*《フォトン・スラッシャー/Photon Thrasher》 [#top]
 特殊召喚・効果モンスター
 星4/光属性/戦士族/攻2100/守   0
 このカードは通常召喚できない。
 自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
 (1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在する場合、
 このカードは攻撃できない。

 [[ORDER OF CHAOS]]で登場した[[光属性]]・[[戦士族]]の[[特殊召喚モンスター]]。~
 [[フォトン]]の1体であり、自身を[[手札]]から[[特殊召喚]]する[[召喚条件]]と、[[自分]][[フィールド]]上に他の[[モンスター]]が存在する場合に自身の[[攻撃]]を封じる[[永続効果]]を持つ。~

 [[《サイバー・ドラゴン》]]と同じ[[攻撃力]]であり、同様に[[《オネスト》]]等の[[光属性]][[サポートカード]]を使用できる。~
 あちらは[[レベル]]5の[[上級モンスター]]だが、こちらは[[レベル]]4の[[下級モンスター]]であり、別に[[レベル]]4の[[下級モンスター]]を[[通常召喚]]すればそのまま[[エクシーズ召喚]]に繋げられる。~
 さらに、[[《サイバー・ドラゴン》]]にない利点として、[[《増援》]]で[[サーチ]]できる点、[[特殊召喚]]条件があちらよりさらに緩い点が特に光る。~
 [[【フォトン】]]においては、[[フィールド]]に[[モンスター]]がいない状況で[[《フォトン・リザード》]]を[[召喚]]して[[リリース]]し、この[[カード]]を[[サーチ]]すれば即座に[[特殊召喚]]できる。~
 反面、[[通常召喚]]した他の[[モンスター]]と共に波状[[攻撃]]ができず、[[蘇生制限]]を満たさなければ[[蘇生]]もできないので、[[アタッカー]]としては[[《サイバー・ドラゴン》]]等より扱いにくい。~

 この[[モンスター]]で[[相手]][[モンスター]]を[[戦闘破壊]]し、[[メインフェイズ]]2で[[通常召喚]]から[[エクシーズ召喚]]・[[シンクロ召喚]]に繋げるのが一般的である。~
 [[特殊召喚]]を阻む[[《ライオウ》]]や[[《インヴェルズ・ローチ》]]に対する突破口にもなり、前者に対しては[[モンスター効果の発動]]を強要でき、後者は[[効果]]をかいくぐって[[戦闘破壊]]できる。~
 [[《カメンレオン》]]の[[蘇生]]範囲でもあり、そこから更に[[エクシーズ召喚]]・[[シンクロ召喚]]に繋げることもできる。~
 [[メインフェイズ]]1で[[エクシーズ召喚]]を狙うのも悪くない。~

 また、類似[[カード]]と比べ、[[光属性]]・[[戦士族]][[縛り]]のある[[ランク]]4の[[エクシーズ素材]]になるのも大きな利点。~
 [[攻撃]]に長けた[[《機甲忍者ブレード・ハート》]]・[[《H−C エクスカリバー》]]、[[攻撃力]]を0にして[[効果]]を[[無効]]にできる[[《輝光子パラディオス》]]、[[除去]]に[[耐性]]のある[[《セイクリッド・オメガ》]]に繋げられる。~

 以上のように高い[[汎用性]]と高[[攻撃力]]を兼ね揃えているが、類似[[モンスター]]と比べると優勢時では[[腐り>腐る]]易いのがネックである。~
 特に同[[種族]]の[[《H・C 強襲のハルベルト》]]は最大のライバルであり、あちらは[[デメリット]]を持たず、[[特殊召喚]]に加えて単体で[[アドバンテージ]]を稼ぐことができる。~
//[[光属性]]を活用しない[[デッキ]]で、なおかつ[[攻撃力]]1800〜2100に警戒すべき[[モンスター]]が少ない[[環境]]であればあちらが優先される。~
//今攻撃力以前にハルベルトがあまりはいっていないので
 また[[攻撃力]]を加味しないのであれば、[[特殊召喚]]要員としては[[《Emハットトリッカー》]]・[[《ゴブリンドバーグ》]]・[[《ブリキンギョ》]]等の方が軽く扱いやすい。~

