*《フェニキシアン・クラスター・アマリリス/Phoenixian Cluster Amaryllis》 [#top]
 効果モンスター(禁止カード)
 星8/炎属性/植物族/攻2200/守   0
 このカードは「フェニキシアン・シード」またはこのカードの効果でしか特殊召喚できない。
 このカードは攻撃した場合、そのダメージ計算後に破壊される。
 自分フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
 相手ライフに800ポイントダメージを与える。
 また、自分のエンドフェイズ時、
 このカード以外の自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外する事で、
 このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。

 [[RAGING BATTLE]]で登場した[[炎属性]]・[[植物族]]の[[最上級モンスター]]。~
 2種類の方法でのみ自身を[[特殊召喚]]する[[召喚制限]]と、[[攻撃]]した[[ダメージ計算後]]に[[自壊]]する[[永続効果]]、[[破壊]]され[[墓地へ送られた]]時に[[ダメージ]]を与える[[誘発効果]]、[[墓地]]の[[植物族]]1体を[[除外]]する事で[[自己再生]]できる[[誘発効果]]を持つ。~

 [[特殊召喚]]方法は、[[《フェニキシアン・シード》]]と自身の[[自己再生]][[効果]]に限定されており、[[《ローンファイア・ブロッサム》]]による[[リクルート]]等はできない。~
 もっとも、[[《おろかな埋葬》]]や[[《メリアスの木霊》]]で[[デッキ]]から直接[[墓地]]へ送れば簡単に[[自己再生]]できるので、[[フィールド]]に出すのは容易い。~
 [[手札]]から[[《フェニキシアン・シード》]]経由で[[特殊召喚]]するのは非効率的なので、まず狙う必要はない。~

 [[バーン]][[ダメージ]]は800と中々高く、前述の通り[[自己再生]]も可能なため、何度も[[発動]]させる事で[[相手]]の[[ライフ]]を大幅に削る事が可能である。~
 [[《種子弾丸》]]や[[《火霊術−「紅」》]]等を採用し、[[バーン]]寄りの構築にする事で[[引導火力>フィニッシャー]]としても運用できる。~
 [[攻撃]]時には[[自壊]]するため能動的な[[発動]]も狙え、[[【植物族】]]ではこの[[自壊]]を[[《世界樹》]]や[[《姫葵マリーナ》]]のサポートに利用できる。~

 この[[カード]]を運用する上で気を付けたいのは恒久的な[[墓地コスト]]の確保だろう。~
 性質上展開する速度は遅めなので、なるべく序盤からこの[[カード]]を含めた[[植物族]]で[[墓地を肥やす]]必要がある。~
 [[《カードガンナー》]]や[[ライトロード]]の他、[[《星邪の神喰》]]との相性が良く、後者は常に[[自己再生]][[コスト]]を補給できる。~
 また、[[除外]]を多用する都合上[[《D・D・R》]]等を併用する事で、[[コスト]]の補充以外に[[相手]]からの[[除外]]に対する[[メタ]]としても扱える。~

 自身が[[除外]]されたり[[手札]]に[[バウンス]]されたりする行為に弱く、[[《異次元からの埋葬》]]や[[《トレード・イン》]]等の対策も必要となる。~
 [[自己再生]]時には[[表側守備表示]]で[[特殊召喚]]されるため、[[貫通]]持ち[[アタッカー]]には[[直接攻撃]]に等しい[[ダメージ]]を受けてしまう。~
 特に[[《ハイパーサイコガンナー》]]や[[《アルティメットサイキッカー》]]は[[貫通]][[ダメージ]]に加え、[[バーン]][[ダメージ]]分以上に[[相手]][[ライフ]]を回復されるため、この[[カード]]を用いた戦術が崩壊してしまう天敵といえる。~

-勘違いしやすいが、''[[特殊召喚モンスター]]ではない''。~
[[テキスト]]をよく見ればわかるが、「通常召喚できない」とは書いておらず、ただ[[特殊召喚]]の方法に[[縛り]]があるだけであり[[通常召喚]]可能。~
//また、上記にあるような[[《おろかな埋葬》]]や[[《トレード・イン》]]との[[コンボ]]も、[[特殊召喚モンスター]]ではないが故の芸当である。~

-[[墓地]]の[[植物族]]を[[除外]]するのは[[コスト]]である。(09/05/04)~
[[無効]]にされた場合でも必ず1体[[除外]]しなければならない。~

-[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の[[リンク先]]に[[自己再生]]すると、[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の[[効果]]で[[破壊]]され、[[バーン]][[効果]]が[[発動]]する。~
この[[カード]]の[[自己再生]][[効果]]は1[[ターン]]あたりの[[発動]]回数に制限がないので、[[墓地へ送られた]]この[[カード]]を[[自己再生]]→[[破壊]]→[[バーン]]を、[[墓地]]の[[植物族]]が続く限り繰り返す事ができる。~
[[墓地コスト]]を10枚用意しておけば[[先攻]][[1ターンキル]]も可能。~
この[[コンボ]]で[[1ターンキル]]を行う[[デッキ]]が[[【植物リンク】>【植物族】#variation9]]である。~

