*《ラストバトル!/Last Turn》 [#top]
 通常罠(禁止カード)
 自分のライフポイントが1000以下の場合、相手ターンにのみ発動する事ができる。
 発動後、自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択し、
 そのモンスター以外のお互いの手札・フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
 その後、相手はデッキからモンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚し、
 自分が選択したモンスターと戦闘を行う。
 この戦闘によって発生するお互いのプレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。
 このターンのエンドフェイズ時、
 どちらかのプレイヤーのみがモンスターをコントロールしていた場合、
 そのコントローラーはデュエルに勝利する。
 それ以外の場合は引き分けになる。

 [[Mythological Age −蘇りし魂−]]で登場した[[通常罠]]。~
 [[デュエルの勝利条件]]を変更し、選ばれた[[モンスター]]同士をバトルさせ、[[デュエル]]の勝者を決定する[[効果]]を持つ。~

 [[発動条件]]は、「[[自分]]の[[ライフ]]が瀕死である[[相手]][[ターン]]」と非常に限定的。~
 [[相手]][[ターン]]にしか[[発動]]できず、普通の[[罠カード]]よりも妨害されやすい。~
 [[自分]]の[[ライフ]]が瀕死という危険な状況になるが、この[[カード]]の[[発動]]に成功すれば[[デュエル]]が終結するのであまり気にならない。~
 [[自分]]の[[ライフ]]を瀕死に追い込む方法としては、[[《光の護封壁》]]等で[[ライフ]]を調整することで、簡単に実現できる。~

 [[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]と[[戦闘]]させる[[効果]]は、[[相手]]は[[デッキ]]の中から最強の[[モンスター]]を選んで[[特殊召喚]]できるので、基本的には状況は[[自分]]が不利となる。~
 だが、[[自分]]の[[モンスター]]に[[《異次元の戦士》]]等を選択すれば相打ちに持ち込め、[[《昇霊術師 ジョウゲン》]]等であれば[[相手]]は[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できず敗北する。~
 特に[[《昇霊術師 ジョウゲン》]]等による[[特殊召喚]]抑止[[効果]]の[[コンボ]]は強力で、のちに[[【ラストバトル!】]]という[[デッキ]]が考案された。~

 ただし、[[発動]]時の[[相手]][[フィールド]]に[[《黒き森のウィッチ》]]等の[[サーチャー]]が存在していると、[[サーチ]]してきた[[モンスター]]を[[フィールド]]に出され、結局[[相手]]の[[フィールド]]に[[モンスター]]が残る事となり、[[引き分け]]に持ち込まれる。~
 一見、[[《異星の最終戦士》]]なら阻止可能な様に見えるが、[[通常召喚]]による[[セット]]をされる危険性がある。~
 これを防ぐためには、[[《光の護封剣》]]等で事前確認するか、[[相手]]の[[通常召喚]]後に[[発動]]するか、[[相手]]の[[エンドフェイズ]]に[[発動]]する必要がある。~
 しかし、そうなると、今度は[[発動]]前にこちらの[[モンスター]]を[[除去]]されてしまう可能性がある。~
// また、間違っても[[相手]]の[[《死者蘇生》]]等の[[蘇生]][[カード]]に[[チェーン]]して、この[[カード]]を[[発動]]してはいけない。~
// 逆順処理の関係で、この[[カード]]による[[墓地]]送りの後に[[《死者蘇生》]]等による[[蘇生]]が発生し、[[相手]][[フィールド]]に[[モンスター]]が残り、引き分けになるからである。~

-処理がかなり特殊な[[カード]]なので、要点を列記する。
--[[カードの発動]]時の[[チェーンブロック]]で処理をするのは、「[[自分]][[モンスター]]の指定→[[手札]]と[[フィールド]]の[[墓地送り>墓地へ送る]]」まで。
---よって、[[《闇より出でし絶望》]]等の「[[墓地へ送られた]]」事を[[トリガー]]とする[[カード]]は、「一連の[[チェーン]]処理後」に新たに[[チェーン]]を組む。
---また、[[効果解決時]]に[[モンスター]]を選ぶので、[[対象をとる(指定する)効果]]ではない。
---また、[[効果処理時]]に[[モンスター]]を選ぶので、[[対象をとる(指定する)効果]]ではない。

--その後、[[一連の効果]]として[[特殊召喚]]の処理後に、[[バトルフェイズ]]を発生させて[[戦闘]]を行う。~
この[[戦闘]]では、指定した[[モンスター]]間の[[戦闘ダメージ]]は発生しない。~
また、[[お互い]]のどちらか一方が指定した[[モンスター]]を所持しなくなった場合、[[効果]]が[[適用]]されず、[[戦闘]]も発生しない。~
この時、他に[[モンスター]]が存在しても[[戦闘]]は発生せず、[[バトルフェイズ]]が終了する。~

