*《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000
 【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
 効果モンスター3体以上
 (1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
 自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。
 (2):このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする。
 (3):相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。
 その発動を無効にする。
 この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、
 このカードはもう1度続けて攻撃できる。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除
//https://yu-gi-oh.jp/index.php?page=details&&id=565

 [[CHAOS IMPACT]]で登場する[[闇属性]]・[[サイバース族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[リンク召喚に成功した]]場合に[[墓地]]の[[サイバース族]]の[[カードの種類]]だけ[[カウンター]]を[[置く]][[効果]]、[[バトルフェイズ]]中に[[カウンター]]の数だけ[[強化]]する[[効果]]、[[モンスター効果の発動]]を[[無効]]にし、自身の[[攻撃]]時に[[発動]]した場合に[[連続攻撃]]できる[[効果]]を持つ。~

 [[リンク素材]]は[[効果モンスター]]3体以上を必要とする[[リンク]]5であり、[[重い]]。~
 とはいえ[[サイバース族]]主体なら[[手札]]2枚からでも出すことはできる。~
 ただし、[[サイバース族]][[儀式>儀式モンスター]]・[[融合>融合モンスター]]・[[シンクロ>シンクロモンスター]]・[[エクシーズモンスター]]のいずれかが[[墓地]]になければ[[効果]]は活かせない。~
 基本的に[[【サイバース族】]]での採用となる。~

 (1)は自身に[[カウンター]]を[[置く]][[効果]]。~
 上述の通り、[[墓地]]に特定の[[サイバース族]]を必要とするため、事前準備が必要となる。~
 [[フィールド]]に出す必要はないので、[[儀式モンスター]]の場合は[[《おろかな埋葬》]]、[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]については[[《轟雷帝ザボルグ》]]や[[《おろかな重葬》]]で[[墓地へ送る]]手が考えられる。~
 [[《轟雷帝ザボルグ》]]で[[墓地へ送る]]場合、[[《虹光の宣告者》]]も併せて[[墓地へ送る]]ことで[[儀式モンスター]]の[[サーチ]]もできる。~
 この方法の場合、[[【サイバース族】]]以外でも[[効果]]を使用可能になる。~

 (2)は[[カウンター]]の数だけ[[自己強化]]する[[効果]]。~
 上昇値は非常に高く、[[カウンター]]2つで[[攻撃力]]は8000に達し、最大13000になる。~

 (3)は[[モンスター効果の発動]]の[[無効]]化と[[連続攻撃]][[効果]]。~
 [[モンスター効果]]を中心とする現[[環境]]では大きく[[刺さり>刺さる]]、1[[ターン]]の制限も無い。~
 自身の[[攻撃]]時に[[発動]]すれば[[連続攻撃]]となるが、[[相手]]がわざわざ[[発動]]するとは考えにくく、オマケ程度と言える。~
 [[《バトルフェーダー》]]などの[[攻撃]]を防ぐ[[手札誘発]]には強く、[[カウンター]]を失い[[攻撃力]]が下がっても[[攻撃]]回数が増えるので、総[[ダメージ]]は増える。~
 [[カウンター]]を2つ以上[[置く]]状況は作りにくいものの、上手く置ければ攻めにも守りにも転じられる[[制圧]][[モンスター]]となるだろう。~

