*《ファイアウォール・ドラゴン/Firewall Dragon》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
 【リンクマーカー:上/左/右/下】
 モンスター2体以上
 (1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
 このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
 自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
 この効果は相手ターンでも発動できる。
 (2):このカードのリンク先のモンスターが、
 戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
 手札からモンスター1体を特殊召喚する。

 [[CODE OF THE DUELIST]]で登場した[[光属性]]・[[サイバース族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[自分]]または[[相手]]の[[フィールド]]・[[墓地]]の[[モンスター]]を[[持ち主]]の[[手札]]に[[戻す]][[誘発即時効果]]、[[手札]]から[[モンスター]]1体を[[特殊召喚]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 [[リンク素材]]自体には[[縛り]]が無いが、[[リンク]]4なので通常の手順で出すには4体の[[モンスター]]が必要になる。~
 [[【インフェルニティ】]]や[[【ゼンマイ】]]等、[[メインモンスターゾーン]]で[[モンスター]]を気兼ねなく[[特殊召喚]]し大量展開を狙う[[デッキ]]であれば(1)(2)の[[効果]]とも[[親和性>シナジー]]が高いので採用しやすい。~
 それ以外の[[デッキ]]では以下の方法等を用いて、この[[モンスター]]を[[リンク召喚]]する為の工夫が求められる。~

>
+[[モンスタートークン]]を複数[[リンク素材]]に活用する場合~
(具体例:[[《クレーンクレーン》]]又は[[《切れぎみ隊長》]]で[[《ダンディライオン》]]を[[蘇生]]させ、[[《ミセス・レディエント》]]を[[リンク召喚]]し、[[綿毛トークン]]2体と[[《ミセス・レディエント》]]で[[リンク召喚]]を行う)~
+[[リンク]]3以下を[[蘇生]]させて[[リンク素材]]にする場合~
(具体例:[[《RAMクラウダー》]]で[[《デコード・トーカー》]]を[[蘇生]]し、[[《RAMクラウダー》]]と[[《デコード・トーカー》]]で[[リンク召喚]]を行う)
+[[デッキ]]から[[リンク素材]]を[[リクルート]]して[[リンク召喚]]を行う場合~
(具体例:[[《捕食植物オフリス・スコーピオ》]]で[[《捕食植物ダーリング・コブラ》]]を[[リクルート]]し、[[《ブリリアント・フュージョン》]]を[[サーチ]]、[[《ジェムナイト・セラフィ》]]の[[融合素材]]に[[《Emトリック・クラウン》]]を使い[[特殊召喚]]、この4体で[[リンク召喚]]を行う)~
<

 この内、1.の方法で出す場合は[[《クラスター・ペンデュラム》]]や[[《幻銃士》]]も条件こそあるが[[トークン]]を用意しやすい。~
 また[[光属性]]なので[[《フォトン・サンクチュアリ》]]で[[特殊召喚]]される[[フォトントークン]]を使用するのも手。~
 [[《スケープ・ゴート》]]なら1枚で4体の[[トークン]]を用意できるが、[[相手]][[ターン]]をまたがねばならない点で遅い。~
 2.又は3.の方法で出す場合は事前に[[《デコード・トーカー》]]又は[[《電影の騎士ガイアセイバー》]]を[[リンク召喚]]しておくことで[[リンク召喚]]の負担を軽減できる。~

 [[リンクマーカー]]は上下左右にあり、[[エクストラモンスターゾーン]]に出しても[[自分]]の[[リンク先]]は1つしか増えず、[[相手]]の[[リンク先]]も1つ増やしてしまう。~
 このため、なるべく[[メインモンスターゾーン]]に出したい。~
 [[《リンク・スパイダー》]]を[[エクストラモンスターゾーン]]に出してその後ろの[[メインモンスターゾーン]]に出すのが楽だろう。~
 その[[《リンク・スパイダー》]]とは[[相互リンク]]になるため(1)の[[効果]]が[[発動]]でき、[[リンク素材]]などで[[墓地へ送れ>墓地へ送る]]ば(2)の[[効果]]にも繋がり、あちらの低[[攻撃力]]を晒すリスクも抑えられる。~