--[[相手]][[ターン]]ならいつでも[[発動]]でき、[[効果]]によって[[バトルフェイズ]]を発生させる。~
この[[カードの効果]]による[[バトルフェイズ]]終了後は、再び[[発動]]した[[フェイズ]]に戻る。
---例:[[スタンバイフェイズ]]に[[発動]]した場合―~
「[[ドローフェイズ]]→[[スタンバイフェイズ]]→[[効果]]による[[バトルフェイズ]]→[[スタンバイフェイズ]]」という流れになる。~
もちろん、その後は[[メインフェイズ]]になり、更にその後で通常の[[バトルフェイズ]]を行える。~
この通常の[[バトルフェイズ]]では、通常通り[[戦闘ダメージ]]が発生する。~
この流れにより、この[[カード]]を[[発動]]した[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]を迎える前にどちらかが他の勝利条件を満たした場合、この[[カードの効果]]は関係なくなる。~

--勝利判定は、[[エンドフェイズ]]に発生する。~
判定条件は、「どちらか[[プレイヤー]]のみが[[モンスター]]を[[コントロール]]しているか否か」である。~
そのため、この[[カード]]に[[モンスター]]を1体ずつ対峙させる[[効果]]こそあれど、[[お互い]]に当初の1体である必要はなく、[[モンスター]]の出所は不問である。

---また、この[[カード]]の[[効果]]は、[[残存効果]]として行う。~
そのため、いずれかが[[《W星雲隕石》]]等の同じく[[残存効果]]で[[エンドフェイズ]]に[[適用]]処理があるものを[[発動]]させていた場合、[[ターンプレイヤー]]であるか否かが死活問題になる。
---[[発動]]を止められなかった場合、[[効果]]による勝利判定が決定するため、その時点でこの[[カード]]が[[発動]]した[[ターン]]中に、いずれかの[[プレイヤー]]の勝利または[[引き分け]]が確定する。~
[[エンドフェイズ]]までに、どちらか一方が[[相手]]の[[ライフポイント]]を削りきる可能性もあるが、その場合でも、この[[ターン]]中に勝負が決する事になる。~

-[[発動]][[プレイヤー]]が[[モンスター]]を選ぶのは[[効果処理時]]であるため、[[《サンダー・ブレイク》]]等で[[チェーン]]して[[対象]]を[[除去]]する事による対処は、直接的には不可能である。~
しかし、多くは上述した[[モンスター]]が選択されるため、それらを狙って[[除去]]してしまえば、[[コンボ]]を破綻させて勝利する事はできる。~
また、[[相手]]が[[発動]]時に1体しか[[モンスター]]を[[コントロール]]していなかった場合、[[自分]]の[[デッキ]]に[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]が存在すれば、勝利はほぼ確定する。~
そのため、性質を理解していれば抜け道を見出すこともできる。~

-[[墓地へ送る]]のは[[効果]]なので、[[《E・HERO ワイルドマン》]]等は[[フィールド]]に生存できる。~

-[[《青眼の白龍》]]等の[[攻撃力]]に賭けても、大抵は[[《異次元の女戦士》]]・[[《魂を削る死霊》]]等が出てきて[[引き分け]]に持ち込まれ、[[《一撃必殺侍》]]を出されれば逆に返り討ちにされる可能性もある。~
やはり、[[《昇霊術師 ジョウゲン》]]等を用いて[[特殊召喚]]を封じてこそ、確実に勝利する事ができると言えるだろう。~
実際に、これらを使用した[[デッキ]]が確立され、かなりの勝率を誇った事は事実である。~
そのため、[[特殊勝利]][[コンボ]]の抑制を兼ねて、[[02/01/01>禁止・制限カード/2002年1月1日]]の[[制限改訂]]にて[[準制限カード]]に指定される事になった。~
その後、[[06/03/01>禁止・制限カード/2006年3月1日]]の[[制限改訂]]にて[[禁止カード]]に指定される。~

--以上の[[特殊勝利]]は確かに強力なものだが、実際には長らく[[調整中]]とされており、裁定が決まる前に[[禁止カード]]に指定された。~

-[[特殊召喚]]を封じる[[カード]]との[[コンボ]]も凶悪だが、単体でも恐るべきポテンシャルを秘めている。~
この[[カード]]以外の[[特殊勝利]]は、ある程度の優位的状況や時間がなければ条件を満たせないのに対し、こちらは条件さえ満たせれば即座に決着に持ち込めるからである。~
その観点から見た場合、[[ライフ]]が1000以下という窮地から[[アドバンテージ]]を一切無視して勝利の可能性を掴み取れる、その性能は破格である。~

