*《ファイアウォール・&ruby(エクシード){X};・ドラゴン/Firewall eXceed Dragon》 [#top]
 エクシーズ・効果モンスター
 ランク4/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
 レベル4モンスター×2体以上
 (1):X召喚したこのカードの攻撃力は、
 このカードとリンク状態になっているリンクモンスターのリンクマーカーの数×500アップする。
 (2):このカードのX素材を2つ取り除き、
 自分の墓地のリンク4のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターをこのカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。
 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

 [[DARK NEOSTORM]]で登場した[[闇属性]]・[[サイバース族]]の[[エクシーズモンスター]]。~
 自身と[[リンク状態]]の[[リンクモンスター]]の[[リンクマーカー]]の数に比例した[[自己強化]]を行う[[永続効果]]、自身と[[リンク状態]]となるように[[リンク]]4の[[サイバース族]]を[[蘇生]]させる[[起動効果]]を持つ。~

 [[エクシーズ素材]]は[[レベル]]4[[モンスター]]2体以上となっている。~
 (2)の[[効果]]は[[発動]]後に[[特殊召喚]]ができなくなるため、4体を[[エクシーズ素材]]にした場合でも[[ターン]]を跨がなければ2回目の使用はできない。~
 消費も大きいため、基本的に2体素材で出した方が良い。~
 [[《ストイック・チャレンジ》]]を併用する場合などであれば3体以上を素材にすることも考えられる。~

 [[【サイバース族】]]で出す場合、[[トークン]]を利用することが多いため、[[チューナー]]も利用して[[レベル]]4の[[シンクロモンスター]]を経由するのも手。~

 (1)は自身と[[リンク状態]]の[[リンクモンスター]]の[[リンクマーカー]]の数だけ[[自己強化]]する[[効果]]。~
 (2)の[[効果]]や先に出しておいた[[リンクモンスター]]を利用して[[強化]]することになる。~
 [[リンク]]4の[[リンク先]]に出せば2000の[[強化]]が得られ4500にまで[[強化]]される。~
 ただ、[[ランク]]4およびそこから容易に繋げられる高打点としては[[《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》]]や[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]等がある。~
 打点目当てなら、複数の[[リンクモンスター]]を併用し、上回る様にしたい。~

 (2)は自身と[[リンク状態]]となるように[[リンク]]4の[[サイバース族]]を[[蘇生]]させる[[効果]]。~
 (1)との[[コンボ]]により自身の[[攻撃力]]は4500以上となり、[[蘇生]]された[[モンスター]]と含めて総[[攻撃力]]は7000以上となる。~
 ただし、[[発動]]後は[[特殊召喚]]と[[直接攻撃]]が封じられるため、その[[ターン]]中に勝負を決められるかは[[相手]][[フィールド]]や[[ライフ]]次第の面が強い。~

 [[リンク]]4の[[リンクモンスター]]を素材に別の[[リンクモンスター]]を出しておき、それからこの[[カード]]を出すことで効率良く使える。~
 [[リンク状態]]になる必要があり、この[[カード]]を[[メインモンスターゾーン]]に出した場合、左右の[[リンクマーカー]]を持つものしか[[蘇生]]できない。~

 [[メインモンスターゾーン]]で[[蘇生]]可能な[[リンク]]4と[[《ファイアウォール・ガーディアン》]]を使えば(2)と[[エクシーズ召喚]]の下準備は比較的楽に条件を満たせる。~
 その2体で[[《サイバース・ウィッチ》]]を[[リンク召喚]]し、[[《ファイアウォール・ガーディアン》]]を[[自己再生]]。~
 [[《サイバース・ウィッチ》]]の[[効果]]で[[サーチ]]と[[レベル]]4の[[蘇生]]を行い、その[[レベル]]4と[[《ファイアウォール・ガーディアン》]]でこの[[カード]]を[[エクシーズ召喚]]すればよい。~
 [[《サイバース・ウィッチ》]]の[[リンク先]]に出されるため、[[攻撃力]]は5500となり、[[《ファイアウォール・ガーディアン》]]の[[効果]]も使える。~

