*《ワンダー・ワンド/Wonder Wand》 [#top]
 装備魔法
 魔法使い族モンスターにのみ装備可能。
 (1):装備モンスターの攻撃力は500アップする。
 (2):装備モンスターとこのカードを自分フィールドから墓地へ送って発動できる。
 自分はデッキから2枚ドローする。

 [[GENERATION FORCE]]で登場した[[装備魔法]]。~
 [[魔法使い族]]の[[単体強化]][[効果]]と、[[ドロー]][[効果]]を持つ。~

 (1)の[[効果]]だけでは[[単体強化]][[装備魔法]]としては力不足なので、基本的に(2)の[[効果]]をメインに[[手札交換]][[カード]]として使うことになる。~
 しかし、同じことが[[《ルドラの魔導書》]]でも可能であり、更にあちらは[[《魔導書士 バテル》]]や[[《グリモの魔導書》]]での[[サーチ]]が効き、[[魔導書]]も[[墓地へ送る]]ことができ、[[《サイクロン》]]等にも強い。~
 その他にも細かな差異はあるが、こちらを優先するなら[[装備魔法]]であることを活かすか、または4枚目以降の[[《ルドラの魔導書》]]として採用することになるだろう。~
 その他にも細かな差異はあるが、こちらを優先するなら[[装備魔法]]であることを活かすか、または4枚目以降の[[《ルドラの魔導書》]]として採用することになるだろう。~


 [[装備魔法]]の[[メリット]]としては定番の[[《アームズ・ホール》]]や[[《パワー・ツール・ドラゴン》]]での[[サーチ]]があるが、[[《ルドラの魔導書》]]の方が扱いやすい[[サーチ]]手段を持つ。~
 元々[[装備魔法]]を扱う[[デッキ]]ならこちらを優先していいだろう。~
 また、おまけ程度とは言え[[攻撃力]]が上がるため、[[魔法使い族]][[モンスター]]に[[装備]]して[[攻撃]]、[[メインフェイズ]]2で2枚[[ドロー]]といった動きができる。~
 [[アタッカー]]の[[攻撃力]]で劣る[[デッキ]]であれば一考に値するだろう。~
 ただし[[攻撃]]反応[[罠>罠カード]]に引っかかりこの[[カード]]もろとも[[除去]]されてしまわないように注意。~
 その他、[[《妖精伝姫−シンデレラ》]]なら[[モンスター効果]]でこの[[カード]]を[[デッキ]]や[[墓地]]からも[[装備]]でき相性が良い。~
 [[攻撃力]]も2350と比較的高めになるため[[アタッカー]]になり、[[エンドフェイズ]]の[[バウンス]]も[[ドロー]][[効果]]で帳消しにしやすい。~

-(2)の[[ドロー]][[効果]]は[[装備モンスター]]が[[自分]][[フィールド]]に存在していなければ使えない。~
よって、[[《強制転移》]]等との組み合わせや、[[相手]]の[[魔法使い族]]に[[装備]]して[[除去]]しつつ[[ドロー]]するといったことは不可能である。~

-[[ペンデュラムモンスター]]以外の[[魔法使い族]]ならば問題なく使用できるため、相性の良い[[デッキ]]や[[モンスター]]は非常に多い。~

--[[《ジェスター・コンフィ》]]:[[蘇生]]・[[リクルート]]・[[サルベージ]]しやすいため、擬似的に[[手札交換]]にできる。~
無条件で[[特殊召喚]]できるので、この[[カード]]を[[サーチ]]・[[サルベージ]]するための[[《アームズ・ホール》]]と併せて使いやすい。~

--[[《召喚師アレイスター》]]:[[《召喚魔術》]]で[[召喚獣]][[モンスター]]を[[融合召喚]]する場合、[[墓地融合]]ができるので実質的に[[《強欲な壺》]]と同じ働きができる。~


--[[《WW−グラス・ベル》]]:[[効果]]で[[《WW−アイス・ベル》]]を[[サーチ]]し、この[[カード]]で2枚の[[ドロー]]に替えれば[[《WW−アイス・ベル》]]の[[発動条件]]を満たしつつ2枚[[ドロー]]できる。~

--[[【通常モンスター】]]:[[《レスキューラビット》]]・[[《思い出のブランコ》]]で[[特殊召喚]]した際の[[自壊]][[デメリット]]を相殺できるほか、[[《闇の量産工場》]]との併用で[[手札]]増強も可能である。~

