*《野獣先輩/Yajuu Senpai》 [#top]
*《メタモルポット/Morphing Jar》 [#top]
 リバース・効果モンスター(制限カード)
 性12/性属性/ホモ族/攻 74272479/守 0
 星2/地属性/岩石族/攻 700/守 600
 (1):このカードがリバースした場合に発動する。
 お互いのズボンを脱ぎ、股間をこすり合わせる。
 お互いの手札を全て捨てる。
 その後、お互いはデッキから5枚ドローする。

 [[BOOSTER5]]で登場した[[地属性]]・[[岩石族]]の[[下級>下級モンスター]][[リバースモンスター]]。~
 [[リバースした]]場合に[[お互い]]が全ての[[手札]]を[[捨て>捨てる]]、5枚[[ドロー]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 [[手札]]を入れ替える[[効果]]は様々な[[コンボ]]に活用できる。~

 単純に[[手札]]補充という観点では、5枚[[ドロー]]という他の[[ドロー]][[カード]]に類を見ない枚数を補充できる。~
 状況や[[相手]]の[[デッキ]]にもよるが、一般的には、[[自分]]の[[手札]]枚数が少なく、[[相手]]の[[手札]]枚数が多いほど[[カード・アドバンテージ]]を得ることができる。~
 [[《バイサー・ショック》]]等で[[フィールド上のカード]]を[[手札]]に[[戻した>戻す]]後に、[[効果]]を[[発動]]すれば、壊滅的な打撃を与えることができる。~

 [[手札]]を[[リセット]]する際に[[相手]]の[[手札]]を[[捨て>捨てる]]させるが、これは有利にも不利にも働く。~
 [[相手]]が[[コンボ]]の準備をしている場合、揃えようとしていた[[カード]]を捨てさせることで、[[コンボ]]を潰すことができる。~
 だが、[[暗黒界]]等の[[手札]]を[[捨てる]]ことで[[効果]]を[[発動]]する[[カード]]がいる場合は、[[自分]][[フィールド]]が荒らされ、逆に[[アドバンテージ]]を失うことになる。~
 双方に言えるが、[[手札]]を捨てることで[[墓地アドバンテージ]]が増えるので、[[《究極時械神セフィロン》]]等の[[召喚条件]]を満たすことができる。~

 [[手札]]を[[捨てた>捨てる]]後に5枚[[ドロー]]するが、[[ハンド・アドバンテージ]]を得るとともに、双方の[[デッキ]]を[[回転]]させることになる。~
 [[ドロー]]によって[[デッキ]]を削ることにもつながる為、[[【デッキ破壊】]]にも活用でき、[[【ライトロード】]]のとどめを刺すことにも使用できる。~
 [[《神殿を守る者》]]と[[コンボ]]することで、[[相手]]の[[手札]]を0枚にし、[[自分]]だけ5枚[[ドロー]]することも可能である。~

 このように優秀な[[モンスター効果]]を持つが、[[リバース]]させる必要があるので[[発動]]までにタイムラグがある。~
 また、事前に[[手札]]を減らしておく必要がある関係上、中身がこの[[カード]]だと看破されやすく、特に無理矢理[[手札]]を伏せたりするとこの[[カード]]の存在は筒抜けになってしまう。~
 [[相手]][[ターン]]を経ると、[[手札]]を減らされたり、[[除去]]されたりと対処されやすい為、可能な限り[[自分]]の[[ターン]]に[[リバース]]するプレイングをすると良いだろう。~
 [[《ADチェンジャー》]]で即座に[[リバース]]する、[[《強制転移》]]で[[送りつけ]]たこの[[カード]]を[[攻撃]]し[[リバース]]する等の戦術を駆使したい。~
//[[《血の代償》]]で[[相手]]の[[バトルフェイズ]]終了時([[エンドステップ]])に[[セット]]する、

-壺型[[モンスター]]の始祖である。~

--[[英語名]]に「Morphing Jar」とあるが、同じ壺型[[モンスター]]の[[《カオスポッド》]]が同類視されてか、「Morphing Jar #2」という[[カード名]]になっている。~

--間違えやすいが「ポッ''ド''」ではなく「ポッ''ト''」である。~

-[[裏側守備表示]][[モンスター]]を出した後、急に[[相手]]が多くの[[魔法・罠カード]]を[[セット]]した場合、この[[カード]]を警戒するのが[[デュエル]]のセオリーとなっている。~
[[カード・アドバンテージ]]を奪われぬよう、[[自分]]も可能な限り[[魔法・罠カード]]を[[セット]]または[[発動]]してから[[裏側守備表示]][[モンスター]]に[[攻撃]]するのが基本とされる。~
ただし、これを逆手に取る戦術もある為、この[[カード]]と安易に決めつけず、[[相手]]の[[デッキ]]を推察し戦うことが必要である。~
[[《邪神の大災害》]]などの存在から、通常は[[攻撃]]前の[[セット]]は悪手とされるためである。~