-(2)で[[蘇生]]可能な主な[[モンスター]]([[禁止カード]]は除く)~
//数が増えてきたら「主なモンスター」として相性が良いものだけを記述
//数が増えてきたため、相性の良いものに限る方向で

--[[エクストラモンスターゾーン]]・[[メインモンスターゾーン]]のどちらでも[[蘇生]]可能~

---[[《リンクメイル・デーモン》]]~
この[[カード]]を[[対象]]に(1)を[[発動]]すれば、4500以上の[[全体弱体化]]が可能となり、この[[カード]]の[[自己強化]]と合わせて[[戦闘]]には滅法強くなる。~
(2)(3)でそこそこの場持ちも期待でき、特に(2)はこの[[カード]]も恩恵を受けられる。~

---[[《ラスタライガー》]]~
(1)を利用すれば高い打点が得られるので、この[[カード]]の[[自己強化]]と合わせて総[[攻撃力]]には期待できる。~
この[[カード]]を[[コスト]]に(2)の[[破壊]][[効果]]も使えるが、[[直接攻撃]]不可の[[デメリット]]とは[[シナジー]]が悪いので無理に使う必要はない。~

//---[[《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》]]~
//あちらの[[ハンデス]][[効果]]とこの[[カード]]との[[シナジー]]が薄く、[[リンク状態]]になる位置に出しつつ[[エクストラリンク]]状態にするのはかなり難しい。~
//[[蘇生]]後は[[特殊召喚]]ができなくなるため、[[自分]]と[[相手]]の[[手札]]を[[捨てる]][[効果]]も能動的に使えない。~

//---[[《転生炎獣パイロ・フェニックス》]]~
//(1)の[[効果]]は、[[リンク召喚]]ではないので使うことができず、[[特殊召喚]]ができなくなるため[[同名カード]]の[[リンク素材]]にすることもできない。~
//同じ理由で、(2)の[[効果]]も使えなくなる。~
//(3)の[[効果]]だけは有効だが、[[《転生炎獣パイロ・フェニックス》]]を見て[[相手]]が無策で[[リンクモンスター]]を[[特殊召喚]]してくることはまずないため、基本的に候補には挙がらないだろう。~
//一応、[[リンクモンスター]]の展開を牽制するのには使える。~

//---[[《海晶乙女ワンダーハート》]]~
//持っている[[効果]]がいずれも[[特殊召喚]]を行う[[効果]]であるため、こちらの[[効果]]で[[蘇生]]させた[[ターン]]は使えない。~
//他の[[蘇生]]候補と比べて打点が高いわけでもないため、こちらも候補にはまず挙がらない。~

--[[エクストラモンスターゾーン]]でのみ[[蘇生]]可能~
---[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]~
[[戦闘破壊]]した[[モンスター]]の[[攻撃力]]分の[[ダメージ]]を与える[[効果]]もあるため、[[直接攻撃]]できなくなる制約を補える。~
ただし、[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]に[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された場合に[[メインモンスターゾーン]]を[[全体除去]]する[[効果]]が強制[[発動]]するため、自滅する可能性も高い。~

---[[《トポロジック・ゼロヴォロス》]]~
[[除外]]されている[[カード]]の枚数が多いほど[[攻撃力]]が上がるため、[[アタッカー]]として使える。~
ただし、[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]に[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された場合に[[フィールドのカード]]を全て[[除外]]する[[効果]]が強制[[発動]]するため、自滅する可能性も高い。~
//(ただし、その[[ターン]]さえ凌いでしまえば[[《トポロジック・ゼロヴォロス》]]は帰還する)。~
//ファイアウォールXドラゴン失うデメリットもあるから帰還できても結局損する

--[[メインモンスターゾーン]]でのみ[[蘇生]]可能~
---[[《双穹の騎士アストラム》]]~
元々の[[汎用性]]が高い[[カード]]であり、この[[カード]]との[[コンボ]]のために採用するといった無理をせずとも投入しやすい。~
[[蘇生]]させた場合は(1)(3)は使用できないが、(2)で高い打点が期待できるので、この[[カード]]の[[自己強化]]と合わせて[[戦闘]]には滅法強くなる。~

