*《マスター・ヒュペリオン/Master Hyperion》 [#top]
 効果モンスター
 星8/光属性/天使族/攻2700/守2100
 このカードは、自分の手札・フィールド上・墓地に存在する
 「代行者」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、
 手札から特殊召喚する事ができる。
 1ターンに1度、自分の墓地に存在する
 天使族・光属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
 フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
 フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
 この効果は1ターンに2度まで使用できる。

 [[ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−]]で登場した[[光属性]]・[[天使族]]の[[最上級モンスター]]。~
 [[自分]]の[[手札]]・[[フィールド]]・[[墓地]]から[[代行者]]1体をゲームから[[除外]]して[[手札]]から自身を[[特殊召喚]]する[[召喚ルール効果]]、[[1ターンに1度]]、[[自分]]の[[墓地]]の[[光属性]]・[[天使族]][[モンスター]]1体を[[除外]]する事で[[フィールドのカード]]1枚を[[破壊]]する[[起動効果]]を持つ。~
 また、[[《天空の聖域》]]が[[フィールド]]上に[[表側表示]]で存在する場合、[[破壊]][[効果]]は1[[ターン]]に2度まで使用できる。~

 さながら、[[光属性]]・[[天使族]]における[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]と言える[[モンスター]]である。~
 [[代行者]]を[[除外]]するだけで[[特殊召喚]]も可能なだけでなく、[[召喚制限]]はないので、[[《神の居城−ヴァルハラ》]]による[[手札]]からの[[特殊召喚]]、[[《アテナ》]]による[[墓地]]からの[[特殊召喚]]、[[《奇跡の光臨》]]による[[帰還]]等が可能である。~
 また、[[光属性]]・[[天使族]]であるため、[[《ジェルエンデュオ》]]の恩恵を受ける事ができ、[[フィールド]]上に出す手段には困らない。~
 更に、[[《トレード・イン》]]に対応する[[レベル]]8であり[[蘇生]]に繋ぎやすく、[[《大天使クリスティア》]]や[[《堕天使スペルビア》]]とも併用しやすい。~

 [[除去]][[効果]]は[[カードの種類]]を問わないが、[[除外]]を伴うので[[《アテナ》]]や[[《堕天使スペルビア》]]の[[蘇生]][[効果]]とは相性がよくない。~
 逆に、[[墓地]]調整が容易に行えるため、[[《大天使クリスティア》]]の[[特殊召喚]]条件を満たし易く、[[除去]][[効果]]を持ったこの[[カード]]と並べれば、圧倒的な[[制圧]]力となる。~
 ただし、[[墓地が肥えていない>墓地を肥やす]]状態で[[除去]][[効果]]を連発すると、[[《大天使クリスティア》]]の[[特殊召喚]]を阻害するので、下記の[[リクルーター]]や[[《異次元からの埋葬》]]の併用が望ましい。~
 [[天使族]]の[[リクルーター]]である[[《シャインエンジェル》]]・[[《コーリング・ノヴァ》]]を経由して[[代行者]]に繋いでいけば、[[除去]][[効果]]と[[特殊召喚]]の[[コスト]]が同時に確保できる。~
 また、[[除外]]を利用し[[《次元合成師》]]や[[《救援光》]]での回収や、[[《ライトレイ ソーサラー》]]の[[特殊召喚]]の条件を整えたり、[[《奇跡の光臨》]]による[[帰還]]につなげる事もできる。~
 [[特殊召喚]]直後から3回[[効果]]が使える[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]に比べると効率は見劣りするが、使用する[[デッキ]]の傾向や[[召喚制限]]がない事から、同等以上に活躍できるだろう。~

 上記の通り、[[天使族]]の展開力だけでも充分に活躍でき、[[除去]][[効果]]は[[代行者]]以外も使用可能かつ連打しづらい要素を含むため、必ずしもそれらを必要とはしない。~
 ただ、[[代行者]]の中でも[[《神秘の代行者 アース》]]はこの[[カード]]と相性がいいので、通常は[[代行者]]との併用となるだろう。~
 一方、[[《天空の聖域》]]は限られた[[カード]]との併用以外では[[メリット]]が少なく、どの程度のウェイトを置くかが見極めどころとなる。~
 [[《天空の聖域》]]を活用する場合、[[代行者軸【天空の聖域】>【天空の聖域】#ld14c740]]のサポートとしてこの[[カード]]を採用するという形になる事も少なくないだろう。~