-[[《マイクロ・コーダー》]]・[[《サイバネット・マイニング》]]・[[《サイバネット・コーデック》]]の3枚が[[手札]]にあれば、[[カウンター]]を4つ乗せて[[リンク召喚]]できる。~
>
+[[《マイクロ・コーダー》]]を[[墓地]]へ送り[[《サイバネット・マイニング》]]を[[発動]]、[[《サイバース・ガジェット》]]を[[サーチ]]。~
+[[《サイバネット・コーデック》]]を[[発動]]し[[《サイバース・ガジェット》]]を[[召喚]]、[[《マイクロ・コーダー》]]を[[蘇生]]し2体で[[《コード・トーカー》]]を[[リンク召喚]]。~
+[[《サイバネット・コーデック》]]で[[《サイバース・シンクロン》]]を[[サーチ]]、[[《マイクロ・コーダー》]]で[[《サイバネット・フュージョン》]]を[[サーチ]]、[[《サイバース・ガジェット》]]で[[ガジェット・トークン]]を[[特殊召喚]]。~
+[[ガジェット・トークン]]で何らかの[[リンク]]1を[[リンク召喚]]し、その[[リンク]]1と[[《コード・トーカー》]]で[[《トランスコード・トーカー》]]を[[リンク召喚]]。~
+[[《サイバネット・コーデック》]]で[[《コード・ジェネレーター》]]を[[サーチ]]し、[[《トランスコード・トーカー》]]で[[《コード・トーカー》]]を[[蘇生]]。~
+[[《コード・トーカー》]]と[[《コード・ジェネレーター》]]で[[《コード・トーカー・インヴァート》]]を[[リンク召喚]]。~
+[[《サイバネット・コーデック》]]で[[《バックアップ・セクレタリー》]]を[[サーチ]]、[[《コード・トーカー・インヴァート》]]で[[《サイバース・シンクロン》]]を[[特殊召喚]]、[[《コード・ジェネレーター》]]で[[《ドットスケーパー》]]を[[墓地へ送る]]。~
+[[《ドットスケーパー》]]を[[自己再生]]、[[《トランスコード・トーカー》]]と[[《コード・トーカー・インヴァート》]]で[[《サイバース・ウィッチ》]]を[[リンク召喚]]。~
+[[《サイバース・シンクロン》]]の[[レベル]]を2にし、[[《ドットスケーパー》]]と共に[[《サイバース・インテグレーター》]]を[[シンクロ召喚]]。
+[[《サイバース・ウィッチ》]]で[[《サイバネット・マイニング》]]を[[除外]]し[[サイバース族]][[儀式モンスター]]と[[《サイバネット・リチューアル》]]を[[サーチ]]、[[《サイバース・インテグレーター》]]で[[《サイバース・シンクロン》]]を[[蘇生]]。~
+[[《サイバネット・フュージョン》]]を[[発動]]し、[[《サイバース・シンクロン》]]と[[手札]]の[[サイバース族]][[儀式モンスター]]で[[《ダイプレクサ・キマイラ》]]を[[融合召喚]]。~
+[[《バックアップ・セクレタリー》]]を[[特殊召喚]]し、[[《サイバース・インテグレーター》]]と共に[[《サイバース・リマインダー》]]を[[エクシーズ召喚]]。~
+[[《サイバース・ウィッチ》]]で何らかの[[レベル]]4以下[[サイバース族]]を[[蘇生]]。~
+[[《サイバース・ウィッチ》]]・[[《ダイプレクサ・キマイラ》]]・[[《サイバース・リマインダー》]]・[[レベル]]4以下[[サイバース族]]でこの[[カード]]を[[リンク召喚]]。~
<

-[[OCG]]で公式に使用できる初の[[リンク]]5[[リンクモンスター]]である。~

-「ダーク」の名の通りというべきか、[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]の青い部分を黒地に緑色のラインとしたような体色をしている。~
アニメでは[[攻撃]]時、[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]と同じように緑色のラインが赤くなる。~
--この[[カード]]を生み出すための力を受け取ったのが、[[闇>闇属性]]のイグニスのAiであることを意識したネーミングだと思われる。~

--容姿や[[カード名]]などの演出面では繋がりが深いが、実際の[[カード]]としての[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]との[[シナジー]]は皆無である。~
//文章後半を下記に移動

