*《フェンリル/Fenrir》 [#top]
 効果モンスター
 星4/水属性/獣族/攻1400/守1200
 このカードは通常召喚できない。
 自分の墓地の水属性モンスター2体をゲームから除外して特殊召喚する。
 このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
 次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

 [[混沌を制す者]]で登場した[[水属性]]・[[獣族]]の[[特殊召喚モンスター]]。~
 [[墓地]]の[[水属性]][[モンスター]]を[[除外]]して[[特殊召喚]]する[[召喚条件]]、[[相手]][[モンスター]]を[[戦闘破壊]]した場合に[[相手]]の[[ドローフェイズ]]を[[スキップ]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 [[ステータス]]はあまり高くはないが、[[ドローフェイズ]]を[[スキップ]]させることが可能。~
 [[《八汰烏》]]などと同様、[[相手]]の行動を封じる事ができる。~

 この[[カード]]を[[特殊召喚]]するには[[墓地]]の[[水属性]][[モンスター]]が2体必要となる。~
 [[リクルーター]]や[[《鬼ガエル》]]等で予め[[墓地を肥やし>墓地を肥やす]]ておきたい。~
//リンク3出すならアクエリアでいいと思うよ

 [[ドローフェイズ]]の[[スキップ]]を狙うのであれば、[[攻撃力]]不足を補うために[[強化]]や[[弱体化]][[効果]]を持つ[[カード]]を活用したい。~
 [[強化]]ならば[[《月鏡の盾》]]との相性がよく、[[弱体化]]ならば[[汎用性]]の高い[[《収縮》]]や[[《禁じられた聖槍》]]等の[[コンバットトリック]]が有効であり[[腐りにくい>腐る]]。~
 また、[[《幻獣の角》]]なら[[ドロー]][[効果]]も合わさって[[ハンド・アドバンテージ]]に大きく差を付けることができる。~
 [[獣族]]・[[獣戦士族]]の[[水属性]][[モンスター]]は少ないが、[[墓地コスト]]を稼げる[[《グリズリーマザー》]]や、[[除外]]した[[ガエル]]等を[[装備>装備カード]]可能な[[《シー・ランサー》]]が存在しており[[シナジー]]が見込める。~
 [[《魔知ガエル》]]や[[《ガチガチガンテツ》]]、[[《強制転移》]]等の補助も受けられるので、[[《シー・ランサー》]]軸の[[【ガエル】]]ならば無理なく採用できる。~
 [[《深海のディーヴァ》]]から[[水属性]][[効果モンスター]]を[[リクルート]]して[[《アンダークロックテイカー》]]を[[リンク召喚]]すれば、この[[カード]]用の[[墓地コスト]]を稼ぎつつ、[[《収縮》]]に近い水準の[[戦闘]]サポートになる。~
 [[《深海のディーヴァ》]]から[[水属性]][[効果モンスター]]を[[リクルート]]して[[《アンダークロックテイカー》]]を[[リンク召喚]]すれば、この[[カード]]用の[[墓地コスト]]を稼ぎつつ、[[攻撃力]]2700ラインを[[戦闘破壊]]できる。~
 この際その[[弱体化]]が必要なければ[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]に切り替え、スキップ達成後に[[メインフェイズ]]2で[[シンクロ召喚]]して戦線を強化するという手もあるだろう。~

 [[モンスター]]の[[戦闘破壊]]が条件であり、[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]必要がない。~
 そのため、[[モンスタートークン]]や[[ペンデュラムモンスター]]を[[戦闘破壊]]した場合も[[ドローロック]]となる。~
 [[《ブラック・ガーデン》]]とは相性が良く、こちらから[[相手]]の[[フィールド]]に[[ローズ・トークン]]を[[特殊召喚]]でき、さらに後続の[[モンスター]]が[[弱体化]]することによって[[戦闘破壊]]されづらくなる。~
 [[【フェンリルハンデス】]]で[[《ミラクル・フリッパー》]]や[[《おジャマトリオ》]]との[[コンボ]]で[[戦闘破壊]]し続ければ、十分な[[アドバンテージ]]が稼げる。~

-同パックに登場した「自身と同じ[[属性]]の[[モンスター]]を[[除外]]して[[特殊召喚]]する[[モンスター]]」のうち、この[[カード]]のみ2体の[[モンスター]]を必要としている。~
それだけ[[ドローロック]][[効果]]が強力と見なされているのだろう。~
代わりに、この[[カード]]だけ、[[戦闘破壊]]した[[モンスター]]が[[墓地]]へ送られなかった場合でも[[効果]]を[[発動]]できる。~

