*《ユベル−&ruby(ダス・アプシェリッヒ・リッター){Das Abscheulich Ritter};/Yubel - Terror Incarnate》 [#top]
 効果モンスター
 星11/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
 このカードは通常召喚できない。
 「ユベル」の効果でのみ特殊召喚できる。
 このカードは戦闘では破壊されず、
 このカードの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
 フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが相手モンスターに攻撃された場合、
 そのダメージ計算前に攻撃モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。
 また、自分のエンドフェイズ時、このカード以外のフィールド上のモンスターを全て破壊する。
 このカードがフィールド上から離れた時、自分の手札・デッキ・墓地から
 「ユベル−Das Extremer Traurig Drachen」1体を特殊召喚できる。

 [[PHANTOM DARKNESS]]で登場した[[闇属性]]・[[悪魔族]]の[[特殊召喚モンスター]]。~
 [[《ユベル》]]が持っていた[[戦闘]]に関する3種類の[[効果]]に加え、[[エンドフェイズ]]時に[[フィールド]]上の[[モンスター]]を一掃する[[強制発動]]の[[誘発効果]]、[[フィールド]]を離れた際[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]する[[任意発動]]の[[誘発効果]]を持つ、[[ユベル>シリーズカード#Yubel]]の第2形態である。~

 [[ステータス]]は[[《ユベル》]]と同じだが、[[自壊]][[デメリット]]が消え、代わりに毎[[ターン]][[発動]]する[[全体除去]][[効果]]が追加されている。~

 [[自分]]の[[モンスター]]も巻き添えにする上、[[強制効果]]なので毎[[ターン]]必ず[[発動]]してしまう。~
 漠然と使っても場が膠着するだけなので、[[破壊]]を[[メリット]]に変える工夫が要求される。~
 例えば、[[《ネフティスの鳳凰神》]]ならば、あちらの[[自己再生]]に繋げる事で、[[魔法・罠カード]]もまとめて[[破壊]]可能になる。~
 [[破壊]][[耐性]]を持つ[[《魔王龍 ベエルゼ》]]や[[モンスター]]の[[効果を受けない]][[《たつのこ》]]等も有効である。~

 この[[カード]]は[[《ユベル》]]の[[効果]]で[[墓地]]からも[[特殊召喚]]できるので、何らかの形で[[墓地]]に捨てても構わない。~
 また[[除去]]されてもほとんどの場合、最終形態である[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]する事が可能。~

-[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]の[[特殊召喚]]は[[「時」>「時」と「場合」]]の[[任意効果]]である。~
[[除去]]した[[カード]]次第では[[タイミングを逃す]]ケースが多々ある。~
[[《強制脱出装置》]]などの[[フリーチェーン]][[除去]]の場合、この[[カード]]の[[破壊]][[効果]]に[[チェーン]]して[[発動]]されるだけで[[タイミングを逃し>タイミングを逃す]]てしまう。~
[[《邪帝ガイウス》]]や[[《光帝クライス》]]等の、他の処理を同時に行う[[除去]][[効果]]であれば[[タイミングを逃す]]事はない。~
また[[発動]]には、この[[カード]]が[[表側表示]]で[[フィールド]]に存在している状態で[[デッキ]]以外の場所に送られる必要がある。(07/12/08)~
[[デッキ]]に戻された場合[[特殊召喚]]不可能な件は、[[テキスト]]から読み取れない。~

--[[《ナーガ》]]や[[《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》]]のように明記された場合を除き、[[デッキ]]内では[[効果]]を[[発動]]できない。~
例:[[融合素材代用モンスター]]~

-[[【ユベル】]]ではこの[[カード]]を軸として動かすことが多く、[[【ユベル】]]における最大の[[キーカード]]ともいえる。~
また初出である[[PHANTOM DARKNESS]]では入手が難しい[[スーパーレア>Super]]であったため、[[ウルトラ>Ultra]]・[[アルティメットレア>Ultimate]]である[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]より高レートで取引されていた。~
あちらを出すためにはこの[[カード]]も必須となるので苦労した[[プレイヤー]]も多い。~
現在では再録で[[ノーマル>Normal]]になったため、レートも落ち着いた。~

