*《ミノタウルス/Battle Ox》 [#top]
 通常モンスター
 星4/地属性/獣戦士族/攻1700/守1000
 すごい力を持つウシの怪物。
 オノひと振りで何でもなぎ倒す。

 [[BOOSTER6]]で登場した[[地属性]]・[[獣戦士族]]の[[通常モンスター]]。~
 [[《ミノケンタウロス》]]の[[融合素材]]。~

 [[《E・HERO プリズマー》]]等に対応する[[融合素材]]の中では[[攻撃力]]が高く、[[手札]]に来ても戦える程度の能力は持っている。~
 だが[[融合]]先が[[《簡易融合》]]に対応せず、[[墓地へ送る]]ことで有効な[[コンボ]]に繋がるわけでもないので、[[ファンデッキ]]でなければ採用は難しいだろう。~
 [[融合素材]]となる[[地属性]][[通常モンスター]]という条件で見ても、より[[ステータス]]が高く[[融合]]先も強力なものは多数存在する。

-第1期の[[下級モンスター]]として実用性は高い部類に入る。~
[[《ブラッド・ヴォルス》]]が登場するまで[[獣戦士族]][[下級>下級モンスター]][[通常モンスター]]の中で最高[[攻撃力]]を誇った。~
[[《ブラッド・ヴォルス》]]が登場するまで[[獣戦士族]]の[[下級>下級モンスター]][[通常モンスター]]の中で最高[[攻撃力]]を誇った。~

-[[リメイクカード>リメイク]]として、[[《激昂のミノタウルス》]]がある。~

//-比較的知名度の高い[[カード]]だが、早期に[[絶版]]となっている。~
//また、同じく[[リメイク]]が存在する[[《エルフの剣士》]]や[[《暗黒騎士ガイア》]]は[[絶版]]にはなっていない。~

-「ミノタウロス(Minotauros)」は、ギリシャ神話に登場する怪物。~
元々はクレタ島のミノス王と妻パーシパエーの息子であり、その名前は「ミノスの牛」を意味している。~
王が約束した雄牛を[[ポセイドン>《ポセイドンの力》]]に捧げなかったため、パーシパエーは牛に欲情する呪いをかけられる。~
そうして、[[ダイダロス>《海竜−ダイダロス》]]が作り上げた雌牛の模型に入ったパーシパエーと雄牛との間に牛頭人身の怪物が誕生した。~
成長するにつれ乱暴になったため、手におえなくなったミノス王は同じくダイダロスに[[迷宮ラビュリントス>《迷宮壁−ラビリンス・ウォール−》]]を建造させ、そこに彼を閉じ込める。~
ミノス王はミノタウロスの食料としてアテナイから9年毎に7人の少年と7人の少女を送らせたが、最期は生け贄の少年の1人として迷宮に進入した英雄テセウスにより倒された。
//テセウス本人の説明がないからリンク先としては微妙

--[[英語名]]では、上記の様な神話性を微塵も感じさせない、単なる「戦う雄牛」にされている。~
あるいは「Battle Axe(戦斧)」と掛けられているのかもしれない。~

-[[OCG]]での[[イラスト]]は原作2巻のコマから抜粋したもの。~
現時点で原作の[[イラスト]]での[[OCG]]化はなされていない。~


-原作・アニメにおいて―~
原作序盤から「決闘者の王国編」にかけての海馬の主力[[モンスター]]の1体であり、記念すべき原作最初の[[デュエル]]「闇遊戯vs海馬」戦から登場している。~
[[《巨大化》]](原作効果)の効果も受け、力任せに[[相手]]をねじ伏せるその姿は、まさに海馬のプレイスタイルを象徴していた。~
この時、「どんな[[カード]]を引こうが この『ミノタウルス』[[カード]]一枚で粉砕・玉砕だぁ!! わはははーーー!」と、既に海馬節の片鱗を覗かせている。~
最後は、闇遊戯の[[召喚]]した[[《デーモンの召喚》]]に粉砕された。~
その後海馬はモノローグ中で([[攻撃力]]2500の)[[《デーモンの召喚》]]を倒せる[[カード]]は何枚かは[[デッキ]]にあると述べており、同[[デュエル]]での目立った扱いに反して、当時の彼のエース[[モンスター]]と言う訳ではなかった模様。~
「遊戯vs死の腹話術師」戦では、腹話術師が海馬の[[カード]]を使っている事の象徴として[[先攻]]1[[ターン]]目に[[召喚]]したが、初対戦時の活躍と違って返しの[[ターン]]に[[《ブラック・マジシャン》]]にあっさりと[[破壊]]されている。~
[[攻撃]]名は「&ruby(アックス・クラッシャー){斧断砕};」もしくは「豪腕アックス」。~
斧を使わずに[[《ワイト》]]を握り潰すシーンが印象的である。~