 (1)の[[効果]]は[[お互い]]の[[フィールド]]・[[墓地]]から任意の[[モンスター]]を[[手札]]に[[バウンス]]できる[[フリーチェーン]][[効果]]。~
 [[相手]][[モンスター]]の[[除去]]、[[墓地]]利用の阻害を狙える他、[[自分]]の[[モンスター]]の[[サルベージ]]も可能。~
 ただし、[[相互リンク]]している[[モンスター]]の数までという条件が厄介であり、[[リンク]]4のこの[[カード]]を出した上で更に別の[[リンクモンスター]]が必要となる。~
 ([[ソリティア]]要素が強くなり、[[対策>メタを張る]]され易くなるが)[[メインモンスターゾーン]]で[[モンスター]]を気兼ねなく[[特殊召喚]]し大量展開を狙う[[コンボ]]やギミックを駆使して2体目、3体目の[[同名モンスター>同名カード]]を出し後続の制圧手段に繋げて、最終的には相手の戦術を[[封殺>ロック]]する布陣を形成するのが一般的といえる。~
 もしくは上記の[[《デコード・トーカー》]]や[[《電影の騎士ガイアセイバー》]]のように、この[[モンスター]]の[[リンク素材]]として使用した[[リンクモンスター]]を[[蘇生]]させるのも有効といえる。~
 一方、[[フィールド]]に[[表側表示]]でいる限り1度しか使えず、[[リンクモンスター]]の性質上[[裏側守備表示]]にすることもできないので、[[フィールド]]を1度離さない限り2度目の[[発動]]もできない。~
 [[《RAMクラウダー》]]で[[リリース]]してすぐに[[蘇生]]したり、[[《サイバネット・バックドア》]]等で一時的に[[除外]]させれば、複数回の[[発動]]を狙える。~

 (2)の[[効果]]には回数制限がなく、条件も能動的に使いやすいため、幅広い活躍ができる。~
 単純に、各種の素材にした場合にも発生するため、(1)のための後続の展開をはじめとした動きにも大きく貢献する。~

 [[コンボ]]としての難易度は高いものの[[《キャノン・ソルジャー》]]等[[バーン]][[カード]]と組み合わせることで大[[ダメージ]]を与えられる。~
 [[《グリーン・ガジェット》]]らを使えば9回[[コスト]]を確保でき、4500以上の[[ダメージ]]を与えられる。~
 また、[[《暗黒プテラ》]]等の[[サルベージ]][[効果]]持ちを複数枚用意できれば[[無限ループ]]も可能。~
//プテラの強制効果が先に発動する(後から処理される)のでプテラ1枚でのループは不可
//プテラ以外にもレイジグラ、アサルトコア、ゼンマイバット等、2枚でループできるカードは多い。全部書くとかなり長くなるしCO
 [[《B−バスター・ドレイク》]]ならば1枚でも[[無限ループ]]に突入できるので、[[相手]]が[[メタカード]]等で[[対策>メタを張る]]してこなければ[[先攻]][[1ターンキル]]も十分視野に入る。~
//Aをサーチし特殊召喚、リリースしBをサルベージし特殊召喚、Bをリリースし2枚目のAをサーチし特殊召喚、以後2枚のAを交互にサルベージし特殊召喚

-(1)により戻せる最大枚数は3枚。~
[[リンクマーカー]]の数自体は4つだが、実際には[[エクストラモンスターゾーン]]では左右、[[メインモンスターゾーン]]では下との[[相互リンク]]の形成が不可能となるためである。~

-(2)の条件は[[墓地]]へ送られた場合と別で、[[戦闘破壊]]も指定されている。~
このため、[[戦闘破壊]]の場合に限り、[[《次元の裂け目》]]等で[[墓地]]に行かなかった場合でもこの[[効果]]を適用できる。~
--この[[効果]]は[[ダメージステップ]]でも[[発動]]可能。~
また、それが[[リンク先]]であれば[[相手]][[モンスター]]が[[戦闘破壊]]された場合でも[[発動]]できる。

-[[週刊少年ジャンプ(2017年21・22合併号)>書籍付属カード#WJ]]で、[[イラスト]]違いの[[カード]]が収録された。~
通常パック収録の[[ウルトラレア>Ultra]][[カード]]が近い時期に雑誌で[[イラスト]]違いで再録されるのは[[《No.34 電算機獣テラ・バイト》]]に次いで2例目となる。~
[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]も似た立場だが、そちらは雑誌付録が先であり、同一の[[イラスト]]([[レアリティ]]違い)だった。~

--[[CODE OF THE DUELIST]]収録の[[イラスト]]では青と白が基調だが、[[週刊少年ジャンプ(2017年21・22合併号)>書籍付属カード#WJ]]では赤と白が基調となっている。~
下記のアニメでは[[攻撃宣言]]の際に青と白の体色から赤と白の体色に変化しており、[[CODE OF THE DUELIST]]のCMでも同様に色が変化する演出が見られる。~

-ファイアウォールは英語で一般的には防火壁を意味するが、[[サイバース族]]であることを考えると、ネットワークにおける不要な通信を妨害するシステムを指すコンピュータ関連用語の方が由来だろう。