-[[カード名]]後半はドイツ語となっている。~
訳すならば「忌まわしき騎士」だと思われるが、ドイツ語文法では「&ruby(デア アプショイリヒェ リッター){Der Absheuliche Ritter};」が正しい。~
「Ritter」はドイツ語文法では男性名詞に当たり、男性名詞に対する定冠詞は「der」なのである。~
ちなみにこの[[カード]]の名前にも使われている「das」は中性名詞に対する定冠詞であり、おそらく[[ユベル>《ユベル》]]の中性的・両性的な要素を表現しているのだろう。~
「忌まわしき騎士」という名前に反して、デザインに「騎士」の意匠はおろか人間型の面影すら無く、その姿は「双頭のドラゴン」である。~
一方の[[英語名]]は、直訳すれば「人の姿をした恐怖」「具現化した恐怖」になる。~

--[[カード名]]の後半は「ア''プ''シェリッヒ・リッター」。~
「b」と書かれているが「Bu」ではなく「Pu」である。~
これもドイツ語の発音規則によるもの。

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおける「十代vs[[ユベル>《ユベル》]]」戦にて[[ユベル>《ユベル》]]が使用。~
[[《ヘイト・バスター》]]を利用して[[《ユベル》]]を[[破壊]]し[[特殊召喚]]される。~
[[ダメージ]]を跳ね返す[[効果]]以外にも、[[エンドフェイズ]]時に自身以外の自軍[[モンスター]]を全て[[破壊]]し、その数だけ[[相手]][[モンスター]]を[[破壊]]する[[効果]]まで持っていた。~
[[《ユベル》]]の[[維持コスト]]に使っていた[[自己再生]][[モンスター]][[《サクリファイス・ロータス》]]を[[蘇生]]→[[破壊]]を繰り返すことで、毎[[ターン]]十代の[[モンスター]]を削っていった。~
最終的に[[《レインボー・ネオス》]]の[[効果]]によって[[デッキ]]に戻され、[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]した(しかし前述の通りOCGでは不可能である)。~
[[ダメージ]][[効果]]は「ナイトメア・ペイン」、[[モンスター]]を[[破壊]]する[[効果]]は「フェロー・サクリファイス」。~
「フェロー(fellow)」とは「仲間」の意味である。~

--貴重な[[レベル]]11[[モンスター]]だが、[[《チェーン・マテリアル》]]を介した超融合神の[[融合召喚]]の際にはこの[[カード]]ではなく[[《ゲート・ガーディアン》]]が使われている。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[TAG FORCE 3>ゲーム付属カード#TF3]]では、[[ユベル>《ユベル》]]が[[《ユベル》]]を[[召喚]]した時に、何故かこの[[カード名]]を言ってしまうバグがある。~
[[DUEL TERMINAL]]では[[ユベル>《ユベル》]]が使用。~
[[《リミット・リバース》]]による[[《ユベル》]]の[[自壊]]、[[《デストラクト・ポーション》]]・[[《ヘイト・バスター》]]を[[トリガー]]によく[[特殊召喚]]される。~

--「デュエルリンクス」では[[ユベル>《ユベル》]]がこの[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する際に専用のセリフを喋る。~
また、[[ユベル>《ユベル》]]専用のスキル「我が名はユベル」は[[手札]]のこの[[モンスター]](または[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]])を[[デッキ]]に戻し、[[《ユベル》]]を[[手札]]に加えることができるスキルである。
ちなみに十代/[[ユベル>《ユベル》]]にも[[最終進化系>《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]共々専用セリフが設けられており、こちらでは[[カード]]名の英字部分にはエコーが掛かったセリフが流れる。~
また、[[ユベル>《ユベル》]]専用のスキル「我が名はユベル」は[[手札]]のこの[[モンスター]](または[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]])を[[デッキ]]に戻し、[[《ユベル》]]を[[手札]]に加えることができるスキルである。~
ちなみに十代/[[ユベル>《ユベル》]]にも[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]共々専用セリフが設けられており、こちらでは[[カード]]名の英字部分にはエコーが掛かったセリフが流れる。~

**関連カード [#card]
-[[ユベル>シリーズカード#Yubel]]

-[[《ユベル》]]
-[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]

-[[戦闘ダメージを相手に与えるカード>戦闘ダメージ#opponent_takes]]