-[[特殊召喚]]に必要な[[代行者]]は「1体」であり、各場所から「1体ずつ」ではない。~
[[手札]]・[[フィールド]]・[[墓地]]から各1枚ではなく、いずれかの場所から1体[[除外]]すれば足りるので、非常に扱いやすくなっている。~
似た[[効果]]を持つ[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]と比べると、[[代行者]]を指定している分[[縛り]]はきついが、[[手札]]や[[墓地]]の[[カード]]も使えるので、[[通常召喚]]の権利を使わずに済む。~
似た[[効果]]を持つ[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]と比べると、[[代行者]]を指定している分[[縛り]]はきついが、[[手札]]や[[墓地]]の[[カード]]も使えるので、[[召喚権]]を使わずに済む。~
特に、[[墓地]]から[[除外]]すれば[[ボード・アドバンテージ]]も[[ハンド・アドバンテージ]]も失わないので、できる事ならそれを狙いたい。~

-[[【天使族】]]にとっては、待望の能動的な万能[[除去]][[効果]]を持った[[モンスター]]。~
この[[カード]]以前に能動的な[[除去]]が可能だったのは、[[デュアル]][[モンスター]]である[[《ダーク・ヴァルキリア》]]や[[召喚制限]]のある[[《堕天使ディザイア》]]程度で、[[モンスター]]にしか対応できなかった。~
[[《大天使ゼラート》]]・[[《天魔神 エンライズ》]]等は他の[[種族]]や厳しい条件を伴い、なお扱いづらい。~
万能[[除去]][[効果]]を持っているのは[[《天空聖者メルティウス》]]・[[《裁きを下す者−ボルテニス》]]等が存在したが、能動的に使用するのが難しく、[[カウンター罠]]の[[発動]]が必要等、[[デッキ]]構成を縛る上に[[発動条件]]がやや厳しかった。~

-この[[カード]]によって能動的な[[除外]]が気軽に行える様になったので、[[《奇跡の光臨》]]・[[《救援光》]]はかなり使いやすくなった。~
この[[カード]]の登場以前の[[【天使族】]]では、能動的な[[除外]]手段を他[[種族]]の[[《カオス・ソーサラー》]]や専用[[サポートカード]]でない[[《封印の黄金櫃》]]に頼っていた。~
両方とも[[準制限カード]]であった上、[[闇属性]][[モンスター]]が必要であったり、[[発動]]が間に合わない場合があった。~
[[天使族]]では、[[《次元合成師》]]や[[《神聖なる魂》]]が存在するが、前者は不確定要素が大きく、後者は力不足なため、やや扱いづらかった。~
ただし、自身の[[特殊召喚]]も[[除去]][[効果]]も[[《王宮の鉄壁》]]が存在していると機能しなくなる点には注意が必要である。~

-VJでは、この[[カード]]を「恒星の力をもつ太陽の神」という風に紹介している。~
「恒星」とは、天球上で相互の位置をほとんど変えず自ら発光する天体、つまり太陽の様な天体の事を指す。~
[[光属性]]であるのも、このためだろう。~

--恒星の周囲を公転する星を、恒星に対し「惑星」と呼び、太陽系では水星〜海王星(過去には冥王星)までの総称である。~
[[イラスト]]に太陽系の図形が描かれていたり、[[代行者]]の[[名前>カード名]]が太陽系の惑星の英名から引用されている事から、この[[カード]]がそれらを束ねる存在である事が窺える。~

--ジャンBANGで、何故か[[効果]]で[[フィールド]]を[[モンスター]]で埋め尽くすと紹介された。~
[[《創造の代行者 ヴィーナス》]]の[[効果]]と勘違いしていたためだと思われる。~

--[[カード]]では分かりにくいが、燃え盛る炎の様な翼を持っている。~
これは、[[ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−]]の公式サイトや付属の[[デュエル]]フィールド等で確認できる。~

