*《ヴァレルロード・ドラゴン/Borreload Dragon》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
 【リンクマーカー:左/左下/右下/右】
 効果モンスター3体以上
 (1):このカードはモンスターの効果の対象にならない。
 (2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
 この効果は相手ターンでも発動できる。
 (3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。
//英語名:http://www.yugioh-card.com/en/products/se-cibr.html

 [[CIRCUIT BREAK]]で登場した[[闇属性]]・[[ドラゴン族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[モンスター]]の[[効果の対象]]にならない[[永続効果]]、[[モンスター]]の[[単体弱体化]]を行う[[誘発即時効果]]、[[攻撃]]する際に[[相手]][[モンスター]]の[[コントロール]]を得て、次の[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]にその[[モンスター]]を[[墓地へ送る]][[誘発効果]]を持つ。~

 [[リンク素材]]は[[効果モンスター]]3体以上が指定されており、同[[リンク]]の[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]と比べても出しにくい。~
 [[《暗黒竜 コラプサーペント》]]・[[《輝白竜 ワイバースター》]]のどちらかを素材に[[《ツイン・トライアングル・ドラゴン》]]を[[リンク召喚]]し、[[効果モンスター]]を[[蘇生]]。~
 [[《暗黒竜 コラプサーペント》]]・[[《輝白竜 ワイバースター》]]で[[サーチ]]したもう一方を[[特殊召喚]]という動きなら少ない消費で出せる。~
 [[エクストラデッキ]]は圧迫するが[[《トーチ・ゴーレム》]]ならば1枚からこの[[カード]]を出すことも可能。(方法は[[こちら>《トーチ・ゴーレム》#link4]]を参照)~

 [[リンクマーカー]]は左右及び右下、左下に向いており、[[エクストラモンスターゾーン]]、[[メインモンスターゾーン]]のどちらに[[特殊召喚]]しても[[効果]]は利用できる。~
 [[メインモンスターゾーン]]に存在していても[[効果]]を使う場合は問題ないので、一度[[リンク召喚]]した後は[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]などから[[蘇生]]を狙うのも手。~

 (1)は、[[モンスター]]の[[効果の対象]]にならない[[耐性]]。~
 [[魔法・罠カード]]や[[対象]]を取らない[[モンスター]]には無力であるが、この[[モンスター]]はかなり[[重い]]ので限定的とはいえ[[耐性]]を持っているのはありがたい。~

 (2)は、[[フリーチェーン]]で[[モンスター]]の[[攻撃力]]・[[守備力]]を500ダウンさせ、[[相手]]の[[チェーン]]を封じる[[効果]]。~
 永続的に攻守が下がり重ねがけも可能なので、[[戦闘]]補助能力は高い。~
 (1)の[[効果]]により自身は[[対象に取れない>対象をとる(指定する)効果]]が、それ以外ならば[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]に対しても[[発動]]できる。~
 [[自分]]の[[カードの発動]]は制限しないため、[[ヴァレット]]のような[[効果の対象]]に取られた時に[[発動]]する[[効果]]のサポートにもなる。~
// [[自分]]の[[カードの発動]]は制限しないため、[[ヴァレット]]や[[《青き眼の乙女》]]のような[[効果の対象]]に取られた時に[[発動]]する[[効果]]のサポートにもなる。~
//[[《青き眼の乙女》]]とか攻撃力守備力0のモンスターも対象にできる?

 (3)は、[[攻撃]]を行った際の[[コントロール奪取]]。~
 [[攻撃]]を行うだけで[[コントロール奪取]]ができるので、容易に[[アドバンテージ]]が得られる。~
 奪い取った[[モンスター]]の利用にも特に制限はつかないため、そのまま[[アタッカー]]として用いたり[[モンスター効果]]を利用するのも自由である。~
 次の[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]には[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]ため、[[メインフェイズ]]2で各種素材に活用するといい。~
 [[相手]]の大型の[[リンクモンスター]]を奪い取れば、それを素材にさらに大型の[[リンクモンスター]]の[[リンク召喚]]も狙える。~
 [[相手]]に[[コントロール]]を戻さず[[墓地へ送る]]ため、活用できそうにない場合でも[[単体除去]]として機能する。~