--[[【チェーンバーン】]]等においてはこの[[カード]]の有無に関わらず[[フリーチェーン]]の[[魔法・罠カード]]を多用する。~
そのため、この[[カード]]を警戒して[[自分]]が大量に[[セット]]した結果、[[伏せカード]]が[[《剣の女王》]]だった場合には大量の[[ライフポイント]]を失う。~
ただし、[[伏せカード]]が[[《デス・コアラ》]]だった場合は結果的に得をすることになるので、この[[カード]]の存在も加味すると大量に[[セット]]したほうがよい場合が多い。~

--大量に[[《砂塵の大竜巻》]]や[[《サイクロン》]]などの[[伏せ除去]]と共に[[モンスター]]を[[セット]]してこの[[カード]]と思わせ、相手が大量に[[セット]]した[[魔法・罠カード]]を大量に[[除去]]するという戦術も可能。~
特に[[【インフェルニティ】]]を使う場合は[[手札]]をゼロにできると同時に上手くいけば苦手とする[[特殊召喚]]封じや[[墓地]]封じ系[[カード]]を一掃できるので、こちらの[[デッキ]]構成が知られていない序盤において有効に機能する戦術として重宝する。~

--防御系の[[魔法・罠カード]]を最小限にとどめてこの[[カード]]を伏せておき、[[ターン]]が回ってきたら一気に[[魔法・罠カード]]を[[セット]]して[[リバース]]し、一気に奇襲をかける戦法もある。~
//[[《ハリケーン》]]などを受ける心配が減り、[[《抹殺の使徒》]]などで《メタモルポット》を[[除去]]されても損害が少ない点は優秀であるが、[[《光の護封剣》]]などを受けて予想外に[[リバース]]してしまうと[[アドバンテージ]]を稼ぎにくくなるので注意。

--初心者などは[[罠カード]]は全て[[セット]]してしまいがちなため、序盤にこの[[カード]]かと読み違えると悲惨なことになる可能性がある。~
[[《ドッペルゲンガー》]]などを使われると目も当てられない。~

//--[[《大寒波》]]を絡めてこの[[カード]]を[[セット]]するのも一つの戦術。~
//[[相手]]は分かっていても[[手札]]の[[魔法・罠カード]]を[[セット]]できないので、[[相手]]に対処手段が無い場合は、次の[[ターン]]でほぼ確実に捨てさせる事ができる。

-[[02/05/01>禁止・制限カード/2002年5月1日]]で初めて[[制限カード]]になる。~
登場初期から[[デッキ破壊]]の核として重宝され、[[《サイバーポッド》]]等との[[コンボ]]もあった事を考えると、遅い[[制限強化]]だったとも言える。~
[[03/10/15>禁止・制限カード/2003年10月15日]]で[[準制限カード]]になり、[[04/09/01>禁止・制限カード/2004年9月1日]]に再び[[制限カード]]に戻っている。~

--[[暗黒界]]を多く採用する[[【ダークゴーズ】]]が流行した頃は、[[ミラーマッチ]]を警戒してこの[[カード]]の採用率が落ちていた。~
第8期までは[[ストラクチャーデッキ]]による強化で[[暗黒界]]の使用率が再び高くなっており、無闇にこの[[カードの効果]]を[[発動]]すると自殺行為となっていた。~
//その後、[[【ダークゴーズ】]]の[[キーカード]]の多くが規制され、構築困難になっている。~
//現在はストラクチャーデッキの登場で強化された[[【暗黒界】]]の[[キーカード]]として採用され続けている。~
//他にも[[《ADチェンジャー》]]や[[《皆既日蝕の書》]]等との[[コンボ]]での、先攻[[1ターンキル]]が可能である。~
第9期に入ってからは[[【暗黒界】]]以上に強力な新規[[テーマデッキ]]が[[環境]]を席巻するようになった為、[[【暗黒界】]]そのものは[[環境]]からは退いた一方、[[占術姫]]等による[[リバースモンスター]][[サポートカード]]が質・量ともに増加したこともありこの[[モンスター]]にとっては追い風となっている。~
//-[[相手]]が[[【暗黒界】]]の場合は使うべきでない[[カード]]であり、[[自分]]が[[【暗黒界】]]の場合は[[必須カード]]になる。~
---海外でも長らく[[制限カード]]だったが、[[14/03/01>海外の禁止・制限カード/2014年4月1日]]に[[《カオスポッド》]]共々[[禁止カード]]に指定された。~
そのためこの[[カード]]を軸とした[[【デッキ破壊1キル】]]が構築不可能になっている。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ「決闘者の王国編」の「闇遊戯vs闇獏良」戦で登場。~
バクラはこれで[[手札]]の表遊戯たちの魂が封印された[[カード]]を二度[[墓地]]に落とそうとしたものの、遊戯の[[手札]]には魂が封印された[[カード]]はなく、失敗に終わった。~
なお、闇獏良が6枚[[ドロー]]し次の[[自分]]の[[ターン]]に[[通常のドロー]]をしていないシーンがある。~
英語版の「闇マリクvs闇獏良」では[[お互い]]の[[手札]]にあることが確認できる。~

