*《モンタージュ・ドラゴン/Montage Dragon》 [#u9db096b]
 効果モンスター
 星8/地属性/ドラゴン族/攻   ?/守   0
 このカードは通常召喚できない。
 手札からモンスター3体を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
 このカードの攻撃力は、墓地へ送ったそのモンスターの
 レベルの合計×300ポイントになる。

 [[THE DUELIST GENESIS]]で登場した[[地属性]]・[[ドラゴン族]]の[[特殊召喚モンスター]]。~
 [[モンスターカード]]3枚を[[手札]]から[[墓地へ送る]]ことで[[特殊召喚]]でき、[[墓地]]へ送った[[モンスター]]の[[レベル]]に応じて[[攻撃力]]が決まる[[永続効果]]を持つ。

 [[特殊召喚]]するには[[手札]]3枚+この[[カード]]の計4枚の[[手札]]を必要とするために、終盤では[[フィールド]]に出すことすら厳しい。~
 しかし、飛躍的に[[攻撃力]]を上げることができ、なおかつ奇襲性がある点においてはかなり優れていると言える。~
 使用するならば極力、[[フィニッシャー]]としたい。~

 [[《奈落の落とし穴》]]等で[[除去]]された場合、1:4という非常に大きな[[ディスアドバンテージ]]が発生し、[[《魔法の筒》]]を使われた場合には目も当てられない。~
 大型[[モンスター]]全てに共通することではあるが、[[特殊召喚]]前には出来る限り[[相手]]の[[伏せカード]]を[[除去]]しておきたい。~
 また、[[《マクロコスモス》]]のような全体[[除外]][[カード]]を張られると[[特殊召喚]]自体が不可能になり、完全に[[腐って>腐る]]しまうことにも注意が必要である。~

 [[モンスター効果]]から高[[レベル]][[モンスター]]を多数採用する[[デッキ]]と相性が良さそうだが、高[[レベル]][[モンスター]]を多く投入する[[デッキ]]は元々[[手札事故]]の発生率が高い。~
 更には[[特殊召喚]]に成功しても[[攻撃力]]アップ以外に何の[[効果]]も[[耐性]]もなく相乗効果には期待できないので、リスク回避の観点からも、この[[カード]]を使用するならば専用[[デッキ]]を構築すべきだろう。~
 [[特殊召喚]]しやすい[[《冥府の使者ゴーズ》]]の他、[[《神獣王バルバロス》]]や[[《可変機獣 ガンナードラゴン》]]・[[《光神機−桜火》]]など、[[妥協召喚]]可能な[[モンスター]]を用いれば[[手札事故]]を回避しやすい。~
 スキを見て高[[攻撃力]]のこの[[カード]]を[[特殊召喚]]し勝負を決める、というコンセプトの[[デッキ]]が考えられる。~
 [[D−HERO]]や[[《コスモクイーン》]]等の[[レベル]]8[[モンスター]]をメインとし、[[《トレード・イン》]]や[[《デステニー・ドロー》]]、[[《闇の誘惑》]]等で[[デッキ]]を[[回転]]させながら戦うという手もある。~
 [[《E・HERO エアーマン》]]や[[《E−エマージェンシーコール》]]で[[サーチ]]できるという点で、[[《E・HERO エッジマン》]]や[[《E・HERO ネオス》]]等も候補に入る。~
 [[《召喚師のスキル》]]で[[《青眼の白龍》]]等の高[[レベル]][[通常モンスター]]を[[サーチ]]するという手もある。~
 また、[[手札]]の1枚が2枚に増える[[《サンダー・ドラゴン》]]も利用する価値がある。~

 [[《凡骨の意地》]]や[[《光神テテュス》]]を主軸とした[[デッキ]]であれば、[[モンスター]]を大量に[[ドロー]]できる為、[[コスト]]となる損失を抑えやすい。~
 しかし、これらの[[カード]]は運の要素が非常に大きいので、生かすには入念な[[デッキ]]構築をする必要がある。~