-[[獣族]]初の[[水属性]]である。~
この[[カード]]が登場してから長い年月を経て、2体目の[[水属性]]となる[[《氷結界の虎王ドゥローレン》]]が登場した。~

-「フェンリル(Fenrir)」とは、北欧神話における巨大な狼の姿をした怪物。~
[[ヨルムンガルド>《ヨルムンガルド》]]やヘルと同じく、[[ロキ>《極神皇ロキ》]]とアングルボザの間にもうけられた子供である。~
日に日に力を増し、神々に災いをもたらす予言により捕縛することが決まった。~
そのために神々はレージングと呼ばれる鉄鎖を用意するも容易に引きちぎられ、レージングの2倍の強さを持つドローミも用意したが、これも引きちぎられた。~
そして、[[ドワーフ>《インフェルニティ・ドワーフ》]]が作り出した魔法の紐こと[[グレイプニル>《神の桎梏グレイプニル》]]によって神々により捕縛されたが、この時に[[テュール>《Tyr, the Vanquishing Warlord》]]の右腕を噛みちぎっている。~
後に[[ラグナロク>《神竜 ラグナロク》]]の到来で自由の身となり、上顎が天にも届くという大顎門で神々の王[[オーディン>《極神聖帝オーディン》]]すらも飲み込むが、その直後[[オーディン>《極神聖帝オーディン》]]の息子ヴィーザルによって討ち取られた。~

--[[OCG]]では[[オーディン>《極神聖帝オーディン》]]の3分の1程度の[[攻撃力]]しかなく、[[ラグナロク>《神竜 ラグナロク》]]の様相を再現するならばこの[[カード]]ではなく、同じ[[攻撃力]]と名前を持つ[[《極星邪狼フェンリル》]]の役割になるだろう。~
もし仮に[[飲み込んだ>戦闘破壊]]としても、あちらには[[効果]]によって[[蘇生]]された上に[[ドロー]]されてしまい得るので、[[効果]]すらも実質無意味となってしまう。~

//--公式サイトのワンポイントレッスンにおいても、北欧神話由来であると紹介されている。

-原作・アニメにおいて―~
劇場版『光のピラミッド』にて、城之内と対戦した少年が使用。~
[[《大木人18》]]とともに[[《合成魔獣 ガーゼット》]]の[[生け贄]]となった。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[WORLD CHAMPIONSHIP 2008>ゲーム付属カード#WCS2008]]では[[【フェンリルハンデス】]]を使用する対戦[[相手]]として[[《サブマリンロイド》]]とタッグを組んで登場。~

**関連カード [#card]
-[[《水の精霊 アクエリア》]]

-[[《インフェルノ》]]
-[[《ギガンテス》]]
-[[《シルフィード》]]

-[[《八汰烏》]]
-[[《刻の封印》]]

―フェンリルがモチーフの[[モンスター]]
-[[《SZW−天聖輝狼剣》]]
-[[《極星邪狼フェンリル》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【フェンリルハンデス】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[混沌を制す者]] 306-020
-[[ストラクチャーデッキ−海竜神の怒り−]] SD4-JP008
-[[EXPERT EDITION Volume.2]] EE2-JP020 &size(10){[[Rare]]};
-[[公認大会賞品(2006年6月)>プロモカード#PC]] PC8-JP003 &size(10){([[N-Parallel]])};

**FAQ [#faq]
Q:[[ドローフェイズ]]をスキップする[[効果]]の分類は何ですか?~
A:[[ダメージステップ終了時]]に[[発動]]する[[誘発効果]]です。(14/04/03)~

Q:[[ドローフェイズ]]をスキップする[[効果]]は、[[相打ち]]でも[[発動]]しますか?~
A:[[相打ち]]の場合、[[効果]]は[[発動]]しません。(14/04/03)

Q:この[[カード]]を[[墓地]]から[[蘇生]]することはできますか?~
A:一度正規の手段で[[特殊召喚]]していれば可能です。→[[蘇生制限]]

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《フェンリル》,特殊召喚モンスター,効果モンスター,モンスター,星4/水属性/獣族/攻1400/守1200);