*《ファイアーダーツ/Fire Darts》 [#top]
 通常罠
 自分の手札が0枚の時に発動する事ができる。
 サイコロを3回振る。
 その合計の数×100ポイントダメージを相手ライフに与える。

 [[CYBERNETIC REVOLUTION]]で登場した[[バーン]]系の[[通常罠]]。~
 [[サイコロ]]の目に応じた[[ダメージ]]を与える[[効果]]を持つ。~

 [[【フルバーン】]]向け[[カード]]。~
 [[ギャンブル]]性はあるものの[[サイコロ]]を3つ振るため、期待値である1050前後の数値が出る可能性が高く[[ダメージ]]は比較的安定する。~
 大抵の場合で使い捨て[[バーン]][[カード]]よりは高い[[ダメージ]]が出る。~
// 比較的簡単に高[[ダメージ]]が期待できるので[[《マジカル・エクスプロージョン》]]より性能がいい。~
//特化構築のマジエクと単発ギャンブルのこいつを比較しても意味が無い。現に実際のデュエルではあちらの方がダメージ値高いのが殆どだし
 また、[[ダメージ]]が低い(最低値は300ポイント)事があるだけで[[自分]]に[[デメリット]]はなく、リスクは全くない。~

 [[手札]]が0枚時にしか[[発動]]できないため、[[魔法・罠カード]]中心として[[発動条件]]を満たしやすくしておきたい。~
 [[【チェーンバーン】]]等にも検討できるか。~

-出る目の合計と、その確率は以下の通り。~
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|与える[[ダメージ]]|300|400|500|600|700|800|900|1000|
|確率|1/216|3/216|6/216|10/216|15/216|21/216|25/216|27/216|
||約0.5%|約1.4%|約2.8%|約4.6%|約6.9%|約9.7%|約11.6%|12.5%|
||||||||||
|与える[[ダメージ]]|1100|1200|1300|1400|1500|1600|1700|1800|
|確率|27/216|25/216|21/216|15/216|10/216|6/216|3/216|1/216|
||12.5%|約11.6%|約9.7%|約6.9%|約4.6%|約2.8%|約1.4%|約0.5%|

--[[《ご隠居の猛毒薬》]]や[[《昼夜の大火事》]]を超える800以上の[[ダメージ]]を与える確率は181/216(約84%)。~
[[《火炎地獄》]]や[[《デス・メテオ》]]を超える1000以上の[[ダメージ]]を与える確率は135/216(約63%)。~

-[[《冥府の使者ゴーズ》]]との相性は最悪であり、[[《カードカー・D》]]とも若干噛み合わない。~
[[【フルバーン】]]に投入する際はプレイングや構築に気を付けよう。~

-現在のところ、1回の処理で最も[[サイコロ]]を振る回数の多い[[カード]]である。~
同じく[[サイコロ]]を3回振る[[カード]]は他に[[《ゴッドオーガス》]]が存在する。~
ただし、振り直しの存在する[[《ダイス・ポット》]]や[[《ニードル・ウォール》]]は、この[[カード]]よりも多く[[サイコロ]]を振る可能性がある。~

-[[《出たら目》]]は''振った[[サイコロ]]の内の1つの目''を変える[[効果]]である。~
このため、受ける影響は最大で500ポイント分の[[ダメージ]]増減にとどまる。~

--[[《No.67 パラダイスマッシャー》]]の(2)の[[効果]]も同様で、最大600ポイントの増加となる。~
適用条件が運に左右されないため、900以上のダメージを安定して出せると考えても良い。~

--上記2枚を組み合わせると、1400以上のダメージを期待できる。~
3つのサイコロの内、1・3・5の目を見つけて[[《出たら目》]]を適用し、残りの低い目を[[《No.67 パラダイスマッシャー》]]で7に変えたら、1900ダメージも遠くない。~

-間違えやすいが、《ファイ''ヤー''ダーツ》でも《ファイ''ア''ダーツ》でもなく《ファイ''アー''ダーツ》である。~
なお、この[[カード]]以外に「ファイアー」表記は存在せず、他は全て「ファイヤー」または「ファイア」表記である。~
現在はアニメVRAINSで[[《フュージョン・オブ・ファイア》]]などが含まれる《○○・オブ・ファイア》と名の付く[[魔法・罠カード]]が登場したことでこのような誤解は減っている。~

//-原作・アニメにおいて―~

-コナミのゲーム作品において─~
[[DUEL TERMINAL]]では初期の[[フレムベル]]の隠し[[デッキ]]や「&ruby(スペル・トラップ){魔法と罠の障壁};」に投入されていた。~
初期は[[ライフ]]3000スタートのルールであり、この[[環境]]では[[ライフ]]の1/3を1枚で削り取れるのだが、[[フィールド]]の狭さなどから[[手札]]を消耗しにくく[[発動]]は大変であった。~

**関連カード [#card]
-[[サイコロ]]

-[[《ファイヤー・デビル》]]

-[[《マジカル・エクスプロージョン》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CYBERNETIC REVOLUTION]] CRV-JP049 &size(10){[[Rare]]};
-[[EXPERT EDITION Volume.4]] EE04-JP049

**FAQ [#faq]
Q:この[[カード]]の[[効果処理時]]に[[手札]]が1枚以上存在する場合、この[[カードの効果]]を処理しますか?~
A:はい。[[効果]]を処理します。(05/05/26)

Q:[[《地獄の扉越し銃》]][[《痛魂の呪術》]]は[[発動]]できますか?~
A:はい、[[発動]]できます。

Q:[[効果]]で3回[[サイコロ]]を振りますが、[[サイコロ]]を振る毎に1回ずつ[[ダメージ]]を与えるのですか?~
A:いいえ。[[サイコロ]]を3回振り、全て振り終わった後に出た目の合計×100ポイントの[[ダメージ]]を与えます。
----
&tag(《ファイアーダーツ》,罠,通常罠,);