 他には、自然と高[[レベル]]の[[モンスター]]が溜まりやすい[[デッキ]]に刺しておくことも有効。~
 特に[[【地縛神】]]・[[【ユベル】]]・[[【ネオス・ワイズマン】]]あたりは[[捨てた>捨てる]][[モンスター]]を[[蘇生]]に繋げやすいので、[[手札]]の[[モンスター]]が減る[[デメリット]]も比較的少ない。~

 あるいは、自身の[[種族]]に着目し[[ドラゴン族]]中心の[[デッキ]]構成を取るのも良いだろう。~
// その場合、[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]によって[[《伝説の白石》]]を3枚[[墓地へ送れば>墓地へ送る]]、即座に[[《青眼の白龍》]]3枚を確保できる。~
 [[《青眼の白龍》]]は[[《闇の量産工場》]]で[[サルベージ]]できる最高[[レベル]]の[[モンスター]]でもあるため、《モンタージュ・ドラゴン》の[[効果]]を活かしやすい。~
 [[《巨竜の羽ばたき》]]を利用すれば、[[ドラゴン族]]の高[[レベル]][[モンスター]]を[[手札]]に加えつつ安全に[[特殊召喚]]ができる。~
 さらに《モンタージュ・ドラゴン》を[[特殊召喚]]する際に[[墓地]]に送った[[モンスター]]も、[[《龍の鏡》]]や[[《銀龍の轟咆》]]への布石とすることが可能。~

 [[征竜]]との相性も良い。~
 [[征竜]]1体で2100の[[攻撃力]]を得る事ができ、[[コスト]]となった後も[[効果]]で[[墓地]]から展開できる。~
 [[特殊召喚]]後に[[手札]]に戻った[[征竜]]や、[[除外]]された時の[[効果]]で[[サーチ]]した[[モンスター]]をこの[[カード]]の[[コスト]]とする事も可能。~
 また、[[《巌征竜−レドックス》]]と[[《嵐征竜−テンペスト》]]はこの[[カード]]を[[サーチ]]できる。~

 [[コンボ]]の利用や、[[サルベージ]][[カード]]の採用など、さまざまな手段から[[手札]]を確保し、この[[カード]]をサポートしてあげよう。~

-この[[カード]]の[[攻撃力]]の段階は、900〜10800を300刻みで数えて34通りある。~
最高[[攻撃力]]は[[レベル]]12の[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]、[[《Sin トゥルース・ドラゴン》]]、[[《機皇神マシニクル∞》]]、[[《光の創造神 ホルアクティ》]]のどれか3枚を[[コスト]]にした場合である。~
ちなみに、[[1ターンキル]]の射程内に入るのは合計[[レベル]]を27にしたときの8100。~
[[レベル]]8×3枚では24×300の7200となり届かない。~

-名前の元ネタは「モンタージュ写真」だろう。~
モンタージュ(Montage)とはフランス語で「組み立て」という意味を持ち、転じて、映画や写真の分野で合成、編集と同義で用いられ、特に写真の場合は切り貼りしたものを指す。~
一般的には「警察の捜査で用いられる、目撃者の証言を元に合成して作られた被疑者の写真」の意味合いで使われることが多く、アニメでの使用者(牛尾)のイメージとも合致している。~
捨てた[[モンスター]]の[[情報>レベル]]を元に合成されたドラゴン、というイメージだろうか。~
--ちなみに、アニメ版[[イラスト]]の背景には、合成元と思わしき多数の[[モンスターカード]]が描かれている。~

-Vジャンプのカリスマデュエリスト最強決定戦「カイザー海馬vsジャンボ牛尾」戦においてジャンボが使用。~
[[《大寒波》]]で[[魔法・罠カード]]を封じた後、[[《ユベル》]]3枚による[[攻撃力]]9000で[[特殊召喚]]され[[《青眼の白龍》]]に[[攻撃]]するが、[[《オネスト》]]を使われ[[攻撃力]]12000となった[[《青眼の白龍》]]に返り討ちにあった。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sで牛尾が使用する「ポリスモンスター」の一体。~
「遊星vs牛尾」(1戦目)において登場。~
[[《アサルト・ガンドッグ》]]・[[《ガード・ドッグ》]]・[[《華麗なる潜入工作員》]]を[[墓地]]へ送り[[攻撃力]]3000で[[特殊召喚]]された。~
[[直接攻撃]]を決め、遊星の残り[[ライフ]]を100に削るが、[[《イクイップ・シュート》]]によって[[《手錠龍》]]を装備されたことで[[攻撃力]]を下げられ、[[《ジャンク・ウォリアー》]]に[[戦闘破壊]]された。~
「遊星vs牛尾」(2戦目)でも、牛尾の[[手札]]に存在することが確認できる。~
[[攻撃]]名は「パワー・コラージュ」。~

