガキャノン・ソルジャー》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[JUDGMENT OF THE LIGHT]] JOTL-JP067 &size(10){[[Rare]]};
-[[ストラクチャーデッキ−機光竜襲雷−]] SD26-JP026

**FAQ [#faq]
Q:[[種族]]・[[属性]]・[[レベル]]はどこでの状態を参照しますか?~
A:[[墓地]]です。~
  つまり、元々の[[種族]]・[[属性]]・[[レベル]]に対して[[効果]]を[[適用]]します。(13/04/20)

Q:[[効果処理時]]に[[発動]][[コスト]]とした[[モンスター]]が[[墓地]]に存在しなくなった場合、[[特殊召喚]][[効果]]は[[適用]]されますか?~
A:いいえ、[[適用]]されません。(13/04/29)

Q:[[効果]]で[[レベル]]7となった[[《ガガガマジシャン》]]を[[墓地へ送って>墓地へ送る]]この[[カードを発動>カードの発動]]したい場合、[[デッキ]]に[[闇属性]]・[[魔法使い族]]の[[レベル]]8[[モンスター]]と[[レベル]]5[[モンスター]]どちらが必要となりますか?~
A:[[闇属性]][[レベル]]5の[[魔法使い族]][[モンスター]]が[[デッキ]]に存在すれば[[発動]]できます。~
  [[デッキ]]に[[闇属性]][[レベル]]8の[[魔法使い族]][[モンスター]]しか存在しない場合はこの[[カードを発動>カードの発動]]できません。(13/08/31)

Q:[[《死霊ゾーマ》]]を[[墓地へ送り>墓地へ送る]][[発動]]する事はできますか?~
A:[[墓地に送り>墓地へ送る]][[発動]]する事自体ができません。(13/06/05)

Q:[[《アンデットワールド》]]が存在する時、[[《ホルスの黒炎竜 LV6》]]を[[墓地へ送り>墓地へ送る]][[発動]]する事はできますか?~
A:[[《アンデットワールド》]]が存在する場合、[[墓地]]では[[アンデット族]]となります。~
  [[デッキ]]に「[[レベル]]7・[[炎属性]]・[[アンデット族]]」の[[モンスター]]が存在するなら可能です。(13/05/09)

Q:[[《アンデットワールド》]][[適用]]中に[[《終末の騎士》]]を[[墓地へ送り>墓地へ送る]][[発動]]し、[[チェーン]]して[[《サイクロン》]]で[[《アンデットワールド》]]を[[破壊]]しました。~
  この場合、[[特殊召喚]]される[[モンスター]]の[[種族]]は何ですか?~
A:[[戦士族]]になります。(13/08/03)

Q:[[《アンデットワールド》]][[適用]]中、[[《終末の騎士》]]と[[《サイレント・ソードマン LV7》]]が[[《グレイモヤ不発弾》]]の[[対象]]になっています。~
  [[《終末の騎士》]]を[[墓地へ送り>墓地へ送る]][[発動]]した場合[[特殊召喚]]される[[モンスター]]の[[種族]]は何ですか?~
A:[[アンデット族]]になります。(13/08/03)
//A:《トランスターン》を[[発動]]する事はできますが、[[《サイレント・ソードマン LV7》]]の[[効果]]が適用されている為、その[[効果]]は無効化され[[特殊召喚]]する事はできません。(13/06/28)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《トランスターン》,魔法,通常魔法,);