*《ラーバス/Larvas》 [#top]
 通常モンスター
 星3/地属性/獣族/攻 800/守1000
 素早く動く鳥のばけもの。細く長い腕をからませ締め上げる。

 [[Vol.2]]で登場した[[地属性]]・[[獣族]]の[[下級モンスター]]。~

 全ての[[ステータス]]が一致している[[《スリーピィ》]]が存在するが、あちらは[[融合素材]]である。~
 [[《超融合》]]や[[コントロール奪取]]からの[[融合召喚]]を想定しても、[[相手]]の負担の方が膨れ上がるだけなので[[デメリット]]には成り得ない。~
 大きな差異はないが、固有の[[メリット]]が無い以上、実質的な[[下位互換]]と見て良い。

-[[モンスター情報]]では「鳥のばけもの」だが、ヴァリュアブルブックによると[[獣族]]に味方をしているから[[獣族]]らしい。~
-[[モンスター情報]]では「鳥のばけもの」だが、ヴァリュアブルブックによると[[獣族]]に味方をしているから[[獣族]]ということらしい。~
また[[《モン・ラーバス》]]は、こちらが「進化したけもの」のようである。~
だが[[テキスト]]に反して目立った鳥の特徴はない。~
ちなみに、「ラーバ(Larva)」は英語で「幼虫」という意味である。~
//更に名前の「ラーバ」は「幼虫」という意味であり、更にわけがわからない。~
//「ラーバス」で固有名詞と思われる

//-原作・アニメにおいて―~

-コナミのゲーム作品において―~
初期のゲーム作品では、[[獣族]]は[[《フラワー・ウルフ》]]の[[融合素材]]として特にゲーム序盤から用いられていた。~
しかし獣らしくない姿の[[獣族]]であるこの[[カード]]はその[[融合素材]]として使用できず、他の[[獣族]]よりも優先度が低かった。
--真DM2では[[表側表示]]になった時に、全ての[[《モン・ラーバス》]]の[[ステータス]]を500[[強化]]する[[効果]]を持っていた。~
また他の作品とは異なり[[獣族]]として[[融合素材]]にできるほか、ステータスの低い[[獣族]]と融合することで[[《モン・ラーバス》]]に[[融合]]できる。~

**関連カード [#card]
//-[[《ラーバモス》]]

―[[色違い]][[モンスター]]
-[[《モン・ラーバス》]]

//―《ラーバス》の姿が見られる[[カード]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.2]]
-[[幻の召喚神−PHANTOM GOD−]] PG-12
----
&tag(《ラーバス》,通常モンスター,モンスター,星3/地属性/獣族/攻800/守1000,);