-[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》]]
-[[《ブラック・ホール》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ユベル】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[PHANTOM DARKNESS]] PTDN-JP007 &size(10){[[Super]]};
-[[DUELIST EDITION Volume 2]] DE02-JP069

**FAQ [#faq]
Q:[[自分]]が元々の[[持ち主]]であるこの[[カード]]が[[相手]][[フィールド]]上から[[離れた>離れる]]時に、[[自分]]は[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]できますか?~
A:はい、その場合でも[[特殊召喚]]可能です。(07/11/25)~

Q:[[フィールド]]上に存在するこの[[カード]]が[[デッキ]]に戻った場合に[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]できますか?~
A:いいえ、その場合は[[特殊召喚]]する[[効果]]は[[発動]]できません。(07/12/08)~

Q:[[裏側表示]]で存在するこの[[カード]]が[[フィールド]]上を離れた場合に[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]できますか?~
A:いいえ、その場合は[[特殊召喚]]する[[効果]]は[[発動]]できません。(07/12/08)~

Q:[[《亜空間物質転送装置》]]で[[除外]]した場合も、[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]できますか?~
A:はい、できます。(07/12/08)~

Q:[[《亜空間物質転送装置》]]で[[エンドフェイズ]]まで[[除外]]した場合[[モンスター]]を[[破壊]]する[[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:はい、します。(09/02/21)

Q:《ユベル−Das Abscheulich Ritter》の[[エンドフェイズ]]時の全体[[破壊]][[効果]]は、この[[モンスター]]が1体になるまで何度も[[発動]]しますか?~
A:《ユベル−Das Abscheulich Ritter》の、[[エンドフェイズ]]時に[[発動]]する[[効果]]は1度だけです。~
  従ってその後、例えば[[《速攻の黒い忍者》]]が[[除外]]から戻ってきた場合も[[破壊]][[効果]]は[[発動]]しません。(08/06/07)~

Q:全体[[破壊]][[効果]]に[[チェーン]]して[[発動]]された[[《エネミーコントローラー》]]でこの[[カード]]が[[コントロール奪取]]された場合、どう処理しますか?~
A:[[コントロール奪取]]されたこの[[カード]]は、[[破壊]]されません。(08/06/20)~

Q:[[《サクリファイス》]]等の[[効果]]によって、[[モンスター]]の[[装備カード]]となった場合、[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]できますか?~
A:[[フィールド]]から離れていないので不可能です。(08/09/30)~

Q:[[モンスター]]の[[装備カード]]となっているこの[[カード]]が[[フィールド]]から離れた場合、[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]できますか?~
A:できます。(08/09/30)~

Q:[[相手]][[モンスター]]が攻撃してきたときに[[相手]]に[[攻撃力]]分[[ダメージ]]を与える[[誘発効果]]は、いつ発動しますか?~
A:[[ダメージステップ]]中の[[ダメージ計算]]前に[[発動]]する効果になります。(08/10/04)

Q:[[《宝玉の氾濫》]]で[[墓地]]に送られたときに、進化できますか?~
A:[[タイミングを逃す]]ため、できません。(12/03/02)

Q:[[《霞の谷のファルコン》]]の[[攻撃宣言]]時に、この[[カード]]を[[手札]]に戻した場合、[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]を[[発動]]する事ができますか?~
A:はい、[[攻撃宣言]]時のタイミングにて、発動できます。(12/07/20)
//公式データベース:http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/faq_search.action?ope=5&fid=8823&keyword=&tag=-1

Q:[[自分]]の[[フィールド]]に《ユベル−Das Abscheulich Ritter》が2体いる場合、[[エンドフェイズ]]に自身以外を[[破壊]]する[[効果]]はどのように処理されますか?~
A:[[エンドフェイズ]]時にまず《ユベル−Das Abscheulich Ritter》1体の[[効果]]が[[発動]]し、もう1体の《ユベル−Das Abscheulich Ritter》が[[破壊]]されます。~
よって、[[効果]]を[[発動]]した《ユベル−Das Abscheulich Ritter》のみ[[フィールド]]上に残ります。(10/11/10)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ユベル−Das Abscheulich Ritter》,特殊召喚モンスター,効果モンスター,モンスター,星11/闇属性/悪魔族/攻0/守0,正規の方法以外での特殊召喚不可,);