*《ライドロン/Leotron》 [#top]
 通常モンスター
 星4/地属性/サイバース族/攻2000/守   0
 高い適合能力を持った電子獣。
 縄張り意識が強い。

 [[STARTER DECK(2018)]]で登場した[[地属性]]・[[サイバース族]]の[[下級モンスター]]。~

 [[攻撃力2000・守備力0の下級通常モンスター>《ジェネティック・ワーウルフ》#list]]の1体。~
 [[サイバース族]]・[[通常モンスター]]の[[サポートカード]]の他、[[《おもちゃ箱》]]による[[リクルート]]や、[[《カメンレオン》]]による[[蘇生]]も可能である。~
 [[《デジトロン》]]とはこれらの[[サポートカード]]を全て共有でき、特に[[《おもちゃ箱》]]は[[カード名]]が異なる[[カード]]が必要となるので採用する利点となる。~

 ただ、[[【サイバース族】]]では[[下級モンスター]]は[[リンク素材]]に使われるのが主な役割である。~
 [[サイバース族]]の[[攻撃力]]2000の[[下級]][[アタッカー]]としての立場も、[[召喚]]すれば[[自己強化]]で[[攻撃力]]2000となる[[《クラインアント》]]が存在する。~
 [[攻撃力]]は[[《サイバネット・バックドア》]]で利用できるが、[[特殊召喚]]が容易な[[《リンクスレイヤー》]]などが存在する。~

 [[通常モンスター]]という点でも[[《プロンプトホーン》]]や[[《ドラコネット》]]の都合上、[[レベル]]の低い方が利点が多い。~
 [[《ファイアウォール・X・ドラゴン》]]などの種類が多く対応力に優れる[[ランク]]4の[[エクシーズ素材]]にも利用できるのは利点だが、[[リンク召喚]]中心の[[【サイバース族】]]に[[エクシーズモンスター]]を採用する枠があるかは怪しい。~
 [[《ファイアウォール・X・ドラゴン》]]などの種類が多く対応力に優れる[[ランク]]4の[[エクシーズ素材]]にも利用できるのは利点。~
//だが、[[リンク召喚]]中心の[[【サイバース族】]]に[[エクシーズモンスター]]を採用する枠があるかは怪しい。~
// 一応[[《プロンプトホーン》]]の[[コスト]]にした場合[[通常モンスター]]で唯一[[サイバース族]][[通常モンスター]]を3体展開できるので、1〜2枚指しておけば他の[[通常モンスター]]サポートを共有できる。~
// また
 [[《テクスチェンジャー》]]で[[特殊召喚]]して[[アタッカー]]にできる点や[[《SIMMタブラス》]]で[[サルベージ]]できる点が他の[[サイバース族]][[通常モンスター]]に対する強みであろう。~

-これまでの[[サイバース族]][[通常モンスター]]と同じく「[[○○トロン>シリーズカード#Tron]]」という[[カード名]]である。~
--[[英語名]]から察するに、名前は「ライオン」+「トロン」のようだ。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[攻撃力2000の下級通常モンスター>《ジェネティック・ワーウルフ》#list]]

//―《ライドロン》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[STARTER DECK(2018)]] ST18-JP001
----

&tag(《ライドロン》,通常モンスター,モンスター,星4/地属性/サイバース族/攻2000/守0);