-(2)の[[効果]]が[[相手]]の[[チェーン]]を封じる点を利用し、[[相手]]の「特定のタイミングでしか[[発動]]できない[[カード]]」を封じることが可能。~
例えば、[[自分]][[ターン]]に[[攻撃宣言]]を行った直後の[[優先権]]は[[自分]]にあるため、この[[攻撃宣言]]時に(2)の[[効果]]を[[発動]]すると、[[相手]]はこの[[効果]]に[[チェーン]]できない。~
よって、[[バリア −フォース−]]などの[[攻撃宣言]]時にしか[[発動]]できない[[効果]]は[[発動]]するタイミングを失うことになる。~
同様に、[[召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した]]時に[[発動]]すれば[[《激流葬》]]等を封じることができる。~
--ただし、この[[効果]]は[[誘発即時効果]]であるため、[[モンスター]]や[[魔法・罠カード]]の[[誘発効果]]より先に[[発動]]することはできない点には注意。~
詳しくは[[誘発効果]]のページを参照。~

-(3)の[[効果]]で[[コントロール奪取]]した[[モンスター]]を[[《亜空間物質転送装置》]]で[[一定期間だけ除外]]した場合、[[エンドフェイズ]]に戻った後に[[コントロール]]を[[相手]]に戻す事になる。~
この時、[[コントロール]]を戻す前も後も(3)の[[効果]]による[[墓地送り>墓地へ送る]]は発生しなくなる。~
一方で、[[《所有者の刻印》]]を使われることで[[コントロール]]が元に戻った場合は(3)の[[効果]]による[[墓地送り>墓地へ送る]]が発生する事になる。~

-(1)の[[効果]]のおかげで[[モンスター効果]]には強いのだが、そのせいで[[《リローダー・ドラゴン》]]や[[《ヴァレル・レフリジェレーション》]]の[[効果]]の[[対象]]にできず、[[サポートカード]]と[[シナジー]]がないという難儀な[[モンスター]]である。~

-この[[カード]]自身は「[[ヴァレット]]」と直接関係していないが、[[サポートカード]]である[[《クイック・リボルブ》]]の[[イラスト]]に登場している。~
加えてVジャンプ2017年7月号では[[ヴァレット]][[モンスター]]と一緒のページに記載されており、この[[モンスター]]で[[ヴァレット]][[モンスター]]の[[効果]]を[[発動]]させるという紹介がされている。~
この記事で「装填」という言葉に「ロード」という読みが振られており、この[[モンスター]]の「ロード」は「装填(load)」の意味もあると思われる。~
「ロード」は「主人・支配者(lord)」とも取れることから、[[ヴァレット]]の支配者という意味も読み取れる。~

--この[[モンスター]]の(2)の[[効果]]と、[[ヴァレット]]の(1)の共通[[効果]]は相性抜群である。~
[[自分]]で[[ヴァレット]]を[[対象]]に[[効果]]を[[発動]]した場合、それに[[相手]]が何らかの[[効果]]を[[チェーン]]すると、[[ヴァレット]]の(1)の[[効果]]は[[発動]]できない。~
この[[カード]]の(2)の[[効果]]なら[[相手]]は[[チェーン]]することができないため、確実に[[ヴァレット]]の(1)の[[効果]]を[[発動]]できる。~