--「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚の[[カード]]で説明する際に使用している。~

--アニメオリジナル「ドーマ編」では、海馬コーポレーションの建物で実体化していた[[モンスター]]の1体である。~

--アニメARC-V1話の看板に笑顔で描かれている。~
[[デッキ破壊]]に関する看板であり、「[[ドロー]]」よりも「[[デッキ]]を削る」点に着目しての採用と思われる。~

-コナミのゲーム作品において―~
GBのDMシリーズでは、[[カード名]]が《メタモルポッ''ド''》となっていた。~
また、同ゲーム中では[[効果]]を持たない[[モンスター]]であり、オリジナルの[[テキスト>フレイバー・テキスト]]が存在する。~
「壷に近づくと中に潜むモンスターが突然襲ってくる」と書かれている。~

//--[[TAG FORCE6>ゲーム付属カード#TF6]]では、ダークシグナー版のカーリーとの数字の話の失敗パターンの一つで、主人公がこの[[カードの効果]]を[[発動]]させる。

**関連カード [#card]
-[[ポット(ポッド)]]

-[[《八俣大蛇》]]

-[[《手札抹殺》]]

-[[《プレゼントカード》]]

―[[色違い]][[モンスター]]
-[[《太古の壺》]]

//―《メタモルポット》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【デッキ破壊】]]
-[[【デッキ破壊1キル】]]
-[[【グリードバーン】]]
-[[【暗黒界】]]
-[[【魔轟神】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[BOOSTER5]]
-[[Booster R3]] B3-39
-[[Booster Chronicle]] BC-71 &size(10){[[Super]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.4]] DL4-113 &size(10){[[Rare]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP104 &size(10){[[Rare]]};
-[[ストラクチャーデッキ−巨竜の復活−]] SD13-JP005
-[[GOLD SERIES 2010]] GS02-JP003 &size(10){([[Gold]])};
-[[BEGINNER'S EDITION 2(第7期)]] BE02-JP078 &size(10){[[Super]]};
-[[デュエリストボックス2012]] DB12-JP017
-[[THE GOLD BOX]] GDB1-JP023 &size(10){[[Gold]]};
-[[ストラクチャーデッキ−マスター・オブ・ペンデュラム−]] SD29-JP021
-[[20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE]] 20AP-JP014 &size(10){[[N-Parallel]]};

**FAQ [#faq]
//Q:この[[カード]]に[[《天空騎士パーシアス》]]で[[攻撃]]した場合、[[攻撃]]した側の[[手札]]枚数はどうなりますか?(処理の順番はどうなりますか?) ~
//A:[[《天空騎士パーシアス》]]で[[ドロー]]した[[カード]]は、[[墓地]]へ行きます。~
//  [[ダメージ計算]]の方が[[リバース効果]]の処理より先で、[[《天空騎士パーシアス》]]の[[誘発効果]]は[[戦闘ダメージ]]確定後にすぐに処理を行います。~
//  その後に、[[リバース]]したこの[[カード]]の処理を行うためです。

Q:[[お互い]]の[[手札]]が0枚の時にこの[[カードの効果]]が[[発動]]した場合、[[ドロー]]することはできますか?~
A:[[捨てる]]こと、[[ドロー]]することは別の処理なので捨てない場合でも[[ドロー]]できます。

Q:[[手札]]を[[捨てる]]のと[[ドロー]]をするのは同時ですか?~
A:同時ではありません。(12/10/11)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《メタモルポット》,リバースモンスター,効果モンスター,モンスター,星2/地属性/岩石族/攻700/守600);