--チーム・サティスファクション時代の回想シーンにおいても登場。~
セキュリティ隊員が使用し、鬼柳の[[《ブラッド・ヴォルス》]]を[[戦闘破壊]]している。

--漫画5D'sにおいても「龍亞&龍可vs牛尾」にて牛尾が使用。~
--漫画5D'sにおいても「龍亞&龍可vs牛尾」戦にて牛尾が使用。~
こちらでも[[攻撃力]]3000で場に出ていたが[[《妖精竜 エンシェント》]]の[[効果]]で[[破壊]]された。~

--牛尾は劇中、「[[攻撃力]]は捨てた[[カード]]の[[レベル]]の合計の300倍だぁ!!」と発言している。~
遊戯王OCGでは2倍・3倍と呼ばれることはあっても、100倍・1000倍と呼ばれるケースは少なく、なかなかにインパクトのある発言となっている。~
(「遊星vsボマー」戦における[[《ダーク・ダイブ・ボンバー》]]の[[効果]]に天兵が触れた際に天兵も「200倍」という表現をしている。)~

--DMの[[《青眼の白龍》]]、GXの[[《古代の機械巨人》]]、そして5D'sの《モンタージュ・ドラゴン》と、歴代アニメ第1話は「[[攻撃力]]3000の[[モンスター]]との戦い」が一種の伝統になっている。~
次作ZEXALにおいても([[デュエル]]自体に2話費やしたが)、初回の[[相手]]の[[モンスター]]である[[《No.17 リバイス・ドラゴン》]]が[[攻撃力]]3000まで上昇している。

-コナミのゲーム作品において―~
[[DUEL TERMINAL]]では牛尾が使用。~
[[召喚]]時には上記のセリフがそのまま使われている。~
スピードデュエルの仕様上[[手札事故]]の原因になりやすいが、いざ[[召喚]]されるとゲームエンドまで持って行かれる危険性が高い。
--[[WCS2009>ゲーム付属カード#k2f9bcd5]]では対戦[[相手]]として登場し、[[《凡骨の意地》]]と自身を組み合わせた[[デッキ]]を使用する。~
[[【凡骨ビート】]]などの他の戦術は用意しておらず、完全に《モンタージュ・ドラゴン》に特化した[[デッキ]]となっている。

**関連カード [#g9a9ddb5]
-[[《グリード・クエーサー》]]
-[[《ザ・カリキュレーター》]]

-[[《THE トリッキー》]]

-[[《マシンナーズ・カノン》]]
-[[《機皇神マシニクル∞》]]

-[[《選ばれし者》]]

**収録パック等 [#sd8a799d]
-[[THE DUELIST GENESIS]] TDGS-JP014 &size(10){[[Super]]};
-[[DUEL TERMINAL −魔轟神復活!!−]] DT04-JP001 &size(10){[[Rare]]};
-[[DUELIST EDITION Volume 3]] DE03-JP005

**FAQ [#i46d9f77]
Q:[[攻撃力]]を決定する[[効果]]の分類は何ですか?~
A:[[永続効果]]です。(12/09/07)

Q:[[《コストダウン》]]・[[《伝説の都 アトランティス》]]で[[手札]]の[[モンスター]]の[[レベル]]が変化していた場合、どう扱いますか?~
//([[《コストダウン》]]は墓地に行ってもレベルが変化したままだが、[[《伝説の都 アトランティス》]]は墓地に行くとレベルが元に戻ることを踏まえて)~
A:カードに記されている元々の[[レベル]]で考えます。(08/04/19)

Q:[[《スキルドレイン》]]によって効果が[[無効]]化された後で[[《スキルドレイン》]]が[[破壊]]された場合、[[攻撃力]]はどうなりますか?~
A:0になります。(12/10/06)~