--[[【図書館エクゾ】>【エクゾディア】#LIBRARY]]:[[《王立魔法図書館》]]を[[リクルート]]した後の[[《召喚僧サモンプリースト》]]を[[魔力カウンター]]と[[手札]]2枚に変換することができる。~
[[《ジェスター・コンフィ》]]と併用すれば上記の通り[[手札交換]]も可能になり、[[《召喚僧サモンプリースト》]]・[[《ジェスター・コンフィ》]]は共に[[闇属性]]なので[[《闇の誘惑》]]の[[コスト]]にもなる。~

--[[【墓守】]]:[[《墓守の偵察者》]]から[[特殊召喚]]した[[墓守]]を[[コスト]]とするのも良い。~

--[[【ブラック・マジシャン】]]:[[《ブラック・マジシャン》]]は[[《永遠の魂》]]で容易に[[蘇生]]でき、[[攻撃力]]3000になるため[[《神竜騎士フェルグラント》]]などの突破にも役立つ。~
また、[[効果]]を使用した[[《マジシャンズ・ロッド》]]を能動的に[[墓地へ送る]]ことで、[[相手]][[ターン]]での[[サルベージ]]にも繋げられる。~

--[[【青眼の白龍】]]:[[《青き眼の乙女》]]なら、[[《青眼の白龍》]]を[[特殊召喚]]しつつ[[手札交換]]と言う動きも可能。~

--[[【魔導書】]]:[[通常召喚]]時の[[効果]]とは相性が悪く[[発動条件]]もあるが、展開力を妨げずに[[手札交換]]を狙う事ができる。~
[[《魔導弓士 ラムール》]]との相性も良好で、本来[[通常召喚]]する予定の[[モンスター]]を[[《魔導弓士 ラムール》]]を経由して[[特殊召喚]]し、[[《魔導弓士 ラムール》]]を[[墓地へ送って>墓地へ送る]]しまえば良い。~
他にも、[[効果]]を使って[[攻撃表示]]のままの[[《魔導書士 バテル》]]を[[フィールド]]から離す手段としても扱いやすい。~

--[[【魔力カウンター】]]:[[魔法使い族]]さえ存在していれば[[発動]]だけでもできるため、各種[[魔力カウンター]]関連の[[カード]]とも相性が良い。~

-英語版では[[ウルトラレア>Ultra]]にまで格上げされている。~
[[ドロー]]補助[[カード]]に高い[[レアリティ]]を付ける傾向なのは相変わらずである。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ・漫画ZEXALにおける「遊馬vs凌牙」(1戦目)にて遊馬が使用。~
[[《ガガガマジシャン》]]に[[装備]]させたが、何ら役割を果たす事なく[[《スカル・クラーケン》]]の[[効果]]によって[[破壊]]されてしまった。~
「遊馬vs[[オボミ>《オボミ》]]」(2戦目)では[[《ガガガガール》]]に[[装備]]させ、[[《星に願いを》]]への布石となった。~
第7話の遊馬の[[デッキ]]が散らばったシーンを見る限り、この時点では少なくとも[[デッキ]]に2枚搭載していたようだ。

--アニメでは後半の[[ドロー]][[効果]]を[[発動]]する際に、[[墓地へ送る]][[装備モンスター]]が[[自分]][[フィールド]]上に存在する条件がなかった。~
//↑遊戯王ゼアル ファーストダッシュガイドより

--アニメARC-V第57話ではデニスがジャグリングを披露するために実体化している。~

-コナミのゲーム作品において―~
デュエルリンクスでは自身の[[デッキ]]には入っておらず、原作でも使用していないがイシズに専用ボイスが存在する。~

**関連カード [#card]
-[[魔法使い族専用の装備魔法>《秘術の書》#Exclusive]]
-[[《バウンド・ワンド》]]
-[[《ワンショット・ワンド》]]

-[[《アドバンスドロー》]]
-[[《馬の骨の対価》]]

//―《ワンダー・ワンド》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【墓守】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[GENERATION FORCE]] GENF-JP045 &size(10){[[Rare]]};
-[[デュエリストパック−遊馬編−]] DP12-JP018
-[[スターターデッキ(2013)]] ST13-JP023
-[[アドバンスド・トーナメントパック2016 Vol.2]] AT14-JP007
-[[遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド 闇遊戯VS海馬瀬人 付属カード>書籍付属カード#LINKS]] LG01-JP015 
-[[トーナメントパック2019 Vol.2]] 19TP-JP213

**FAQ [#faq]
Q:[[墓地へ送る]]のは[[コスト]]ですか?~
A:はい、そうです。(11/04/16)

Q:[[《時読みの魔術師》]]を[[墓地へ送る]]ことで2枚[[ドロー]]できますか?~
A:[[ペンデュラムモンスター]]は[[コスト]]で[[墓地へ送る]]ことができないので[[効果]]を[[発動]]する事自体できません。(14/03/23)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ワンダー・ワンド》,魔法,装備魔法,);