---[[《海晶乙女ワンダーハート》]]~
持っている[[効果]]がいずれも[[特殊召喚]]を行う[[効果]]であるため、こちらの[[効果]]で[[蘇生]]させた[[ターン]]は使えない。~
他の[[蘇生]]候補と比べて打点が高いわけでもないため、こちらも候補にはまず挙がらない。~
//---[[《海晶乙女ワンダーハート》]]~
//持っている[[効果]]がいずれも[[特殊召喚]]を行う[[効果]]であるため、こちらの[[効果]]で[[蘇生]]させた[[ターン]]は使えない。~
//他の[[蘇生]]候補と比べて打点が高いわけでもないため、こちらも候補にはまず挙がらない。~

-(1)で得られる最高[[強化]]値は、この[[カード]]を[[エクストラモンスターゾーン]]に配置した上で、上下に[[《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》]]、斜め4方向全てに[[リンク]]4を配置した場合の13000。~
斜め方向の[[リンクマーカー]]を持つ[[リンク]]4は[[《トポロジック・ゼロヴォロス》]]や[[《リンクメイル・デーモン》]]等、この[[カード]]で[[蘇生]]可能な[[モンスター]]も存在する。~

-[[カード名]]の「X」は、前のパックの看板[[モンスター]]である[[《ヴァレルロード・S・ドラゴン》]]と同様に「[[エクシーズ]]」を意識した表記だろう。~
ただし、読み方は「[[エクシーズ]]」ではなく「エクシー''ド''」なので、[[エクシーズ・ドラゴン]]には含まれない。~
また、頭部や翼のデザインも「X」を意識している。~
ちなみに「エクシード(exceed)」とは「越える、超過する、超越する」という意味の英語である。~
//下記のアニメでも予想を''越えた''[[デュエル]]でGo鬼塚を驚かせている。~
--[[英語名]]では「X」を強調するため単語の2文字目が大文字になると珍しい表記法である。~

-[[イラスト]]や[[カード名]]など、[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]を意識している。~
あちらは[[リンク]]4なのでこの[[カード]]の[[効果]]で[[蘇生]]できるうえに自身の[[強化]]にも貢献でき、[[蘇生]]によってあちらの(1)の[[効果]]も再使用できるため[[シナジー]]が強い。~
ただし、(2)の[[効果]]の[[発動]]後は[[特殊召喚]]と[[直接攻撃]]が封じられるため、あちらの(2)の[[効果]]は[[蘇生]]した[[ターン]]には使用できない。~
また、この[[カード]]の登場に先んじて施行された[[19/01/01>リミットレギュレーション/2019年1月1日]]において[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]が[[禁止カード]]となったため、公式ルールではこの[[シナジー]]を活かすことができない。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSで遊作/Playmakerが使用する[[エクシーズモンスター]]。~
初登場は「遊作/Playmaker vs鬼塚/Go鬼塚」(2戦目)であり、同[[デュエル]]でPlaymakerが[[スキル>スピードデュエル]]「Neo Storm Access」で入手し使用。~
[[《ファイアウォール・ガーディアン》]]と[[《グリッド・スィーパー》]]を[[エクシーズ素材]]に[[エクシーズ召喚]]される。~
(2)の[[効果]]で[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]を[[蘇生]]し、[[《クロック・リザード》]]と合わせて(1)の[[効果]]で[[攻撃力]]5500となる。~
最終的に[[攻撃力]]4500の状態で、[[《ファイアウォール・ガーディアン》]]の[[効果]]で[[攻撃力]]0になった[[《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》]]を[[戦闘破壊]]して[[1ターンキル]]を達成した。~
[[攻撃]]名は「ライジング・クリプト・リミット」。~
--[[エクシーズ召喚]]時の口上は、「万物を蹴散らす力の壁よ。今、竜の牙となりて顕現せよ![[エクシーズ召喚]]!現れよ、[[ランク]]4!《ファイアウォール・X・ドラゴン》!」