-3体以上が必須となる初の[[リンクモンスター]]である。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSでリボルバーが使用するエース[[モンスター]]。~
[[デュエル]]における初登場は「遊作/Playmaker vs リボルバー」(2戦目)。~
[[《ツイン・トライアングル・ドラゴン》]]と2体の[[《スニッフィング・ドラゴン》]]を[[リンク素材]]として[[リンク召喚]]される。~
Playmakerの[[サイバース族]]は[[《天火の牢獄》]]の[[効果]]で[[壁]]にならない状態だったため、[[直接攻撃]]で大[[ダメージ]]を与えた。~
次のリボルバーの[[ターン]]で自身の(2)の[[効果]]で[[《オートヴァレット・ドラゴン》]]を[[対象]]としてあちらの[[トリガー]]とし、(3)の[[効果]]で[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]を[[コントロール奪取]]した。~
更に(1)の[[耐性]]で[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]の[[除去]]を受けず、(2)及び[[《ヴァレル・レフリジェレーション》]]で付与された[[効果]]と[[ヴァレット]]の[[コンボ]]でPlaymakerを大いに苦しめた。~
だが、最終的には[[攻撃力]]7200の[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]の[[攻撃]]を受けて[[戦闘破壊]]され、リボルバーは敗北した。~
//(因みにAiは「[[破壊]]できないが[[ダメージ]]は通る」と発言しているが、実際には[[《ヴァレル・レフリジェレーション》]]の[[効果]]は既に[[《アネスヴァレット・ドラゴン》]]に使っていたので[[戦闘破壊]]もされたはずである。)~
//一応ダメージステップの挙動がOCG仕様になった可能性もあります。それでも不自然な台詞なので追記しようとしましたが冗長になりがちだったのでCOとさせていただきます
//↑このコメントはよく分からんけど、どっちにしろ、[[《ヴァレル・レフリジェレーション》]]の説明だし、そっちのページに書いてあるからこっちにはいらないと思う
[[攻撃]]名は「天雷のヴァレル・カノン」、[[効果]]名は(2)が「アンチ・エネミー・ヴァレット」、(3)が「ストレンジ・トリガー」。~
--なお、この[[攻撃]]名は[[CIRCUIT BREAK]]のCMにて既に登場していた。

//---Playmakerが[[永続魔法]]《バトル・バッファ》を[[発動]]した際に[[効果]]を使い、[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]を[[除去]]していればリボルバーは勝利できていたはずだが、なぜか[[発動]]せず[[《エンコード・トーカー》]]の[[攻撃]]に対して使用していた。
//? このカードに除去能力はないぞ?

--最初の[[攻撃]]時はエネルギーを充填しながら口から大砲が出現し、[[相手]]に照準を合わせた後、リボルバーの仮面が対閃光用に変化、「最終セーフティー解除」の台詞と共にこの[[モンスター]]が[[攻撃]]を放つという力の入った演出がなされた。~
また、(3)の[[効果]]は赤い弾丸が[[相手]][[モンスター]]に発射され、それが粘着質となって[[モンスター]]を捕らえた後、[[モンスター]]にノイズが発生しながら消滅し、直後にリボルバーの[[フィールド]]に現れるという演出になっている。~

--[[リンク召喚]]時の口上は「閉ざされし世界を貫く我が新風![[リンク召喚]]!現れろ![[リンク]]4《ヴァレルロード・ドラゴン》!」。~
---アニメVRAINSでは初めて専用の[[召喚]]口上が用意された[[モンスター]]である。~
前述の[[攻撃]]演出と言い、ライバルのエース[[モンスター]]と言う立場を考えても、破格の待遇といえるだろう。~

--実際の[[デュエル]]で使用されるより以前、第3話において[[デュエル]]外でリボルバーの移動手段として初登場したが、その時はシルエット姿のままであった。~
また、第1期OPでは本編登場後もシルエットのままだったが、「遊作/Playmaker vs リボルバー」(2戦目)が終了した後の13話からは姿が映されるようになった。~

--リボルバーは、[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]の[[戦闘破壊]]と[[効果]]の[[対象]]になることを防ぐ[[《パラレルポート・アーマー》]]を[[除去]]し、「これで[[破壊]]可能になった」と発言してから(3)の[[効果]][[発動]]に移っている。~
描写だけ見ると[[除去]]が必要不可欠の様に思えるが、実際にはこの[[効果]]は[[対象]]を取る[[効果]]ではなく[[戦闘破壊]]も必要としないので[[《パラレルポート・アーマー》]]を[[除去]]せずとも[[コントロール奪取]]は可能。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[ヴァレル]]

-[[ヴァレット]]

-[[チェーンされない効果を持つカード>チェーン#antichain]]

―《ヴァレルロード・ドラゴン》の姿が見られる[[カード]]
-[[《クイック・リボルブ》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ヴァレット】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CIRCUIT BREAK]] CIBR-JP042 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]],[[Secret]],[[Holographic]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ヴァレルロード・ドラゴン》,モンスター,リンクモンスター,効果モンスター,リンク4,闇属性,ドラゴン族,攻3000,ヴァレル);