-その他、現[[カード]]プールで採用できた場合―~
[[シンクロ召喚]]・[[エクシーズ召喚]]の登場により、[[デッキ]]に[[最上級モンスター]]が採用されている数が圧倒的に減少し、採用されているとしても[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]等の[[特殊召喚モンスター]]がほとんどになった。~
そのため、[[デッキ]]内の最強[[モンスター]]を[[相手]]に選択されるとはいえ、単純な[[攻撃力]]勝負で[[相手]][[モンスター]]に負ける事は格段に減っている。~
しかし、[[フィールド]]と[[手札]]を一掃する意味合いを持つ[[墓地送り>墓地へ送る]][[効果]]は、[[トリガー]]となりやすくなった。~
[[墓地]]からの[[モンスター]]展開が容易になった事も相まって、[[発動]]タイミングが[[相手]][[ターン]]である事のリスクはかなり向上している。~
さらに、[[ペンデュラム召喚]]の登場により[[最上級モンスター]]を採用する機会が増えているのも向かい風。~
//[[戦闘破壊]]された[[ペンデュラムモンスター]]を[[メインフェイズ]]2で[[ペンデュラム召喚]]して[[引き分け]]に持ち込めるため、よりリスクが高まっていると言えるだろう。~
//スケールの用意が困難だから考慮しなくていい

-この[[テキスト]]には「[[お互い]]」のルビが「おおたがい」となっている[[カード]]が存在している。~

-[[Mythological Age −蘇りし魂−]]に収録されているこの[[カード]]の[[テキスト]]は、現在の「([[プレイヤー]]への[[戦闘ダメージ]]は0とする)」の部分が、「([[ダメージ計算]]は無視)」となっていた。~
曖昧な表現だったからか、後に[[エラッタ]]されている。

-[[イラスト]]に描かれているのは、激しい戦いを繰り広げる[[《八俣大蛇》]]と[[《火之迦具土》]]。~
[[最上級]][[スピリット]]同士の死闘は、まさに《ラストバトル!》の名に相応しい。~
しかし、共に一切の[[特殊召喚]]ができないこの両雄を、実際に《ラストバトル!》の効果で対決させる事は残念ながら不可能である。~
([[ドローフェイズ]]に[[発動]]した後、[[《封印の黄金櫃》]]や[[墓地]]の[[カード]]をうまく使う等すれば「《ラストバトル!》を[[発動]]した後に両者を対峙させる」事はできなくもない。)~
ちなみに、本来の日本神話において[[ヤマタノオロチ>《八俣大蛇》]]と闘うのは、[[ヒノカグツチ>《火之迦具土》]]ではなく[[&ruby(スサノオノミコト){須佐之男命};>《雷帝神》]]である。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメオリジナル「乃亜編」における「海馬vs乃亜」戦において、海馬が使用。~
海馬は[[《青眼の白龍》]]を、乃亜は[[デッキ]]マスターの[[《奇跡の方舟》]](アニメ[[効果]])を選択した。(ちなみに、[[デッキ]]マスターは[[デッキ]]に入らない[[モンスター]]である。)~
そして、この[[カードの効果]]による[[戦闘]]を行うが、[[破壊]]された[[《奇跡の方舟》]]が[[《天界王 シナト》]]となった事により、逆に返り討ちにされ敗北した。~
その後、この[[カードの効果]]により[[デュエル]]が終了したため、闇遊戯が残り[[ライフ]]400ポイントと共に[[デュエル]]を引き継いだ。
--作中で遊戯が説明していたが、海馬が[[《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》]]を選択すれば、[[引き分け]]になっていた。~

--アニメVRAINS第32話で島直樹が見ていたネットのハンドルネームの1つに「ラストバトル?」という名前が確認できる。~
他のハンドルネームが[[放送時の禁止カード>リミットレギュレーション/2017年10月1日]]の捩りであることを踏まえると、この[[カード名]]を捩ったものだろう。~


**関連カード [#card]
―名前関連
-[[《最終戦争》]]
-[[《最終突撃命令》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《八俣大蛇》]]
-[[《火之迦具土》]]

//―《ラストバトル!》が見られる[[カード]]

**このカードを採用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ラストバトル!】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Mythological Age −蘇りし魂−]] MA-51 &size(10){[[Super]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.5]] DL5-090 &size(10){[[Rare]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP206 &size(10){[[Rare]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 2(第7期)]] BE02-JP167