--モブキャラクターが使用していた[[《十二獣ハマーコング》]]を除けば、アニメVRAINSで初めて使用された[[エクシーズモンスター]]である。~
([[《十二獣ハマーコング》]]は姿しか描写されていないため、[[エクシーズ召喚]]されたという条件ではこちらが名実ともに初である。)~
前作であるARC-Vまでの通常の[[エクシーズモンスター]]と異なり、この[[モンスター]]の[[オーバーレイ・ユニット>エクシーズ素材]]は背後で∞を描くように浮遊していた。~

--[[攻撃]]演出は自身の背中の羽から「X」型の衝撃波が出るものであり、デザイン・[[カード名]]・[[召喚]]演出等と合わせて「[[X>エクシーズモンスター]]」を強く意識した[[モンスター]]である。~
---d-データでは「戦闘モードで繰り出す大きな羽は、その名の通りXの形となり、全てを圧倒する。口から発する熱放射で[[モンスター]]だけでなく、[[フィールド]]を火の海に変えるぞ!」と紹介されていた。~
しかし[[攻撃]]方法は上述のとおりであり、「口から発する熱放射」を披露していない。

--初登場時は、同[[デュエル]]中Playmakerの戦術を全て見切っていたGo鬼塚が「[[エクシーズ召喚]]だと!?」と大きな動揺を見せていた。~
一度は[[無効]]にした「Neo Storm Access」を再び[[発動]]された事、これまでPlaymakerが[[エクシーズ召喚]]をした事がなかった事等が理由か。~

--初登場した上記の回からEDに[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]と共に追加されている。~

--「vsボーマン」(4戦目)では[[墓地]]に[[《サイバース・マジシャン》]]・[[《サイバース・クロック・ドラゴン》]]・[[《サイバース・クアンタム・ドラゴン》]]と共に存在する事で[[《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》]]の[[強化]]に貢献している。~
また、OP第3弾の1シーンでは[[リンク]]3[[コード・トーカー]]6種と共にこの4体の[[カード]]画像が確認できる。~
この4体はPlaymakerが使用する各[[召喚]]法の代表的[[モンスター]]の扱いの様だが、他3体が「サイバース・○○」という[[カード名]]と[[対象]]限定[[効果]]の共通点を持つのに対し、この[[カード]]のみいずれも存在せずやや毛色が異なる。~
また、他3体には見られた[[《サイバース・ウィッチ》]]・[[《クロック・スパルトイ》]]・[[《サイバース・ウィキッド》]]といった[[サポートカード]]となる[[リンク]]2[[モンスター]]も現状存在しない。~
どちらかと言えばライバルのリボルバーが使用する([[リンクモンスター]]以外の)[[ヴァレル]][[モンスター]]との共通点が多い。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]

-[[《ヴァレルロード・X・ドラゴン》]]

//―《ファイアウォール・X・ドラゴン》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

***(2)で[[蘇生]]可能な[[リンク]]4の[[サイバース族]] [#list]
//単にタグリストにするならサイバース族のページに飛ばせばいい。リスト作るなら詳細の情報があった方が良い
 ※括弧内は[[リンクマーカー]]の向き~
-[[《転生炎獣パイロ・フェニックス》]](上/左/右/下)
-[[《双穹の騎士アストラム》]](左/右/左下/右下)
-[[《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》]](上/左/右/下)
-[[《トポロジック・ゼロヴォロス》]](左上/右上/左下/右下)
-[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]](上/左下/下/右下)
-[[《ファイアウォール・ドラゴン》]](上/左/右/下)([[禁止カード]])
-[[《海晶乙女ワンダーハート》]](左/右/左下/右下)
-[[《ラスタライガー》]](上/左/右/下)
-[[《リンクメイル・デーモン》]](左上/左/左下/右下)

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[DARK NEOSTORM]] DANE-JP036 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]],[[Secret]],[[20th Secret>Secret]],[[Holographic]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ファイアウォール・X・ドラゴン》,エクシーズモンスター,効果モンスター,モンスター,ランク4,闇属性,サイバース族,攻2500,守2000);