-公式サイトの「かーどビング通信」において、[[【代行者】]]の[[キーカード]]として紹介された。~

-「ヒュペリーオーン、ヒュペリオン(Hyperion)」とは、ギリシア神話における太陽の神である。~
ウラノスと[[ガイア>《ガイアパワー》]]の息子で、[[テーテュース>《光神テテュス》]]等との兄弟であり、人々に天体の運行と季節の変化の関係を教えたとされる。~
また、[[ヘーリオス>《原始太陽ヘリオス》]]は彼の息子であるとも、ヒュペリーオーンが[[ヘーリオス>《原始太陽ヘリオス》]]の呼称としても用いられたともされている。~
日本では、同名の有名SF小説等の関係から、英語読みの「ハイペリオン」の方が有名かもしれない。~

//-原作・アニメにおいて―~

-コナミのゲーム作品において―~
[[DUEL TERMINAL]]のアクション[[デュエル]]Xのタッグバトルに、チャンピオン戦の対戦[[相手]]として登場する。~
[[シャインスパーク>《シャインスパーク》]]や[[つきのしょ>《月の書》]]等の優秀な特殊コマンドを使ってくるので、注意が必要である。~
EXしょうかん時のコマンドは「[[きょだいか>《巨大化》]]」。~
「[[激突!デュエルカーニバル!>ゲーム付属カード#DC]]」においては、アニメで一度も使用したことがないにもかかわらず、観月小鳥に[[召喚]]時の専用ボイスが存在する。~
小鳥役の声優・小松未可子氏が[[【代行天使】>【代行者】]]を使用していることからの声優ネタだと思われる。~

**関連カード [#card]
-[[代行者]]

-[[《天空の聖域》]]

-[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]

//―《マスター・ヒュペリオン》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【代行者】]]
-[[【天空の聖域】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−]] SD20-JP001 &size(10){[[Ultra]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[効果]]分類は何ですか?~
A:自身を[[特殊召喚]]する[[効果]]は分類のない効果([[召喚ルール効果]])で、[[カード]]を[[破壊]]する[[効果]]は[[起動効果]]になります。(10/12/11)

Q:自身の[[効果]]で[[手札]]から[[特殊召喚]]する時に[[代行者]]を[[除外]]するのと、[[破壊]][[効果]]を[[発動]]する時に[[光属性]]・[[天使族]]を[[除外]]するのは、いずれも[[コスト]]ですか?~
A:はい、そうです。(10/12/11)

Q:自身の[[効果]]で[[手札]]から[[特殊召喚]]する時に[[代行者]]を[[除外]]するのは、[[自分]]の[[手札]]・[[フィールド]]・[[墓地]]の全てから1体ずつ[[除外]]するのですか?~
A:いいえ、いずれか1箇所から1体[[除外]]すれば[[特殊召喚]]できます。(10/12/16)

Q:[[セット]]状態の[[代行者]]を[[除外]]して[[特殊召喚]]できますか?~
A:いいえ、できません。(11/01/19)

Q:[[装備カード]]状態の[[代行者]]を[[除外]]して[[特殊召喚]]できますか?~
A:いいえ、できません。(10/12/17)

Q:自身の[[効果]]による[[特殊召喚]]を行っていないこの[[カード]]が[[墓地]]に存在する時、この[[カード]]を[[蘇生]]できますか?~
A:はい、できます。(10/12/11)
//質問ですが、これってどうゆう事ですか?
//↑このカードは特殊召喚モンスターではないので蘇生制限はなく、直接墓地へ送っても墓地から特殊召喚できるって事
//そうゆう事ですか。ありがとうございます。

Q:[[破壊]][[効果]]は、[[対象をとりますか>対象をとる(指定する)効果]]?~
A:はい、対象を取ります。(10/12/11)

Q:[[《天空の聖域》]]が[[フィールド]]上に[[表側表示]]で存在するため、[[破壊]][[効果]]の2度目を[[発動]]しました。~
  [[効果処理時]]に[[《天空の聖域》]]が[[表側表示]]で存在しなくなった場合、[[効果]]は[[不発]]になりますか?~
A:いいえ、その場合でも、[[効果]]は[[適用]]されます。(10/12/11)

Q:[[《天空の聖域》]]が[[フィールド]]上に[[表側表示]]で存在している時、[[破壊]][[効果]]の[[発動]]が[[《光と闇の竜》]]に2度[[無効]]にされました。~
  同じ[[ターン]]中に、3度目の[[破壊]][[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:いいえ、できません。(12/11/19)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《マスター・ヒュペリオン》,効果モンスター,モンスター,星8/光属性/天使族/攻2700/守2100,);