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSにて、主人公の藤木遊作/Playmakerが使用するエース[[モンスター]]。~
本編では「遊作/Playmaker vsリボルバー」(1戦目)においてPlaymakerが[[スキル>スピードデュエル#skill]]「Storm Access」によって入手。~
しかし、[[リンク召喚]]される前に[[引き分け]]にされたため、使用はされなかった。~
初使用は「遊作/Playmaker vsリボルバー」(2戦目)。~
[[《デコード・トーカー》]]と[[《エンコード・トーカー》]]を[[リンク素材]]に[[リンク召喚]]され、[[《弾帯城壁龍》]]を[[戦闘破壊]]する。~
返しのリボルバーの[[ターン]]で[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]の[[効果]]で[[コントロール奪取]]されたが、[[《サイバネット・リフレッシュ》]]によって[[破壊]]、その後Playmakerの[[フィールド]]に[[蘇生]]された。~
この時に[[発動]]した[[バウンス]][[効果]]は[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]には通用せず、[[《マグナヴァレット・ドラゴン》]]の[[効果]]の[[トリガー]]となるが、[[《サイバネット・リフレッシュ》]]による[[耐性]]で難を逃れる。~
返しの[[ターン]]で[[《エンコード・トーカー》]]による[[戦闘破壊]][[耐性]]のもと[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]に1度[[攻撃]]し、[[《エンコード・トーカー》]]と[[永続魔法]]《バトル・バッファ》で[[攻撃力]]を上げる。~
最終的に[[《サイバネット・ユニバース》]]の[[効果]]を含め[[攻撃力]]は7200にまで[[強化]]され、[[《パラレルポート・アーマー》]]で[[2回攻撃]]を得て[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]を[[攻撃]]し、[[1ターンキル]]を決めた。~
[[攻撃]]名は「テンペストアタック」、(1)の[[効果]]名は「エマージェンシーエスケイプ」。~

--[[攻撃]]名の「テンペストアタック」とは「''T''ransient ''E''lectro''m''agnetic ''P''uls''e'' ''S''urveillance ''T''echnology ''Attack''」の略称であり、日本語に訳せば電磁波盗聴攻撃や電磁波解析攻撃となる。~
コンピューターや周辺機器、ケーブルから漏洩する微弱な電磁波を傍受し、パスワードなどのセキュリティー情報を不正に入手する暗号解読手法のことである。~
セキュリティを突破する手段であり、コンピュータを守る手段であるファイアウォールとは逆の立場のものである。~

---第19話の字幕では「テンペスト・アタック」となっている。~

--[[攻撃]]時は、羽根が分離・変形し目のアップと共に背中から円を描くエネルギーを展開、青い体色部分が赤に変化してブレスを放つという演出がなされている。~
また、(1)の[[効果]][[発動]]時は頭から[[相互リンク]]の数だけ電撃を[[バウンス]]する[[モンスター]]に飛ばす演出になっている。~

--登場の告知こそされていたが、オープニング映像以外では登場することがないまま次の[[CIRCUIT BREAK]]が発売となった。~
VRAINSの放送開始時期との関係が変則的だった点を加味しても、レギュラーパック表紙[[モンスター]]が次パック発売を迎えてなお未登場であったというのは非常に珍しい。~
更に言ってしまえば[[デュエル]]での初登場は[[次パックの表紙モンスター>《ヴァレルロード・ドラゴン》]]と同じ話数であるというのも異例の事である。~
また、主人公が操るエース[[モンスター]]が初登場の[[デュエル]]で[[コントロール奪取]]されるというのも史上初である([[《スターダスト・ドラゴン》]]は初登場の時点でジャックが所有していた)。~

--第19話時点では「Playmakerが使用する最強[[モンスター]]に位置づけられる」と作中で明言されている。~


//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《セキュリティ・ドラゴン》]]
-[[《プロキシー・ドラゴン》]]

―(1)の類似[[効果]]
-[[《セイクリッド・トレミスM7》]]

―(2)の類似[[効果]]は[[《選ばれし者》>《選ばれし者》#card]]を参照~

―[[カード名]]関連
-[[《ファイヤー・ウォール》]]

//―[[イラスト]]関連

//―《ファイアウォール・ドラゴン》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【サイバース族】]]
-[[【星杯】]]
-[[【インフェルニティ】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CODE OF THE DUELIST]] COTD-JP043 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]],[[Secret]],[[Holographic]]};
-[[週刊少年ジャンプ(2017年21・22合併号) 付属カード>書籍付属カード#WJ]]  WJMP-JP027 &size(10){[[N-Parallel]]};

**FAQ [#faq]
***(1)の効果について [#faq1]
Q:一度発動した後、[[《サイバネット・バックドア》]]等で[[一定期間だけ除外]]された場合、再度[[発動]]できるようになりますか?~
A:再度[[発動]]できます。(17/06/26)

***(2)の効果について [#faq2]
Q:「[[チェーン]]1:この[[カード]]の右側の[[モンスター]]を[[破壊]]」「[[チェーン]]2:この[[カード]]の左側の[[モンスター]]を[[破壊]]」と[[チェーン]]が積まれ、解決しました。~
  2回に分かれて墓地に行っていますが、この[[カード]]の(2)の[[効果]]は2回[[発動]]できますか?~
A:いいえ、[[発動]]できるのは1回だけです。(17/10/12)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ファイアウォール・ドラゴン》,モンスター,リンクモンスター,効果モンスター,リンク4,光属性,サイバース族,攻2500);