--2017年末から上述の[[【植物リンク】>【植物族】#variation9]]が[[環境]]で活躍するようになり、この[[カード]]も上記の[[1ターンキル]][[コンボ]]で一躍注目を浴びた。~
少ない[[手札]]消費に加え、この[[カード]]を[[墓地へ送る]]手段が豊富にあったので[[ピン挿し]]で十分であり、[[デッキ]]の動きを[[1ターンキル]]に特化させる必要がなかったのも大きい。~
これらの点が重く見られたため、[[OCG]]では[[18/04/01>リミットレギュレーション/2018年4月1日]]に一発で[[禁止カード]]となった。~
[[TCG]]でも(規制時点では[[TCG]]に[[《アロマセラフィ−ジャスミン》]]は登場していないが)[[18/05/21>海外の禁止・制限カード/2018年5月21日]]にて一発で[[禁止カード]]となった。~
[[TCG]]でも(規制時点では[[TCG]]に[[《アロマセラフィ−ジャスミン》]]・[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]・[[《彼岸の黒天使 ケルビーニ》]]は登場していなかったが)[[18/05/21>海外の禁止・制限カード/2018年5月21日]]にて一発で[[禁止カード]]となった。~

--2枚のこの[[カード]]と[[《コトダマ》]]でも同様のループが組める。~

--上記いずれかのループ[[コンボ]]に[[《ブラック・ガーデン》]]・[[《洗脳解除》]]・[[《霊魂消滅》]]の3枚を加えることで、一切の[[墓地コスト]]を用いない完全な[[無限ループ]]を組むことができる。~
もっとも、それだけの手間をかけるならその分を[[墓地を肥やす]]手段に回して必要な[[コスト]]を確保できるようにした方が実用的。~
もちろん[[相手]]の[[モンスターゾーン]]に1枚も空きがない場合は狙うことができない。~

-[[《スキルドレイン》]]との相性は比較的良く、[[自壊]][[効果]]以外は全て使用できる。~
[[《神獣王バルバロス》]]も[[《トレード・イン》]]を使用できるため、[[【スキドレ植物】>【植物族】#variation2]]に採用してもいいだろう。~

-[[マスタールール3]]の導入に伴い、[[自己再生]][[効果]]が[[起動効果]]扱いから[[誘発効果]]扱いに[[裁定変更]]された。~
[[無効]]にされた場合、その[[ターン]]の再[[発動]]ができず、相性の良かった[[《王宮の弾圧》]]や[[《光と闇の竜》]]との関係が逆転したため、実質的な弱体化となっている。~

-cluster amaryllis(クラスターアマリリス)とは、「彼岸花」のことである。~
リコリス、[[マンジュシャゲ(曼珠沙華)>《トリックスター・マンジュシカ》]]とも呼ばれる。~
アニメ公式サイトのデュエルワンポイントレッスンで、アキはこの[[モンスター]]を「美しく燃える彼岸の花」と説明している。~

-phoenixian(フェニキシアン)は、不死永生の象徴である伝説の霊鳥「[[不死鳥フェニックス>《不死之炎鳥》]]」から作られた言葉だろう。~
この[[カード]]の[[属性]]や、[[攻撃]]後に[[自らの体を焼き>自壊]]、そして[[転生>蘇生]]する[[効果]]はフェニックスのイメージと合致する。~

--なお、phoenix(フェニックス)は、ヤシ科フェニックス属の植物を指す学名でもある。~
しっかり張った根の上に直立して着生し、葉が披針形で全裂するその性質はまさにこの[[カード]]の姿そのもの。~
そういった意味でこの[[モンスター]]は、[[不死鳥>《不死之炎鳥》]]と植物学で言うところの「フェニックス」の両方の特徴を持っていると言える。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sの「アキvs来宮虎堂」戦においてアキが使用。~
[[《バイオレット・ウィッチ》]]の[[効果]]により[[サーチ]]され、[[《フェニキシアン・シード》]]の[[効果]]により[[特殊召喚]]された。~
[[ローズ・トークン]]を[[攻撃]]し[[自壊]]させることで、来宮に[[ダメージ]]を与えたが、返しの[[ターン]]で来宮の[[特殊召喚]]した《マッド・プロファイラー》の[[効果]]で[[除外]]された。~
「遊星vsアキ」(1戦目)、「アキvsアンドレ」戦においても[[《フェニキシアン・シード》]]の[[効果]]により[[手札]]から[[特殊召喚]]された。~
「遊星vsアキ」(3戦目)においても[[召喚]]されたが、[[《ジャンク・アーチャー》]]の[[効果]]で[[除外]]された。~
「アキvsアンドレ」戦では一度[[ダメージ]]を与えたが、返しの[[ターン]]にアンドレの[[魔法カード]]《&ruby(スピードスペル){Sp};−ダッシュ・ピルファー》によって[[コントロール]]を奪われ、[[《ユニバード》]]と共に[[除外]]された。~
[[攻撃]]名は「フレイム・ペタル」、[[攻撃]]後の[[自壊]]及び[[ダメージ]]を与える[[効果]]名は「スキャッター・フレイム」。~
なお、アニメに登場した当初は以下の[[モンスター効果]]だった。~
 このカードが攻撃を行った場合、
 このカードはダメージ計算終了後に破壊される。
 このカードが破壊され墓地に送られた時、
 相手プレイヤーに800ポイントのダメージを与える。
 自分のターンのエンドフェイズ時にこのカードが墓地に存在する場合、
 このカードを守備表示で特殊召喚する事ができる。