-「ダークフルード(dark fluid)」とは、[[ダークマター>《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》]]とダークエネルギーを統合した理論上の流体である。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSにて遊作/Playmakerが使用する[[リンクモンスター]]。~
初登場は「vsボーマン」(4戦目)であり、ボーマンのデータ内部に侵入したAiが5体のイグニスから託された力を元に生み出され、[[エクストラデッキ]]に加わった[[カード]]である。~
[[《トランスコード・トーカー》]]・[[《コード・ジェネレーター》]]・[[《サイバース・マジシャン》]]を[[リンク素材]]に[[リンク召喚]]される。~
[[墓地]]に[[《サイバース・マジシャン》]]・[[《サイバース・クロック・ドラゴン》]]・[[《サイバース・クアンタム・ドラゴン》]]・[[《ファイアウォール・X・ドラゴン》]]が存在したことにより、(1)の[[効果]]で4つの[[カウンター]]が乗り(2)の[[効果]]で[[攻撃力]]13000となる。~
《パーフェクトロン・ハイドライブ・ドラゴン》の[[戦闘]]後に[[発動]]する[[効果]]を(3)で封じながら5回の[[連続攻撃]]を行ない、最終的に[[攻撃力]]3000の状態で[[攻撃力]]0になった《パーフェクトロン・ハイドライブ・ドラゴン》を[[戦闘破壊]]して[[フィニッシャー]]となった。~
[[攻撃]]名は「ネオテンペスト・フレイム」、「ネオテンペスト・アクア」、「ネオテンペスト・アース」、「ネオテンペスト・ウィンディ」、「ネオテンペスト・エンド」。~
(3)の[[効果]]名は「カルマ・ギア」。~

--[[リンク召喚]]時の口上は、「&ruby(そら){宇宙};に満たる神秘の力、奇跡の星に降り注ぎ、無限の命を紡ぎ出せ![[リンク召喚]]!現れろ、[[リンク]]5!《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》!」~
[[リンク召喚]]時には、七色の[[光>光属性]]から[[一滴の雫>水属性]]が出現し、それが[[荒野>地属性]]に落ちて[[風>風属性]]が吹き荒れ[[炎>炎属性]]が燃え上がってこの[[モンスター]]が現れるという5体のイグニス達の[[属性]]を意識していると思わしき演出があった。~

--[[《ローズ・テンタクルス》]]以来2体目となる、単独で3つ以上の[[攻撃]]名を持つ[[モンスター]]である。~
//強化や装備を含めるとホープがいたので
上記の通り5体のイグニスの力で生み出された[[カード]]であり、1〜4回目の[[攻撃]]の際には、[[攻撃]]名に対応する半透明のイグニス達が現れ、その[[属性]]のエネルギーで[[攻撃]]する演出がなされた。~
---この際、ライトニングだけは登場せず、[[攻撃]]名にも冠されていない。~
力を託す際ライトニングだけ非協力的で、不霊夢とアクアが半ば強引に力を放出させたためだろう。~

--この[[モンスター]]の[[リンクマーカー]]の位置はボーマンの内部で囚われていたイグニス5体の位置関係と類似する。~
(上から順に時計回りでライトニング、不霊夢、アクア、アース、ウィンディ)~
//--この[[モンスター]]の[[リンクマーカー]]の位置はボーマンの内部で囚われていたイグニス5体の位置関係と類似する。~
//(上から順に時計回りでライトニング、不霊夢、アクア、アース、ウィンディ)~
//特に関係ないと思う、リンク5で左右対称で上下もバランス取ってって考えたらこのくらいしかない

--dデータでは「攻撃態勢に入ると、光の翼を大きく広げる」「イグニスたちの絆を力に変えて7色の光線を放つ」とその特徴を紹介している。~

--意図したかは不明だが、この[[カード]]が初登場した[[デュエル]]の[[戦闘破壊]]を回避した[[モンスター]]に対し徐々に[[攻撃力]]を下げながら[[連続攻撃]]し、最終的に[[戦闘破壊]]して[[フィニッシャー]]になる描写は、アニメ5D'sの「遊星vsZ-ONE」戦における[[《集いし願い》]]の[[効果]]を受けた[[《スターダスト・ドラゴン》]]と[[《究極時械神セフィロン》]]との[[戦闘]]を彷彿とさせる。~

--この手のエース[[モンスター]]の進化形態に相当する[[モンスター]]は、「進化した」という点を分かりやすく伝えるためか初登場時にはその[[モンスター]]を素材に出す事がアニメ・漫画では基本である。~
しかし、この[[モンスター]]の場合は[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]側の事情や[[リンク]]数が合わない事から無関係の[[モンスター]]が素材になっている。~
劇中でも「[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]が進化した」などの言及があったわけでもなく、直接的な繋がりがあるという描写も無いため、設定上で特に関係がない可能性もある。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]

//―《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CHAOS IMPACT]] CHIM-JP037 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]],[[Secret]],[[20th Secret>Secret]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》,モンスター,リンクモンスター,効果モンスター,リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000);