**FAQ [#faq]
Q:[[《フォッシル・ダイナ パキケファロ》]]・[[《虚無魔人》]]等が存在する時に、[[発動]]できますか?~
A:はい、[[発動]]する事ができます。その場合、[[特殊召喚]]処理のみが行われません。~
  ただし、この[[カードの効果]]で[[《虚無魔人》]]等を[[墓地へ送った]]場合は、[[特殊召喚]]処理もされます。(09/01/11)

Q:この[[カードの発動]]を、[[《王宮の弾圧》]]で[[無効]]にできますか?~
A:はい、できます。(09/09/13)

Q:[[《地縛神 Chacu Challhua》]]が[[表側守備表示]]の時、[[発動]]できますか?~
A:その状況でも[[発動]]できますが、[[対象]]に選択された[[モンスター]]以外の[[カード]]は、[[フィールド魔法]]も含めて全て[[墓地へ送られます>墓地へ送る]]。~
  よって、[[《地縛神 Chacu Challhua》]]は自身の[[効果]]によってただちに[[破壊]]されます。(15/04/02)

Q:相手が[[地縛神]]等、[[攻撃]][[対象]]に選択できない[[モンスター]]を[[特殊召喚]]してきた場合、どうなりますか?~
//A:[[バトルフェイズ]]に入るかどうかの時点で[[調整中]](11/11/13)~
A:その場合でもそのまま[[戦闘]]を行います。(15/08/29)

Q:[[自分]][[フィールド]]上に[[守備表示]][[モンスター]]しか存在しない時、[[発動]]できますか?~
A:はい、可能です。その場合は、[[守備表示]]のまま[[戦闘]]を行います。~
  [[裏側守備表示]][[モンスター]]を選択した場合、[[バトルフェイズ]]に入った時点で[[表側攻撃表示]]になります。(11/11/13)

Q:この[[カード]]の[[発動]]に[[チェーン]]して[[相手]]の[[モンスター]]を[[対象]]に[[《禁じられた聖槍》]]を[[発動]]した場合、この[[カード]]の処理はどうなりますか?~
A:[[《禁じられた聖槍》]]の[[効果]]を受けた[[相手]][[モンスター]]はこの[[カードの効果]]で[[墓地へ送られず>墓地へ送る]]、[[フィールド]]上に残り続けます。~
  なお、この場合でも、この[[カード]]の[[効果]]処理は通常通り行います。(15/04/02)

Q:[[相手]]の場に[[《毒蛇神ヴェノミナーガ》]]が存在する場合、この[[カード]]を[[発動]]することができますか?~
A:はい、[[発動]]できます。~
  なお、他の[[カード]]の[[効果を受けない]][[《毒蛇神ヴェノミナーガ》]]は、この[[カード]]の[[効果を受けない]]ため[[墓地へ送られず>墓地へ送る]]、[[相手]][[フィールド]]上に残ります。(15/04/02)

Q:[[相手]]の[[デッキ]]が0枚の時[[発動]]できますか?~
A:[[相手]]の[[デッキ]]が0枚の場合でも、この[[カード]]を[[発動]]する事はできます。(12/05/10)

Q:[[相手]]が[[バトルフェイズ]]を終えた[[ターン]]に、[[発動]]できますか?~
A:[[相手]]の[[バトルフェイズ]]が終了した後の[[フェイズ]]でも、この[[カード]]を[[発動]]する事ができます。(12/05/10)

Q:[[効果処理時]]に[[自分]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在しない場合は、どうなりますか?~
A:[[効果処理時]]に、[[自分]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在しない場合であっても、[[相手]]は[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]処理を行い、[[エンドフェイズ]]での勝敗判定を行います。(12/05/10)

Q:[[相手]]の[[デッキ]]に[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]がいない場合、どうなりますか?~
A:[[相手]]の[[デッキ]]に[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]が存在しない場合、[[相手]]はこの[[カードの効果]]によって[[特殊召喚]]できず、[[自分]]が選択した[[モンスター]]との[[戦闘]]は行いません。~
  ただし、[[エンドフェイズ]]時にて勝敗の判定は行います。(12/05/10)

Q:この[[カードの効果]]で[[特殊召喚]]された[[モンスター]]はどちらの[[プレイヤー]]が[[特殊召喚]]した扱いになりますか?~
A:この[[カード]]を[[発動]]した[[プレイヤー]]から見て「[[相手]]」となります。(15/04/10)

Q:[[《増殖するG》]] の[[効果]]を[[発動]]した[[ターン]]にこの[[カードの効果]]で[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された場合、どのタイミングで[[ドロー]]をしますか?~
A:この[[カードの効果]]で[[モンスター]]を[[特殊召喚]]した時点で、[[チェーンブロック]]を作らずに[[ドロー]]します。(15/04/10)