--アニメでは[[召喚制限]]がない上に、初期[[ライフポイント]]が4000なため1度で5分の1の[[ライフ]]を削り、[[自己再生]]する際の[[コスト]]も必要なかったため、より強力な[[モンスター]]だった。~
「アキvsアンドレ」戦では[[OCG]]仕様に変更されており、[[《フェニキシアン・シード》]]を[[除外]]して[[自己再生]]された。~
[[イラスト]]はアニメと[[OCG]]で異なっている。

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《フェニキシアン・シード》]]

-[[《サクリファイス・ロータス》]]
-[[《Dragoon D−END》]]


-[[《極神皇トール》]]
-[[《ジャイアントウィルス》]]

-[[《アマリリース》]]

//―《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》の姿の見られるカード

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【植物族】]]
--[[【植物リンク】>【植物族】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[RAGING BATTLE]] RGBT-JP006
-[[DUELIST EDITION Volume 3]] DE03-JP115

**FAQ [#faq]
Q:[[効果]]分類は何ですか?~
A:[[ダメージ計算]]後に[[自壊]]するのは[[永続効果]]、[[相手]]に[[ダメージ]]を与える[[効果]]は[[誘発効果]]、[[エンドフェイズ]]時に[[自己再生]]できる[[効果]]は[[誘発効果]]です。(14/05/12)
// マスタールール3に伴い効果分類が変更されたため更新

Q:この[[カード]]が[[《フェニキシアン・シード》]]の[[効果]]で[[特殊召喚]]されないまま[[墓地へ送られている>墓地へ送る]]場合、[[自分]]の[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に[[蘇生]]できますか?~
A:はい、その場合でも問題なく自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]することができます。(09/02/14)

Q:自身を[[特殊召喚]]する[[効果]]を[[《王宮の弾圧》]]で[[無効]]にされた場合、その[[ターン]]に再度[[発動]]できますか?~
A:いいえ、[[発動]]できません。(14/05/14)

Q:自身を[[特殊召喚]]する[[効果]]の[[発動]]と[[効果]]を[[《死霊騎士デスカリバー・ナイト》]]で[[無効]]にされた場合、その[[ターン]]に再度[[発動]]できますか?~
A:いいえ、[[発動]]できません。(14/05/14)

Q:自身を[[特殊召喚]]する[[効果の発動]]を[[《光と闇の竜》]]で[[無効]]にされた場合、その[[ターン]]に再度[[発動]]できますか?~
A:いいえ、[[発動]]できません。(14/05/14)

Q:自身を[[特殊召喚]]する[[効果の発動]]に[[チェーン]]し[[《虚無空間》]]を[[発動]]し[[不発]]にされた場合、その後[[《虚無空間》]]を[[破壊]]すればその[[ターン]]に再度[[発動]]できますか?~
A:いいえ、[[発動]]できません。(14/05/14)

Q:この[[カード]]より[[攻撃力]]の高い[[モンスター]]に[[自爆特攻]]した場合、[[自壊]]しますか?~
A:[[自壊]][[効果]]は[[適用]]されず、[[戦闘破壊]]されます。(14/03/21)

Q:[[《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》]]に[[攻撃]]した時、[[自壊]]はどのように処理されますか?~
A:[[ダメージ計算]]後に、まずこの[[カード]]が[[自壊]]したのち[[《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》]]の[[自壊]]の[[誘発効果]]が[[発動]]します。(10/08/23)

Q:他の[[カードの効果]]で[[装備カード]]となっているこの[[カード]]が[[破壊]]され[[墓地へ送られた]]時、[[バーン]][[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:はい、[[発動]]します。(14/05/12)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》,効果モンスター,モンスター,星8/炎属性/植物族/攻2200/守0,正規の方法以外での特殊召喚不可);