--初登場時に「ミノタウルスの''剣''は炎のブレスなど跳ね返す」と説明がなされている。(斧ではないのだろうか?)~
実際に、後の王国編の「城之内vs海馬」では[[《炎の剣士》]]の[[攻撃力]]を300ダウンする能力を見せている。~
---[[OCG]]では[[通常モンスター]]であり、[[リメイク版>《激昂のミノタウルス》]]でもその能力は再現されていない。~

--原作で海馬は「獣戦士系カードの中でも最強を誇る[[レアカード]]!!」と評しており、「〜族最強[[レアカード]]」の元祖である。~
[[OCG]]では専ら[[ノーマル>Normal]]で収録されており、「[[レアカード]]」になったのは[[STRUCTURE DECK−海馬編−]]で[[スーパーレア>Super]]として再録された時だけである。~

--記憶編でも神官セトが石板から[[召喚]]した2体目の[[モンスター]]として登場している。~
[[神官マハード>《守護神官マハード》]]が操る[[幻想の魔術師>《ブラック・マジシャン》]]との連携で、盗賊王バクラが操る[[&ruby(カー){精霊獣};ディアバウンド>《ディアバウンド・カーネル》]]を抑え込む活躍を見せたが、最後は[[ディアバウンド>《ディアバウンド・カーネル》]]の「螺旋波動」で他の精霊や[[モンスター]]と一緒にまとめて倒された。~

--この[[モンスター]]の頭はどう見ても牛なのだが、原作では叫ぶ場面などで口がワニかドラゴンのように大きく開いている描写がしばしば見られる。~
草食動物である牛は口を大きく開ける必要がないため、本来このように大きく口が開くようにはできていない。~
---ただし、神話のミノタウロスは上述の通り人食いの化け物であり、このカードもそうであるなら別段おかしな話でもない。~

--アニメDMでは原作における「闇遊戯vs海馬」の初戦が行われていない。~
そのため、原作の死の腹話術師戦に相当する「闇遊戯vs物真似師」で物真似師が海馬の[[カード]]を使用したという演出役は[[《サイクロプス》]]に変更された。~
アニメでは「バトルシティ編」以降も海馬の[[デッキ]]に残っており、「海馬vsデュエルロボ」「遊戯&海馬vs光の仮面&闇の仮面」戦で使用されている。~
なお「海馬vsデュエルロボ」戦では、[[守備力]]が誤って900と表示されている。~
「KCグランプリ編」の「デュエルコンピューターvs少年B」戦ではCPUが使用。~
[[《DNA改造手術》]]で[[ドラゴン族]]にされ、[[《F・G・D》]]の[[融合素材]]となった。~

--米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)にも登場。~
城之内に襲いかかるが、本田の[[《シャベル・クラッシャー》]]によって倒された。~

--アニメ5D's第7話の氷室の回想シーンにおいて、氷室の地下[[デュエル]]の対戦[[相手]]が使用。~
氷室の[[《地雷蜘蛛》]]に[[戦闘破壊]]されている。~

--アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};第101話では、[[ベクターの記憶>《No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター》]]を司る遺跡の[[ナンバーズ>No.]]を守る者として登場している。~
ただしこの[[カード]]に描かれているものとは色遣いが異なり、肌が青色、鎧が黄色であった。
//字幕でも「ミノタウルス」と明記されています

--アニメGXの「オブライエンvsミスターT(オブライエンの父に擬態)」戦においてミスターTが使用した[[通常魔法]]《選択されなかった者》の[[イラスト]]に描かれている。~

--アニメVRAINSにおいて遊作/Playmakerが使用した[[通常罠]]《エクセス・レッサーリンカー》の[[イラスト]]に描かれている。~

-コナミのゲーム作品において―~
DM3・4・7・8では「[[相手]]の炎魔族の[[モンスター]]を全て[[破壊]]する」という[[効果]]を持っていた。~
この[[カード]]は森魔族であり炎魔族が相手だと相性で敗北するのだが、この[[効果]]は上記の[[炎属性]][[耐性]]を踏襲したものである。~
自身の苦手とする魔族を自らの[[効果]]で処理することができる。~

--[[Duel Transer>ゲーム付属カード#DT]]では検索用の[[獣戦士族]]アイコンが《ミノタウルス》になっている。~

**関連カード [#card]
―[[リメイク]][[モンスター]]
-[[《ウミノタウルス》]]
-[[《激昂のミノタウルス》]]

―[[融合]]関連
-[[《ミノケンタウロス》]]
--[[《ケンタウロス》]]

―《ミノタウルス》の姿が見られる[[カード]]
-[[《ガリトラップ−ピクシーの輪−》]]
-[[《誘発召喚》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[BOOSTER6]]
-[[EX]]
-[[Booster R3]] B3-03
-[[EX-R]] EX-53
-[[STRUCTURE DECK−海馬編−]] KA-09 &size(10){[[Super]]};
-[[STRUCTURE DECK−海馬編− Volume.2]] SK2-004
-[[遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド 闇遊戯VS海馬瀬人 付属カード>書籍付属カード#LINKS]] LG02-JP004 
----
&tag(《ミノタウルス》,通常モンスター,モンスター,星4/地属性/獣戦士族/攻1700/守1000);