 上記の[[カード]]に比べると、単体で機能しやすい事や、[[特殊召喚モンスター]]のために[[環境]]ではほぼ採用される[[手札誘発]]等に強い点がこの[[カード]]の特長である。~
 特に[[先攻]]で[[《フレシアの蟲惑魔》]]に繋げられ、返しに[[《外神アザトート》]]に繋げるという動きが円滑に行えるのは評価できる。~
 [[戦闘]]面では、[[《マジェスペクター・ユニコーン》]]等の[[攻撃力]]2100以下の封殺[[効果]]を持つ[[モンスター]]を単体で処理・的になれる点も評価される。~
 [[【フォトン】]]以外で採用する場合は、他の[[カード]]との兼ね合いも視野に入れ、枚数を抑えるなどしてバランスを取りたい。~

-[[特殊召喚モンスター]]であり、[[《アクセル・ライト》]]による[[デッキ]]からの[[特殊召喚]]や[[《フォトン・リード》]]による[[手札]]からの[[特殊召喚]]はできない。~
[[蘇生制限]]を満たさなければ[[《銀河零式》]]などによる[[蘇生]]も不可能である。~
[[【フォトン】]]に採用する際は留意しておきたい。~

//-[[《フォトン・クラッシャー》]]とは一字違いで間違えやすいため注意したい。~
//宣言の時ならともかく、構築段階で間違えるか?
//シングル購入時とかあるだろう、特にインターネットで注文する時

-[[攻撃]]制限の[[効果]]は[[永続効果]]なので、[[《スキルドレイン》]]等で[[無効]]にする事ができる。~
大抵は[[エクシーズ素材]]にして場に残らない事が多いが、大量展開からの[[攻撃]]に繋げる場合等には活用できるだろう。~

-「ナンバーズガイド」のカイトのコンセプト[[デッキ]]では、この[[カード]]の収録パックが[[PHSW>PHOTON SHOCKWAVE]]と誤植されている。~

-[[英語名]]は「Slasher(切り裂く者)」ではなく「Thrasher(脱穀者)」。~
[[イラスト]]からすると日本語名の由来は前者だろうが、後者もカタカナ表記は「スラッシャー」であり、漠然と「打破する者」「攻める者」といった意味も持つので、あながち間違ってはいない。~
ちなみに、後に登場した[[《フォトン・スレイヤー》]]の[[英語名]]が《Photon Slasher》となっている。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ・漫画ZEXALにおいて、[[《フォトン・クラッシャー》]]と共に天城カイトが多用する[[フォトン]][[モンスター]]。~
アニメZEXALにおける「凌牙vsカイト」戦で初登場。~
自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]され、すぐに[[《フォトン・クラッシャー》]]と共に[[《銀河眼の光子竜》]]を[[特殊召喚]]するために[[リリース]]された。~
以降もたびたび使用されており、[[《銀河眼の光子竜》]]の[[リリース]]や[[《輝光帝ギャラクシオン》]]の[[エクシーズ素材]]など多彩な活躍を見せた。~
なお優秀な[[攻撃力]]を持つが、[[《フォトン・クラッシャー》]]と共に1度も[[攻撃]]する事はなかった。~

--アニメでは[[通常召喚]]できない制約が無かった。~
しかし適合性の問題か、「遊馬&カイトvs&ruby(スリー){III};&&ruby(フォー){IV};」戦でしか[[通常召喚]]されていない。~

--初登場時以降、[[特殊召喚]]時には暗転した画面を細切れに切り裂いて登場する演出がなされている。~

--「遊馬&凌牙&カイトvsDr.フェイカー」戦においてカイトが使用した[[速攻魔法]]《フォトン・プリヴェント》、ZEXAL&ruby(セカンド){II};の「カイトvs&ruby(ブイ){V};vs蚊忍者」戦でカイトが使用した[[通常罠]]《プリベント・リボーン》の[[イラスト]]に描かれている。~