Q:この[[カードの効果]]で[[戦闘]]を行う時、[[《A・O・J カタストル》]]・[[《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》]]・[[《お注射天使リリー》]]等の[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:この[[カードの効果]]による[[戦闘]]を行う際に、[[《A・O・J カタストル》]]・[[《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》]]・[[《お注射天使リリー》]]等の[[効果]]を[[発動]]する事はできます。(15/04/11)

Q:この[[カードの効果]]で[[墓地へ送られた]][[《ダンディライオン》]]の[[効果]]は、いつ[[発動]]しますか?~
A:この[[カードの効果]]による[[戦闘]]を行った後、[[《ダンディライオン》]]の[[効果]]が[[発動]]します。(12/05/10)

Q:この[[カードの効果]]で[[特殊召喚]]された[[《魔導アーマー エグゼ》]]は、[[戦闘]]を行えますか?~
A:いいえ、行えません。(15/04/10)

Q:この[[カードの効果]]で[[自分]]が選んだ[[《因幡之白兎》]]は、[[戦闘]]を行えますか?~
A:はい、[[《因幡之白兎》]]から[[攻撃宣言]]する場合ではないので[[戦闘]]を行えます。(15/04/11)

Q:この[[カードの効果]]は「選んだ[[モンスター]]以外の[[お互い]]の[[手札]]・[[フィールド上のカード]]を全て[[墓地へ送る]]」・「[[相手]]が[[デッキ]]から[[モンスター]]1体を[[表側攻撃表示]]で[[特殊召喚]]する」・「選んだ[[モンスター]]と[[戦闘]]を行う([[ダメージ計算]]を行い[[戦闘破壊]]を確定させる)」までが[[一連の効果]]ですか?~
A:「選んだ[[モンスター]]以外の[[お互い]]の[[手札]]・[[フィールド上のカード]]を全て[[墓地へ送る]]」・「[[相手]]が[[デッキ]]から[[モンスター]]1体を[[表側攻撃表示]]で[[特殊召喚]]する」までが一連の処理です。~
  なお、「選んだ[[モンスター]]と[[戦闘]]を行う([[ダメージ計算]]を行い[[戦闘破壊]]を確定させる)」とは、上記処理後におこなう[[戦闘]]となり、一連の処理ではありません。(15/04/11)

Q:この[[カードの効果]]で[[戦闘]]を行う時、[[《クリアー・バイス・ドラゴン》]]の[[攻撃力]]は、[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]の倍になりますか?~
A:はい、[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]の倍になります。(15/04/11)~

Q:この[[カードの効果]]で[[手札]]の[[《シャドール・ヘッジホッグ》]]が[[墓地]]へ送られた時、[[《シャドール・ヘッジホッグ》]]の[[効果]]は[[発動]]しますか?~
  また、[[発動]]する場合どのタイミングで[[発動]]しますか?~
A:はい、[[戦闘]]を行う前に[[《シャドール・ヘッジホッグ》]]の[[効果]]を[[発動]]できます。(15/04/11)

Q:この[[カードの効果]]で[[手札]]の[[《BK グラスジョー》]]が[[墓地]]へ送られた時、[[《BK グラスジョー》]]の[[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:いいえ、続けて[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する処理を行いますので、[[《BK グラスジョー》]]の[[効果]]は[[発動]]できなくなります。(15/04/11)

//Q:[[《D−HERO デビルガイ》]]の[[効果]]を[[発動]]した[[ターン]]に《ラストバトル!》を[[発動]]した、あるいはされた場合[[戦闘]]は発生しますか?~
//A:[[調整中]](16/06/13)
//
//Q:《ラストバトル!》で[[自分]]または[[相手]]の[[モンスター]]が[[《魔導アーマー エグゼ》]]の場合[[戦闘]]は発生しますか?~
//A:[[調整中]](16/06/13)
//
//Q:《ラストバトル!》で[[自分]]または[[相手]]の[[モンスター]]が[[《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》]]の場合[[戦闘]]は発生しますか?~
//A:[[調整中]](16/06/13)
//
//Q:《ラストバトル!》で[[自分]]の[[モンスター]]が[[《因幡之白兎》]]の場合[[戦闘]]は発生しますか?~
//A:[[調整中]](16/06/13)
//上記で既に追加されてるし編集された日時(16/06/27)と記されてる日時(16/06/13)が矛盾してるのでCO。本当に問い合わせたのですか?

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ラストバトル!》,罠,通常罠,);