--Dチーム・ゼアルの「凌牙vsカイト」戦でも、カイトが使用。~
こちらでも自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]され、その後[[召喚]]された[[《フォトン・クラッシャー》]]と共に[[《銀河眼の光子竜》]]を[[特殊召喚]]するために[[リリース]]されている。~
「カイトvsフュージョン・マスク」戦でも、カイトが使用。~
[[先攻]]1[[ターン]]目でこの[[カード]]を[[特殊召喚]]し、[[《フォトン・サークラー》]]と共に[[《輝光帝ギャラクシオン》]]の[[エクシーズ素材]]となった。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[DUEL TERMINAL]]ではカイトのエース[[モンスター]]ではないにも関わらず専用のカットインが用意されており、NEXTのルーレットでは[[《銀河眼の光子竜》]]を差し置いて当たりの位置に存在している。~
[[攻撃]]時は剣を引きずりつつ突撃して切り上げを繰り出すが、相当武器が重いのだろうか。~

**関連カード [#card]
-[[フォトン]]

-[[《チェイン・スラッシャー》]]

―[[自分]][[フィールド]]に[[モンスター]]が存在しない場合に[[特殊召喚]]可能
-[[《インヴェルズの魔細胞》]]
-[[《E−HERO ヘル・ブラット》]]([[攻撃表示]]限定)
-[[《時械巫女》]]
-[[《ジャンク・フォアード》]]
-[[《SRベイゴマックス》]]
-[[《番猫−ウォッチキャット》]]
-[[《番猫−ウォッチキャット》]]([[チェーンブロック]]を作る)
-《フォトン・スラッシャー》([[特殊召喚モンスター]])
//他のカードからのリンクもあるのでリストに追加
-[[《LL−ターコイズ・ワーブラー》]]

-[[《カイザー・ブラッド・ヴォルス》]]
-[[《太陽風帆船》]]([[元々の攻撃力]]・[[守備力]]は半分になる)
-[[《超量士レッドレイヤー》]]
-[[《BF−朧影のゴウフウ》]]([[特殊召喚モンスター]]、[[チューナー]])
-[[《プリミティブ・バタフライ》]]
-[[《リンクスレイヤー》]]

//―《フォトン・スラッシャー》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【戦士族】]]
-[[【光属性】]]
--[[【フォトン】]]
--[[【ABC】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ORDER OF CHAOS]] ORCS-JP008 &size(10){[[Rare]]};
-[[デュエリストパック−カイト編−]] DP13-JP006
-[[デッキカスタムパック01]] DC01-JP003 &size(10){([[N-Parallel]])};
-[[STARTER DECK(2017)]] ST17-JP009

**FAQ [#faq]
Q:[[効果]]分類は何ですか?~
A:『[[自分]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在しない場合に[[特殊召喚]]できる』[[効果]]は[[召喚ルール効果]]、『この[[カード]]以外の[[モンスター]]が存在する場合、この[[カード]]は[[攻撃]]できない。』[[効果]]は[[永続効果]]になります。(12/02/11)~

Q:この[[カード]]を他の[[カードの効果]]で[[特殊召喚]]できますか?~
A:できません。正しい手順で[[特殊召喚]]し、その後[[墓地へ送られている>墓地へ送られた]]場合は、[[墓地]]から[[特殊召喚]]する事ができます(→[[蘇生制限]])。(12/02/11)~

Q:この[[モンスター]]の[[攻撃宣言]]時に[[《おジャマトリオ》]]を[[発動]]された場合、どうなりますか?~
A:[[攻撃]]は中断されます。[[ダメージステップ]]には入りません。(12/05/02)~

Q:この[[モンスター]]の[[攻撃宣言]]後、[[バトルステップ]]中に[[《おジャマトリオ》]]を[[発動]]された場合、どうなりますか?~
A:その場合も[[攻撃]]は中断されます。[[ダメージステップ]]には入りません。(12/10/19)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《フォトン・スラッシャー》,特殊召喚モンスター,効果モンスター,モンスター,星4/光属性/戦士族/攻2100/守0,フォトン,);